保険営業は保険商品の提案・販売やアフターフォローを行う職種です。

もしもに備えるための保険だからこそ、信頼できる営業マンから話を聞いて契約したいと考える人は多いでしょう。

そのため、保険営業は顧客とのコミュニケーションを大切にし、信頼を得ることが非常に大切です。

今回は保険営業に向いている人の特徴や主な仕事内容などを解説します。

保険営業に向いている人の特徴をご紹介

保険営業は顧客と直接会い、信頼を得ることで商品の提案や販売を行います。

まずは保険営業に向いている人の特徴を解説します。

聞き上手な人

相談する女性

保険営業の仕事では、自分が説明するばかりではなく相手の話もしっかりと聞く必要があります。

保険商品は顧客の状況やニーズによって提案するものが変わるものです。

しかし様々な条件のある商品の中から顧客側が自分で選ぶことは難しいでしょう。

そのため営業マンが顧客にあった提案をすることが求められます。

そしてその提案をするためには相手の状況や求めているサービス内容をよく理解しなければなりません。

保険営業が一方的に説明するだけでは、聞いている側は十分に理解することが難しいでしょう。

さらに次々と商品の説明をされれば、押し売りのように感じてしまうことも考えられます。

そうなれば相手からの信頼を得ることはできないでしょう。

顧客の要望や疑問などをしっかりと引き出せる、聞き上手な人が保険営業には向いています。

論理的な思考力がある人

保険商品は様々な種類があり、その中から顧客にとって一番最適なものを選んで提案する必要があります。

提案する際、なぜその商品を提案したのか、その理由の説明を求められるでしょう。

例え提案した商品が顧客に最適なものだとしても、分かりやすい説明ができなければ納得してもらえません。

相手が納得し安心して契約してもらうために、論理的で分かりやすい説明ができる能力が求められるのです。

また、分かりやすく説明するためには、ただ知識だけを身につけていれば良いという訳ではありません。

身につけた知識や情報の中から必要なものをピックアップし、整理する必要があります。

こうした知識や情報を整理する、論理的な思考力のある人が向いているでしょう。

成果報酬がモチベーションになる人

積み重なったコイン

保険営業に限らず、営業職では成果報酬制度が取り入れられている場合が多くあります。

成果を出した分だけ報酬がもらえるため、自分の努力が目に見える形でかえってくるのです。

保険営業においても同様であり、成果に見合った報酬が得られる場合が多いでしょう。

それがモチベーションになって次はさらに頑張ろうと向上心が湧き、それがさらなる成果に繋がります。

こうした成果報酬がモチベーションに繋がる人も保険営業に向いています。

人間関係の構築が得意な人

営業職は基本的に人と直接会って会話をすることが重要な仕事です。

円滑なコミュニケーションができなければ、顧客への説明や提案などもうまくできません。

また営業は初対面の人と話す機会も多いため、初対面でも物怖じせずに話せる必要があります。

多少コミュニケーションに難があっても、他の要素でカバーできることもあるでしょう。

しかし人と話すことが好きな方が、よりストレスなく仕事をこなせます。

このように、保険営業には人間関係の構築が得意な人の方が向いているでしょう。

保険営業に向いていない人は?

保険営業は向いていない人にとっては辛い面の多い仕事でもあります。

続いて保険営業に向いていない人の特徴を解説します。

言葉で説明することができない人

悩んでいる女性

保険営業は顧客にとって分かりやすい形で保険商品の説明や提案を行う必要があります。

そのため、説明が下手だと保険営業には向いていないといえるでしょう。

どれだけ良い商品だったとしても、説明される内容が分からなければその魅力は伝わりません。

魅力が伝わらなければ顧客側も契約しようとは思わないでしょう。

1人が好きな人

ノートPCで作業する女性

先述した通り、営業職は相手と直接会って仕事を進めていくものです。

仕事では常に誰かと会うことになり、顧客それぞれとの付き合いも生じます。

さらに、保険は顧客の状況に合わせて契約するもののため、日々の悩みや不安なども聞くことも増えるでしょう。

それらをしっかりと受け止めてコミュニケーションを取る必要があります。

しかし人と話すよりも1人で過ごす方が好きな人の場合、こうした状況を苦痛に感じるかもしれません。

そのため保険営業は1人で仕事をすることが好きな人には向いていないでしょう。

ノルマのある仕事が苦手な人

営業はノルマが設定されていることが多い傾向にあり、保険営業もその例にもれません。

ノルマと成果報酬があることで営業マン同士のやる気を引き出し、それが業績に貢献している面もあります。

しかしこのノルマを達成することが難しく、プレッシャーに感じる人もいるでしょう。

月間のノルマが設定されていたとしたら、今月達成できたとしても次の月も達成できるとは限りません。

毎月ノルマに追われることに強いプレッシャーを感じ、苦手意識のある人は保険営業には向いていないでしょう。

向いていない人は保険営業を目指さない方がいい?

悩む女性

保険営業は向いていない人がすると辛いことの連続になる可能性があります。

保険営業として働き、しっかりと成果を出すためには円滑なコミュニケーションは欠かせません。

人と話すことが苦手な場合、働いているうちに克服できる可能性もありますが、克服するまでが非常に辛いでしょう。

またノルマに対して強いプレッシャーを感じる人は常にそのプレッシャーに耐える必要があります。

しかし今は向いていない人であっても、工夫次第では苦手を克服し成果を出すこともできるはずです。

保険営業に興味はあるという場合は、苦手な部分をどう克服するかを考えて保険営業を目指しましょう。

 

ワンポイント
保険営業に向いていない要素があっても努力次第で成果を出せる。

保険営業の主な仕事内容

保険営業の扱う保険商品は契約をとって終わり、というものではありません。

保険営業の仕事内容について解説します。

保険商品の提案と販売

説明する人

まず保険営業は顧客へ保険商品の提案と販売を行います。

先述した通り、保険商品はニーズに合わせて細分化されており、種類が多いものです。

保険は人生を支えるものでもあるため、顧客側もより自分に合ったものを選びたいと思っています。

保険営業は数ある保険商品の中から顧客に最適なものを選び、提案することが求められているのです。

顧客は個人の場合もあれば、法人の場合もあります。

誰に対しても最適な提案ができ、それを喜んでもらえることが仕事の励みになるでしょう。

契約後のアフターフォロー

保険商品は一度契約して終わり、という商品ではありません。

契約更新や顧客の状況に合わせて保険内容を見直したりといったアフターフォローも行います。

また保険が適用された際の必要な手続きのサポートなども大切な業務の1つです。

これらの業務が適切に行われなければ、必要な時に保険が適用されないということもあり得るでしょう。

顧客側が不利益を被ってしまうこともあり、それによって信頼を失ってしまうことも考えられます。

そのためアフターフォローは大切な業務なのです。

 

ワンポイント
常に顧客に寄り添った対応や提案が求められる。

保険営業の仕事で必要なスキルは

保険営業の扱う保険商品は、顧客の関心が高い一方でわかりにくいものでもあります。

保険営業はそれをかみ砕いて分かりやすく説明することが求められます。

営業スキル

スーツの女性、広げた資料

保険商品は様々なニーズに応えるために、どの企業も種類を豊富に揃えています。

「生命保険」・「損害保険」・「健康保険」などの大きな種別の中でも細分化されているのです。

条件によって適用できるオプションの種類も多く、膨大な情報を把握する必要があります。

これらをきちんと把握し、顧客にそれぞれの違いを質問された時に明確に答えられなければなりません。

説明が曖昧では顧客からの信頼を得られないため、商品知識をしっかりと身につけましょう。

また、保険は時代の変化とともにニーズも変化するものです。

それにあわせた業界全体の変化や、他社商品の動向も把握しておきましょう。

これにより他社商品と悩んでいる顧客に対し、自社商品がどう違うのかを説明できます。

こうした営業スキルが保険営業には求められます。

コミュニケーション能力

ノートパソコン、相談する二人の女性

保険営業は直接人と会う仕事のため、コミュニケーション能力が求められます。

既存顧客だけでなく、新規開拓をする必要もあるため、初対面の人と話すことも多くあるでしょう。

初対面であってもしっかりとコミュニケーションが取れなければ、契約をとることはできません。

保険商品は複数の企業の商品を比較してから契約を決める人が多いものです。

コミュニケーションが十分に取れず信頼が得られなければ、顧客が他の企業に流れてしまう可能性もあります。

それを防ぐためにも、円滑で柔軟なコミュニケーションが求められるのです。

また、保険営業は若い人からお年寄りまで幅広い年代の人が顧客になります。

そのため、どの年代の人に対しても臆せず会話できる方がよいでしょう。

保険営業の仕事のやりがいは?

意欲的な女性

保険営業の扱う保険商品は顧客のもしもに備え、人生に寄り添う商品です。

契約後もアフターフォローを行いながら継続的な繋がりができます。

誰かの人生に寄り添い、支えの1つとなれることが保険営業の魅力です。

さらに、営業先が増えれば増えるほど多くの人と出会うことができます。

それによって人脈が広がったり、自分の知見を広げることもできるでしょう。

また、契約がたくさんとれれば、成果報酬という形で自分にかえってきます。

目に見える形で評価されることでさらに頑張れる、という良いサイクルが生まれるでしょう。

 

ワンポイント
誰かの人生を支えているという実感がやりがいに繋がる。

保険営業の仕事をするメリット

人差し指のオフィス女性

保険営業として身につける専門知識は自分の人生でも活かすことができるものばかりです。

保険だけでなく、資産運用などの知識も身につけることができます。

キャリアアップに役立つ知識も豊富にあるため、向上心を持って取り組めば大きく成長できるでしょう。

これらの知識を豊富に備えていれば、転職の際にも大きなアピールポイントになります。

専門知識を備えていることで、即戦力として働けるという好印象を持ってもらえるのです。

保険営業としてのキャリアアップや転職を考えている場合は、積極的に知識を身につけましょう。

 

ワンポイント
キャリアアップを目指す場合、身につけた専門知識が大いに活かせる。

保険営業のキャリアについて

保険営業として働いていく先にはどのようなキャリアプランが描けるのでしょうか。

保険営業のキャリアプランやその経験を活かせる別の仕事を解説します。

保険営業のキャリアプラン

女性

保険営業は第一線で長く働き続ける人が多い職種です。

保険営業の場合は成果報酬制度が導入されており、成果を出した分だけ報酬が上がる傾向にあります。

長く働くことで自然と専門知識やスキルが向上し、契約数も多くとれるようになるでしょう。

それによって得られる報酬が上がるため、長く働く人が多いようです。

代理店勤務の場合であれば、最初は店舗スタッフとして働きます。

その後支店長やエリアマネージャーとキャリアアップしていく、というのが一般的です。

また、保険業界はヘッドハンティングが多い業界でもあります。

キャリアアップや、より良い条件の良い企業を目指して転職ということも可能でしょう。

その際には身につけた専門知識やスキルが大きなアピールポイントになるでしょう。

保険営業を活かせる別の仕事は?

保険営業で培ったスキルや身につけた知識は他の職種や業界でも活かすことができます。

まず営業職であれば扱う商品の違いがあっても、相手と会って仕事を進めるという基本はどの業界でも変わりません。

保険営業としてコミュニケーション能力を磨いたのであれば、そのスキルを活かすことができるでしょう。

また保険営業は保険商品だけではなく、資産運用などの知識を身につけることができます。

その知識を活かしてその知識をファイナンシャルプランナーとして活かすこともできるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面接を受ける女性

保険営業は求人募集が多く、挑戦するチャンスも多い職種です。

挑戦するのであればなるべく早く転職を決めてしまいたいと考える人は多いことでしょう。

転職するための準備を1人でしており、疑問や不安を抱えているという方もいるのではないでしょうか。

転職活動の事前準備や面接対策などは、自分だけで考えるのは難しいものもあります。

そんな時は転職エージェントの利用を検討してみてください。

転職エージェントはその道のプロとして、多くの転職希望者のサポートを行っています。

その経験や知識を活かして、自分が抱えている悩みや不安の相談にのり、解決策へと導いてくれるでしょう。

まとめ

通勤する女性

保険営業はやりがいも多く、向いている人にとっては非常に魅力的な職種です。

さらに、専門知識を活かしてキャリアアップを目指すこともできます。

常に成長していこうとする向上心のある人にも向いているでしょう。

一方でノルマや人付き合いなど大変な面もあります。

保険営業への転職に興味がある人は、自分が向いているかどうか自己分析を行うことが大切です。

保険営業に活かせる自分の強みを見つけ、転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら