シングルマザーは時間的にも作業的にも何かと制約があり、転職活動が困難な場面が少なくありません。

自由度の高さや参入ハードルの低さから、派遣社員や契約社員といった雇用形態で働く人も少なくないでしょう。

しかし、生活の安定を考えるとやはり正社員として仕事をしたいものですよね。

そこでこの記事では、シングルマザーが転職で正社員を目指す方法を解説します。

正社員のメリットや成功させるためのポイントも紹介しますので、転職を検討しているシングルマザーの人はぜひお読みください。

Contents

シングルマザーが転職で正社員を目指す方法を解説

託児所

シングルマザーが転職で正社員を目指す方法を解説します。

制約が多いからといって正社員になれないわけではありません。ただしポイントを押さえる必要があります。

何より大切なのが、一人で頑張り過ぎようとせず外部の力を最大限に活用することです。

例えばハローワークでは「マザーズハローワーク」というサービスを提供しています。

これは子育てと転職を両立させることを目指す人を応援するもので、セミナーや講習をおこないます。

転職活動に関する相談をすることも可能です。

ぜひ活用したいサービスといえます。

また、転職サイトや転職エージェントの力も借りましょう。

こちらについては後述します。

一人の力だけでこなそうとせず、使えるサービスを最大限に活用することが、正社員への転職可能性を高めます。

 

ワンポイント
 一人で無理せず、使えるサービスを存分に活用しましょう。

シングルマザーが正社員を目指すためのアピールポイント

悩み

正社員への転職を目指すのであれば、アピールポイントを押さえるべきです。

アピールポイントとして以下が挙げられます。

  • 育児と仕事を両立させる覚悟があること
  • 育児をしやすい環境を整えていること
  • スキルアップのための努力を怠らないこと

一人で子育てをしながら正社員として仕事をするのは大変なことですし、企業側もそう認識しています。

だからこそ、両立させる強い覚悟があることをアピールすることが必要です。

可能であれば、両立させるためにしている行為などを伝えられると良いでしょう。

また、育児をしやすい環境が整っていることもアピールポイントとなります。

子供の預け先を確保している、病児保育の契約をしているなどを伝えられれば企業側は安心感を得られます。

さらに、スキルアップのための努力を怠らないという決意もアピールポイントです。

子育てをしながら仕事のレベルを上げることに努めるというのは難しいことです。

だからこそその決意をアピールできれば、企業側にやる気が伝わります。

シングルマザーが正社員として働くメリット

指をさす女性

シングルマザーが正社員として働くことには多くのメリットがあります。そちらを紹介します。

高い給与が安定して入ってくる

最も大きなメリットは、高い給与が安定して入ってくることです。

シングルマザーは自分一人の稼ぎで子供を養わなければなりません。

そのため安定した収入が必要です。

正社員であれば、非正規雇用に比べて給与額が高いですし、毎月安定して収入が入ってきます。

経済的な面での安心感を得ることが可能です。

仕事にやりがいを感じることができる

正社員は非正規雇用と比べると仕事内容が難しくなりがちです。

しかし、だからこそ仕事にやりがいを感じられます。

仕事に対して前向きになれると働くことが楽しくなりますし、ストレスを感じにくくなります。

結果として仕事を頑張れるようになるため、スキルアップや地位向上にも繋がります。

仕事にやりがいを感じるためにも、正社員として働きたいものです。

社会保険や福利厚生が利用できる

OKサイン

労働時間にムラのある非正規雇用と違い、フルタイムで働く正社員は確実に社会保険へ加入できます。

社会保険であれば保険料の半分を会社が払ってくれるため、負担がかなり減ります。

また、福利厚生の対象を正社員としている会社は多いです。

福利厚生にはさまざまなものがありますが、生活を豊かにさせるものや助けになるものもあります。

正社員として雇用されれば、これらの権利を存分に使えるようになります。

ワンポイント
仕事が充実するうえ生活面も安定します!

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

シングルマザーが正社員として働く上で気をつけること

頭が痛い女性

正社員には多くのメリットがありますが、注意点も存在することを意識しておくべきです。

続いて、シングルマザーが正社員として働く上で忘れてはいけない気をつけるべき点を紹介します。

勤務時間や働く日数が決まっている

正社員はフルタイム勤務であるため、決められた日に決められた長さの時間働く必要があります。

そのため融通が効かなくなりますし、非正規雇用と比べて休みも取りにくいです。

近年はフレックス制を採用している会社も多いため、そういうところであれば働く時間帯をある程度好きにすることは可能です。

とはいえ労働時間の長さは変えられませんし、規定に従わなければなりません。

時間や勤務日といった点での自由度はかなり下がります。

子供との時間が取りにくくなる

悩む女性

働く時間が長くなるため子供との時間が取りにくくなります。

子育てと仕事を両立させるとはいえ、仕事を優先させなければならない場面も多いです。

子供に寂しい思いをさせてしまうこともあるでしょう。

正社員として働く以上、子供との時間が減ってしまうことは覚悟しなければなりません。

また、一緒に過ごせる時間が減ってしまうことをなるべく優しく、でもはっきりと子供に伝える必要があります。

シングルマザーが正社員を目指す転職で重要視すべきこと

ポイント

シングルマザーが正社員を目指す転職で重要視すべきことを紹介します。

次に挙げる事項は仕事と子育てとの両立に欠かせないポイントです。

長く働ける労働環境であること

まず、長く働き続けられる労働環境であることが挙げられます。

時間的制約が強いシングルマザーにとって、転職活動は大変なことです。

そのため一度就職した会社に長く勤め続けられるのが理想的です。

また、子育てと仕事を上手く両立させるには仕事が安定している必要があります。

そういう意味でも、長く働けるような環境は大切です。

一度就職したら安定して働き続けられるような環境の職場を選びましょう。

シングルマザーを積極的に採用している企業を見つけよう

シングルマザーに理解があり、積極的に採用している企業を見つけられると良いです。

シングルマザーである以上、子供を優先しなければならない場面がどうしても起こり得ます。

周囲の人の理解がない環境だと、そのような時に罪悪感やストレスに苦しめられてしまいます。

シングルマザーを積極的に採用している企業であれば、理解がある人が多いでしょう。

子育てと仕事をストレスフリーで両立させるためにも、企業の理解が欲しいところです。

 

ワンポイント
シングルマザーが働きやすい環境の仕事を選びましょう。

シングルマザーの転職面接でよく聞かれる質問

女性

シングルマザーが転職面接を受ける際、聞かれやすい質問があります。

そちらを紹介します。

「子供が急に体調不良になったらどうしますか」

企業にとって一番の懸念事項は、子供絡みの突発的な休みです。

そのうち最も可能性が高いのが、子供が急に体調不良になってしまうことでしょう。

このような時にどう対応するのかはほぼ確実に聞かれると思ったほうが良いです。

理想的な答えとして「預け先を確保している」「病児保育を利用する」が挙げられます。

子供が体調不良であっても働くことができると伝えられれば、企業側も安心です。

子供の体調が変わりやすいのは仕方のないことであり、企業も理解しています。

だからこそ、事前に対策しておくことがおすすめです。

「土日や祝日は働けますか?」

業界や職種によっては、繁忙期などに休日出勤が必要になることがあります。

また、企業によっては平日と土日祝日の区別がないこともあります。

そのような企業にとって、土日祝日の出勤可否は気になるところです。

理想は、土日や祝日も勤務可能と答えられることです。

企業としては出勤日に融通が効く人を採用したいというのが本音でしょう。

ですがもし難しいようであれば正直に言うべきです。

印象を高めるために出勤できると伝え、あとで撤回するほうが良くありません。

土日祝日の勤務についてどう答えるか、面接前に検討しておくべきといえます。

シングルマザーの正社員求人の探し方は?

オフィス街にいる女性

続いて、シングルマザーの正社員求人の探し方を紹介します。

適切な手段を利用して転職活動をスムーズに進めましょう。

転職サイトを見てみよう

正社員求人を探すのであれば、転職サイトは絶対利用するべきです。

転職サイトには多数の求人が掲載されていますし、条件や勤務地を指定して検索することもできます。

転職サイトによって掲載されている企業に違いがありますので、複数のサイトを利用すると良いです。

業界や職種を絞り込んでひとつひとつの企業サイトや採用サイトを見るのは手間がかかります。

転職サイトを使って求人探しの手間を減らしましょう。

転職エージェントを活用しよう

正社員転職を進めるには、転職エージェントの活用もおすすめです。

転職エージェントは転職活動をサポートするサービスで、求職者の登録・活用は無料です。

転職エージェントは理想の条件や仕事内容のヒアリングをしたうえで、それにあった求人探しをおこないます。

また、エージェント経由で求人に応募をすると、面接の手配や企業との連絡などをエージェントが代行します。

そのため求人探しから入社までの手間の省略が可能です。

利用者の立場に合わせたサービスを展開するため、シングルマザー特有の悩みなどにも親身に対応します。

転職エージェントを活用すれば、よりスムーズな転職活動ができます。

 

ワンポイント
 無料で使えるので絶対に活用するべきです!

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

正社員を目指せるシングルマザーにおすすめの仕事

ここで紹介する仕事は、シングルマザーが正社員転職を目指しやすいものです。

また、子育てとの両立がしやすい環境でもあるためおすすめです。

土日休みで残業が少ない「一般事務」

一般事務は書類作成やファイリング、データ入力など基礎的な事務全般を任される仕事です。

業務内容に幅はありますが、どこの企業でも必要とされる仕事なため、求人数が多いといえます。

特別な専門知識は必要ないことが多く、就職のハードルが低めです。

また、一般事務は基本的に土日祝日が休みで残業も少ない仕事です。

そのため子供との時間の確保ができ、子育てと仕事の両立に必要なバランスを取りやすいといえます。

ハードルの低さ、子育ての両立のしやすさからおすすめの仕事です。

託児所が多い「医療事務」

医療事務の女性

医療事務は保健機関へ提出する書類の作成や医療機関の受付などをする仕事です。

一般事務と比べるとやや専門知識が必要となりますが、独学や通信講座で十分勉強できます。

医療事務も求人数が比較的多めですし、安定した仕事です。

また、職場に託児所がついていることが多いため、仕事中の子供に関する心配を減らせます。

託児所が多く勉強しやすい安定した仕事ということで、シングルマザーにおすすめです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

転職活動を進めるうえでさまざまな悩みが出てくるでしょう。

特にシングルマザーは子育てとの両立に関する懸念など、特有の悩みが多いです。

ネットで情報探しをするのもおすすめですが、お悩みはぜひ転職エージェントに相談してください。

転職エージェントはたくさんの転職者をサポートしてきた転職のプロです。

ひとりひとりの状況や悩みを汲み取ったうえで、

丁寧なサービスを実現します。

もちろんシングルマザーが抱える悩みにも親身に対応し、解決へと導きます。

転職活動中はなにかと悩みが多いです。

そんなときはぜひ転職エージェントに相談しましょう。

無料であなたの転職活動をサポートします。

まとめ

笑顔

いかがでしたでしょうか。

正社員は安定した給与ややりがいの大きさなど、魅力が多い雇用形態です。

そのため子育てと仕事を両立させる必要のあるシングルマザーで、正社員転職を目指す人は多くいます。

ですが、非正規社員と比べると就職のハードルがやや高めです。

また、勤務時間や日数などの面では自由度が下がりますし、子供との時間が減ってしまいます。

これらの点には注意する必要があります。

シングルマザーが正社員転職をするうえで重要なのが、一人で頑張りすぎないことです。

転職サイトや転職エージェントなど、活用できるサービスを存分に使いましょう。

また、事前に希望条件の絞り込みや面接対策などをしっかりおこなうことが、スムーズな転職活動に繋がります。

正社員転職の活動は何かと大変なことも多いですが、シングルマザーであってももちろん実現可能です。

スムーズに転職活動が進むことを願っています。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら