医療の世界には様々な職種があり、国家資格で高い専門性が求められることが多いです。

そんな医療関係の仕事の中でも、医療事務は医療の世界で働いたことがない人でも挑戦しやすい仕事として人気となっています。

医療事務は病院やクリニックの顔とも呼ばれ、とても重要な役割を担っています。

今回は、医療事務とはどんな仕事なのか、医療事務の将来性や課題など気になるポイントを紹介いたします。

医療事務の将来性を解説

病院の待合室

医療事務を目指す人にとって、今後医療事務がどのような立場になっていくのか気になるのは当然です。

どの仕事においても、将来性は気になるポイントでしょう。

医療事務には将来性があるのか不安を抱く方もいるかもしれません。

しかし、医療の分野、仕事がなくなることはまずありません。

そのため、医療事務の需要も、今後なくなる可能性は非常に低いといえます。

安心して仕事に臨めるでしょう。

医療事務の主な仕事内容

パソコン作業をする看護師

医療事務といっても、仕事内容は多岐にわたります

勤務先によっても仕事内容は異なるので、就活をするときにはしっかりとチェックしてください。

特に多い仕事として、受付・会計業務、クラーク業務、レセプト業務の3つが挙げられます。

この3つの仕事についてご紹介していきます。

まず1つ目は、受付・会計業務です。

受付・会計業務は患者さんと特に接する機会の多い仕事

医療事務をしたことがない人でもイメージしやすい、接したことがあるのではないでしょうか。

受付は患者さんがクリニックや病院に入ってはじめに行うことになります。

不安に感じる患者さんに寄り添って優しく対応することが求められる仕事だといえるでしょう。

2つ目は、クラーク業務です。クラーク業務という言葉は、医療事務が未経験の人は聞いたことがない方が多いかもしれません。

クラークとは「事務員」という意味。働く場所によって「外来クラーク」「病棟クラーク」とカテゴライズされます。

医師や看護師をサポートする役割を担い、患者さんと医師、看護師をつなぐ仕事なのが特徴でしょう。

具体的な仕事内容は、患者さんの呼び出しやカルテなど診察のために必要な準備・電話応対などが挙げられます。

スムーズな診療のためには欠かせない仕事です。

医師や看護師など、施設で働くスタッフとの連携がとても重要になります。

そして3つ目のレセプト業務です。日本では保険料は全額自己負担ではなく、一部を支払うことになっています。

自己負担以外の診療報酬は市町村や健康保険組合等から医療機関に支払われますが、この支払いに必要なのがレセプトと呼ばれる書類です。

医療事務がレセプトを作成し、審査支払機関に書類を提出することで、正しい診療報酬が病院に支払われるという流れです。

月に1回まとめて提出するため、特定の数日間で集中して業務を行うのが一般的。

先ほどご紹介した受付・会計業務、クラーク業務と比較すると、レセプト業務はより専門性の高い業務だといえるでしょう。

より専門的な仕事をしたいという人は、仕事内容にレセプト業務が入った求人かどうかをチェックするようにしてください。

ワンポイント
 レセプト業務はより専門性の高い仕事です。

医療事務が人気な理由

パソコン、ナース

病院やクリニックの受付を見ても分かるように、医療事務は、特に女性に人気があるのが特徴です。

なぜ医療事務の仕事は女性に人気があるのでしょうか。その理由に注目してみましょう。

安定性がある

医療は、人間が生活していくうえで欠かせない分野の1つです。

先ほど将来性をご紹介した通り、医療という分野が廃れていったり、なくなることは考えにくいでしょう。

ある意味、仕事としての安定性があるといえます。安定した仕事がしたいという人に、医療事務がおすすめなのはそのためです。

未経験や資格がなくても挑戦しやすい

医療に関わる仕事に興味を持っていても、医師や看護師は大学や学校に通う必要が生じることがあります。

医療系の職種は国家資格になっているため、学校に何年も通って資格を取得しなければ働けないことも珍しくありません。

