医療事務においてどの程度パソコンスキルが必要か気になりませんか?

高度なパソコンスキルが必要なのか、それともある程度の知識があれば足りるのか。

医療事務を目指す人にとってパソコンスキルの重要性はどれほど高いのでしょうか。

具体的にどのレベルまでスキルを身につけておけばいいのか、当記事で解説します。

医療事務に求められるパソコンスキルを解説!

パソコンを操作する女性

電子カルテを始め医療機関ではさまざまなものが電子化されています。

医療事務を行ううえでパソコンスキルは欠かせないと耳にしたことがあるでしょう。

では具体的にどのレベルまでスキルを身につけておく必要があるのでしょうか。

結論を言うと、医療事務はそれほど高いレベルのスキルを必要としません。

キーボードのタイピング、ワードやエクセルの基本的な使い方が身についていれば苦労することはないでしょう。

1つ覚えておいて欲しいのは、レセプトコンピューターや電子カルテといった専用の機器を使って業務を行うこと。

専用機器を使った業務は医療事務の根幹を担います。

機器の使い方はしっかりレクチャーを受け、問題なく操作できるようになりましょう。

パソコンスキルの基準とは

パソコンを打つ女性

医療事務に必要なパソコンスキルの基準はあいまいです。

必ずしもワードやエクセルを使いこなせる必要はなく、プログラミングなど高度なパソコンスキルも必要ありません。

未経験から医療事務へ転職する場合は、簡単なデータの入力がメインになるでしょう。

したがって、パソコンスキルというよりもデータ入力に伴う正確性の方が重要視されるかもしれません。

スキルがあれば自信を持っていい

ポイント

もしあなたがパソコンスキルを持っているなら、面接では自信を持ってアピールしてください。

転職したばかりの頃はデータ入力作業が中心になります。

しかしキャリアを重ねると、報告書やレポートなどの文章作成やデータを用いた資料作成を任せられるでしょう。

ある程度ワードやエクセルを使えるのであれば医療事務の中でも重宝されること間違いありません。

スキルはあればあるほどいい

医療事務は必ずパソコンスキルを必要としませんが、スキルはあればあるほど重宝されます。

初めのうちは簡単な入力作業がメインでもいずれワードやエクセルを使うことになるでしょう。

したがって、パソコンスキルがあることを面接でアピールできれば採用される可能性が高くなるのです。

 

ワンポイント
医療事務でパソコンスキルがあれば重宝される!

PCスキルはどのくらい必要?

不安

転職前にパソコンスキルはどのくらい身につけておく必要があるのでしょうか。

あらかじめスキルを身につけておかなければならないのか気になるところです。

医療事務の役割と仕事内容からスキルを使う場面をみていきましょう。

医療事務の役割と仕事内容

医療事務はおもに医療機関での受付を担当します。

具体的に予約の管理や診察後の会計、レセプト(診療報酬明細書)作成、処方箋の入力といった業務です。

事務作業の中でパソコンを使う場面はレセプト作成や処方箋の入力がメインでしょう。

レセプトを作るときは専用のレセプトコンピューターを使用します。

これはメーカーによって操作方法が異なるので、転職後しっかり使い方をレクチャーしてくれるのでご安心ください。

処方箋の入力はパソコンスキルより作業の正確性が求められます。

医療事務は医療機関の「顔」です。

特別なスキルより、患者さんやその家族とのコミュニケーションの方が大切な場面が多くなるでしょう。

実際どのくらい必要なのか

ピースサインの女性

医療事務においてパソコンスキルを活用する場面はほとんどありません。

そもそもパソコンを使うときはデータ入力とレセプト作成がメインです。

レセプトは専用の機器を使うので、一般的なスキルよりそのメーカーに慣れることの方が重要でしょう。

したがって、医療事務へ転職する際に必ずしもパソコンスキルが身についている必要はないということです。

パソコンスキルが不足していた場合

困る

ではパソコンスキルが不足していた場合は採用に不利なのでしょうか。

パソコンがまったく使えない、今まで一度も触ったことがないのであれば採用は難しいかもしれません。

データを入力する際、キーボードを見ながら両手の指1本ずつ使って入力することしかできない場合は厳しいでしょう。

しかし、キーボードを見ながらでも10本すべての指を使ってタイピングができるのであれば心配しなくてOK。

また、ワードやエクセルも使ったことがあるなら問題ありません。

どうしても心配な場合は「タイピング 練習」などと検索して、日ごろからパソコンに触れてみてください。

 

ワンポイント
パソコンスキルが不足してもマイナスポイントにはならないので、基本的な使い方だけ押さえておこう!

医療事務で使うパソコン

パソコンを操作する女性

医療事務では専用のパソコンを使って作業を行います。

代表的なパソコンを2つみていきましょう。

レセコン

レセコンはレセプトコンピューターの略で、レセプト(診療報酬明細書)を作成するコンピューターです。

医療機関は健康保険組合などの支払い機関に対してレセプトにより診療報酬を請求します。

支払い機関は適切な診療が行われているか審査したうえで診療報酬を支払うのです。

レセコンは医療用、調剤用、歯科用という3つの種類があり、いずれも会計業務に必要不可欠。

会計上のミスをなくすことはもちろん、患者さんの個人情報を守るうえでもレセコンは重要視されています。

また、電子カルテと連動させ業務効率化を図る狙いもあるのです。

電子カルテ

パソコンを操作する女性

電子カルテは患者さんのあらゆる情報を記録しているカルテです。

従来の紙のカルテにくらべ情報を管理しやすく、スピーディーな診療にもつながっています。

電子カルテには真正性・見読性・保存性という3つの原則が定められているのが特徴です。

責任の所在を明らかにしたり電子記録の保存期間を定めたりと、正確性や透明性を重要視しています。

電子カルテは業務効率化のためレセコンと連動していることが多いものです。

レセコンと同じく専用の機器なので、操作方法はあらかじめレクチャーされます。

医療業界適正チェック

やる気のある女性社員

医療事務で活躍するため、医療業界に適正しているかチェックすることがポイントです。

あらかじめ確認しておくことで向き不向きがみえてきます。

具体的に3つのポイントに焦点を当ててみましょう。

患者さんや家族とのコミュニケーション力

医療業界で活躍するには患者さんや家族とのコミュニケーションが欠かせません。

診察を受ける患者さんはどうしても不安な気持ちを抱えているもの。

患者さんの家族も同じ気持ちで、医療機関を受診することは緊張して固くなりがちです。

患者さんや家族の不安を和らげるためにも、医療事務としてコミュニケーションは必要不可欠。

医療機関の顔である事務職員が暗ければ、患者さんや家族も不安を募らせてしまうでしょう。

また、ネガティブな感情は患者さんに伝わってしまうものです。

表に出るときは常に明るく、円滑なコミュニケーションが求められます。

レセプト業務

医療事務は専用の機器を扱うレセプト業務が重要な仕事の1つです。

メーカーによって操作方法が変わってくるので、覚えるまでに時間がかかるかもしれません。

会計業務を円滑に行うだけでなく、個人情報を守るためにもレセプト業務は非常に重要な仕事といえます。

絶対にミスは許されませんが、一度操作方法を覚えてしまえばスムーズに業務が進められるでしょう。

仕事に対する姿勢

医療機関で働くという自覚を持つことが何よりも大切です。

患者さんや家族とのコミュニケーション、レセプト業務といった重要な役割。

高度で特別なスキルは必要ありませんが、医療事務はあらゆる業務に携わります。

医療事務なくして医療機関は成り立たないと言っても過言ではありません。

医療機関の顔として働くという自覚を持てるかどうかがカギとなります。

 

ワンポイント
医療事務従事者はコミュニケーション能力が必要不可欠で、業務の正確性が求められる!

医療事務で欠かせない知識

女性

医療事務に特別なスキルは必要ないとお伝えしました。

しかし、医療事務を行ううえで欠かせない知識があることも事実です。

では具体的にどのような知識が必要なのか、2つご紹介します。

診療・薬剤に関する知識

医療事務は未経験でもチャレンジすることができます。

しかし、診療や薬剤に関する最低限の知識は身につけておく必要があるのです。

具体的にケガや病気の名前・症状、処方される薬の名前・効果が考えられます。

このような知識がなければレセプト業務に支障をきたしてしまうことを覚えておいてください。

医師や看護師は診療のたびにどのような処置を行ったか、どの薬を処方したか記憶しているわけではありません。

カルテには記録しますがひっ迫した事態の場合などミスをする可能性も否定できないのです。

したがって、レセプト業務を行う際に誤った情報がないかどうかチェックするのも医療事務の重要な役割。

もし不備があれば医師や看護師に対して確認する必要があるので、最低限の知識は持ち合わせておきましょう。

医療保険制度に関する知識

医療事務は医療保険制度について詳しく知っておく必要があります。

医療保険制度をざっくり説明すると、患者さんと国がどのくらいの割合で医療費を負担するかということ。

「患者さんの負担は原則3割」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。

なぜ患者さんは3割負担なのか、何歳から何歳まで適用されるのかなど、制度の内容を理解しておく必要があるのです。

患者さん全員が医療保険制度を理解しているとは限らないので、場合によっては医療事務者が説明しなければなりません。

事務担当者が医療保険制度を理解していないということは、自分が担当する業務を理解していないということ。

お金に関することなのでシビアになります。

また、国の医療制度や各種給付金制度を案内することで、患者さんが損しないようサポートすることも重要です。

医療保険制度を理解することは医療事務に携わるうえで欠かせないことといえます。

医療事務で必要な能力

白衣を着た女性

未経験でも医療事務をこなすにはどのような能力が必要なのでしょうか。

患者さんや家族と接するためのコミュニケーションは必要不可欠です。

単にコミュニケーションをとるだけでなく、「不安を取り除くサポートをする」レベルまで求められるでしょう。

さらにコミュニケーションのほか必要な能力を2つご紹介します。

作業の正確性・スピード

医療事務は作業の正確性とスピードを兼ね備える必要があります。

特にレセプト業務は医療機関全体の収入にかかわるのでミスは絶対に避けたいところ。

また、レセプトにミスがあると支払い機関から差し戻しされ時間と労力がかかってしまいます。

レセプト業務を中心として常に正確性は保ちましょう。

また、レセプト提出は毎月10日と定められています。

月初めは医療機関が混雑することが多く、さらにレセプトの点検業務が追加されるため余計に忙しくなるもの。

業務を正確かつスピーディーに進めることが求められます。

スケジュール管理

医療事務は自分が担当する業務のスケジュール管理がポイントです。

一般的な会社の事務にくらべると、会議や打ち合わせといった自分以外とのスケジュール調整はほとんど必要ありません。

主にレセプト業務において、患者さんの来院予定をみながら早めに業務を進めておく。

こういったスケジュール管理ができれば月初めに焦ったりミスが発生したりすることを防げるでしょう。

 

ワンポイント
業務は正確かつスピーディーに。自分の担当業務のスケジュール管理はしっかり行おう!

転職相談は転職エージェントを活用しよう

相談する女性

転職活動は基本的に1人で行いますが、何かと壁にぶつかりやすいものです。

うまくいかないことが重なると、ネガティブな思考に陥り悪循環から抜け出せなくなります。

前向きに転職活動を続けるためにも、転職の相談は転職エージェントを活用しましょう。

エージェントはこれまで培ったノウハウを活かし、転職が成功するよう的確にアドバイスしてくれます。

困ったときは1人で悩まないでください。

まとめ

医療事務を担当する女性

医療事務は未経験でも挑戦できます。

特別に高度なパソコンスキルは必要ありません。

キーボードのタイピング、ワードやエクセルの基本的な使い方を身につけていれば問題ないでしょう。

レセコンや電子カルテはメーカーによって操作方法が変わってきます。

業務に携わる前に使い方のレクチャーがあるのでご安心ください。

転職活動は孤独ですが、エージェントを活用すれば1人ではありません。

あなたに合った転職先が見つかることにもつながりますから、エージェントと二人三脚で転職成功を勝ち取りましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら