転職活移動を終えて新しい職場に就いたのに、どうしても仕事や会社に馴染めないという人も珍しくありません。

わずか3ヶ月で会社を辞めてしまうケースについて考えていきましょう。

3ヶ月という早期退職をまねいてしまう原因や、その後の再転職事情についても解説します。

Contents

女性が転職後3ヶ月で辞めたら再転職できるか解説

コーヒーの画像

転職活動を続けた末に新天地を決めてみたものの、わずか3ヶ月で辞めたくなったという経験はありますか?

あるいは実際に辞めてしまったという場合、かなりメンタル的にも落ちている状態のはずです。

自分の不甲斐なさを責めるかもしれません。転職は必ずしも100%理想どおりになるとは限らないものです。

たった3ヶ月ですでに会社を辞めたいと感じているとしたら、その転職活動が失敗だったといえます。

ただ、まだ3ヶ月の時点で決めつけてしまうのも早いものです。まずは冷静にもう一度考え直すべきでしょう。

3ヶ月で辞めたくなる退職理由のケース

コーヒーとパソコンの画像

転職を果たしたはずなのに不安や戸惑いがあるという方は多いはずです。

新しい場所での人間関係や業務内容から、心身的ストレスを抱えてしまうからでしょう。

実は転職直後の3カ月前後では約80%以上の人がストレスを抱えているとされています。

では、3ヶ月で辞めたくなり退職してしまう人の主な理由について見ていきましょう。

「社風が合わない」

新しい会社で定められている制度・社風に馴染めなくてストレスを感じることも少なくありません。

それまで在籍した会社と大きく異なっている環境で、制度や社内ルールを覚えるまでに時間がかかりそうだと感じています。

しかし世の中の会社とは独特ルールがあって当然です。

社風に馴染めないと決めつける前に、今までの自分の概念やプライドをすべてリセットし、騙されたと思って受け止めてみるのも方法です。

もし、それでもどうしようもなく受け入れることができないのなら、辞める覚悟をしてもよいでしょう。

「ノルマが達成できない」

足の画像

 

転職してみたが仕事の内容が厳しすぎて続けられそうにないという理由は圧倒的に多いようです。

中でも営業職に目立っている傾向でもあります。数値目標が予想よりも厳しくて、考えると不安になってしまうからです。

また、面接の時点で聞いた話と実際に入ってみてからの現実とのギャップがある場合にも、早期退職をしてしまう原因になります。

業務そのものよりも既存社員の意識に問題があることが考えられるようです。

このままではノルマ達成しても割に合わないと感じたから、早めに見切りをつけて別な仕事を探そうと思うからでしょう。

「残業が多い」

転職後3ヶ月の早期退職をまねいてしまう理由の中には、業務体制が面接時の話と違っているという場合も考えられます。

とくに残業時間がかなり多くて心身的疲労があるというケースです。

ひどい場合には、残業代さえ支払ってくれない悪質な企業も考えられます。

残業についてのトラブルや問題はまだ根強く残っているのが現状といえるでしょう。

「会社に馴染めない」

意外と深刻な悩みになるのが、新しい会社での人間関係がうまくいかないという問題です。

社風の問題とも類似する部分が多く見受けられます。ただし、現場のスタッフ各々の個性や性格による原因がほとんどです。

面接時の採用担当者はよい人だったのに、配属先の現場では、パワハラなどが横行していたというケースもあり得ます。

これでは早期離脱するのも無理のない話です。

転職後3ヶ月で再転職を決断する前に考えておきたいこと

メモの画像

転職したばかりのわずか3ヶ月で辞めてしまう原因はさまざまです。

しかし、そのほとんどは自身の心の状態に落ち着きがなく、見えない将来への不安にさいなまれているケースが多く見受けられます。

ますは自分の身を案じて、転職後3ヶ月で辞めずに解決できる対策を考えて、さらに学んでおくことも重要です。

もし転職後のすぐやめたいと思ったら、以下のような点を考え直してみましょう。

辞めたいと思った理由を深く考えよう

まずは、なぜ自分は今辞めたいと感じているのかを、冷静に考え直してみることが大切です。

どのような理由があって、転職したての会社が自分に合わないのでしょうか?

社風や業務の厳しさ・社内でのコミュニケーションが円滑にいかないといった、何かしらの理由があるはずです。

その理由を改めて考えてみると、辞めたいという気持ちが一時的なだけかもしれません。

もしそうであれば、もう少し様子をみるほうがよいでしょう。

その後の経過によっては職場に慣れて、継続できそうな期待も出てくるかもしれません。

ただし辞めたい気持ちがまだ持続しているのであれば、いよいよ次のことも視野に入れて考えるようにすればよいでしょう。

本当に辞めてもいいのかをもう一度考えよう

雑誌を見る画像

本当に今辞めてしまっていいのかを真剣に考えて決めましょう。

苦労しながら転職活動して入社できたのに、わずか3ヶ月で辞めてしまうのはもったいない話です。

ただし、どうしても辞めたいほどの職場であれば、もう仕方がないことではないでしょうか?

一般論では、3ヶ月で辞めるのは根気がないからというレッテルを貼られるでしょう。

とは言いつつも、それは本人が最終的に決めるしかありません。

最後は自分の気持ちに正直な行動を取るのが一番です。

基本的に3ヶ月での早期退職は、さらに次の転職活動にリスクを伴うと覚えておきましょう。

ワンポイント
辞めたい理由を客観的に考え自分らしく振舞おう

転職後3ヶ月で辞めるリスクを知ろう

会議室の画像

転職後の3ヶ月で会社を辞めてしまうと、次を見つけるのに困難が伴うだろうと考えるはずです。

実はその通りで、次の転職活動が不利になることは間違いないでしょう。

面接を受けても、採用担当者が不審に思うのは仕方がありません。

理由はともかく、1つの場所に落ち着いて、根気よく居続けることができない人という判断をすることでしょう。

しかしそれでも、自分を決して責めることだけはしないでください。

いつまでもマイナスイメージを引き摺っていても何も変わりません。

状況を変えるには、前向きに行動をするしか方法はないからです。

転職後3ヶ月で辞めて再転職する時のポイント

オフィスのデスクの画像

転職直後にはほとんどの人が慣れない環境でストレスを感じるものです。

暗い気持ちで毎日通勤するくらいなら、思い切って退職しようと踏ん切りをつけるのもその人の自由でしょう。

それを誰も引きとめる権利はありません。その前に、できるだけスムーズに再転職ができる方法も試しておくことが大切ではないでしょうか?

ここでは、転職後3ヶ月で辞めても再転職を成功させるためのポイントを解説していきましょう。

在職中に転職活動を始めよう

もう限界なので辞めたいと感じるのであれば、退職届を出す前にさっそく転職活動を始めてみたほうがよいでしょう。

転職活動を終えたばかりでまた始めるのは疲れると思うかもしれません。

しかし直後だからこそ、今まで見えなかった反省点が浮き彫りになることも考えられます。

今の職場は残念ながら転職に失敗した事例です。

それをストレスにするのではなく、新しい転職活動の反省点として改善しながら開始することで、意外にも気分転換にもなってくれます。

もしかすると今よりもさらに優良な案件が見つかるかもしれません。

それに、まだ今の会社を辞めていないことで焦る必要がないというのもメリットになります。

気長な転職活動がストレス解消にもなるからです。

採用担当者が納得できる退職理由を考えておこう

書く画像

退職理由にマイナス要因が漂っていることで、次の転職活動での足かせになると思っておくようにしましょう。

つまりそれを言い換える工夫をすることが、再転職の第一関門を突破するカギとなります。

面接の際には、採用担当者がほぼ間違いなく、3ヶ月で辞めた(あるいは辞めようとする)理由を聞くはずです。

聞かれた際に、変な隠し事をしようとするから不安要因になってしまいます。

自分にとってはハンデと思っている退職事由についても、隠さずに堂々と話すべきでしょう。

また、早期退職が気にならない程にしっかりと伝わる職務経歴書に作り変えることです。

自分が可能性を秘めていることをアピールするようにしましょう。

どちらにしても、3ヶ月で退職という事実は曲げられないのです。

でも、それをバネにして自分の魅力や良さに変換して伝えることは決して悪いことではないでしょう。

3ヶ月で退職というレッテルに自分が支配されていてはいけません。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントを大いに活用することをおすすめします。

転職した会社を3ヶ月で辞めたいと思う頃に、前職に戻ることも過る場合があるでしょう。

しかしそれはあまり現実的ではありません。もう辞めると決めた以上は、次の新しい職場を探して転職するのが賢明な判断です。

次では同じ失敗をしないように、求人案件は見極める必要があります。

その一環として転職エージェントに登録して活用するということです。

転職エージェントでは、膨大なデータから離職率や労働時間な度を判定して優良企業を紹介してくれる可能性が高まります。

また、不利な状況でもそれなりに実践的なアドバイスをしてくれるからです。

ワンポイント
気持ちを切り替えて前向きな姿勢で転職活動を開始しよう

転職後3ヶ月で辞めて再転職する時の注意点

パソコンを視る画像

転職後3ヶ月で早々に離職するとなった場合には、再度転職活動を開始することになるはずです。

先述しているように、再転職は厳しい状況やリスクも覚悟して取り組まなくてはなりません。

時として理不尽な辛い思いもするかもしれないのです。

しかし、リスクが目立つ再転職活動においても、いくつかの注意点を守って行なうことにより、きっといい方向に行ける可能性もあります。

履歴書にウソを書かない

根本的なことですが、履歴書や職務経歴書を再び作成することになります。

それらについての記入は正確にありのまま書くことをおすすめします。

3ヶ月で辞めてしまった会社なので、職歴欄に記入しないで誤魔化そうとするのはNGです。

原則として履歴書には虚偽内容を書かないルールになっています。嘘をつくことは自分でもあまり気分はよくないでしょう。

ネガティブなことを言わない

転職活動全般の鉄則としてもいえることです。どうあろうと、前職の退職理由を会社のせいにしないということです。

もちろん心の中ではどう思っていても構いません。

実際に前職には不満や不安があって辞めると決めたことに変わりがないので、ネガティブな要素があるのは十分わかっているものです。

常識として、他者の悪口を平然と話しだす人物を誰も好きにはなりません。これは面接試験でも同じことだからです。

短期で辞めないための企業選びのポイント

ビルディングの画像

再度転職をしても同じ失敗を繰り返さないようにするためには、今までの転職活動以上に、企業情報を入手し研究することが大切です。

その上でどのような採用試験対策を練っていくのかがポイントになるでしょう。

ここでは、短期離職を防ぐための企業選びのポイントについて解説していきます。

社風や労働条件をきちんと確認しておこう

転職候補になる企業の社風や労働条件などを念入りに調べておきましょう。

少なくとも悪質でグレーゾーンな企業を選ばないよう注意しておくことです。

短期離職する理由はさまざまですが、応募者と会社側の見識にずれがあって歪んでいたことに変わりはありません。

それに、もし悪質な企業に再就職となってしまったら、再びダメージを受けることになります。

応募する企業の社内の環境や雰囲気などを、できる限り下調べをすることです。

自己分析と企業分析を行おう

自己分析を再度し直しておきましょう。自分の適性を把握してから転職先を選ぶことが重要です。

3ヶ月という短期離職をしてしまったのは、自分に合っていない企業を選んだことも理由の一つです。

仕事を長く続けていくには、自分自身の性格と志向性がその企業の方針にマッチしていないと無理が生じます。

ニ度と辛い思いをしないためには、自己分析をして再度マッチする企業を選ぶしかありません。

自己分析は1回すれば終わりではなく、何度でも分析し直して今現在の自分の在り方を理解するために行うものだと自覚しましょう。

ワンポイント
再び転職活動の基本手順に立ち返ってみよう

転職後3ヶ月の再転職も諦めず挑戦して自分に合った会社を見つけよう

デスクの画像

転職後3ヶ月で辞めてしまうこと自体が、悲観的なイメージがあります自分はダメな人間なのかと疑ってしまうこともあるでしょう。

しかし考え直してほしいのです。短期離職することは決して珍しいものではないからです。

自分だけが運が悪いなどと諦めるのはまだ早いといえます。

しっかり自分を見つめ直し、謙虚さを忘れずに前向きに転職活動を続けることで、必ず自分にマッチした仕事が見つかるはずです。

ワンポイント
短期離職でのリスクを覚悟しつつ前向きにやり続けること

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビルディングの画像

転職活動はどうしても不安や心配が積み重なってしまいます。

しかもなかなか内定が決まらない状況に陥ると自暴自棄にもなりやすいものです。

そこでおすすめしたいのが転職エージェントへの登録です。転職エージェントは転職の専門家が相談に応じてくれます。

さまざまな事情で転職を強いられた人に、適切なアドバイスを与えてくれる頼もしい存在です。

まとめ

窓の画像

入社したばかりの会社に違和感があり、このまま続けられるか不安になった場合は、冷静に考えて段取りを図ることが大切です。

我を忘れ慌ててしまいそうになったら、一歩引いて考え直してみましょう。改善できるヒントもあり得るからです。

すぐに辞めるのは賢明な判断ではありません。先を見据えながら転職活動を始めておくのも1つの方法です。

退職届を出すかどうかは、転職活動の結果次第で決めても遅くはありません。

ただしもう精神的に追い込まれているというのであれば仕方がないでしょう。

むしろ自分の体のほうが大切ですから、覚悟を決めて退職したほうが無難です。

どちらにしても、自分を信じてやれることをやりながら進展することに期待していきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら