就職面接の際、よく聞かれる項目として「キャリアビジョン」があります。

しかしそもそもどうして聞かれるのかを理解していないと、的外れな回答になってしまうこともあるでしょう。

企業側がキャリアビジョンを聞く意図を予め知っておくことで自信を持って面接に挑めます。

面接時に答えられないことを減らすために、キャリアビジョンの正しい知識を学び、しっかり意図を把握して対策しましょう。

Contents

キャリアビジョンとは

疑問

仕事におけるキャリアビジョンとは、将来的に自分がなりたい姿のことを指します。

具体的な例でいうと「10年後は管理職として、部下を指導していたい」のような将来的に自分が目指す理想像です。

よく似た言葉にキャリアプラン・キャリアデザイン・キャリアパスなどの言葉があります。

キャリアプランの「プラン=計画」であり、キャリアビジョンに近づくための計画のことを指します。

どうすれば自分が描いたキャリアビジョンにたどり着けるかを計画することがキャリアプランです。

キャリアデザインはさらに細かい計画を描くことです。

「いついつまでに〇〇になっている」などを、ビジョンに近づくための導線を描きます。

その導線を更に細かく設定することがキャリアデザインです。

キャリアパスは描いたビジョンをゴールに据え、自身の出世・昇進などのステップアップも含めた全体像を描くことをさしています。

つまりキャリアビジョンは自分のキャリアにおける最終的な目標地点なのです。

面接でキャリアビジョンを聞かれたら

面接官

最近の面接の場では、ほとんどがキャリアビジョンやキャリアプランを聞かれます。

この場合、あくまでも会社や仕事に関するビジョンやプランを伝えましょう。

「5年後に結婚し、子どもを2人、ペット1匹の家族を築きたいです」といったように人生のキャリアビジョンを伝える場ではありません。

働く上のキャリアビジョンを聞かれているため、自分の人生に関してのキャリアビジョンを発言するのは止めましょう。

 

ワンポイント
あくまでも仕事の上でのキャリアビジョンを答えよう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

面接でキャリアビジョンを聞かれるのはなぜ?

面接では頻繁に聞かれる質問ですが、そもそもなぜ質問されるのでしょうか。その理由を解説します。

企業との相性を見たいから

ノートPCで仕事をする人

企業は新しい人材を求める際、応募者との相性を確認するためにキャリアビジョンやキャリアプランを聞くことが多いです。

例えば広告関連の企業なのに、将来的なビジョンが飲食店経営をしたいと答えたとします。

自分の中では広告会社での経験を活かし、飲食店を経営する際の宣伝力を鍛え上げるとプランを立てているかもしれません。

しかし、企業側にはまったくの畑違いのことを言っていると思われる可能性があります。

これでは誤ったプレゼンテーションとなります。

この場合は飲食店経営のことを伏せて営業力や宣伝方法のノウハウを学び、将来的に役立てたいなどの理由の方が良いでしょう。

回答内容は直接的に応募した企業の事業内容と合わせることが大切です。

企業についてどのくらい理解しているかを知りたいから

ビル

応募してきた人材が、自社企業に対してどれだけ理解しているかは、今後の教育や割り振りの面で大切な要素となります。

まったく自社企業に対して知識が無いような人材は、知識がある人間と比べると教える質も量も時間も異なるものです。

企業側としても自分たちのことを知っている人を取りたいと考えます。

どんな位置づけで頑張ってもらえるかを判断したいから

就職後にどんな社員として働いてくれるのかも企業が面接の際に見極めている点です。

10年間もずっと同じ営業職をこなし、ベテランプレイヤーになりたいと考える人もいます。

管理職になり、部下に指示を出す立場になりたい人もいるでしょう。

こうしたビジョンが異なっている場合、最終的な教育方針や与える仕事の内容、目標設定自体も異なるものです。

キャリアの積み方は人それぞれになるため、予め方針が分かっていると企業側としても教育しやすくなります。

採用されてからどうなりたいかを決めるのではなく、選考時からどんな人間になりたいのかを具体的に考えておきましょう。

考え方の基本

キャリアビジョンを考える際、会社のことや自分のことを良く分かっていなければ良い回答はつくれません。

キャリアビジョンをつくるために、まずは考え方の基本を解説します。

学ぶ姿勢が大事

勉強風景

キャリアビジョンやプランをしっかりと立てている場合、勉強をし続けることが大切です。

入社したての頃は覚える事が多く、沢山勉強している気になるかもしれません。

しかし最初に学ぶことは会社にとって必要最低限1人で仕事を回していくための知識です。

もし1人で仕事をするようになっても勉強をせずにいれば、自分のスキルで出来る範囲の仕事を片付けるだけになってしまうでしょう。

しかし企業側としては、さらにもう1歩も2歩も勉強してもらいたいと願っています。

今の自分よりも更に知識やスキルを蓄え、思い描いたキャリアビジョンに近づくために勉強することが大切です。

5年後・7年後・10年後くらいのビジョンを考える

勉強、女性、パソコン

ただ漠然と勉強するのではなく、より細かい目標設定を立て計画的に勉強することが大切です。

5年後にはプロジェクトを任せられるリーダーになる。10年後には役職に就いているなど、具体的な目標を立てましょう。

目標を立てることで、その目標に対してどのような勉強が必要なのかが自然と分かってきます。

もしも目標を立ててもどのような勉強をしたらいいのか不案になる場合、周りの人に聞いてみましょう。

キャリアビジョンを立てているのは自分だけではありません。

他の人のビジョンやプランを参考するために質問してみるのも良いでしょう。

自己分析は深く掘り下げておく

キャリアビジョンやプランを作成する際に、自己分析はしっかりと行っておく必要があります。

自己分析を掘り下げることなく考えると、上手くまとまらなかったり途中で挫折してしまうこともあるでしょう。

特に好きな仕事でも苦手な作業が必要になったり、得意な作業が自分が将来なりたいキャリアには必要が無い場合もあり得ます。

そのため、予め自分は何が得意で何が苦手なのか、何が好きで何が嫌いかなど、細かく分析しておきましょう。

苦手でも必要なことを早めに学べたり、学ぶ必要が無いことに気付くこともあります。

キャリアビジョンの考え方

キャリアビジョンを考えるには、まず自己分析を徹底的に行うことが大切です。

具体的にキャリアビジョンを考える際の考え方を解説します。

過去の棚卸

女性、少女

キャリアビジョンを考える際、過去の自分のキャリアを丁寧に書き出すことが良いとされています。

今まで自分はどのような経験を積んできたのかをまずは目に見える形で書き出してみましょう。

今後のキャリアプランを考える際に何が必要かを改めて考えるきっかけにもなります。

過去に学んだことを活かすことで、具体的なキャリアビジョンを作成することもできるでしょう。

しっかりと自分の中にため込んだスキルや知識を表面化させることが大切です。

自分の方向性を見つける

転職活動をする女性

「自分がどうなりたいのか」「どうなっていたいのか」など、抽象的な事から徐々に具体的に考えましょう。

いきなりビジョンやプランを考えるのは難しいことです。

現実できないようなプラン、または達成する事が困難なプランを考えてしまう恐れもあります。

自分はどうなりたいのか・それは何年後のことなのか・それまでに何をするのかといったことにそれぞれ肉付けして方向性を見つけましょう

こうすることで無理のないビジョンやプランを立てることができます。

新たな自分を発見する

キャリアビジョンを考える際は、今までの自分ではなく将来なりたい自分や新しい自分像を考えましょう。

「自分が実はこんな事を思っていたのか」や「将来的にこんな自分になりたかったのか」など、新しい発見もあります。

その新しく発見できた自分になるために、何が必要なのかを考えるようにしていきましょう。

 

ワンポイント
キャリアビジョンは自分の「将来なりたい姿」をイメージして考えよう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

キャリアビジョンを考える時のコツ

キャリアビジョンはあまり現実的ではない目標だと自己アピールになりません。

キャリアビジョンを考える時のコツを解説します。

プランを徹底的に細分化

開いたノートとペン

キャリアプランを考える際にはできる限り細分化して考える必要が出てきます。

目標を高く設定したなら、その目標に向けて何が必要なのかを具体的に考えましょう。

それによりどの様に辿って行けばよいのかが分かってきます。

逆に、大雑把なプランの場合、何をしたら目標に近づくのかが分からなくなる恐れもあります。

細分化することで必要な知識やスキルを順番に身に付けることができやすくなるため、可能な限り細分化していきましょう。

最初は簡単にできることを

営業職で例を考えれば、いきなり入社したての人が契約を100件取るなどとても難しい目標だと思われてしまうでしょう。

最初の頃は目標のハードルを下げ、1年間に20件以上契約を取るなど達成できそうな目標から立てていきましょう。

簡単な目標を着実に達成していき、そのハードルを徐々に上げていくというのが成長を実感しやすい方法です。

3年後、5年後には最初の頃では考えられないほどの成長を実感できます。

いきなりハードルを上げると目標が遠すぎて成長を感じにくくなってしまうことも考えられるため止めましょう。

20代女性向けのキャリアビジョンの考え方

資料を持つ女性

キャリアプランは年齢に関係なく設定することができますが、20代のうちに設定しておくと良いといわれています。

特に女性の場合、何時か結婚をして家庭に入る人もいれば、結婚後や出産後も働く意欲が高い人も沢山います。

その際に20代からキャリアプランを立てておくと今後の働き方を考える際に役立つことが多いです。

「20代後半までに実務経験を積み、結婚や出産後も転職しやすいぐらいのキャリアを積む」と仕事を中心に考える人もいるでしょう。

「婚約者が転勤族で、結婚後も転勤についていくために転職に有利な資格を多く取る」とプライベートを中心に考えることもできます。

このように、仕事だけでなくプライベートやライフイベントなども考慮したキャリアビジョンを考えましょう。

 

ワンポイント
仕事とプライベートの両立も含めたキャリアビジョンを考えよう。

キャリアビジョンを考えるときの注意点

指し示す女性

キャリアビジョンを考える際、将来は流転的に変わっていく現実的でない将来像は考えないという2点に注意が必要です。

「20代後半までにはチームリーダーになっている」や「管理職になっている」などのビジョンを考えている人もいることでしょう。

しかし、全員が全員思い通りになる訳ではありません。

病気や介護などの自己都合により会社を退職したり、会社自体の経営悪化により辞めざる負えない可能性もあります。

更に時代の流れから新しい常識やスキルなども出てくるため、それらを上手く取り入れていく必要もあります。

他にも結婚や出産など、様々な出来事が起きることも考えられます。

最初に決めたキャリアビジョンにこだわるのではなく、常に自分や周りの環境の変化を受け入れることが大切です。

その変化に柔軟に対応し、キャリアビジョンやキャリアプランをバージョンアップしていきましょう。

また、あまりにも現実的でないビジョン設定は考えないようにしましょう。

「1年で管理職になる」「10年後には独立し、100人の従業員を従える」など、人によっては無理ではないかもしれません。

しかし就職後や転職後の環境下では難しい目標設定は、面接の際に無理な目標を立てていると思われる可能性があります。

その目標に向けて必要な勉強が膨大になってしまい、身体を壊してしまうことも考えられるでしょう。

キャリアプランは現在の自分がスキルや知識を身に付け、なりたい自分になるための人生設計です。

すぐに達成不可能な目標や、5年・10年では到達できそうにないプランではなく、達成できそうな目標を立てましょう。

 

ワンポイント
達成できる目標を積み重ねて、最終的なキャリアビジョンを叶えよう。

キャリアビジョンの答え方のポイント

面接でキャリアビジョンを伝える際には、面接官に自分がどのような人材なのかを知ってもらうことが大切です。

好印象を持ってもらうための答え方のポイントを解説します。

具体的な目標を伝えよう

面接

企業側はキャリアビジョンを質問する際に、どのような人材なのかを一緒に確認します。

「将来的にどのような人になりたいのか」や「企業と考え方がマッチしているか」などを見られているのです。

自分が目標としていることを具体的に表現し、相手に伝わるように答えましょう。

目標のために努力していることを答えよう

自分が描いたキャリアビジョンに対して、現在何を努力しているかも伝えることが大切です。

入社後から頑張るのではなく、入社前から頑張っていると答えた方が意欲的な人だと企業側には伝わります。

自分の将来のキャリアビジョンを描いた日から、その目標達成に向けて勉強している旨を面接官に伝えましょう。

自分のビジョン以外に会社に貢献できることも伝えよう

面接時において、自分のキャリアビジョンが必ずしも企業側のビジョンとマッチするとは限りません。

自分の考えていた方向性が企業側のビジョンとは異なっていたという場合も考えられます。

そのため、キャリアビジョンを伝える際は自分が思い描くこと以外にも企業にあわせた内容を伝えましょう。

企業側が推奨しているスキルの勉強に取り組んでいることなど、会社へ貢献できるポイントを伝えることが大切です。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

女性、ガッツポーズ

最近の企業の多くは、受動的に働く人材ではなく自分で考えて行動できる人材を求める傾向があります。

その見極めとして、キャリアビジョンを聞く企業が増え、成長意識が高い人を積極的に採用しています。

女性の場合でも、働くためのキャリアビジョンをしっかりと考えている人が積極的に採用されやすくなっています。

目標や計画性をしっかりと持ち、仕事に対しても貢献できる旨をしっかりとアピールできるように考えておきましょう。

もしキャリアビジョンの答え方に悩む場合は、転職エージェントの利用を検討してみてください。

転職エージェントは転職サポートのプロとして、転職に関する様々な悩みや不安に答えてくれる存在です。

積極的に活用して、転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら