女性が転職活動をする際、学歴を気にする必要はあるのでしょうか。

今回は中途採用に新卒採用のような学歴フィルターはあるのかどうかを解説します。

また、転職活動において企業が重要視している点もあわせて紹介していきます。

女性の転職に学歴フィルターはあるのか調査

ボールペン、クローバー、履歴書

転職活動では必ず書類選考があり、履歴書と職務経歴書が必要になります。

この履歴書に書く学歴によって、書類選考で不採用になることはあるのでしょうか。

結論から言うと、中途採用は新卒採用ほど学歴フィルターはありません。

新卒採用では学歴以外に判断材料がないため、実力よりも学歴が重視される傾向があります。

新卒採用の学歴フィルターは企業だけではなく、就職サイト自体にもかけられています。

新卒の求人は応募者の数が膨大なので、偏差値を元に能力を判断しているのです。

それに対して、中途採用は学歴よりもそれまでの経験や得てきたスキルを重視されます。

しかし、年代や業種・職種によっては学歴が中途採用の基準になることもあるので注意しましょう。

学歴が選考に左右されるケース

採用通知書、桜

では、中途採用において学歴が選考基準となるのはどのような場合なのでしょうか。

ここでは、主に学歴が重視されるケースを紹介します。

20代前半や第二新卒の場合

まず多いのが、転職活動を始めた年齢が若いケースです。

主に第二新卒と呼ばれる年代や、それに近い年齢の場合は学歴が選考基準に盛り込まれるでしょう。

社会人経験はあるといっても、経験が浅いので判断材料の一つとして学歴を見られます。

ですが、新卒採用よりもそこまで重視されるわけでもないので、スキルや経験で売り込んでいくことも可能です。

業界や職種によって学歴が求められる

スーツの男性、お金

外資系の総合商社や、金融業保険業といった業界は中途採用においても学歴が重視される傾向があります。

また、大手企業と呼ばれる会社には学閥が存在していることもあり、こちらもまた学歴が重視されるでしょう。

企業のホームページで代表者や役員の出身大学などを見ると、同じ学名が並んでいる場合があります。

こういったケースは学閥がある可能性が高いので、スキルや経験だけで売り込んでいくのは難しくなります。

証券会社のトレーダーや、金融コンサルタントといった専門職も学歴が判断基準となるようです。

スキルや経験を重視する企業もありますが、全体的に高学歴の応募者を求める企業の方が多いでしょう。

 

ワンポイント
中途採用でも第二新卒や総合商社、金融業、保険業などは学歴が重視されます。

学歴がなくても転職できる?

スーツの男性、スタートの文字、青空

中途採用は新卒採用に比べて学歴を重視される機会は少ないと言えます。

つまり、高学歴ではなくても転職は可能です。

中途採用で求められるのは、即戦力として活躍できる経験やスキルだからです。

逆に言えば、企業が求めている経験やスキルをアピールできなければ、学歴があっても転職は難しくなります。

うまくアピールができない、求められているものがわからない時は転職エージェントの力を借りましょう。

一見、求められている経験やスキルを持っていないように見えても、実は共通する部分が存在していることもあります。

転職エージェントはそんな応募者の強みを見出すプロです。

書類選考を通過できず悩んでいる場合、転職エージェントへ相談してみることで突破できる可能性が上がります。

 

無料転職相談をして自分の夢を叶えよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


転職で企業が重要視している点

スーツの男性、書類

学歴フィルターがほとんどない中途採用ですが、企業が重要視しているのはどのような点なのでしょうか。

中途採用を募集している企業が重要視している点をいくつか紹介します。

即戦力として活躍できる経験や能力

一番重要視されるものは、即戦力として活躍できる経験やそれ相応の能力です。

中途採用は新卒採用のようにまっさらな状態から実務を覚え、適正を測られるわけではありません。

募集業務や役職が限定されており、持っている経験やスキルを踏まえて即戦力として活躍できるかを判断されます。

専門性の高い仕事であればなおさら、その分野に特化したスキルを持っていると採用される確率は高くなります。

転職活動で大切なのは、応募企業が求める人材として必要な経験やスキルを持ち合わせているか否かなのです。

コミュニケーション能力

こちらも経験やスキルと同等に重視されるものです。

採用にあたって企業が重視している要素として、

  • 主体性
  • 誠実性
  • チャレンジ精神
  • コミュニケーション能力
  • 協調性

といったものがあります。

このなかで最も重視されるのがコミュニケーション能力なのです。

社内の同僚、上司、社外の取引先、顧客など、どんな仕事でもコミュニケーション能力は必要です。

即戦力として活躍できる経験やスキルを持っていても、コミュニケーション能力がなければ内定は貰えません。

仕事は一人で完結するものではないからです。

周囲との協力や気配り、ニーズの汲み取りといったコミュニケーション能力がなければ遂行できません。

実力があっても周りと協力できない自分勝手な人間が社内に居てほしいと思う企業があるでしょうか?

この能力については、書類だけではわからない場合が多いので、面接でのやり取りで判断されることになります。

モチベーションや意欲

どうしてもチャレンジしてみたい業務でも、それに見合う経験やスキルがない場合もあるでしょう。

また、専門性のある仕事でも「未経験者歓迎」と記載されている求人情報もあります。

こういった場合は応募者の仕事に対するモチベーション意欲も重視されます。

企業が求めているのは経験やスキルを持つ人材だけでなく、人柄や価値観の合う人物でもあるのです。

経験者だからといって仕事に意欲を持たない人材を採用しても、周囲のモチベーションが下がってしまいます。

未経験者だとしても、新しいことを吸収する熱意に満ちていれば、将来的に大きな成果を上げる可能性があります。

また、こういったモチベーションを持っている場合、その仕事の魅力を熟知していることも多いでしょう。

あなたが面接官なら、どちらを採用したいと思うでしょうか。

もちろん、意欲やモチベーションがあるだけでは採用には至りません。

望ましいのは、スキルや経験を持ち合わせたうえで、意欲やモチベーションをアピールすることです。

マネジメント能力

スーツの男性、PDCAの文字

転職活動をする年齢が30代になってくると、将来的なことを考えたマネジメント能力も問われます。

募集要項に役職が記載されている場合はその傾向がより強くなるでしょう。

社会人経験が長いほど、それ相応のマネジメント能力が求められます。

マネジメント能力とは、リーダーとして目標を掲げ、達成するために具体的な指示を出して成果を上げる力です。

アピールする際、実際に上げた具体的な数字や実績の内容を、そこに至るプロセスを踏まえて伝える必要があります。

マネジメント能力はリーダーシップとは違うものなので、勘違いしないように注意しましょう。

リーダーシップは目標を達成するために、本人が主体的に動くことを指します。

マネジメントとは、その名の通り管理をすることです。

目標を達成するために、全体を指示して動かし、成果を上げた経験をマネジメント経験と呼びます。

マネジメント能力を持っている人材は、社員として働けるだけでなく、部下や後輩の育成に携わることができます。

特に管理職が高齢化している企業や、その人材が不足している企業ではマネジメント能力を重視するでしょう。

 

ワンポイント
中途採用で企業が重要視しているのは、即戦力として働ける様々な能力です。

学歴に自信がなくても転職しやすい職種は?

悩む女性のシルエット

中途採用に学歴はあまり関係ないとはいえ、やはり自信がない場合もあるでしょう。

学歴に自信がなくても転職をしやすい職種には、営業職事務職が挙げられます。

何故これらが転職しやすい職種なのかを解説していきます。

営業職

営業職は特に未経験者を歓迎している業界と言えます。求人情報をみても学歴不問の文字が多く並んでいます。

それは、営業職が実力主義の世界であり、学歴よりも営業力を求める業界であるからです。

営業職は、顧客のニーズを的確に汲み取り、売り込む話術を身に着けて成果を上げる仕事です。

ここで必要になるのは、一流大学を出た学歴よりも、成果を出すまで諦めずに努力する精神力となります。

インセンティブ制度や歩合給を導入している場合が多いので、成果を出せば出すほど収入に繋がるのです。

営業職には法人営業と個人営業があります。

どちらも自社の製品を会社の代表として売り込むことには変わりがありません。

学歴がなくとも、多くの契約をとれる人材であれば活躍できるのが営業職なのです。

ただし、証券会社や保険業、金融業といった学歴重視の営業職もあることを覚えておきましょう。

事務職

コピー機、スーツの女性

営業職と並んで事務職も選択肢に入ることが多いでしょう。

総合事務、営業事務、一般事務といった事務職は特別なスキルがなくても出来る仕事であることがほとんどです。

事務職として必要なのは、書類作成やデータ入力ができるパソコンスキルコミュニケーション能力です。

特に来客対応や電話応対が多くなるので、コミュニケーション能力は重視されます。

ファイリングや伝票作成などがある場合は業務の正確性迅速さも求められるでしょう。

また、社内の様々な雑務をマルチにこなす仕事でもあるので、気配り地道さも必要です。

これらは高学歴であるかどうか関係のある能力ではありません。

応募者の人間性と、それまでの実務経験で培われる能力です。

業職と同じように実力主義とも言えます。

経理事務や医療事務といった専門資格を必要とする事務職も中には存在します。

こちらも資格と実務経験があれば採用される可能性があるでしょう。

 

ワンポイント
営業職、事務職は学歴に自信がなくても転職しやすい職種です。

学歴に自信がない人が転職を成功させるポイント

悩む女性、スーツ

自分の学歴に自信がない場合、転職ができるのか不安になる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、学歴がなくても転職は可能です。

ここでは、学歴に自信がなくても転職を成功させるポイントを紹介していきます。

前職の実績をアピールしよう

企業が求めるのは即戦力として働ける経験やスキルです。

前職での実績をアピールすることで、企業が求める経験やスキルを有していることを伝えましょう。

ここで大事なのは、応募企業が求める人物像に即さない実績をアピールしないことです。

その為に必要なのは、経験してきた職務の棚卸しです。

未経験でも実績の中に接点を見つけて自分を売り込むようにしましょう。

担当していた仕事、得た知識やスキルを、どのような努力や経験の末に身につけたのかをアピールします。

そして、それを応募した業務でどう活かせるのかもあわせて伝えるようにすると効果的です。

モチベーションの高さや意欲をアピールしよう

ガッツポーズ、モチベーションの文字

経験やスキルに加えて重視されるのがモチベーションの高さ意欲です。

なぜその企業に入社したいのか、応募企業のどんなところに魅力を感じたのかなどを伝えます。

そうすることで、前向きに働く姿勢をアピールできます。

前向きに働けるということは、それだけ成果を出すために努力できるということです。

企業は応募者が入社後に成果を出せる人材かどうかを判断します。つまり、将来性を見ています。

モチベーションの高さや意欲は将来性のある人材であることを伝えられるポイントです。

転職エージェントを活用しよう

自分の経歴や学歴に自信が持てず、職務や自己の棚卸しができない時は転職エージェントを活用しましょう。

自分でわからないことも、客観的な視点を取り入れることで答えが見つかることがあります。

転職エージェントは転職活動をサポートするプロフェッショナルです。

書類作成の悩みはもちろん、その後の面接対策や企業選びについても相談することができます。

転職エージェントを通して企業を選んだ場合、応募企業が学歴を重視するかどうかも確認することが可能です。

自分が持つ実務経験やスキルに見合う企業を選べるようになるので、内定を貰える可能性がぐっと上がります。

 

無料転職相談をして憧れの企業に転職しよう

 

学歴に自信がない人の転職でやるべきこと

 

自己分析のイメージ

学歴に自信がないからといって、転職をしないわけにはいかないこともあるでしょう。

そんな時の転職活動でやるべきことがあります。

自己分析をして自分の強みを見つけよう

どんな転職活動も、まずは自己分析から始まります。

現在の自分にとって何が大切なのか、仕事に求めるものは何なのか、何のために転職をするのかを明確にします。

「できること」「やりたいこと」「やるべきこと」に分けてみるとわかりやすくなるでしょう。

そのなかから自分の強みを見つけ出し、理解することが大切です。

そうすることで、内定に繋がるアピールポイントを知ることができます。

また、自分に合う業種や職務が新たに見つかる可能性もあるのです。

自己分析には得たスキルや経験の他に、人柄も含まれます。

性格や人間性、価値観といったものです。

それがどういった経験から作り上げられたのかを振り返ってみましょう。

そうして見つけた強みと、応募先の企業が求める人物像との接点を探し、志望動機や自己PRを作成します。

企業分析で企業が求めている人物像を把握しよう

自己分析と並んで大切なのが企業分析です。

応募先の企業がどのような業種で、業界の中でどんな立ち位置なのか、求人内容とあわせて理解しましょう。

就業場所の規模や、年齢層、欠員補充なのか増員なのかなどをチェックします。

企業が求めている人物像を理解せずに志望動機や自己PRを作っても、書類選考の時点で不採用となってしまいます。

前述したように、応募企業が求める人物像と自分の強みの接点を探すことが大切です。

 

ワンポイント
転職活動をする際は、自己分析と企業分析が必要となります。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


学歴に自信がなくても諦めず転職活動に挑戦しよう

チャレンジの文字、ペンを持つ手

ここまで様々な転職活動のポイントを解説してきました。

中途採用では新卒採用ほど学歴は重視されません。

もし自信がなくても、諦めずに転職活動に挑戦してみましょう。

応募企業が求める人物像であること、経験スキルを持っていることをアピールすれば採用される可能性は高くなります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

白スーツの女性

転職活動では自己分析と企業分析が必要になります。

分析がうまくいかず、自分に合わない企業ばかりを選んでしまう場合は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは自己分析や企業分析に加えて、応募書類の作成面接対策のサポートもしてくれます。

転職活動は特に、客観的な視点からの意見を取り入れることで成功につながることが多いものです。

転職エージェントを活用すれば、自分でも気づかなかった強みを見つけることもできます。

 

無料転職相談をして理想のキャリアを実現しよう

 

まとめ

キーボード、アクションの文字

今回は中途採用に学歴フィルターがあるかどうかを解説してきました。

中途採用は新卒採用ほど学歴を重視されません。

もし学歴に自信がなくても、転職活動を諦める必要はありません。

応募企業が求める人物像を研究し、それに合う経験やスキル、そして熱意をアピールしましょう。

自己分析や企業分析がうまくいかない時は、転職エージェントを活用することをおすすめします。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!