転職先を探す際に気になるのは平均年収や福利厚生です。

企業の平均年齢は気にしないという方もいらっしゃるかもしれません。ですが企業の平均年齢は実はとても重要な情報なのです。

平均年齢が高いということはそれだけ長く働き続ける環境であると予測ができます。

ですが平均年齢の若い企業でもIT業界など数年ごとにキャリアアップのための転職をする業界もあるでしょう。

そこで企業の平均年齢を知る方法や企業を選ぶ際の注意点などを解説します。

離職率との関係なども紹介していますので参考にしてください。

Contents

企業の平均年齢を知る重要性

女性

企業の平均年齢を知ることによって、仕事の続けやすさや社風などを知ることができます。

いくら給料が高くてもすぐに人がやめてしまう会社では自分もすぐにやめざるを得ない状況になるかもしれません。

転職活動中に求人募集要項だけではわからない情報を推測できることは大きいです。

もしどのように判断して良いのか迷ったのなら転職エージェントにご相談ください。

一緒に情報を集めて転職を成功させましょう。

企業の平均年齢の調べ方

女性

それでは具体的な企業の平均年齢の調べ方についてご紹介します。

企業の平均年齢については様々な方法で知ることが可能です。自分のできる方法で確認してください。

情報をしっかりと集めて自分の希望する企業の社風や働きやすさを知りましょう。

企業のウェブサイト

パソコン

企業の情報を集めるのであればまずは公式のウェブサイトを確認してください。

会社案内に平均年齢の記載がある企業も多いです。

企業のウェブサイトにはこの他にも様々な情報が記載されていますので一度は目を通しておきましょう。

もし公式のウェブサイトに情報がなければ有価証券報告書を閲覧するという手もあります。

就職四季報

『就職四季報』は東洋経済新報社による企業データの情報が詰まった単行本です。

採用実績・有休取得状況・採用実績校・業績など転職に役立つ情報が掲載されていますので転職活動に非常に役立つことでしょう。

女性の働きやすさがわかる女子版の発行もありますので参考にしてみてください。

情報量が多く使いこなすのは少し大変なところもありますが力強い味方になってくれるでしょう。

人事に聞いてみる

質問

どうしても気になるのでしたら人事に直接聞いてみるのも一つの手です。

ただし企業への直接の質問は言い回し一つで印象を悪くする場合がありますので注意してください。

特にウェブサイトに掲載されているような情報を聞くことは良くありません。

人事に直接尋ねる前にもう一度調べて分かる情報かどうか確認しましょう。

平均年齢を聞きたいのであれば「何歳くらいの方が活躍されているのですか」などおおよその年齢がわかるような質問を選んでください。

転職エージェントを利用する

エージェント

ここまで個人で情報を集める方法をご紹介してきました。しかし個人で集める情報には限界があります。

より多くの情報があれば平均年齢の見方や活用方法など幅も広がるでしょう。

そこで情報を集めたいのであれば転職エージェントを利用するという方法もあります。

日頃から転職についての情報を扱う転職エージェントであれば企業の平均年齢に関する情報も比較的手に入れやすいはずです。

不安に思うことがあればぜひ転職エージェントを頼ってみてください。

離職率を知ることでわかること

ひらめく

それでは離職率を知ることで何がわかるかも解説していきます。

転職先の企業を選ぶ上で簡単に社員がやめていくような会社は選びたくないと思う方もいらっしゃるかもしれません。

できれば採用後は長く仕事を続けたいものです。

離職率が高ければ「人の入れ替わりが激しいのかな?」「業界の中でも待遇が悪いのかな?」といった勘ぐりをしてしまうかもしれません。

この章では離職率を知ることで具体的に何がわかるのかご紹介します。

残業や給料の条件などがわかる

わかる

離職率が高い企業は業務に見合う待遇が受けられていないことが多いようです。

給料が低かったり残業が多いなど待遇が悪ければ社員が不満に思い離職してしまいます。

そのため離職率が高い企業は残業や給料などの条件をある程度推し量ることができるのです。

就職してからすぐに離職することは非常にエネルギーが要ります。

多くの人は転職した先で少しでも長くいようと頑張るからです。

それを押してでも離職するということは我慢できない不満がたまる職場であるといえるのかもしれません。

社内の人間関係がわかる

会話

待遇の他にも人間関係があまり良くない企業も離職率は高くなります。

社内で円滑なコミュニケーションができていなければ日々の業務に差し障りますし、仕事をしていても楽しくないでしょう。

上司が横柄な場合もありますし陰口が横行する職場なのかもしれません。

あまりにも離職率が高い企業は人間関係が良くない可能性を考えておきましょう。

もし気になるようでしたら転職エージェントに相談するのも一つの方法です。懸念を晴らして転職を成功させましょう。

 

ワンポイント
離職率を知ることで待遇や人間関係がわかる。

企業の平均年齢は就職活動において重要な情報

情報

就職や転職活動をする際に企業研究を行うことはとても重要になってきます。

企業研究ができていないまま採用されてしまっても「こんなはずではなかった」というギャップに苦しむことにもなりかねません。

就職・転職の際には企業研究をしっかりと行いましょう。

その中でも企業の平均年齢を知ることは重要です。

企業の平均年齢を知ることで社内の環境や社風・離職率などが見えてきます。

 

ワンポイント
企業の平均年齢は就職活動において重要な情報です。

平均年齢が高過ぎる企業は要注意

悩む

企業の平均年齢が高いということは長く働き続けることのできる会社だといいました。

ところが平均年齢が高すぎる企業も要注意です。

あまりにも平均年齢が高い企業は「若手」と呼ばれる人材が少ないということになります。

そうすると数少ない若い人に仕事を押し付けることが横行していたり採用された自分以外は役員だったりというような環境かもしれません。

では実際に平均年齢が高すぎる企業はどのように要注意であるかを見ていきましょう。

上司が技術進歩についてこれない

悩む

技術や情報は日々進化しています。

ですが平均年齢が高い社員ばかりの職場では一人一人が情報をアップデートする努力をしない可能性があります。

自分がバリバリ現場で働いていた時の情報基準で動くため常に情報ややり方が古いというようなこともありえるのです。

上司が技術進歩についていくことができなければその部下である若手は混乱してしまいます。

常に新しいものが良いとはいえませんが、進歩した技術を取り入れなければやがて企業自体が衰退してしまうでしょう。

新しいことに挑戦しにくい環境

悩む

平均年齢の高い職場ではつい何事にも保守的になりやすいです。

新しい風潮を嫌い古きを守り続ける職場は若手にとってはやりがいが見えてこないでしょう。

また新しいことに挑戦しづらい風潮ができてしまうと、緩やかに業界から置いていかれる危険もあります。

上司が定年退職したあとでようやく新しいことに挑戦しようとしても手遅れになってしまうでしょう。

組織の管理職の階層を多層化させやすい

企業の平均年齢が高いと勤続年数が多い社員が多数を占めるようになります。当然管理職の数も多いです。

すると周りがほとんど「役職付きの社員」となってしまうこともあります。

その結果、役職付きの社員からの指示は命令になってしまうでしょう。

多くの管理職から様々な命令をうけて混乱するのは現場です。採用されたばかりの社員は特に困ってしまいます。

また辛い仕事を若手に押しつけるなどのパワハラが横行してしまうこともあるようです。

 

ワンポイント
平均年齢が高過ぎる企業は保守的な考え方が多い。

平均年齢が若い企業のメリット

指先

平均年齢が若い企業のメリットをご紹介します。

若い社員が多くいる職場は活気に溢れており元気な人が多いという印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

実際に若い社員が多ければ楽しいノリで職場が盛り上がることもよくあります。

では具体的に平均年齢が若い企業にはどのようなメリットが有るのか見ていきましょう。

上司の年齢が近い

相談

平均年齢が若いということは一緒に働く社員同士の年齢が近いということです。

当然年齢が近い上司も多くいることになるでしょう。

年齢が近ければ共通の話題も多く気軽に上司と話せる雰囲気が作られます。

もし仕事でなにか困ったことがあっても相談しやすい環境があるといえるでしょう。

上司としても数年前まで新人だった頃の感覚を覚えている可能性もあります。

すると新人にも親身になって寄り添ってくれるでしょう。上司と一緒にランチへ行くといった機会も多くあるかもしれません。

上司と日頃からコミュニケーションをとることにより業務もスムーズに行なえます。

若いうちから重要な仕事を任される

やる気のある

年齢の高い社員がいないということは、若いうちから重要な仕事を任される可能性があるということです。

重要な仕事を割り振られると責任感が生まれますし同時にやりがいにも繋がります。

重要な仕事を任されるということは会社から優秀であると認められているという肯定感にも繋がるでしょう。

仕事にやりがいを見つけることができれば、働くことが楽しくなります。

平均年齢が若い企業のデメリット

バツ

では逆に平均年齢が若い企業のデメリットもご紹介します。

まずはみんなが同じような年頃のため叱ってくれる上司が少ないことです。

同じような年齢の同僚から叱られたとしても心に響くことはないでしょう。反発心を抱いてしまう可能性もあります。

叱ってくれる人がいなければ本当に間違ったことをしたときに取り返しがつかなくなってしまうこともあるでしょう。

また上司の年齢も若いため経験が浅く対応できない案件が発生する可能性もあります。

ベテラン社員と呼ばれている年齢層の人たちは経験を積み重ねているため様々なトラブルの対処にも慣れているのです。

経験が浅い社員ばかりだと対処できない案件が発生したときに困ってしまいます。

さらに社員同士の仲が良いのは大切なことなのですが、そのような会社ばかりではありません。

転職したときに縦社会の会社に馴染めない可能性もあります。

 

ワンポイント
企業の平均年齢が若いとベテラン社員がいないというデメリットもある。

企業を選ぶ時のポイントと注意点

ポイント

平均年齢が高い企業・低い企業のメリットデメリットを紹介してきました。

では実際に転職先の企業を選ぶときのポイントもご紹介します。自分が採用後にどうしたいのかを基準に考えてみてください。

成長したい人は平均年齢が若い企業を選ぼう

ガッツポーズ

転職後にどんどん仕事を請け負ってスキルを磨きたい・成長を目標にしたい人は平均年齢が若い企業を選ぶのがおすすめです。

年齢が若いうちから重要な仕事を任される機会も多くどんどん成長していけることでしょう。

自分なりに考えて学びながらスキルや能力を伸ばしてください。

ワークライフバランス重視の人は平均35歳の企業を選ぼう

書類

ワークライフバランス重視の人は平均年齢が35歳くらいの企業を選ぶと良いでしょう。

ワークライフバランスとは生活と仕事のバランスを取って良い循環を得ることです。

仕事だけに情熱を傾けるのではなく出産や育児といった女性社員の生活を守りながら長く働けることを理想とします。

平均年齢が35歳くらいの企業ですと、様々な年齢の社員が働いているイメージです。

産休制度が整っていたり復職の受け入れを行っていたりする企業かもしれません。

長い目で見てワークライフバランスを重視したいのであれば、社員が長く働ける環境を持つ企業を選びましょう。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

オッケー

転職を希望する会社の情報収集に困ったり、転職先に迷ったりする場合は転職エージェントを頼ってください。

転職をする際に重要になるのは企業の情報です。しかし個人で情報収集を行うにも限界があるでしょう。

転職のプロを活用することにより様々な情報を得ることができます。

転職エージェントを活用して転職を成功させてください。

まとめ

ポイント

企業の平均年齢を知ることは転職をする上でとても重要なことです。

社風や企業の待遇・社内の人間関係なども推し量れます。

また平均年齢が若い企業・高い企業それぞれにメリットやデメリットがありました。

しっかりと情報を吟味して転職の成功につなげていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら