昼のガールズバーの求人傾向と仕事内容を徹底解説!バイトやパートの時給相場は?短期や単発で稼ぐコツと需要も口コミから検証

夜の仕事は怖いから、昼間も働けるガールズバーで働きたい!そう思っている女性も多いはず。

でもお昼でもなかなか勇気が出ないかもしれません。

今回は、昼のガールズバーの求人傾向と仕事内容を徹底的にご紹介していきます!

時給相場や単発で稼ぐコツなども併せてご紹介していくので、是非試してくださいね。

口コミなども出しながら、リアルな声を届けていきます。

昼のガールズバーのお仕事内容

グラスとアルコール

お昼のガールズバーのお仕事は、基本的に夜のガールズバーのお仕事とあまり変わりありません

基本的なお仕事は下記。

  • お客さんとの会話
  • お酒・飲み物を作る
  • 店内の掃除や洗い物など

夜と昼で違うのは客層と時給のみでしょう。夜は、既に酔っ払ったお客さんなどが多く来店しますが、昼はその時から飲み始める人が多いです。

昼のガールズバーの求人傾向・給料相場

ドルの札束

続いて昼のガールズバーについてもっと詳しく知っていきましょう。時給以外は、夜のガールズバーと大差はありません

  • 昼のガールズバーの求人傾向
  • 昼のガールズバーの給料相場

それぞれ詳しく解説していきます。

昼ガールズバーの求人傾向

お金

お昼のガールズバーの求人傾向について見ていきます。基本的にはこちらも夜のガールズバーと大差ありません。

勤務時間帯で多いのが、13時~深夜というものです。お昼から入って夜まで仕事をするパターンですね。

長く働きたい人におすすめといえるでしょう。もちろんお店によってはお昼から夕方あたりまでの勤務もOKです。

店舗によってある程度融通が利きますので、一度問い合わせることをおすすめします。

基本的にお昼のみのガールズバーは少ないと思っておいた方が良いでしょう。

雇用形態はアルバイト・パートが多く、給料形態は時給・日給・月給から選べるところが多いです。

昼ガールズバーの給料相場

ドルの札束

次は昼ガールズバーの給料相場を確認していきましょう。給料の相場は下記になります。

  • 時給1,500円程度~
  • 日給20,000円程度~

日給は1日8時間(13時~)程度の勤務が多いです。その他バックなどが付きますので、人によってはもっと稼いでいる人もいます。

自分の生活スタイルに合った働き方をしましょう。

普段は学校や会社に行っていて休日だけ働きたい場合は、日給でお願いするとより効率的に働けます。

ガールズバーで短期間に稼ぐ時の注意とコツ!

