ECとはElectronic Commerceの略称で、「電子商取引」と訳されます。

ECサイト運営とはネットショッピングを筆頭にインターネット上でサイトを運営することです。

EC業界は人手不足が懸念されていますが、未経験でも挑戦できるのでしょうか。

当記事では女性がEC業界に転職するポイントを解説します。

ECサイトの仕事内容

パソコン作業をする女性

ここではECサイトをネットショッピングサイトとして解説します。

代表的なネットショッピングといえばアマゾンや楽天を思い浮かべる人が多いかもしれません。

ではECサイトでは具体的にどのような仕事をするのでしょうか。

大きく分けて6つの仕事内容をご紹介します。

ECサイト制作・管理

ネットショッピングにおいて商品を販売するためのサイトがECサイトです。

サイトのターゲットは誰か、何を販売するのか、具体的なコンセプトをもとにサイトを構築します。

また、ユーザーがサイトから離脱しないようデザイン性を重視したサイト作りもポイントです。

ECサイトはユーザー目線に立って作成することがもっとも大切なこと。

自分たちのサイトを客観的にみることで、サイト全体の利便性の向上を図ります。

商品を企画する

打ち合わせをする女性

ECサイトで何を販売するのか、売り出す商品の企画を行います。

自社の強みを存分に活かしたうえで、競合サイトに負けないような商品を企画する必要があるのです。

商品を企画したら販売価格も考えます。

仕入れにいくらかかるのか、売り上げはどのくらい見込めるのか、最終的な利益はいくらになりそうか。

商品企画の段階から具体的な販売戦略も考えておくことが成功のカギといえるでしょう。

商品を管理する

商品販売後は徹底的に商品管理する必要があります。

特に在庫を抱える場合は入荷と販売のバランスが重要です。

大量に入荷したにもかかわらず思っていたほど売れなかったのでは赤字になってしまいます。

逆に、予想以上の売れ行きで商品の在庫が足りなくなるという事態も避けなければなりません。

利益を最大化するため、入荷と出荷のバランスを読み取ることも重要です。

プロモーションする

スーツで説明する女性

商品をたくさんの人に認知してもらうためプロモーションを行います。

新規ユーザー獲得に向け施策を打つことが利益を上げるカギです。

ほかにも、いかに素晴らしい商品であるか、ユーザーの役に立つ商品であるか宣伝する必要もあります。

ただECサイトで販売しただけでは商品の良さは伝わりません。

初めてのユーザーでも商品の良さが伝わっていれば「買ってみようかな」という気持ちになるでしょう。

いかに自社商品をアピールできるかが利益を最大化するポイントです。

アフターケアをする

新規ユーザー獲得だけでなく既存ユーザーに対するアフターケアも重要です。

自社商品を買ってくれてありがとう、だけではリピートしてくれません。

今まで自社商品を買ってくれたことのある人が何度もリピートしてくれることが、安定した利益を得るカギとなります。

万が一商品に不備があった場合、アフターケアがしっかりしていないと対応することはできません。

アフターケアができなければ最悪の場合クレームを入れられ、商品の評判が下がってしまいます。

長くお付き合いしていくためにも既存客をないがしろにしてはいけないのです。

売上を管理する

売上管理はお金に直接かかわることなのでシビアに行う必要があります。

1円単位で金額に誤りがないかチェックすることが大切です。

また、売上を管理することで自社商品の問題点を洗い出し、次の商品企画やプロモーションにつなげることも重要になります。

ECサイト運営って?

秘書

そもそもECサイト運営とは何を意味するのでしょうか。

具体的に解説します。

ECサイトって何

ECとはElectronic Commerceの頭文字を取った言葉で、電子商取引と訳すことができます。

ネットショッピングが代表的なもので、対面ではなくネットの世界で商品の売買を行うのです。

そしてECサイトとは、電子商取引を行うインターネットサイトのこと。

ネットショッピングで有名なアマゾンや楽天は大手ECサイトといえます。

ECサイトを運営する仕事のこと

ECサイト運営とは文字通りECサイトを運営する仕事です。

売りたい商品を企画し、それに合わせてインターネットサイトを構築します。

さらに利益を最大化できるような商品のプロモーションやPRも必要です。

ECサイト運営の仕事は多岐にわたっているため、非常にやりがいがあるといえるでしょう。

 

ワンポイント
ECサイト運営とはインターネットサイトで自社商品を販売すること!

