外資系企業への転職を希望している女性も多くいます。

「女性でも活躍できる」「キャリアップできる」「ワークライフバランスが保ちやすい」

このようなイメージを持つ人もいるでしょう。

女性が外資系企業に転職するための対策方法を解説します。

面接でよく聞かれる質問などについても紹介しますので参考にしてください。

外資系企業の転職面接の対策方法を解説

前職が外資系企業だった場合は転職面接でも事前に自分に対策を取ることができるでしょう。

未経験からの外資系企業への転職の場合には事前にしっかりと対策を取る必要があります。

外資系企業には日系企業とは違う価値観があることも多くあります。

独特な価値観を理解しておかなければ面接で戸惑うこともあるでしょう。

まずは外資系企業の常識をしっかりと抑えることが重要です。

外資系企業への転職を検討しているなら、外資系での勤務経験がある人に話を聞くのもひとつの方法です。

または転職エージェントを活用して外資の常識を確認してみましょう。

外資系企業の面接の流れを知ろう

初心者マークとパソコン

まずは外資系企業が行う面接の流れを知ることが大切です。

面接の具体的な流れについて解説します。

自己紹介

外資系でも日系でも自己紹介は必ず行います。

外資系企業の面接は人物重視ともいわれています。

仕事を行う上でコミュニケーション能力の高さは外資系、日系問わず重視されるでしょう。

自己紹介は面接官の第一印象を決めるための重要なポイントです。

転職理由

転職理由も日系と同様によく質問される内容です。

同業界から同業界への転職の場合はキャリアアップやスキルアップをあげるとよいでしょう。

異業界からの転職の場合は新たなチャレンジをしたいという気持ちを伝えましょう。

外資系の面接では向上心をチェックされます。

ネガティブな転職理由はもちろんマイナスです。

志望動機

転職理由ともつながるため志望動機は転職理由とのブレがないようにすることが大切です。

事前に回答を用意しておくことも大切ですが特に志望動機は丸暗記でいくと棒読みになる可能性が高くなります。

自分らしさをアピールするためにもキーワードをまとめておくことをおすすめします。

また日本人の持つ謙虚さや奥ゆかしさは外資系では求められません。

謙虚さは自信がない、能力が低いようにみられてしまいます。

外資系の面接では堂々とした振る舞いが重要です。

スキルや実績

笑顔の女性

スキルや実績は自己アピールを行う上で重要なポイントです。

前職で培ったスキルや実績は堂々とアピールしましょう。

ただ、気をつけたいのはできないことはないというような過度な自信をみせないようにすることです。

企業側から「こうしたことができますか」と質問されたら安易に「できます」と答えないようにしましょう。

本当に具体的な実績が示せる内容であれば問題ありません。

ただ、曖昧な内容しか話せない場合は、具体的な実例を要求されて困ってしまうこともあるでしょう。

できないことはできないけれどスキルを身につけたいなどと答えるほうがベターです。

逆質問

日系企業でもある逆質問は外資系企業でも行われます。

逆質問は積極性をアピールする最大のチャンスです。

ただし、あまりに強気に出過ぎてしまうとマイナス評価につながることもあるので注意が必要になります。

質問をする場合には面接官がどのようなポジションの人かに応じて内容を変更することも大切です。

 

ワンポイント
外資系企業の面接の流れは日系企業と変わりないものの質問内容や求められる人物像は異なります。

外資系企業の面接で見られていることは?

面接の様子

面接では多くの質問を通して応募者を評価しています。

外資系企業の面接ではどのような点をチェックされているのでしょうか。

どのような点に気をつければよいかを抑えておけば面接での振る舞いを事前に練習することもできるでしょう。

外資系企業の面接でみられていることを具体的に解説します。

「積極性」

外資系企業では個々のスキルを重視します。

自分でしっかりと考える力を持ち、それを行動に移す能力があるかがチェックされます。

指示待ち体制の人は評価されないのが外資系企業です。

自分の意見を堂々と伝えることができることが重要です。

また同僚だけでなく上司やクライアントに対しても自分から働きかけていく行動力も求められます。

面接では将来について語ることがおすすめです。

過去の功績を長々と話すのではなく、新しい環境で何がしたいのかを話しましょう。

未来への情熱を語る姿をみせることが大切です。

姿勢や情熱、表情、態度なども外資系企業では重要です。

「リーダーシップ」

日系企業では役職に応じてリーダーシップが求められます。

外資系企業の特徴としては、役職関係なくリーダーシップを求める点にあります。

外資系企業は実力主義です。

成果が上がっているうちは出世のスピードも速いですが、成果が上がらなければ降格する可能性もあります。

前職でチームのリーダーとして働いた経験がある人はその点をアピールしましょう。

リーダー経験がない人も他者を巻き込んで成果をあげたエピソードを語ることがおすすめです。

役があってもなくてもチームの一員として業務を遂行できる人物であることをアピールしましょう。

エピソードには苦労したことや工夫したことなどを盛り込むと好印象です。

「セルフマネジメント能力」

生活と仕事

外資系企業ではセルフマネジメント能力も重要なスキルとして捉えられます。

どんなに仕事ができても自己管理ができない人物は能力が低いと評価されます。

時間の管理はもちろんです。

それに加えて健康管理、仕事に対するモチベーションも重要な管理項目になります。

セルフマネジメントは外資系企業の面接では重要なチェック項目です。

面接では時間管理、健康管理、モチベーション管理に対してどのような工夫をしているのかを伝えるようにしましょう。

意識して取り組んでいることがあれば具体的にアピールしましょう。

自分をしっかり管理できる人物として評価してもらえるかどうかが重要なポイントです。

 

無料転職相談をして外資系企業に転職しよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


外資系企業の面接前の事前準備

笑顔の女性

外資系企業の面接を受ける前に準備しておきたいことはなんでしょうか。

外資系企業では英語で面接が行われることもあります。

そうなると英語が苦手な人は質問を想定して回答を丸暗記したくなるでしょう。

ただ、これをしてしまうと回答が棒読みになってしまい、アピールとは程遠い状態になることは理解しておきましょう。

面接では英語の正確性よりも相手に内容が正しく伝わるかをチェックします。

そのため何度も言い換えたりするよりも堂々と話すことのほうが大切です。

また面接では相手の目を見て笑顔で話すことが大切です。

練習相手を見つけてしっかりと練習しておくことが大切です。

外資系企業の面接でよく聞かれる質問と回答のポイント

面接を受ける女性

外資系企業の面接ではどのようなことが質問されるのでしょうか。

外資系企業の面接でよく聞かれる質問と回答のポイントについて解説します。

自己紹介について

自己紹介はどのような企業でも必ず聞かれる質問です。

自己紹介は長すぎるとマイナス評価につながります。

しっかり準備しておかないと5分はすぐに過ぎてしまいます。

目安は3分です。

経歴、実績、スキルなどを簡潔にまとめておきましょう。

志望動機について

 

志望動機はとくに重要なチェック項目です。

転職を希望しているのであれば、どうして新しい環境で働くことを希望しているのかを明確に回答できるようにしておきましょう。

志望動機はポジティブな内容でまとめることがおすすめです。

企業が求めている人物像を前もって調べておくと志望動機をまとめやすくなります。

これまでの面接でどのような人が採用されているのかを調べるとよいでしょう。

ただし、個人の力だけでは調べることが難しいため転職エージェントの利用がおすすめです。

傾向を掴んだ上で面接にのぞむことも内定を獲得するためには重要なポイントになります。

企業によって求める人物像が異なるため希望している企業が求める人柄に近づけるようにするとよいでしょう。

実績やスキルについて

履歴書

実績やスキルについては自分をアピールするための重要なポイントです。

これまでに培ってきたスキルや実績を簡潔にまとめておきましょう。

いくら多くの実績やスキルがあるからといってもダラダラと話し続けることはマイナス評価につながります。

ハキハキと短的に語るほうが好印象を与えます。

履歴書に記載した実績やスキルをもとに付け加えを行う気持ちで面接にのぞみましょう。

履歴書に記載した内容とズレがないことも大切なポイントです。

履歴書だからわからないだろうと少し見栄を張って記載してしまうと面接でスキルとの乖離が露呈することになります。

 

ワンポイント
外資系企業の面接は事前の対策が重要となります。

外資系企業の面接で好印象な逆質問

会話をする男女

逆質問は面接を受ける側が企業に質問を行うことを指します。

日系企業でも行われることが多くあります。

とくに積極性を求める外資系企業では逆質問は大半の面接で行われています。

外資系企業に応募してくる人たちは学歴や語学力などに自信を持っている人が大半です。

そうしたライバルと差をつける逆質問ができれば面接官に好印象を与えることができるでしょう。

さらに前向きな内容の逆質問は好まれる傾向にあります。

具体的には次のような内容を抑えておくとよいでしょう。

「私の年齢で活躍されている社員の方はどのようなスキルを持っておられますか」

「ご縁をいただいて入社させて頂く場合、入社までに補っておくとよいことがありますか」

「社員の方に共通した価値観を教えていただけますか」

このように仕事に対してポジティブに捉えているという印象を与えることができる質問内容がおすすめです。

 

無料転職相談をして転職エージェントを活用しよう

 

外資系企業の面接で意識しておくべきこと

会議室

外資系企業の面接は日系企業の面接とは少し異なると考えておいたほうがよいでしょう。

そのためはじめて外資系企業に応募する場合は価値観からしっかりと変えていく必要があります。

外資系企業の面接で意識しておくべきことについて解説します。

質問には堂々と答えよう

日系企業では控えめで奥ゆかしく丁寧な印象の人物像が好まれる傾向もあります。

一方で外資系企業では、積極的で自分の意見を持っている人物像が好まれる傾向が強くあります。

そのため質問に回答する態度もハキハキと堂々とした様子をアピールすることが大切です。

しっかりと歯を見せて笑うというのもポイントになります。

日本人のなかには歯を見せて笑うことを下品に感じる人もいます。

外資系企業では健康そうな歯が見えることが好印象に受け取られることが多くあるでしょう。

しっかりケアされた口元はプラス評価になります。

健康管理のなかでも丁寧さがあらわれるオーラルケアをきちんとできる人は仕事にも丁寧に取り組むと考えられます。

細かなことではありますが好印象を与えるためには大切なポイントです。

短所やネガティブな発言は避けよう

出勤する女性

外資系企業では自信のある発言もチェックポイントです。

スキルがあまりない場合、日本人は「あまりスキルはないですがこれから頑張ります」と言いがちです。

これは外資系企業ではNG発言になります。

これから頑張るのではなく、現状でどんなことができて入社してどんな働きができるのかをアピールすることが必要です。

外資系企業は実力主義が特徴となります。

実力のある人は年齢に関係なく大きなプロジェクトに登用されることもあるでしょう。

自分の短所を理解しておくことは大切ですが、面接では言及しないようにしましょう。

外資系企業の面接ではひたすらポジティブな発言を心がけることが重要です。

 

ワンポイント
外資系企業の面接ではポジティブさを積極的にアピールしましょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


外資系企業の面接でのNG行動は

説明する女性

外資系企業の面接で気をつけたいポイントについて解説します。

積極性が求められるからといって自慢話のように実績を語る人がいますがこれはNGです。

とくに前職も外資系だった場合、やたらと業界内の人脈について語る人もいます。

他人の名前をいくらあげたところで自分を売り込むことになつながりません。

知り合いの話を面接でしても自分にはプラスにならないことを理解しましょう。

面接の目的は自分のことを知ってもらうことにあります。

また、大手企業の面接でやりがちなのが企業のファンであることのアピールです。

製品やサービスの特徴を知っていることは多少のプラスになることはあります。

ただ企業で働くということは販売側になるということです。

そのため過剰にファンアピールをすることはあまり意味をなしません。

企業が必要としているのはファンではなく働く仲間であることもきちんと意識しましょう。

 

ワンポイント
外資系企業での面接ではベラベラと話すぎることに注意しましょう。積極的なことと自意識過剰は違うことを理解しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

応募書類

外資系企業への応募がはじめての場合は日系企業の面接とは価値観から変更する必要があります。

外資系は独特な価値観のある採用基準を設けているところがほとんどです。

英語も話せて当然というスタンスでいましょう。

英語が話せることがアピールポイントではなく、英語でできることがアピールポイントになります。

面接のハードルが一気に上がる外資系企業への転職では悩みも多く出てくるでしょう。

1人では抱えきれない悩みや不安は転職のプロに相談しましょう。

転職エージェントなら外資系企業専門の知識を保有した担当者にしっかりサポートしてもらうことも可能です。

 

無料転職相談をして外資系企業の内定を勝ち取ろう

 

まとめ

内定書類

外資系企業への転職を希望している場合、面接対策は重要です。

指示待ち、受けみな印象を受ける人は不採用の確率が高くなります。

日本人特有の控えめな対応は封印しましょう。

外資系企業の面接では積極性が求められます。

実力、人物重視の外資系企業は年齢に関係なくポジションアップすることもあります。

そのため面接では企業が求める人物像を事前に把握して対策を取っておくことが大切です。

面接対策には転職エージェントの活用がおすすめです。

転職のプロであれば外資系企業専門の知識を持っている担当者がしっかりとサポートしてくれるでしょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!