女性に人気の仕事である医療事務

医療事務は、多様な働き方があるので気になっている方もいるかもしれません。

しかし、いざ医療事務を目指したいときに志望動機に何を書くか迷う方もいるでしょう。

ここでは医療事務の志望動機の書き方を解説していきます。

自己PRのポイントや志望動機を書くときの注意点など、気になる点をまとめています。また、やりがちなNG例もあります。

転職の志望動機の例文も記載していますので、医療事務に転職したい方は確認してください。

Contents

医療事務に転職する際の志望動機の書き方

仕事

医療事務に転職する際の志望動機はいくつかのポイントがあります。

他の職種を志望するときと同様のポイントももちろんありますが、医療事務への転職を志望するならではの書き方のポイントもあります。

知らないまま、単に多様な働き方の面だけをみて志望動機を書いてしまうと働きたいという気持ちも伝わりません。

志望する会社の目に留まる志望動機を書くことが転職成功へのカギです。

医療事務の志望動機の書き方のポイントを知って、効率の良い転職を実現しましょう。

医療事務の志望動機はどこを見ているの?

資料

医療事務の志望動機では、入社後に働く具体的なイメージができるかどうかを見ていることが多いです。

よくありがちなのが、「気持ちだけは強いです」「働きたい気持ちだけは負けません」など意欲だけを書く志望動機です。

ただ働きたいという意欲があっても、イメージがつかなければ採用にはつながりません。

なぜ医療事務を志望しているのか、医療事務の仕事でどのようなことがしたいのか、なぜその病院なのか、などを具体的に記載することがポイント。

具体的に入社後をイメージできているかを志望動機にて確認しているため、より具体的に書くことが大切でしょう。

医療事務に転職する際の志望動機を書く時のポイント

医療事務に転職する際には志望動機を書くポイントがいくつかあります。

ポイントをしっかり押さえて、転職成功できる志望動機を書けるようにしましょう。

病院を選んだ理由を具体的に書こう

仕事

医療事務は病院で働く仕事。志望した病院を選んだ理由をしっかり書くことが転職成功へのポイントとなります。

病院によって経営理念や大切にしている項目は異なるもの。

その病院の特徴をしっかり理解した上で、志望動機にその病院を選んだ理由を具体的に書くことが大切だといえるでしょう。

きちんと情報を収集していることや、それを理解した上で志望しているというアピールにもつながるからです。

病院のホームページには院長の考え方や理念などが記載されていることがほとんどです。

なんとなくあの病院が良いというものではなく、どんな考え方で経営しているのかを事前に調べておきましょう。

自分の強みをアピールしよう

資料

これは医療事務に限ったことではありませんが、志望動機においては自分の強みをアピールすることが大切です。

例えば、医療事務では毎日の患者さんとのやり取りや会計などは必須項目。笑顔で対応することが求められるでしょう。

そのため、コミュニケーション能力が高いことがアピールできれば医療事務の志望動機にもなります。

このように、病院に入社した後どういった自分の強みが仕事に活かせるかを考える必要があります。

自分は何が強みか?を考えても良いですし、医療事務に何が必要かを考えても良いでしょう。

とにかく医療事務の仕事で活かせる自分の強みをしっかりアピールすることが大切です。

目標や目指しているものを明確にしよう

仕事

目標や目指しているものを明確にすることも志望動機を書く上で求められることでしょう。

ぼんやりとただ「働きたい」という気持ちだけでは志望動機としてはどうしても弱く聞こえてしまいます。

目標や目指しているものが明確な方の方がライバルとの差もつけられるでしょう。

医療事務は毎日患者さんとのやり取りだけでは終わりません。会計処理やレセプト処理、受付など幅広い業務が求められます。

自分が仕事をしていく上でどうなりたいのか、何を目指すのかをしっかりいえるようにしましょう。

ワンポイント
・病院を選んだ理由を明確に志望動機に記載しよう
・自分の強みや目標をしっかり記載しよう

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

自己PRのポイントは

医療事務の転職においても自己PRの良さが転職成功につながっていきます。

ここでは医療事務の転職で書きたい自己PRのポイントを紹介していきます。

強みをエピソードを交えて説明しよう

仕事

自己PRを記載するときにやりがちなのが、強みだけを記載するだけのパターン。

「私は〇〇が得意です」「○○ができます」と記載するのももちろん大切ですが、それだけでは説得力が弱くなります。

ポイントは具体的なエピソードを交えて説明することです。

「前職の〇〇で〇〇といった仕事をしてきました。そのため、私は○○が得意です」と説明があるだけで印象も変わります。

自己PR何か強みを記載する際には、前職での経験やこれまでの自分自身を振り返ったときのエピソードを記載してみましょう。

仕事にどう活かせるか具体的にしよう

仕事

ただの自己PRを書くときにまたやりがちなのが、入社後のイメージが一切感じられない自己PR。

得意な項目があっても、それは何に役立てようとしているのかを記載する必要があります。

例えば医療事務の自己PRにおいて、「マラソンが得意です」と書いてあってもどう仕事に活かせるのかはわかりません。

一方、「私はマラソンが得意なので、体力には自信があります。忙しい時間帯でも乗り切る体力があります。」とあるだけで印象が変わりませんか?

マラソンが得意という自己PRを、医療事務の仕事にどう活かせるかを考えて記載するようにしましょう。

ワンポイント
・自己PRにはエピソードを交えた強みを記載する
・得意な項目は仕事にどう活かすかを説明する

志望動機を書く時の注意点

ここでは医療事務の志望動機を書くときにやりがちな注意点をまとめています。

医療事務の志望動機を実際に書いてみた方も、下記の内容を記載していないか確認してみてください。

病院の経営理念と合っていない内容

仕事

医療事務の志望動機を書くときにやりがちなのが、病院の経営理念と合ってない内容を書いてしまうことでしょう。

病院は個々に経営理念も異なり、院長が目標としていることも違います。

納得のできる志望動機が書けたとしても、病院の経営理念と合っていなければ意味がありません。

志望している病院のホームページを確認した上で、その病院の経営理念にあった志望動機を書くことが大切です。

志望する病院がある場合は、情報収集をしっかり行い経営理念を確認しておきましょう。

その経営理念をもとに志望動機をまとめると効率的です。

待遇面ばかりの内容

資料

医療事務は多様な働き方があるので、待遇面につい目が行きがちです。

医療事務を目指している方の中にも待遇面が良いので転職したいと考えている方もいるでしょう。

しかし、志望動機にそのまま素直に書いてしまうと転職には少し不利になってしまいます。

待遇面だけで希望する方は、仕事に意味が見いだせず辞めることが多いこともつながっているからかもしれません。

待遇面から医療事務を志望するきっかけになったと書くのは良いですが、そのあと病院で働きたい理由をしっかり記載することが大切でしょう。

医療事務の志望動機では、待遇面ばかりだけ記載しがちなので気を付けてください。

ワンポイント
・病院の経営理念にあった志望動機を書く
・志望動機に待遇面だけを記載しないように注意

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

医療事務に転職する際の志望動機「未経験」の場合

医療事務に転職する際の志望動機の例文をここからは紹介していきます。

まずは医療事務が「未経験」の場合です。

志望動機のポイント

仕事

医療事務への転職を目指す方は全く異なる業種から希望される方もいるかもしれません。

未経験の場合は、これまでの職種で培ってきたことをどのように医療事務の仕事で活かしていくかをまとめることが大切です。

何も思いつかないという場合でも、自分の強みや努力してきたことなど思い出すと良いでしょう。

些細なことでも医療事務の仕事に役立てられることがあるかもしれません。

前職で続けてきた仕事や鍛えられたポイントなどを医療事務の仕事でどう活かすかを説明しましょう。

例文

私は前職で培ってきたコミュニケーション能力を活かして、医療事務の仕事をしていきたいと考えています。

前職では営業の仕事をしていました。営業では日々のお客様とのやり取りが欠かせません。

お客様の求めるものや相談された内容を考え、的確なアドバイスを行ってきました。また、常に笑顔をわすれずに対応してきました。

様々なお客様がいる中で営業してきた経験は、医療事務の仕事でも活かせると考えています。

患者さんの必要なことや求めていることをくみ取って、笑顔で対応できるよう努めていきたいです。

医療事務に転職する際の志望動機「経験者」の場合

医療事務に転職する際の志望動機の例文を続いて紹介していきます。

ここでは医療事務の「経験者」の場合のケースです。

志望動機のポイント

仕事

医療事務の経験者でも病院を変更して働きたいと思っている方も多いでしょう。

医療事務の経験者の場合では、なぜその病院を志望するのか?というところを具体的に説明する必要があります。

前職で働いていた病院でも問題ないのでは?と思われてしまうと転職成功から遠ざかってしまうからです。

病院の経営理念や考え方をしっかりリサーチした上で志望動機を記載するようにしましょう。

また、病院の方針や担当業務もしっかり理解しておくことが大切です。

例文

前職の病院では3年間、専門分野の医療事務のみ行ってきました。

多くのことを学んできましたが、今後は幅広い知識を持ちたいと考え御社の様な総合病院を目指したいと考えました。

特に御社で採用している予約制制度は患者さんのことをしっかり考えた制度であり、このような制度を行うことでたくさんの患者さんをサポートできます。

多くの患者さんと出会え、サポートができる御社にて働きたいと考え志望しました。

これまでの医療事務の経験をしっかり活かして業務にあたっていきたいと思います。

医療事務に転職する際の志望動機「NG例」

ここでは医療事務に転職する際の志望動機にありがちな「NG例」を紹介します。

実際のNG例とNG理由も一緒に記載していますので、確認してみてください。

NG例

仕事

私は医療事務の仕事の待遇面が良いと思い志望しました。

多様な働き方が可能であり、仕事時間も自由に設定できることが魅力に感じています。

また、家からも病院へアクセスもよく働きやすいことも志望した理由です。長く働ける仕事である医療事務の仕事を続けていきたいです。

前職の経験を活かした上で、新しい医療事務の仕事に従事できるよう努力していきます。

NG理由と改善点

上記の志望動機のNGな理由としては、まず待遇面ありきになっているところです。

仕事時間が自由、アクセスも良いといったことはもちろん大切な志望動機です。

しかし、それを全面に出した志望動機では病院側の採用にはつながりません。

待遇面とあわせて、どうして医療事務の仕事をしたいと思ったのか記載するようにしましょう。

患者さんのサポートがしたい、地域に根付いた病院で働きたい、この病院の仕事が魅力など医療事務の仕事につながる志望動機を書くことがポイントです。

また、前職の経験を活かすとありますが、何が活かせるのか?どういった内容が医療事務に活かせるのかもわかりません。

前職の経験と医療事務へ活かせるポイントを具体的にまとめるようにしましょう。

ワンポイント
・待遇面ありきの志望動機はNG
・前職の経験をどう活かすかを具体的に記載する

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

仕事

志望動機は転職に際して、必要な項目。医療事務を志望する上でも応募の際にしっかり書くことが求められます。

いざ志望動機を書いても、この書き方でよいのか?もう少し具体的に書くべきか?など悩むことも多いでしょう。

そんなときは転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

志望動機の書き方や相談などもできるのでぜひ気軽にしてみてください。

プロの視点から的確なアドバイスをもらえることでしょう。

まとめ

仕事

医療事務の志望動機についてまとめてきました。

医療事務の志望動機は経験者や未経験者でも気を付けるポイントが異なり、医療事務ならではの志望動機のポイントもあります。

注意点ややりがちな書き方もあるので、例文を見ながら自分がそのような書きぶりになっていないか確認してみると良いかもしれません。

志望動機を書いてみても悩むことはたくさん。聞きたいことがあれば転職エージェントに相談してみるのもひとつの方法です。

親身に聞いてくれるはずですので、気軽に相談してみてください。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら