転職の理由として、職場の人間関係をあげる女性は少なくありません。その場合、転職条件に職場の雰囲気をあげることでしょう。

しかし、アットホームな職場に転職するためには、求人の探し方にも工夫が必要です。

そこで今回は女性がアットホームな職場に転職するメリットと、条件に合う求人の探し方について解説します。

Contents

女性がアットホームな職場に転職する方法

1317285_m

「アットホームな職場で働きたい」と希望する女性は多いですが、どんな会社がそれに該当するのかの判断基準は曖昧です。

前職で職場の人間関係に悩んだ経験のある女性の場合、言葉だけでなく、実情が伴っているかどうかをしっかり調べる方が安心です。

一般的にアットホームといわれる職場を理解して、応募を検討している企業が当てはまるかどうか、確認することをおすすめします。

 

ワンポイント

■アットホームと考えられる職場の特徴

・社員同士の仲がよく、必要以上に気を使わずにすむ

・社外でも社員間の交流がある

・職場での会話が多く、リラックスできる雰囲気がある

・お互いの業務をサポートし合う風土がある

・上司とも本音で話ができる

 

アットホームな職場のメリット

4192977_m

女性がアットホームな職場に勤めたいと考えるのは、そこにメリットを感じているからに他なりません。

アットホームな職場は働きやすいので、長く勤務できそうなところも魅力に感じることでしょう。

ここでは、アットホームな職場で働くことのメリットを3つ紹介します。

従業員の仲がいい

アットホームな職場は人間関係が良好で、従業員同士の仲がよいことが多いです。

繁忙期で仕事が忙しくても、従業員同士で気持ちが共有できて全員で取り組む雰囲気があると、それほど辛く感じないものです。

いざという時にサポートを依頼できる雰囲気のある職場であれば、忙しくても孤独を感じずに済みます。

また、協働する風土がある職場は楽しい雰囲気があるので、出勤が苦にならない人が多いと考えられます。

いつでも相談できる環境

4227971_m

アットホームな職場では上司や同僚との人間関係が良好なので、何か困った事態が行った時に素直に相談しやすい環境をつくれます。

自分のミスや起こしたトラブルについて、率直に報告してアドバイスを求められる環境にいれば、それをステップに変換できます。

ミスを叱られても、人格を否定されるわけではないので、余計な不安を抱えることなく働くことができます。

また、わからないことをすぐに聞ける環境にいれば、業務をスムーズに進めやすくなるはずです。

社内の雰囲気が明るい

アットホームな職場は、社内の雰囲気が明るいことも共通しています。繁忙期でも会話が弾み、笑顔が多い職場がそれにあたります。

仕事が大変な時期でも、職場の雰囲気が明るく協働できれば、乗り切りやすくなるものです。

例えば社員の誕生日にちょっとしたプレゼントを贈る、一緒にケーキを食べる習慣がある会社などは、人間関係がよいと考えられます。

また繁忙期に上司がスイーツを差し入れてくれるなど、他者のための気遣いがあふれる職場はアットホームといえそうです。

アットホームな職場かどうかは、入社してみなければわからないと考える人もいますが、転職エージェントを活用すれば別です。

紹介してもらう応募企業の雰囲気を、転職エージェントに確認してみましょう。

アットホームな職場のデメリット

4021562_m

「アットホームな職場は働きやすいはず」という先入観をもつ女性もいるようですが、一概にそうとはいえません。

人によっては、アットホームな職場のデメリットが負担になる可能性もあり、向かない人は避けた方が無難です。

ここでは、アットホームな職場に見られるデメリットを2つ紹介します。

残業が長くなりがち

アットホームな職場は勤務時間中も私語が多い傾向があり、仕事のペースが遅くなることも珍しくありません。

また職場の居心地がよいこともあり、残業を苦にせずに働く人も多くなる傾向にあるようです。

その結果、残業をして1日の勤務時間が長くなる職場もよくみられます。

仕事とプライベートの区別がなくなる

4182536_m

アットホームな職場では、お花見や観楓会などの社内イベントだけでなく、飲み会多くなりがちです。

また、休日に家族ぐるみで出かける機会が多い職場も多く、仕事のプライベートの区別が曖昧になるケースも少なくありません。

職場で知り合って一生の友人ができることもありますが、公私の区別がつきにくくなると、生活にメリハリがなくなります。

どうしても人間関係が濃密になりやすいので、それを負担に思う人がいるのも事実です。

転職後の職場で長く働き続けたいと考えている人は特に、公私の区別がない状態を継続できるのかを、熟考することをおすすめします。

 

ワンポイント

・アットホームな職場で働くことにはデメリットもある

・濃厚な人間関係が苦手な人は注意が必要

 

アットホームな職場が多い職種

2356268_m

様々な業界にいろいろな会社ありますが、アットホームな職場が多い職種は限定的なようです。

職種がわかれば、異業種転職したいと考える女性もいるかもしれません。

協働することが前提で仕事が進む職種は、アットホームな職場であることが多いと考えられます。

以下にアットホームな職場が多い職種を列記しますので、参考にしてみてください。

 

ワンポイント

・イベント企画

・ブライダルコーディネーター

・薬剤師

・消防士

 

アットホームな職場に向いている人

162120_m

世の中のすべての人がアットホームな職場に向いているわけではないので、長く働き続けるには自分の適性を見極めることが大事です。

ここでは、アットホームな職場に向いているのはどんな人かについて詳述します。

適度に息抜きができる人

仕事を進める際に、適度に息抜きができる人は、アットホームな職場に向いています。

アイスブレイクすることで、より能率があがる人が、それにあたります。

仕事がひと段落した時に、他愛ない会話を楽しむことで、気分転換ができるからです。

他者と接することあるいは話が好きの人は、会話にあふれ賑やかな職場の方が、楽しみながら仕事を進められると考えられます。

チームワークを大切にできる人

1340963_m

チームワークを大切にしている人も、アットホームな職場に向いています。

チームワークを大切にする人は、協働作業が苦になりません。

また、他者と協力して仕事を進めることで、個人ではできない成果をあげられる可能性が高まります。

また自分1人で進めていれば気づかないアイデアに気づいたり、業務効率をあげたりすることにもつながりそうです。

コミュケーション能力が高い人

コミュニケーション能力が高い人も、アットホームな職場に向いており、それを強固にする役割を担うと考えられます。

コミュニケーション能力が高い人は、上司や同僚と忌憚なく話ができるので、仕事で困った事態に直面するリスクが低減します。

また引っ込み思案な人とも積極的に関わろうとするので、誰かが孤立するような状況ができにくくなると予想されます。

アットホームな職場に向いていない人

1524115_m

アットホームな職場に憧れていても、実際に働いてみると居心地が悪いと感じる女性もいるものです。

転職を成功させるためには自分の志向性を知り、それに適した職場を選ぶ方が無難でしょう。

ここでは、アットホームな職場に向いていない人のタイプを2つ紹介します。

1人で仕事をしたい人

自分のペースで黙々と仕事をしたい人は、アットホームな職場に向いているとはいえません。

アットホームな職場では、業務時間内に雑談に花が咲いたり、社員が揃っておやつを食べたりする光景がよくみられます。

しかし、職場の全員が同じペースで業務を進めているわけではないので、作業を中断してつきあわざるをえないこともありえます。

1人で作業を進めたい人にとって、そうした事態が苦痛に思える可能性が高いです。

人見知りが激しい人

4193066_m

人見知りが激しい人も、アットホームな職場で働くことが負担になるかもしれません。

人見知りが激しい人は、他者との距離を急激に詰めるのが苦手です。

しかしアットホームな職場では、いち早く和の中に入れるようにと、あれこれ話しかけてくる人が多いものです。

質問攻めにあって、自分を詮索されているように感じるケースもみられます。それを負担に思うなら、避けた方がよいでしょう。

自己分析がうまくいかない場合は、転職エージェントでキャリアカウンセリングを受けるのもおすすめです。

自分で気づかない志向性を知る、きっかけになるかもしれません。

アットホームな職場をアピールしている企業はブラック企業?

4353729_m

求人サイトなどをみていると、「アットホームな職場です」と明記してある会社が多いことに気づくはずです。

しかし、残業が多いなど労働時間が長い、ノルマが過酷などのブラック企業が、採用の誘い文句として表記しているケースもあります。

「未経験者歓迎」と「アットホームな職場」が併記されている求人広告は、特に注意が必要です。

しっかり企業研究をして、本当かどうかをリサーチしましょう。

 

ワンポイント

求人広告で「アットホームな職場」を標榜している企業には注意が必要

 

ブラック企業ではないか調べる方法は?

301599_m

転職に失敗しないためにも、応募企業がブラック企業でないことを確かめたいと考える、女性も多いことでしょう。

応募前にブラック企業か否かがわかれば、時間をムダにせずにすみます。

ここでは、応募企業がブラック企業ではないかを調べる具体的な方法を3つ紹介します。

ネットを活用しよう

中途採用の求人の中で応募したいと思う企業を見つけたら、まずインターネットで検索してみましょう。

企業の口コミサイトを見ることで、応募企業の評判を調べることができます。

転職関連の口コミサイトでは、その企業の勤務経験者による口コミ情報が掲載されています。

よいことも悪いことも書かれていますが、求人票には書かれていない情報を目にすることが可能です。

社内見学などの依頼をしよう

4191109_m

中途採用の応募であっても、可能であればOB訪問などを依頼して、社内見学をしてみることをおすすめします。

事前の訪問が難しければ、転職面接の日に職場見学を依頼するのもよいでしょう。

実際の職場を見学した際にどんな雰囲気なのか、どういった人が働いているのかを確かめることで、働く環境を想像できます。

また社内見学を依頼して、すぐに対応してくれる会社は、風通しがよいと考えられます。ぜひ試してみてください。

転職エージェントを利用しよう

転職にあたって、自分1人で集められる情報には限りがあります。また、入社するまで実際の社風がわからないケースも珍しくありません。

満足のいく転職を実現したいなら、転職エージェントに登録し、プロのサポートを受けることをおすすめします。

転職エージェントは登録者と企業をマッチングしたうえで、求人を紹介してくれます。

その際に登録者の志向性や、企業の社風職場の雰囲気を勘案してくれるので、ミスマッチが少なくなります。

転職エージェントを通して社内見学を依頼することもできるので、積極的に活用しましょう。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

1340979_m

女性が転職する際には、その後の自分のライフプランを念頭に置くこともとても大事です。

女性の転職は選択肢が多く、キャリアアップを目指す、仕事と育児を両立する、専門職として自立するなど目的も千差万別です。

また自分のことは案外わからないものなので、キャリアカウンセリングを受けることで、初めてわかることもあるでしょう。

自己分析や応募書類の添削、面接練習まで幅広くサポートしてもらえる点も、転職活動を進めるうえで役立ちます。

さらに転職エージェントは企業との関わりが深く、個人では集められない情報を豊富にもっています。

それを踏まえて応募対策を行うことで、書類選考や面接を通過しやすくなります。

在職中に転職活動を行う場合は、入社日や給与の交渉も転職エージェントが行ってくれるので安心です。

まとめ

4193104_m

今回は女性がアットホームな職場に転職するメリットと、条件に合う求人の探し方について解説しました。

アットホームな職場には向く人と向かない人がおり、それを見極めたうえで応募するのが得策です。

またアットホームな職場の探し方を覚えておき、入社後にミスマッチのない、満足のいく企業への転職を目指しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら