転職活動をする女性には事務職を目指す方が大勢いらっしゃいます。

事務職といっても様々な種類に分けられますが、その中のひとつに現場事務があります。

現場事務は建設業界の仕事ですが、女性に最近人気が出てきていることはご存知でしょうか。

今回はそんな現場事務の仕事内容ややりがいについて解説していきます。

現場事務の仕事内容を解説

ヘルメットを持つ女性

現場事務とは、建設会社が手掛ける建設工事現場を技術職以外で支える仕事です。

建設業界と聞くと、実際に建設工事をする作業員や現場監督といった職種が思い浮かぶことも多いでしょう。

しかし、技術職だけが働いても建設工事は回りません。

建物を建設するためには様々な届け出やサポートなどの事務作業が必要となります。

そのサポート全般を担当するのが現場事務です。

現場事務は建設現場で直接サポートする業務なので、働く場所はビルではなくプレハブのことが多くなります。

そして現場の建設工事が終われば次の現場へと移ります。

では、現場事務の具体的な内容を見ていきましょう。

事務所内の備品管理や発注

備品発注をする女性、電話、ノートパソコン

代表的な業務として一般事務のように、事務所内で必要になる備品の管理発注業務が挙げられます。

一般的な事務用品に加え、建設現場にはヘルメットや安全靴など様々な備品が必要となります。

そんな備品の管理や発注を担うのが現場事務です。

建設現場からコンビニやスーパーが遠い場合は、作業員のお弁当の発注をする必要もあります。

一般事務同様、電話応対や来客があった際はお茶出しも任されます。

現場によっては清掃作業も兼任することがあるようです。

工事開始前の地鎮祭や、工事中の上棟式、完成後の竣工式など安全祈願や完成祝いの手配も現場事務が担当します。

また、近隣住民への工事の説明や挨拶、状況報告などを計画・遂行するのも大切な仕事のひとつです。

事務所内の経理作業

電卓、木製の家

工事費用に関する見積もりや支払い、また請求書の発行なども現場事務の仕事です。

大手建設会社になると専用システムを使って経理作業をすることが多いため、システムの理解も求められます。

建設現場の経費精算や、帳簿管理や小口現金管理なども必要になるため、経理の経験を活かすことができます。

ただし一般の経理とは違い、勘定科目に建設業界特有の項目があることには注意が必要です。

実務に活かせる建設業経理や、工業簿記がある簿記2級の資格を持っているとなお良いでしょう。

もちろん未経験からでも知識を得ることが可能です。

現場事務特有の書類作成

現場事務と一般事務との違いは作成する書類が建設業界特有のものである点にもあります。

工事には多くの書類や届け出が関わってきます。

顧客との契約書などはもちろんですが、諸官庁への手続き書類も必要です。

建設現場で主に必要となる書類には、

  • 施工計画に関する書類(工程表・施工図・総合施工計画書など)
  • 施工記録に関する書類(工事材料搬入報告書・一部施工検査記録・工事写真など)
  • 契約に関する書類(契約時の図書・工事中の図書・完成時の書類など)

があり、これだけでも種類が多いことがわかります。

他にも、施工体制台帳や施工体系図の作成など、建設業界特有の書類作成を担当します。

多くの書類を期限内に作成する必要があるため、パソコンのタイピングスピードが求められるでしょう。

 

ワンポイント
 現場事務は事務所内の備品管理や発注に加え、建設業界特有の経理業務・書類作成をする仕事です。

現場事務の仕事で身につくことは?

作業着の女性、ノートパソコン

現場事務の仕事は一般事務より多くの経験を積むことができます。

その中でも特に役立つスキルを紹介します。

経理スキル

電卓を持つ笑顔の女性

現場事務は事務所内の経理作業を一手に担うため、経理スキルが身につきます。

工事に関わる費用には、備品代・水道代・光熱費のほかに、作業員の給料や交通費も含まれます。

工事には何社もの建設会社が関わっているので、毎月各社から届いた請求書を確認して支払処理をするのです。

これだけでも大変な作業ですが、その他にも経費精算業務や小口現金の管理業務があります。

未経験の場合も経理経験を活かして働く場合も、現場事務の仕事をすることで経理スキルが向上するといえます。

経理スキルはどんな職種でも役立つスキルです。

このスキルが向上するだけでも、現場事務の仕事はやりがいがあるといえるでしょう。

総務スキル

現場事務の仕事は経理や庶務といった様々な業務が入り組んでいます。

それら複数の業務を効率的に進めるためには臨機応変かつ効率よくスケジュールを組む必要があります。

現場事務の仕事をすることで、様々な状況に合わせた管理能力が身につくでしょう。

また、事務所内を働きやすい環境に整えることも現場事務の仕事のひとつです。

他の社員が担当業務に励めるような環境をつくることで、会社全体の売上を伸ばすことができます。

現場事務の仕事はこういった総務事務に必要なスキルが身につくものといえます。

業界の知識

現場事務の仕事には建設業界の知識も必要不可欠です。

上記で紹介した経理スキルと総務スキルに加え、働くことで建設業界の知識も身につきます。

これらの知識を得ることで、別の建設会社で現場事務をする際も重宝されるでしょう。

また、現場によっては製図修正を任されることもあり、その際にCADスキルも得ることができます。

ただし、これらの知識は自然と身につくというよりも、自分から学びに行く姿勢が必要となります。

建設業界の知識を学ぶことで業務でのやり取りも円滑に進むので、自分の仕事に対して興味を持つことが大切です。

 

ワンポイント
 現場事務の仕事では、経理スキル・総務スキル・建設業界の知識が身につきます。

現場事務の仕事のやりがいは?

ガッツポーズをするビジネスウーマン

現場事務は一般事務よりも業務量が多いように感じられますが、そのやりがいはどこにあるのでしょうか。

一番のやりがいは達成感といえるでしょう。

現場事務は目の前で工事が進んでいく工程を見ることができます。

完成までの業務は多岐にわたりますが、それを着実にこなしたからこそ無事に建物が完成します。

だからこそ、自分が関わった建物が無事完成したときに大きな達成感を得ることができるのです。

また、建物を完成させるために多くの社員が共に作業を進めます。

建物が完成させるという一つの目標に向かって協力できる一体感もやりがいのひとつといえるでしょう。

 

無料転職相談をしてやりがいのある現場事務の仕事を探す

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


現場事務で働くメリット

OKサインをする作業着の女性

大きなやりがいが特徴の現場事務ですが、改めてそのメリットを整理してみましょう。

幅広いスキルが身に付く

前述したように、現場事務の仕事をこなすことで経理スキルや総務スキルなど、多くのスキルを得ることができます。

現場事務では、表作成や図面修正、拡大縮小印刷などのCAD業務を任されることがあるようです。

こういったCADを使用する現場事務は、その後CADオペレーターとして活躍できる可能性もあります。

CADオペレーターは一般事務を兼ねていることが多く、現場事務で得た事務スキルが最大限に活用できます。

CADスキルを得ることで、建設業界はもちろん製造業界でも重宝される人材となれるでしょう。

こういった様々なスキルを得られる環境というのは中々ありません。

現場事務はある意味貴重な挑戦の場といえます。

女性も多く働いている

建設業界や工事現場と聞くと男性作業員が多いイメージがありますが、現場事務では女性も多く働いています。

作業員のように外で行う力仕事ではなく、事務所内での経理や庶務といったサポート業務が中心となるためです。

作業員に男性が多い影響で、女性特有の気配りなどが非常に喜ばれる仕事でもあります。

また、現場事務は建設業界でのお仕事になるので、給与が一般事務よりも高くなります。

家庭を支えるために働く女性にとっては嬉しいお仕事です。

 

ワンポイント
 現場事務のメリットには、幅広いスキルが身につくことと女性も多く働いている点があります。

現場事務で働くデメリット

電卓をもって悩む女性

では、反対に現場事務で働くことのデメリットにはどんなものがあるのかを解説します。

業務の合間での対応が多い

現場事務は臨機応変にスケジュール調整をすることを求められる仕事です。

書類作成中に電話がかかってきたり、来客があったりと、やるべき業務の合間での対応が多くなります。

最初に立てたスケジュールが狂ってしまい、後から調整する必要が出てきます。

事務職と共通するとはいえ、現場事務はデスクワークだけでは終わりません。

事務所内外で走り回ることもありますし、作業員や取引先・顧客とのコミュニケーションも必須です。

デスクワークで一つの仕事に集中したいタイプの方には向いていないといえるでしょう。

現場が変わる

建設工事の目的は建物の完成です。

建設が終われば現場事務の業務もいったん終了となります。

一か所で安定して働けるわけではないので、忙しなく感じることもあるでしょう。

また、派遣社員や契約社員として現場事務に関わっている場合は工事が終われば契約も終了してしまいます。

工事が終わる前に次の現場を探しておく必要が出てくるでしょう。

 

ワンポイント
 現場事務のデメリットには、業務の合間の対応が多いことと現場が変わることが挙げられます。

現場事務の職場環境や服装は?

服を選ぶ女性

現場事務はビルでのオフィスワークではなく、建設現場の近くでサポートする業務です。

建設現場にプレハブ小屋が建てられ、そこを事務所とするケースが多く見受けられます。

都会であれば、現場付近に部屋を借りて事務所とする場合もあるようです。

服装に関しては現場によりますが、基本的に自由制服を支給されるかになります。

服装が自由でも、事務所がプレハブ小屋であれば泥や塗料などがあるため、汚れても良い服装がおすすめです。

また、靴に関してもパンプスやサンダルではなく、スニーカーや安全靴が良いでしょう。

女性が現場事務を続けるためのポイント

ポイントを指さす女性

建設業界での仕事ということで、給与も他の事務より良いとされるのが現場事務です。

任される仕事もその分多いため、続けられるか心配だという方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、そんな現場事務を長く続けるためのポイントを解説します。

コミュニケーションを意識しよう

現場事務として必要不可欠なのがコミュニケーション能力です。

現場事務の仕事は一人でこなせるものではなく、周囲と協力しなければ進めることができません。

黙々とひとつの業務をこなす仕事ではないので、コミュニケーション能力を高めていくことが大切となります。

建設工事には自社以外の社員も関わってくるので、社内だけでなく社外の人とも関わらなければなりません。

建設業界の知識を把握したうえでの会話も必要となるので、自主的に学ぶ姿勢も大切です。

積極的なコミュニケーションを意識しながら仕事を進めましょう。

業界知識を身につけることを意識しよう

現場事務には多くの建設業界知識が必要となります。

与えられた業務をこなすだけではなく、自分から建設業界の基本知識や最新の情報を学んでいくことが大切です。

建設業界の専門用語や知識、最新情報を知ることで、業務上のやりとりが無駄なくスムーズに進みます。

自分が関わっている仕事や会社、業界全体に対する興味を持ち、積極的に吸収することを心がけましょう。

チャレンジ精神を大切にしよう

現場事務の仕事は臨機応変がキーワードです。

基本的に任される仕事というのは求人情報に記載されていることになります。

しかし、現場事務の場合は状況にあわせて新たな仕事を追加される場合も多くなります。

経理業務の経験を買われて入社した後にCADの製図を任されることもあるのです。

こういった新たな仕事に対してのチャレンジ精神を持つことが現場事務では大切になります。

今は任されていない仕事でも、今後任される可能性があることを念頭に置いて働きましょう。

新たな仕事に挑戦することは、新たな知識やスキルを手に入れるチャンスでもあります。

現場事務の仕事はそういったチャンスが多いので、チャレンジ精神を持つことで更なるキャリアアップに繋がります。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


現場事務は未経験でも目指せる?

初心者マークを持つ作業着の女性

多くの業務を任される現場事務は、経験者が優遇されるケースが多いイメージがあります。

しかし、実際は未経験者を歓迎する求人も多く存在しています。

未経験者が求められるのは、即戦力として働けるようなコミュニケーション能力とチャレンジ精神です。

多くの経験を得られる現場事務は、他者との交流をしながら新しいことに挑戦する場でもあります。

現場事務として経験を積むのであれば、簿記建設業経理といった必要な資格の取得も目指しましょう。

資格を取得することで、業務の理解度もあがりますし、専門知識が身につくスピードもあがります。

未経験でも働ける現場事務を探すときは、転職エージェントを利用してみましょう。

経験がない分、即戦力になれる自分のアピールポイントを転職エージェントを通して知ることができます。

 

無料転職相談をして未経験で働ける現場事務を探す

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面談をするキャリアウーマン

現場事務はここ数年で女性に人気が出てきている仕事のひとつです。

経験を活かす、もしくは未経験でチャレンジしてみたいと考えたのなら、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントであれば、活かしたい経験や未経験でもアピールできる強みに合わせて求人を紹介してくれます。

自宅からの距離や転勤の有無など、希望条件に合わせて探すことも可能です。

応募書類の添削面接の対策もしてくれるので、転職エージェントは転職を目指す女性にとって強い味方となります。

 

無料転職相談をして経験や強みを活かせる現場事務を探す

 

まとめ

会談、女性のシルエット

現場事務は建設業界の中でも女性向きのお仕事です。

経理や総務のスキル、建設業界の知識など様々なことが身につく貴重なお仕事ともいえます。

転職を機に新しい挑戦をしてみたいと考えている場合、現場事務がおすすめです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!