コイン

次はガールズバーで短期間で稼ぐコツをご紹介します。短期間で稼ぎたい方は、以下のことに注意しましょう。

  • 短期で辞めることをアピールしない
  • シフトを調整する

それぞれ見ていきましょう。

短期で辞めることをアピールしない

ビジネス

お店側は基本的に長く入ってくれる子を採用したいと考えています。

体験入店中も時給は発生しますし、研修中も時給は発生するので、人件費がかさんでしまうのです。

基本的には短期で稼ぎたいアピールはしないようにしてください。

「どれくらいの期間働きたい?」と聞かれても、「決めていない」など濁しましょう。

短期といえども最低でも1~3ヶ月はシフトには入れると良いです。

忙しい時期は週1でも良いので、なるべく長くいられるように努めることをおすすめします。

シフトを調整する

カレンダー

ガールズバーで1ヶ月集中的に働いて、1ヶ月遊んでなどを繰り返したい人におすすめなのが「シフトを調整する」こと。

ガールズバーは基本的にシフトの融通がある程度利きます。女の子が多いお店ほど自由にシフトを組めたりするのです。

1ヶ月集中的に働いて、次の1ヶ月は週1で働くなどを繰り返しましょう。

同じお店で働いた方が、お客さんの獲得にも繋がりますし、短期で稼ぎやすくなりますよ。

また、夜の世界はかなり狭いです。すぐ辞めることを繰り返すと、その地域では採用されづらくなることもあるので気をつけましょう。

普通の接客業ではできない働き方です。折角なので水商売であることを生かし、自分が働きやすい環境を作りましょう。

昼のガールズバーと夜のガールズバーの違い

夜空

次は昼のガールズバーと夜のガールズバーの違いについて詳しく見ていきましょう。冒頭軽く触れましたが、次はもっと詳しく見ていきます。

  • ガールズバーで働くキャストの違い
  • 時給の違い

夜のガールズバーとの違いを、それぞれ詳しく解説します。

ガールズバーで働くキャストの違い

サングラスと女性

夜のガールズバーはお水系の顔の女性が多いことに比べ、お昼のガールズバーは基本的に男性とお酒も飲んだことがないような初心者が多め。

夜よりも雰囲気が緩いので、楽しく接客ができます。夜働けない人や、夜の仕事が怖い女の子が多いです。

主婦層の方などもいて、夜よりも年齢層は広めといえるでしょう。

ガールズバーによって女の子の雰囲気は変わりますが、大体は「夜よりもお水慣れしていない女性」が多いです。

また、夜のガールズバーのように、ひとりひとりのキャラクターがそんなに強くないのも特徴のひとつでしょう。キャストとも馴染みやすいです。

時給の違い

ドラー

昼のガールズバーと夜のガールズバーの違いは、「時給」。

やはり夜のガールズバーよりも、昼のガールズバーの方が時給は安いです。

効率的に稼ぎたいのであれば夜から入るのがおすすめ。

勤務時間を長く取れる人は、昼からラストまで入り日給や時給で換算して貰うと良いでしょう。

しかしながら普通の接客業よりも時給は高めに設定されているのは事実。自分のニーズに合わせて賢く稼ぎましょう。

昼のガールズバーの需要

腕を組む男性

ガールズバーは夜のイメージがあり、お昼のガールズバーは想像が付かないと感じる人も多いはず。

次は、お昼のガールズバーの需要について考えていきます。

今回着目する点は下記。

  • 来店する男性の傾向・男性の需要
  • 女の子に求められる服装や接客など

それぞれ解説します。

来店する男性の傾向

雪と男性

来店する男性は、なんとなくその辺をブラついていて見つけて入ってくるなど、コンセプトカフェのような気持ちで入る男性が多いです。

昼キャバなどは、年齢層が高めの富裕層の男性が来店することに比べると、かなりナチュラルな層のお客さんになります。

女性の方も来店することが多く、色々なお客さんと話せて楽しいですよ。

キャストさん目当てで来店する人もいます。ただ、夜のガールズバーに比べると需要はかなり低いです。

女の子の服装・接待の需要

花と女性

最後は女の子の服装などの需要をご紹介します。夜のガールズバーに比べると、女の子に求められる服装はかなりナチュラルめ。

メイクもかなりナチュラルでも浮かないことがほとんどです。逆に濃いメイクの人が浮くこともあります。

お店のコンセプトにしっかり合う服装やメイクをするのはもちろんですが、そこまで気張らなくても大丈夫な印象です。

実際にガールズバーで働いている方の口コミをまとめてみました。

  • 夜に比べると、会話の内容も健全(笑)
  • ガルバ自体あまり気張らなくても良いけど、昼は特にそう
  • 色々なキャストさんがいて面白い

会話の内容も、夜ほど過激な内容は言われないことが多いようです。夜のノリが苦手な人でも働けるのが、昼のガールズバーになります。

昼のガールズバーで賢く稼ごう

白髪の女性

昼のガールズバーについて解説してきました。お仕事内容は夜のお仕事と大差ありません。変わるのは下記。

  • 時給
  • 女の子のラフさ
  • 客層

そして短期で稼ぐコツは下記。

  • 簡単に辞めないこと
  • 長時間働けるのなら日給で給料をもらう

これらに気をつけて、お昼のガールズバーで働きましょう。最近は少なくなってきましたが、虚偽のお昼ガールズバー募集もあります。

夜に働くよう促されても、そのお店はきちんと断るように努めましょう。

需要を理解して、楽しくガールズバーで働きましょうね。