ECサイト運営に必要な業務とは

ガッツポーズをする女性

ECサイト運営にはどのような業務が必要とされるのでしょうか。

大きく分けて2つの業務をご紹介します。

成長プロセスをみて業務管理する

自社商品の売上状況など成長プロセスをみながら業務管理を行います。

どの商品がどの年代に売れているのか、狙ったターゲットに届いているのか、プロモーションはうまくいっているのかなど。

成長プロセスを把握することでより利益を上げるための改善点がみえてきます。

逆に言うと、成長プロセスをみたり分析したりしなければ改善点も何もみつかりません。

ただ商品を販売して終わりでは、機会損失が発生している可能性があるのです。

常にユーザー目線に立ってサイト運営していかなければ自社サイトにユーザーは訪れてくれないでしょう。

成長プロセスをみて自分たちに足りない部分をみつけることはECサイト運営で重要です。

年間運営スケジュールをたてる

カレンダー

闇雲にサイトを作成して商品を販売してもうまくいきません。

ECサイトの年間運営スケジュールをたてることがECサイト運営に必要不可欠です。

いつ商品をリリースするのか、そのためにはいつまでにサイトを完成させなければならないのか。

目標から逆算してスケジュールをたてられればサイト運営成功にグッと近づくでしょう。

ECサイト運営に必要なスキルとは

ビジネスウーマン

ECサイト運営にはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

特別なスキルがなければECサイト運営に携われないのか気になるところです。

では具体的にECサイト運営において持っておきたいスキルを3つご紹介します。

情報分析力

ECサイト運営に必要なスキルの1つ目は情報分析力です。

自社商品の売上を最大化するには、日々サイトの分析が欠かせません。

ユーザーは最初から最後まで自社サイトを見てくれているのか。

サイトの途中で離脱する場所はないか、購入を促すボタンの色は何色がいいのか。

どんなに細かいことでも実験と検証を繰り返す必要があります。

実験と検証を行うには情報を分析する力が欠かせません。

「なぜこうなるのか」を言語化し、対策を練って実践していくことがECサイト運営に大切なことです。

顧客対応力

メモを取る女性

ECサイト運営に必要なスキルの2つ目は顧客対応力です。

自社サイトから商品を購入してくれたユーザーやこれから商品を購入しようとしているユーザーとやり取りする場面があります。

既に購入が済んでいるユーザーにはアフターケアをし、リピート購入につなげるよう対応しなくてはなりません。

新規ユーザーについては商品に対する不安や疑問を取り除き、購入までつなげる必要があります。

ECサイトを運営するにあたっては、サイトを作成し商品をプロモーションするだけでは足りないのです。

新規・既存問わずユーザーに寄り添うことで自社サイトのファンになってもらいましょう。

そのためには自社サイトに訪れたユーザー全員に対して親身に対応する必要があります。

WEBサイト運営の能力

ECサイト運営に必要なスキルの3つ目はWEBサイトを運営する能力です。

インターネットサイトを運営するので、検索エンジンの特徴を把握したりユーザビリティーを追及したりするのは当然のこと。

WEBサイトを運営すること自体は誰にでもできます。未経験でもチャレンジしやすいでしょう。

しかし、利益を最大化するとなると中途半端な気持ちでは携われません。

WEBサイトを運営して売上を伸ばすことをしっかり意識する必要があります。

 

ワンポイント
ECサイト運営には情報分析力や顧客対応力、WEBサイト運営力が必要不可欠!

ECサイト運営の募集は多い

パソコンを持つ女性

アマゾンや楽天を筆頭に、ネットショッピングサイトは近年ますます売上を伸ばしています。

5Gの台頭やスマートフォンの普及により今後もEC業界は伸びていくと予想できるでしょう。

しかしEC業界の盛り上がりに反してECサイト運営者が少ないのが現状です。

需要と供給のバランスが合っていないので、ECサイト運営の募集は必然的に多くなります。

だからこそ未経験でもEC業界はチャレンジしやすいといわれるのです。

非常に狙い目の業界であることは間違いありませんから、スキルを身につけてチャレンジしてみてください。

未経験がEC業界で働く方法

女性

では未経験者がEC業界で働くには具体的にどうすればいいのでしょうか。

それは普段からECサイトに慣れておくことです。

日常生活においてどれほどECサイトを利用していますか?

アマゾンや楽天といったネットショッピングサイトの利用経験がないのにEC業界へチャレンジするのは厳しいでしょう。

少なくともネットショッピングはスムーズにできる必要があります。

また、可能であれば自分で簡単なECサイトを運営してみてください。

無料のプラットフォームを使えば誰でも簡単にECサイトを運営できます。

分からないことを調べながら自分の力で試してみる。

こういった前向きな気持ちこそ、未経験でもEC業界で働ける原動力になります。

 

ワンポイント
日ごろからECサイトに使い慣れておくことが未経験からEC業界にチャレンジするうえで大切なこと!

EC運営に最適なプラットフォームとは

メモ

ECサイト運営における最適なプラットフォームの条件は低コストに抑えられることです。

他社のプラットフォームを利用する以上必ず手数料が発生します。

ECサイト開設に伴う初期費用や、プラットフォームの利用を続けるための月額費用など。

できるだけコストを抑えて運営することが、自社の利益を最大化するうえでも大切です。

また、コスト抑えるほかにセキュリティ面が強固なプラットフォームを使う必要があります。

ECサイトではユーザーの個人情報を扱うため、万全のセキュリティ対策を施しておくことが求められるのです。

低コストで運営できて、さらにセキュリティ面が強いプラットフォームこそECサイト運営に最適といえます。

ECサイトの運営改善・業務効率化はどうすればよい?

不安

ECサイト運営における改善や業務効率化はどのようにすればいいのでしょうか。

まずサイト運営を改善するには日々の分析が欠かせません。

自社サイトに訪れたユーザーの性別や年齢層がターゲットと一致しているかどうか。

ここにズレが生じてしまうと売上は伸びないでしょう。

ユーザーのサイト滞在時間などを踏まえサイト全体の構成や動線を見直す必要もあります。

常に分析を行うことで利益最大化につなげることがECサイト運営には欠かせません。

また、業務を効率化するため役割分担も大切です。

サイトを作る人、商品を企画する人、プロモーションする人、顧客対応する人など。

それぞれ役割を分担することで自分の担当業務に集中できます。

また、各担当の連携も欠かせないので日ごろからコミュニケーションをとることは意識しましょう。

 

ワンポイント
日々のサイト分析で改善点を見つけ、担当を分担して業務を効率化する!

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

電話

転職活動においてはさまざまな壁にぶつかることがあります。

学生の就職活動とは違い、転職活動を乗り切る仲間がほとんどいない場合が多いのです。

転職において悩みを抱えがちですが、1人で悩まず転職エージェントに相談してみてください。

エージェントはこれまで多くの転職者とかかわり相談に乗ってきました。

悩み相談のプロと言っても過言ではなく、転職がうまくいくようアドバイスしてくれます。

未経験からEC業界にチャレンジするならEC業界に精通したエージェントを活用するのもポイントです。

あなたに合った転職先が見つかることにつながります。

まとめ

女性

ECサイト運営はサイト作成や商品企画、プロモーション、アフターケアなどさまざまな業務を担当します。

ネットショッピングを筆頭に近年ECサイトの需要は高まるばかり。

しかし世間の需要に反して、EC業界は人手不足が懸念されていることが事実です。

したがって、情報分析力など必要なスキルを身につければ未経験でもEC業界にチャレンジすることができるでしょう。

EC業界にチャレンジする際はエージェントとの連携がカギとなります。

EC業界に詳しいエージェントを活用し、理想の未来を手に入れましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら