面接を行う前にアンケートを実施するという企業は多くあります。

では、アンケートはなんの目的があってどのようなことを質問されるのでしょうか。

また、合否にどのような影響をもたらすのでしょう。

この記事では、それらの疑問を解決するために人事が知りたい点を中心に解説します。

面接前アンケートは合否に影響する?

丸とバツ

面接前のアンケートに内容には、面と向かって面接者が応募者に聞きにくいことも含まれてはいます。

そのため答えたくない質問でも正直に回答しないと合否に影響するのではないかと、不安を感じる人も少なくないのが実情です。

しかしながら、では実際にアンケートの回答は合否に直接影響を及ぼすものなのかと問われればそうではありません

それでも誠実に答えることで選考が有利になる可能性はありあす。

就職・転職したい企業によってアンケートの内容は様々ですが、企業側がアンケートを実施するには何かしらの目的があるものです。

だからこそ、答えたくない質問からといって嘘をついても良いわけでもありません。

正直に答えることで印象が良くなることもあり、多少ながらでも選考に影響が出ることはあります。

もちろん面接と同じく、どんな質問にも素直に何でも答えてしまうとかえって印象が悪くなるような質問もあるのです。

何でもかんでも本当のことをいえば良いとは限らないので、質問によって考えましょう。

面接前アンケートの目的

オフィスの会議室

何故面接前にアンケートを行う必要があるのでしょうか。

応募者側からすると、「どうせ面接をして同じことを聞かれるのに意味がないのでは」と思う人もいると思われます。

しかし上記でも述べたように、アンケートは企業側に何か目的があるからこそ行うためのものです。

ではどのような目的があるのでしょうか。

面接で聞きにくいことを確認したい

面接官であっても、応募者に対し面接で何でもかんでも簡単に聞ける内容のものばかりではありません。

時には、面と向かって聞きづらいことがあるというのも事実です。

そんな聞きにくいことをどう聞きだすか、応募者が不快な気持ちにならずに済むかという点において、アンケートは打ってつけの手段です。

面と向かって聞くことが難しい場合でも、文書で示してもらえれば面接官にも応募者が思っていることが伝わりやすくなります。

面接官にとっても確認がしやすくなるのです。

事前に確認することで質問内容の材料になる

就職や転職をする際には、面接で志望動機や自己PRについて質問されることがよくあります。

しかし面接だけで応募者のことを全て知ろうとするのはとても難しいのです。

そこで、まずはアンケートを実施して応募者に関する情報をある程度得て、その情報を基に深く掘り下げて質問をする。

このような流れを取ることで、面接官も応募者がどのような人物であるかを知ろうとしているのです。

また、最初から最後まで細かく質問を繰り返せば、一人の応募者に対して面接時間も長くなってしまいます。

時間短縮という意味でも、事前のアンケートは大いに役立つのです。

 

ワンポイント
アンケートは企業側にも応募者側にも重要なものなので、しっかり答えましょう。

人事が面接前アンケートで知りたいこと

面接風景

では、人事が面接前にアンケートを行うことで知りたい情報とは何なのでしょうか。

ここでは、アンケートを行うことで人事が知りたいと思っていることを二つ紹介します。

人間性

まずは、応募者の人間性についてです。

これは日常でも起こりうることですが、初対面の人に関する人間性は一目見ただけでは分かりません。

分かるのは自分が勝手に感じたイメージだけです。

また、自分がどのような人間であるのかを言葉にして説明する、というのは意外と難しいことでもあります。

では、言葉ではなく文字で示すとなるとどうでしょう。

意外と素直に自分がどういう人間かを分析し、きちんと説明できるのではないでしょうか。

人間性は、企業にとってこの人を雇うか雇わないかを決定づけるとても大切なことです。

雇ったは良いものの、すぐに辞められてしまえば企業の損失にも繋がりかねません。

そこでアンケートを用いて人間性をある程度把握し、自分の企業に必要な人材かどうかを見極めます。

志望動機やキャリアプラン

面接で必ずといって良いほど質問されるのが、志望動機やキャリアプランに関することです。

志望動機はなぜ自分がこの企業に入りたいのかを説明します。

キャリアプランは、自分がこの企業に入った際どのようなことを行いたいのかを説明することです。

この質問は自分が入る企業がどんなことを行って、どんな業績を上げているのかなど、企業の情報をあらかじめ確認することが必要になります。

更にその上で自分の思いを説明しなければなりません。

しかしとっさに面接で聞かれると、緊張して自分の本当の思いを伝えるのも難しいものです。

人事にとっても志望動機やキャリアプランが分からなければ、不採用になってしまう可能性もないとはいえません。

そのため人事は敢えてアンケートで質問した上で、面接では回答を基に一歩踏み込んだ質問をしてきます。

そうすることで応募者の志望動機やキャリアプランも詳しく知れますし、応募者側も自分が本当に伝えたいことが伝えやすくなるのです。

面接前アンケートの質問

黒板

人事が面接前のアンケートでどのようなことを知りたいのかについて上記で紹介しました。

しかし人事がアンケートで知りたいことはまだまだ他にもあります。

ここではその他のアンケート質問について紹介しましょう。

希望年収

まずは希望年収です。この質問は人事も応募者側も中々面と向かって話しづらい質問の一つといえます。

しかしながら、やはりお金に関する情報はとても大切です。

応募者側からすればどのくらいの希望額を提示すれば良いか悩むところではないでしょうか。

とはいえ自分の生活にもかかってくる質問なので、実際に希望している年収を素直に記載しましょう。

希望部署

会社

希望部署は、アンケートに答えたからといって必ずしも通ることではありません。

それでも希望する部署と共に希望する理由について記載しておくことで、面接の質問材料にもなります。

そのため「特に希望はありません」と記載するのは避けましょう。

それだけで「会社のことをあまり分かっていないのでは」と、面接官が応募者に対する印象が悪い方に変わってしまう可能性もあるのです。

質問をしたということは、人事にとっては何らかの意図があって行っているわけですから、きちんとアピールした方が得策といえます。

会社の印象

アンケートでは、「我が社への印象は」「我が社についてどんなことを知っていますか」と、会社の印象を質問されることも多いです。

上記で紹介した志望動機やキャリアプランに関することと似ていると感じるかもしれません。

しかしこれから自分が入社したいと願う会社の情報をある程度確認しておくことは、就職・転職を行うことの前提条件です。

人事は、この質問を行うことで、応募者がどの程度我が社に興味を持っているのか、応募者は会社に合った人材なのかを見極めます。

そのため、応募者は情報収集が試されていることを念頭に、しっかりと会社情報を確認しておきましょう。

 

ワンポイント
アンケートは面接だけでは伝えられないことを伝える絶好のチャンスでもあります。
採用不採用に直接響かなくても、自分の印象を良くして選考を有利にすることができるのです。

面接前アンケートではプライベートな内容も聞かれる

ヨガをする女性

面接前のアンケートで質問されることは、会社に関する情報・志望動機・人間性など働き方に関する情報だけではありません。

実は、プライベートに関する情報を聞かれることも多いです。

では、どんなプライベート情報を聞かれるのでしょうか。ここでよく聞かれる代表的な質問三つを紹介します。

家族情報

家族構成はかなりプライベートな情報ですが、人事が事前に知っておきたい情報です。

何故なら、企業によっては転勤があるからです。

もし子供が小学生であるなら転勤が難しくなりそうだとか、親の介護などで転勤することが困難であるかなど判断材料にもなるからです。

休みの日に何をするか

ビーチにいる家族

休みの日には何をするかというのは、一見就職・転職には関係なさそうな質問に感じる人も多いでしょう。

この質問を行う意味は、プライベートな事柄が仕事に繋がるかもしれないということを確認するためです。

また、この質問を行うことで人柄も見えてきます。

休日だからといってダラダラと過ごしているのか、それとも外出してアクティブに過ごしているのか。

休日をどう過ごすかによって、時間の使い方も見えてきます。

どのようなことに興味があるか

趣味が全くない、何に対してもそれほど興味を抱く性格でない、という人もいるかもしれません。

しかし何かに興味を持って動く人とそうでない人では、仕事をする上でも追求し成長する点に置いて大きな差が生じます。

企業側にとっては、仕事に興味を持ち、追求する気持ちを持っている人材が欲しいというのは事実です。

この質問を行うことで、応募者が物事にどれだけ関心を抱く人材なのかを見極めようとしています。

面接前アンケートで気をつけるべきこと

文字を書く

面接前のアンケートでは、気を付けるべきこともあるので確認しておきましょう。その点についてここで紹介します。

文字は丁寧に書く

アンケートは面接官が読みやすいように丁寧な文字で記載しましょう。

たとえ字に自信がない人でも丁寧な文字で記載すれば、面接官にも思いは伝わるはずです。

アンケートを記載する時間は限られている場合もありますが、それでも丁寧に書くということは忘れてはいけません。

読めない字を書ではアンケートを行う意味がないので注意してください。

ポジティブな表現を意識する

グッドサイン

ネガティブな表現は、面接官だけでなく企業全体に対しても良い印象を与えません。

たとえば退職の理由でキャリアアップのために転職を考えたと説明すれば、真剣に我が社に入ることを考えてくれていると思われます。

逆に前の会社の悪口のような説明をしてしまうと、嫌なことがあればすぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまうのです。

企業にとっても不安をあおってしまい、印象はよくありません。

せっかく新しい会社に入ってやり直すのであれば、最初が肝心です。自分をアピールする際はポジティブな説明を心がけましょう。

転職活動に相応しくないことは書かない

アンケートでの回答は、真面目に記載することが絶対条件です。

たとえば趣味を聞かれた際、パチンコやギャンブルなどと答えてしまうと、面接官からは不健全と捉えられてしまいます。

また、自己アピールをする際に受けを狙った言葉もNGです。遊び半分で面接を受けに来る募集者を希望する企業はありません。

 

ワンポイント
アンケートは合否に直接影響しなくても、立派な選考の材料になる可能性があります。
真面目かつ丁寧に答えるのが礼儀です。

アンケートには正直に答えるべきか

はい・いいえの二択

アンケートには正直に答えるべきなのでしょうか。

特にプライベートに関することは他人に話したくないという人も多いでしょう。

とはいえ、アンケートはあくまでも募集者がどのような人であるかを見極めるための大切な作業です。

入社したいからといって嘘の情報を記載すると、それがバレて信用を失ってしまうこともあります。

面接において重要なことはきちんと事実を述べるようにしましょう。

本当のことを答えたら印象が悪くなりそうな場合

バツを出す男性

アンケートで嘘をつくべきではありません。

しかしだからといって、本当のことを答えたら悪い印象を与えそうだということもあるでしょう。

その場合は先に解説したように、悪い印象を与えかねないようなことまで全て真正直に答える必要はありません。

少なくとも、ネガティブな答えにならないようにします。

たとえば実際に休日は家でゴロゴロしていたり、趣味がなかったりするような場合です。

これは面接の前にできるだけ好きなこと見つけることが理想といえます。

そしてアンケートには「最近までなかったものの、今はこうしたことを始める」と答えれば前向きに捉えられます。

「どうしてこれを始めたのか」などという質問の糸口にもなるでしょう。

転職を成功させるために趣味を見つけるというのもおかしな話ですが、それが好きなものを見つけるきっかけになり得ます。

いつかは自分の生活を潤す活力源にもなるはずです。

しかしながら、前向きな回答ができるように努力しましょう。

 

ワンポイント
趣味がない人や好きなことが分からない人はこれを機に何か始めてみることをおすすめします。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ミーティング

企業に関する情報を自分で収集しようと思った際、ネットで検索をして行う人もいるのではないでしょうか。

しかしネットで公開されている情報は企業が公開できる最低条件のものがほとんどです。

何故なら全てを公開してしまうと、人を増やしてこれを実行したい、という戦略が外部に漏れてしまう恐れがあるからです。

応募者にとっては必要な情報であっても、企業側にとってはあまり広く知られてはいけない情報は確かにあります。

しかしそれが分からなければ選考対策のしようがありません。

そこで活用したいのが転職エージェントです。

自分で調べるだけでは分からない情報を、転職エージェントであれば知っているということがあります。

また転職エージェントは、転職に関する相談にも乗ってくれる点も魅力です。

希望する求人が見つからない、書類選考に中々通らない、自己PRが上手くできないなど悩んでいる人は相談をしてみましょう。

最適なアドバイスで転職をスムーズに進めることができる可能性も高くなります。

一人で悩んでいては上手くいくことも上手くいかず、下手をすれば時間を無駄にしてしまうことになるのです。

人の手を借りるというのも、転職する上では決して悪いことではありません。

まとめ

面接アンケート

面接前のアンケートについて紹介しました。

アンケートは企業にとって応募者に関する必要な情報を知ることができます。

逆に応募者側は自己アピールをするために、自分の考えをまとめ、企業に対する思いを正確に伝えることができるものです。

アンケートの内容によって企業側に与える印象も変わりますので、アンケートはなるべく嘘をつかず正直に記載しましょう。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら