女性の社会進出や時代の変化で従来よりもキャリアプランの立て方が多種多様になってきました。

最近は「出産しても仕事は続けたい」や「子育てが落ち着いたら仕事に復帰したい」と願う女性が増えている現状です。

今回は女性目線でのキャリアプランの立て方や長く働ける職種そして面接官へのキャリアプランの伝え方を紹介します。

Contents

女性が長く働くためのキャリアプランの立て方を解説

女性が長く安定して働くために必要なものは具体的な将来のキャリアプランです。

キャリアプランは自分の人生設計図のようなものだと考えて下さい。

家の建築に建築図が必要なように人生の設計にもプランが必要です。

以下項目では女性が長く安心して働くためのキャリアプランの立て方について解説します。

自分の過去を振り返ろう

手にのる女性

キャリアプランを立てるということは「自分の将来」を設計することです。

自分の将来設計を具体的にするためにまずは過去の振り返りをしましょう。

過去を振り返ることは現状の自分を把握するために非常に役立ちます。

過去の実績や経験をとおして何を学びどんなスキルを手に入れたのかを具体的に把握することが大切です。

将来設計をするためには過去から培った土台がなければできません。

自分の現状を把握し理想の将来と近づけるために何が必要かを知るためにも過去を振り返りましょう。

現在の状況と将来の理想を考えよう

現在と過去と未来の標識

自分の過去を振り返ることが出来たら次は「自分の現状」について具体的に把握しましょう。

自己分析に近いですが自分の長所や短所そして思考や傾向を客観的に分析することが大切です。

将来の理想を実現するためには現状の自分を分析し理想を実現するために何が必要かを考える必要があります。

理想を実現するために実行することがキャリアプランとなり今何をしなければならないのかを明確にするのです。

まずは現在の自分にできることとできないことを明確化して理想の自分に近づく努力をしましょう。

将来の理想に近づくための計画を立てよう

ステップアップのブロック

キャリアプランを完成させるためには具体的な行動計画を決めることが大切です。

様々なことへ挑戦するのは良いことですが闇雲に行動することと計画的に行動することは異なります。

効率よく理想に近づくためにも具体的な人生設計をたてるように意識しましょう。

理想の自分になるために何が足りないか、どう行動すれば改善するのかをしっかりと把握することが大切です。

 

ワンポイント

キャリアプランの作成をするなら自分に必要な項目をリスト化することを意識しましょう。

可視化することで自分自身をより客観的に判断することが可能になります。

理想の将来を実現するためにもまずは具体的なキャリアプランを作成してください。

 

女性が長く働くためのキャリアプランを立てるときの注意点

指をさす女性

女性が社会で長く働くためにはキャリアプランと合わせてライフプランも一緒に考えましょう。

仕事面だけにフォーカスしてキャリアプランを決めることは危険です。

特に女性は結婚や出産などのイベントにより環境が変わるため生活環境を考慮してキャリアプランを作ることが大切です。

女性が長く働くためのキャリアプランを立てるメリット

メリットと書かれた黒板

では女性が長く働くためのキャリアプランを考えるメリットについて紹介します。

女性が長く働く上でキャリアプランを考えることは大きなメリットがあります。

例えばキャリアプランなしで仕事を選んだ女性が結婚や出産を迎えたとき会社が充分なサポートをしてくれるとは限りません。

企業によっては女性の働く環境が整っておらず退社する必要がある可能性もあります。

しかし事前にしっかりとしたキャリアプランがあれば会社選びの段階で福利厚生が整った女性の働きやすい企業を選ぶでしょう。

このようにキャリアプランを明確に持つことで長く安定して働ける会社に絞って就職ができるのです。

またキャリアプランを考えることは自身のスキルアップにもつながります。

 

ワンポイント

現状の自分を把握し理想の働き方を決めることで、理想に近づくために必要なことが明確となります。

キャリアプランは理想の自分に近づくためのスキルアッププランとしても代用可能です。

 

女性が長く働ける職種は?

女性が長く安定して働くためには女性ならではの個性や強みが活かせる職種が望ましいです。

肉体労働系の仕事を選ぶ女性を否定するつもりはありませんが女性が長く働くには仕事と私生活のバランスを整えることが重要です。

以下項目では女性が長く安定して働ける職種の例をいくつか紹介します。

営業職

営業女性

営業職は女性の営業担当は女性に人気で長く働くことが可能な職種の1つです。

サービス内容や取引先企業の顧客によっては女性の営業を希望するケースも珍しくありません。

例えば取引先担当者が若い女性の場合は女性営業担当が好まれる傾向があります。

男性の営業には圧迫感を感じる場合があり女性の方が話しやすく圧迫感を感じないという理由です。

女性はホスピタリティを持ってきめ細かい配慮ができる人が多いため営業として活躍する場が多いのも特徴です。

事務職

事務の女性

女性にとって根強く人気の職種が事務職です。

いわゆるデスクワークの仕事のため肉体労働の仕事とは異なり身体的な負担が少なく働くことが可能です。

ノルマやクライアント対応も少ないので残業が少なく私生活とのバランスがとりやすい職種の1つです。

業種によって多少作業内容は異なりますが書類作成や顧客管理など細かいところにまで目を配る仕事でもあります。

サポート役や調整役のような業務が多いため女性ならではの気遣いなどが活かせる職種です。

女性が多く活躍していることから女性にとって働きやすい環境が整っている会社が多い特徴があります。

面接でキャリアプランを聞かれた時の答え方

実際の就職活動において面接官から将来の希望やキャリアプランについて問われることは多いです。

この質問への回答はそれぞれの考えがあるので正解は1つではありません。

あいまいな回答は評価を落とすので自分の考えをしっかりと伝えられるように自分なりの回答を準備しましょう。

以下項目ではキャリアプランをきかれた時の一般的な回答例を紹介します。

結婚や出産後のこと答えよう

ハート型リース

女性のキャリアプランにおいて仕事とプライベートの関係は切っても切り離せません。

女性の場合結婚や出産について面接官から聞かれることも多々あります。

面接で将来のキャリアプランを聞かれたら結婚や出産のことも視野にいれて分かりやすく具体的に回答しましょう。

人によって結婚や出産よりも仕事を優先したい女性もいれば、子育てと両立して働きたいという女性もいます。

面接では自分の考えを正直に伝え、その上でどんなキャリア形成ができるかを具体的に伝えることが大切です。

自分を良く見せるために偽りの発言をする必要はありません。

面接は企業のニーズと応募者のニーズをすり合わせする場所ですので正直に伝えることが長く働ける秘訣となります。

高めの目標設定を伝えると印象に残りやすい

目標設定

面接でキャリアプランを聞かれたときは少し高めの目標設定を伝えることを意識しましょう。

偽りを語る必要はないですが自分の目標設置より少し高い目標を伝える方が面接官の印象に残りやすくなります。

例えば「結婚や出産をしても出来るだけ長く働き続けたい」という回答は以下のように変えてみましょう。

「結婚や出産をしても仕事を続けたいため仕事の効率化や職場環境の改善に積極的にかかわりたい」

上記のように前向きで意欲的な回答を目標目設定とすることで相手にも好印象を与えることが可能です。

キャリアプランの実現に向けて努力していることを伝えよう

英語学習

明確なキャリアプランを持ち、その実現に向けて努力していることはアピールポイントになります。

例えばエクセルやワードのPCスキルの資格を取得したなど実際に努力した成果を具体的に伝えるようにしましょう。

資格の取得や具体的なスキルアップ例は転職の際に有効に働くケースが多いので積極的に活用してください。

 

ワンポイント
面接で回答する際は分かりやすく具体的に自己PRにつながる内容を含めて伝えることを意識しましょう。

 

キャリアプランを答える時の例文をご紹介

それでは、実際の就職・転職活動の場面で好印象を与えるキャリアプランについて紹介します。

ポイントは分かりやすく前向きな発言であること、そして少し高めの目標設定です。

自分を偽る必要も誤魔化す必要もありません。

面接官に選ばれるのではなく「長く働ける職場を自分で選ぶ」くらいの気持ちで挑むことをおすすめします。

仕事とプライベートを両立したいキャリアプラン例

ワークライフバランスの黒板

私のキャリアプランは5年後に○○の役職で活躍することです。

私はプライベートも仕事も共に充実して長く御社に貢献したいと考えています。

結婚や出産の予定は今のところございませんが、将来的には家庭も持つ予定です。

環境が変わっても周囲と協力してセルフマネージメントをしっかり行い仕事を続けたいと考えます。

仕事の効率化や職場環境の見直しにも積極的にかかわり女性社員のロールモデルとなれるよう努力したいです。

仕事を優先したい女性のキャリアプラン例

やる気のある女性社員

私は現在仕事を第一に考え、女性ビジネスマンとしてキャリアアップし〇〇のポジションにつくことが目標です。

そのため当業務で必要な資格取得のためのスクールに通い〇〇の資格を取得しました。

一日も早く御社で戦力として活躍できるよう現在は毎日〇〇をしてスキルアップを目指しています。

将来的に結婚や出産も考えておりませんので仕事に専念し5年後には御社の〇〇業務を担当できるようになりたいです。

仕事と子育てを両立したいキャリアプラン例

子育てと仕事

3年後には○○のリーダーとして活躍することを目標にしています。

私は現在夫と子供の3人暮らしをしておりますが育児には家族も協力的で仕事への理解もしてもらっています。

前職でも子育てをしながら3年間〇〇の仕事をしていたので業務の効率化やマネージメント力には自信があります。

現在は自身のスキルアップのために毎日〇〇を実践しており、〇〇のスキルで御社に長期にわたって貢献したいです。

キャリアプランを答える時のNG例

次にキャリアプランを答えるとこの注意点について紹介します。

あいまいな表現や考えがまとまっていない回答はしないように気をつけましょう。

「いちおう」や「たぶん」などの表現やネガティブな発言は面接官に悪印象を与えます。

その他にも「~だと思います」「~のように感じます」といった表現も避けましょう。

また具体的な目標のないキャリアプランもNGです。

言葉遣いに注意!NG例

口元を隠す女性

「今後のキャリアプランとしては、いちおう結婚して子供が出来ても会社は続けていきたいと思います。

たぶんパートナーや家族も子育てを手伝ってくれる予定になっているので仕事に影響はありません。」

上記のようにあいまいな表現且つ内容の薄い回答は面接官に悪印象を与えます。

言葉遣いには注意してください。

具体的な目標がないキャリアプランはNG

バツを示す女性

「御社に採用されたのちは与えられた仕事を真面目に正確にこなしたいと思います。

私は結婚をする予定はございませんので仕事に集中して長期働くことが可能です。

どうぞよろしくお願いいたします。」

上記のように目標が全くないキャリアプランはNGです。

 

ワンポイント
面接で回答する際は具体的な目標や目標実現のために何ができるかなども自己PRできるよう準備しましょう。

 

女性ならではのキャリアプランを立て理想の自分を目指そう

女性のキャリア標識

男性と女性のキャリアプラン上での大きな違いは女性には妊娠や出産の時期があることです。

最近は女性の社会進出にともない女性の働き方についての理解が深まってきています。

女性が10年20年の長期スパンでキャリアプランを立てる際は結婚や子育ても意識して具体的なプランを立てるようにしましょう。

もちろん将来結婚や育児をせずに自分だけのビジネスキャリアを確立するのもキャリアプランも選択肢の1つです。

人には様々な価値観や生き方がありそれらは尊重されるべきです。

まずは自分が将来実現したい理想を明確にしてからキャリアプランを考えてみましょう。

キャリアプランは現在の自分と理想の自分のギャップを埋めるためのプロセスです。

目標を明確にすることで、将来目標達成のために必要なことが何かを具体化することが可能です。

具体的なキャリアプランをもとに自分を理想の自分へ近づける努力を続けることが大切です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビジネス女性

具体的なキャリアプランを設計しても転職は思いがけず必要となるものです。

「自分のキャリアプランと全く違う会社だった」や「夫が急に転勤になった」など理由は様々です。

どんな事情であれ転職を検討している人は転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職は人生を左右する大きなイベントです。

転職エージェントに相談することでプロの視点からアドバイスをもらえるのは転職の効率化につながります。

まだ登録したことのない人はこの機会に是非登録してみてください。

まとめ

新しい人生のチャプター

女性が長く働くためのキャリアプランの立て方について明確になりましたか。

まず大切なことは目標を明確にしてから過去と現在の自分を分析して具体的なキャリアプランをつくることです。

計画性のない行動では理想のキャリアプランにたどり着くことはできません。

環境は日々変化しているため定期的にキャリアプランを見直しながら理想の自分に近づく努力をしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら