パラリーガルとは弁護士の元でさまざまな実務を行い、弁護士を補助し法律事務など専門職としての業務を行う人です。

パラリーガルはもともとアメリカで誕生した職業のため、日本人にはあまり耳に馴染みのない職業でしょう。

弁護士の中には豊富な知識やスキルを持つパラリーガルをパートナーとして認め、重要な案件を任せることも多いのです。

こちらではパラリーガルの仕事や年収など詳しく解説しています。ぜひ参考にして下さい。

パラリーガルの仕事内容を解説

パソコンと電話を使う女性

パラリーガルの仕事は弁護士をサポートするということになりますが、大きく分けると秘書としての仕事と法律実務の仕事があります。

秘書的な仕事は電話応対や接客、法律実務では書類を取寄せたり作成するほか弁護士に代わって調査など行うこともあるのです。

パラリーガルには弁護士のパートナーとして両方の職務を熟す人もおり、弁護士の業務の軽減に貢献する人も多いのです。

もう少し詳しく仕事内容についてお話ししましょう。

「書類の作成や管理」

弁護士が請け負っている案件に関する書類の作成や管理、その他戸籍を取り寄せたり契約書を作成したりと仕事は多岐にわたります

書類作成にも豊富な知識が必要です。それも一般の事務員としてではなく法律面での知識を豊富に持っていなくてはいけません。

法律についてもしっかりと勉強し知識もスキルも身に付ける必要があるのです。

パラリーガルがいることで弁護士は細々とした仕事を任せられ、弁護士本来の仕事に取り組むことができるのです。

「来客や電話対応」

弁護士にかかってくる電話の応対や来客の接待もパラリーガルの仕事です。企業でいえば社長秘書の役割をパラリーガルが行います。

弁護士にかかる電話は、裁判所などの官公庁やクライアントが重要な用件でかけてくる場合が多いです。

法的な用語なども理解しておくと、何を言っているのか内容も理解でき伝言もきちんとまとめてメモすることができます。

パラリーガルは弁護士をサポートする秘書としても、専門的な知識やスキルを持っている事が絶対条件となるのです。

「弁護士に代わる調査業務」

少し慣れてくるとパラリーガルの仕事はますます広がり、弁護士に代わって調査業務を行うなど弁護士と同様の仕事もこなします。

最初は通常の事務と変わらない仕事をしながら、スキルを磨き担当弁護士からパートナーとして認められる人も多いです。

 

ワンポイント
 パラリーガルの仕事は弁護士の秘書業務など多岐にわたります。

パラリーガルの仕事の禁止事項は?

だめ

知識を蓄えスキルもアップしたパラリーガルであっても、弁護士のサポートをする人であることを忘れないようにして下さい。

パラリーガルが仕事上でやってはいけないことは、弁護士の仕事をしてしまうということです。

弁護士に代わってさまざまな案件に携わっていると、自分でも法律の仕事ができるのではと思いがちですがそれは違います。

「法律相談をする」

弁護士に無断で法律相談をすることはしてはいけないことです。パラリーガルは弁護士ではないのです。

相談者が弁護士不在の時に来所した場合には、相談内容については要点を聞きますが、相談に応じるのはあくまでも弁護士です。

弁護士から連絡する旨伝えます。相談者は困って来所することが多いので、相談者に寄り添う気配りは必要です。

「受任の判断や報酬額を決める」

supportの文字と女性の手

仕事を受けるかどうかは弁護士が決定することです。もちろん報酬額についてもパラリーガルに決定権はありません。

弁護士が決定した事項にパラリーガルは従います。弁護士との間がどんなに親しいものであっても決定するのは弁護士です。

「独断で書面作成や依頼者との交渉を行う」

依頼案件に関する書面なども弁護士の指示のもとで作成します。依頼者との交渉についても行うのは弁護士です。

弁護士の意向を依頼者に伝えることや、依頼者からの伝言を弁護士に伝えるのはパラリーガルの仕事ですが独断での交渉は不可です。

パラリーガルは弁護士の仕事を補助する仕事であり、決して法律家ではないのです。

パラリーガルの役割は?

ノートパソコンを操作する女性

お話ししてきたようにパラリーガルの仕事は弁護士のサポートです。当然法律に関する知識やスキルは必要になります。

パラリーガルの役割について、もう少し詳しく解説していきましょう。

パラリーガルは弁護士のスケジュールを把握し、依頼者との面談などの日時の提案も行います。企業でいう秘書の役割です。

また、弁護士の指示を受けて調査業務を行うこともあります。依頼者に関することや判例を調査し弁護士に提出します。

その他打合せ等に同席した場合には、その内容を細かくメモして纏めておくのもパラリーガルの仕事です。

後日打合せ時の内容について弁護士に聞かれた場合には、即回答できるように内容も把握する必要があるのです。

 

ワンポイント
 パラリーガルは弁護士の指示以外の勝手な行動は禁止されています。
 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


パラリーガルの勤務先や待遇を知ろう

コピー機、スーツの女性

パラリーガルとして活躍するためにはまず活躍の場所を確保する必要があります。パラリーガルは基本的に法律事務所へ勤務します。

法律事務所も大きなところから、個人事務所までさまざまです。総合的な法律事務職か秘書的な勤務するか目的で選びましょう。

法律事務所の扱う案件は主として民事・家事に関する事件ですが、事務所によっては刑事事件を専門に扱うところもあります。

民事・家事でも交通事故や債務処理に特化した法律事務所もあるので、勤務先を選ぶ時には扱う内容も知っておくとよいでしょう。

待遇に関しても各法律事務所により、また勤務形態によっても違ってきます。

通常の法律事務職として勤務する場合は、一般事務職の事務員とほぼ同等の年収と考えてよいでしょう。

経験者の転職の場合には、そのスキルに応じて待遇も考慮されることが多いです。

勤務先である法律事務所のことや待遇について、詳しく解説していきましょう。

勤務先はどんな場所?

パラリーガルの勤務先となるのは法律事務所です。法律事務所とは一人の弁護士か複数の弁護士で構成された法律事務を行う場です。

弁護士が個人で運営している事務所では、一般的な事務の仕事から法律事務や秘書としての仕事もこなす必要があります。

法律事務所が扱う案件は、民事・家事・刑事など多岐にわたります。事務所によっては特化した事件を扱うところもあります。

交通事故案件に特化したり、債務案件に特化する事務所や離婚調停を専門とする事務所などもあります。

法律事務所を転職先に選ぶ場合には、どのような特色のある事務所かというのも視野に入れる必要があるでしょう。

待遇は事務所に依存する

保険証

待遇もまた所属する法律事務所により違ってきます。大きな事務所では社会保険完備となっている所もあります。

ただ基本的に一般企業と異なり法律事務所は個人経営が多く、国民健康保険への加入や国民年金への加入が必要な場合が多いのです。

健康診断などの福利厚生も弁護士それぞれの意見ややり方で違ってくるので、転職先を探すにあたっては確認するようにしてください。

法律事務所については、自分で調べてもわかり難く細かい部分で聞きたいことは面接時に直接確認必要があります。

一人で調べるだけではなく、経験や情報を多く持つ転職エージェントに相談して情報を聞くのも近道です。

 

無料転職相談をして情報をたくさん知ろう!

 

パラリーガルの給与や年収

電卓を持つ女性

パラリーガルの年収は各法律事務所によって違ってきます。仕事内容も法律事務職なら一般の事務職と同等と考えてよいでしょう。

大手法律事務所の場合には特に高度な知識やスキルが求められる場合が多いのです。その場合には収入も考慮されます。

特にスキルを持たないパラリーガルから、法律の知識が豊富で語学力等のスキルがあるパラリーガルまでその年収もさまざまです。

通常法律事務職で約300万円くらいから、スキルに応じて800万円くらいの年収と考えるとよいでしょう。

もちろん法律事務職であっても、専門的な知識が増え秘書的な役割もこなすようになれば昇給は充分にあり得ます。

 

ワンポイント
 パラリーガルの年収は知識やスキルが上れば昇給も期待できます。

パラリーガルの仕事の大変なこと

ワーク

パラリーガルの仕事は弁護士のサポートをする重要なものです。それだけにやりがいを感じる人も多いのです。

パラリーガルが仕事で大変だと感じる時、やりにくいと感じる時はどのような時なのでしょうか。

一番の問題点は弁護士との相性にあります。弁護士と相性がよい場合には考え方が一致することが多いので仕事がし易いでしょう。

反対に相性が悪いとぶつかることも多く、ストレスの元となります。

小さな事務所の場合には特にあれこれと広い範囲での業務を行う必要があります。うまくこなさなければ大変な仕事ではあります。

顧客の申し出内容やクレームをストレスに感じる場合もあるでしょう。最初に接客するのはパラリーガルですから。

それぞれの場合ではどのような対処をすればよいのでしょうか。詳しく解説していきましょう。

担当弁護士と相性が悪い

悩み

個人事務所の場合雇い先の弁護士との相性が悪いのは切実です。話し合いで解決する場合もありますが、難しいのが実情です。

相性というのは実際に働いてからわかることなので、ストレスを感じるほど合わない場合には転職を考えることも必要です。

知識やスキルをしっかりとつけて、自分なりの仕事の進め方でやりやすい環境にしていくという方法もあります。

業務の幅が広い

大きな法律事務所なら、秘書業務と事務業務と仕事の役割を分担できますが、個人事務所ではそうもいきません。

弁護士の秘書的なサポートと法律事務一般の仕事が、すべてパラリーガルにかかってくる場合も多いです。

専門的な知識が必要な事務から電話応対や顧客接待など、幅広く仕事をこなすのは大変です。

もちろん慣れてくるにしたがって優先順位を考えたり話し合いを行うことで、大変さをやりがいに変えることもできます。

お客様に対するストレスを感じる場合も

法律事務所のお客様は何らかの問題を抱えている人が多いです。少しの行き違いでも大きなクレームに発展することがあります。

最初にそういうお客様の対応を行うのはパラリーガルです。配慮や気配りで疲れますし、クレームにも対応しなくてはいけません。

パラリーガルは、顧客に寄り添うという気持ちを常に持って接する必要があるのです。

このために、パラリーガルの約8割は女性であるともいわれています。

 

ワンポイント
 パラリーガルの仕事は大変な面も多いですがやりがいも大きいです。

女性がパラリーガルになるには

オッケー

パラリーガルは弁護士の秘書的な役割と法律事務職としての知識やスキル、そして顧客に対する気配りなどが必要な職種です。

もともと法律事務職として働いていた女性や、今後法律に携わる仕事がしたい女性にはパラリーガルはおすすめの職業です。

女性がパラリーガルになるために必要なこと、必要な資格についても挙げてみましょう。

まずは希望する法律事務所を探すことです。大手法律事務所か個人事務所で待遇も違ってきます。

自分だけで探すよりも転職エージェントの力を借りると、幅広く適切なアドバイスも受けられます。活用しましょう。

 

無料転職相談をして希望の職種を探そう!

 

 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


パラリーガルの将来性やキャリアパス

将来性

パラリーガルはアメリカ発祥の職業で、日本ではまだまだ定着していないのが実情の職種です。

もちろん日本でも弁護士をサポートする法律事務職員はいますが、一つの職業としてではなく一般事務的な業務を行います。

パラリーガルは一つの職業として、弁護士をサポートし法律に関する書類作成や調査なども弁護士の指示のもと行うものです。

医師をサポートする看護師のような役割で、パラリーガルという職業として成り立っているのです。

将来性

パラリーガルは、今後弁護士の仕事をサポートする上で必要となる将来性のある職業といえるでしょう。

法律の幅広い知識を持つパラリーガルは、弁護士の信頼も厚く将来にむけても充分に期待でき転職する場合には強みにもなります。

特に女性のパラリーガルは今後も注目される職種となる可能性が大きいでしょう。

キャリアパス

パラリーガルは生涯に通用する経験や知識を得ることのできる仕事です。スキルも同様に手に入れられます。

パラリーガルとしてのキャリアを積むことで、将来を見据えたキャリアパスを設計することができます。

パラリーガルには無くてはならないという資格はありませんが、キャリアを積むことで資格以上のスキルや知識が身に付くのです。

将来を見据えて休職・結婚・子育て・復帰・キャリアアップと段階を経た計画が可能の上最終目標をしっかりと立てられます。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

英文事務、女性、スキル

パラリーガルは日本ではまだ馴染みの少ない職種ですが、転職としても将来性のある職種として人気の職業です。

弁護士のサポートという特殊な職業ですが、特に必要な資格もなく就職後にスキルを磨くことのできる職業といえるでしょう。

パラリーガルへの転職はまず多くの情報を持つ転職エージェントに相談!

一人では解決しない転職への不安も転職エージェントがすっきりと解決してくれることでしょう。

 

無料転職相談をして新しい職種に挑戦しよう

 

まとめ

転職

パラリーガルは、法律事務所に於いて弁護士の仕事をあらゆる面でサポートする職業です。

職務をこなしながらスキルや知識を蓄えることができ、将来への目標もはっきりと持つことができる為特に女性には人気の職業です。

もちろん経験者は有利となりますが、経験のない人の転職者も多く最初は事務職から始め、徐々にスキルを磨く人も多いのです。

キャリアパスも頭に描き生涯の仕事にしたいと考える人が多いのも特徴です。

やりがいのある仕事がしたい女性に挑戦して欲しい職業です。気になったらぜひ転職エージェントに相談してみてください。

スマホでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

面談時の服装は自由

服装は自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

面接
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

女性

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!