子育てや仕事をしながら学校に通うのは大変ですし、経済的な負担も大きくなってしまうのは難しいポイントです。

しかし医療事務は無資格でも応募できる求人もあります。

医療に関する経験や資格を持っていなくても挑戦しやすいのが魅力です。

民間資格で通信や独学でも勉強しやすく医療事務として働きながら資格取得を目指すことも可能です。

資格を持っていれば転職にも有利にはたらくほか、給与アップも見込めます。

ワークライフバランスが取りやすい

女友達

名前の通り仕事と生活のバランスをとる「ワークライフバランス」。仕事もプライベートどちらも充実させることを意味しています。

医療事務は、昨今耳にする機会が多くなっているワークライフバランスをとりやすい仕事だといえるでしょう。

医療事務の雇用形態は幅広いく正社員、非正規社員、パート、アルバイトと自分に合った雇用形態の求人を探すことができます。

また、職場によっては休診日が固定されており、休みの日のスケジュールを立てやすいのも嬉しいポイントです。

自宅に近い場所での求人を探しやすいのも医療事務の魅力でしょう。

クリニックや病院など、医療事務が必要な施設は全国にたくさんあります。

転勤で他県に引っ越したとしても求人を探しやすいでしょう。

仕事を頑張りたいという人も、子育てやプライベートをを重視した働き方をしたい人も、ぜひ医療事務をチェックしてみてください。

 

無料転職相談をして自分の理想の働き方に合った仕事を探そう

 

 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


医療事務の需要がなくならない理由

病院、医者、ナース

これまでご紹介した通り医療事務は需要がなくなる仕事ではありません。

これからの日本社会においてとても重要な役割を果たしていきます。

ここからは医療事務の需要がなくならない理由を紹介していきます。

高齢化社会で医療に関する仕事の需要は拡大する

現在の日本は65歳以上の高齢者率が総人口の約28%以上

超高齢化社会に突入しており、高齢者率はは今後も上昇し続けると考えられています。

高齢になると病院やクリニックに通う機会も増えますので、高齢者が増えれば増えるほど、医療に対する需要も高まるでしょう。

医療の現場を支える医療事務の需要も高まっていくということです。

医療費削減政策で役割が増える

生活習慣病予防の対策などを行い、医療費の負担を抑え適正化を図る医療費削減政策。

医療費を削減するということは、病院の経営にも大きくかかわる重要なポイントです。

今後はより正確な医療費を間違わずに請求できるスキルの持った医療事務員が求められると考えられます。

そのため医療事務は、今後より大きな役割と責任を担うことになります。

調剤薬局や介護施設でも医療事務の需要が増える

白衣の女性

医療事務が必要なのは、病院やクリニックだけではありません。

薬局や介護施設、健診センターなど、医療や福祉に関する様々な施設で医療事務は求められます。

医療だけでなく福祉も、高齢化社会が進む日本ではとても重要な分野です。

今後は調剤薬局や介護施設でも医療事務の役割や増えていきます。

医療事務への転職を考えている人は、ぜひ調剤薬局や介護施設、健診センターなどの求人もチェックしてみて下さい。

ただし、病院やクリニックとは仕事内容や求められることが異なる場合もあるので仕事内容をしっかりと確認することが重要です。

AIに完全に仕事を取られるわけではない

ITの発達によって、医療や福祉の分野はもちろん様々な仕事でAI(人工知能)が取り入れられています。

AIに仕事が奪われるといった不安の声も多く、医療事務もその例外ではありません。

しかし、医療事務の仕事は患者さんや医師、看護師とのコミュニケーションが重要な仕事も多いです。

そのため全ての仕事をAIが担うということはありません

今後は、AIと上手く付き合いながら仕事をしていくことが求められます。

 

無料転職相談をして将来性のある医療事務への転職を実現しよう

 

医療事務の仕事はAIの影響をどれくらい受ける?

AI

医療事務の仕事は多岐にわたるため、今後AIが担う仕事、人間が請け負う仕事両方が生じることになるでしょう。

これからより大きく医療事務と関わってくるであろうAIが、どんな仕事をすることになるのか。

そして人間はどんな仕事をすることになるのかをチェックしていきましょう。

残る仕事「ホスピタリティとコミュニケーション」

「おもてなし」や「思いやり」を言葉であるホスピタリティ。

医療や福祉の分野で耳にすることの多い言葉ですが、接客業の世界でも重要な言葉となっています。

ホスピタリティやコミュニケーションといった人と人とのつながりを形成する上で大切なことは、AIが担うのは難しいと考えられます。

クリニックや病院に訪れる患者さんの不安を取り除くこと、安心して病院に通ってもらうために、医療事務が必要不可欠です。

残る仕事「マネジメント」

仕事

大きな規模の病院になればなるほど、医療事務員の数も多くなります。

その医療事務員のシフトや仕事を管理していくことも医療事務の大切な仕事の1つです。

マネジメント業務は医療事務員1人1人の適性や状況に応じて、信頼関係を持って行う必要があります。

AIではなく人間の医療事務が担うべき大切な仕事と言えます。

なくなる仕事「受付やレセプト業務」

他方、今後AIが担うことになると言われている仕事も存在します。それが、受付やレセプトに関する業務です。

AIが受付を担うことによって、コストを抑えつつもスムーズな受付業務を行うことが期待されます。

とはいえ、病院の顔ともいえる受付では、患者さんへのより細やかな気配りが求められることも多いのも事実。

そのため、AIに任せっきりではなく必要に応じて人間がサポートすることも重要です。

特にAIが活躍することが予想されるのが、レセプト業務。

細かい数字をチェックする必要のある業務であり、チェック量が多ければ多いほどミスも起きやすくなります。

AIに任せることで、レセプト作成において発生してしまうミスを極力減らすことが期待できます。

レセプト業務をAIが担うことにより、医療事務の負担軽減になるのもメリットです。

ワンポイント
 AIに仕事を「奪われる」のではなく、業務を「任せられる」と捉えられるでしょう。

医療事務の給料

お金

就活や転職をする際にどうしても気になってしまう給料

医療事務は正社員でも非正規社員でも求人があるので立場によって金額が大きく変わるのが特徴です。

また、資格を持っているのかどうか、どんな資格を持っているのかでも変わります。

より給与が高い仕事につきたいという人は、資格を取得し正社員で働くのがおすすめです。

 

無料転職相談をして満足いく給料を得られる仕事を探そう

 

医療事務をこれから目指す女性が知っておきたいこと

病院、医者、ナース

医療事務の仕事を志望する方にぜひ知っておいて欲しいポイントが3つあります。

以下の3つのポイントを踏まえ、自分に合った求人を見つけてください。

人の命に関わる仕事

医療事務は、医師のように直接患者さんを診療することはありません

しかし、医療の現場で働いている以上、人の命に関わる重要な役割を担っている意識をしっかりと持ち仕事に取り組みましょう。

医療事務は病院やクリニックの顔ともいえ、院の印象を左右する大切な立場です。

安心して通える病院やクリニックになるために、医療事務の担う役割はとても大きいと言えます。

勤務先によって業務量に差がある

医療事務は病院やクリニックだけでなく、福祉施設など勤務先の種類が幅広いのも特徴。

勤務先がクリニックなのか、病院なのか、介護施設なのか調剤薬局なのかでも業務は変わってくるほか、施設の規模によっても異なります。

そのため、予想した仕事とは違う仕事をしなければいけないということもあるかもしれません。

また、業務内容だけでなく業務量も異なる可能性があるのもポイント。

規模が大きい施設になればなるほど、レセプト業務の量も多くなります。

どのくらいの規模の施設なのかを把握しておくことも大切です。

「医療事務」という名前と業務のギャップを理解しよう

医療事務というと、「事務」というワードからパソコンに向かって仕事をするイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、受付業務があるように患者さんとのコミュニケーションを図ることも大切な仕事の1つです。

そのため、接客業で求められるような仕事もあることも意識しておきましょう。

患者さんや同じ施設で働く仲間との連携を意識して仕事を行うのが重要なポイントです。

ワンポイント
医療事務という名前ですが、事務仕事を行うだけではないのです。
 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


医療事務の将来性や需要を理解して医療事務を目指そう

仕事

医療事務は、医療で働く医師や看護師等を支える大切な存在です。

今後もその需要はなくなることもなく、むしろ高くなることが予想されます。

幅広い内容の業務が求められることもあるので、勤務先によって異なる業務に柔軟に対応していくことが重要です。

勤務先で医療事務としてどんなことを求められるのかを把握するようにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

転職を考えるときには悩むことも多いですよね。

自分の思い通りにいかなかったり、不安になってしまったときには、専門家の意見を聞いてみるのがおすすめです。

転職の専門家として頼れる存在なのが、転職エージェント。

転職で注意すべきポイント、転職で上手く行動するコツなどの相談にのってくれ、1人1人に合わせたサポートをしてくれるでしょう。

医療事務として働きたい女性をサポートしてくれる存在として、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

ワンポイント
信頼できる転職エージェントと一緒に転職活動を行うことで、よりスムーズな転職活動が可能です。

まとめ

白衣、女性

女性に人気のある仕事である医療事務。

事務職といっても様々な仕事が発生することを認識しておきましょう。

受付や会計業務の他にも、クラーク業務、レセプト業務といった専門知識が求められます。

より専門性の高い仕事がしたい人は資格を取得するのもおすすめです。

医療の世界で働いてみたいという人は、ぜひ医療事務という仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。

スマホでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

面談時の服装は自由

服装は自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

面接
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

女性

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!