最終面接ではその場で入社意思を確認される場合があります。

このような場合にはその場での回答がその後の内定を大きく左右することになるため注意が必要です。

企業にとって意思確認というのは大きな意味を持つ質問といえるでしょう。

今回は入社の意思確認をされた際の答え方や、意思確認をする企業の意図などについて解説していきます。

女性が最終面接で入社の意思確認をされた時の答え方

オッケー

最終面接というのは内定を出す前の最終確認といえるものです。

今までの選考を通じて企業から能力が認められているのは間違いありません。

最終面接では企業の経営陣が最終的な判断を下すためにその場で入社の意思確認をされる場合があります。

企業側はこの意思確認によって応募者の明確な意思表示を期待しているのです。

もし入社の意思確認をされた場合には入社意欲があるということを明確にするようにしましょう。

この記事では具体的な回答の仕方や、企業側の意図について解説していきます。

 

無料転職相談をして自分の理想のキャリアアップを実現しよう

 

最終面接で入社の意思確認をする理由は?

資料を持つ女性

それではまず最終面接で企業が入社の意思確認をする理由について解説していきます。

企業側の意図を知ればどのような回答をすれば良いのか明確になることでしょう。

最終面接で取るべき対応を考えるために企業側の目的を考えていきます。

入社意欲を知りたいから

企業側は内定を出したとしてもその人材が入社を考えていないのであれば意味がないと考えています。

そのため本当に入社する意思があるのかということを確認したいのです。

もし内定辞退者が出た場合には人事はその穴埋めのためにもう1度選考を行わなければいけない可能性があります。

もしそうなれば役員や社長がまた面接を行うことになるかも知れません。

発生するコストを最小限に抑えるためにも担当者は内定を出した人物にはできるだけ入社して欲しいと考えています。

本当に入社意欲があるのかどうかを確認し、内定辞退者が出ないようにしたいという思いがあるのです。

答え方次第で選考に影響する可能性も

腕組

もしその企業に入社したいと考えていても、答え方を間違えてしまえば選考結果に影響を与えてしまう可能性があります。

単純な質問であるため見落としがちですが、内定を得られるかどうかがかかっている質問といっても過言ではありません。

第一志望の企業に意思確認される可能性もあるため、どう答えるのがベストなのかを事前に学んでおく必要があるでしょう。

 

ワンポイント
・企業は応募者の入社意欲がどれくらいか知りたい
・答え方が重要な質問であるため慎重に答える

最終面接で入社の意思確認に対する答え方のポイント

相談を受ける女性

次は最終面接で入社の意思確認をされた場合の回答のポイントを解説します。

最終面接に備えてどのように回答すると企業に好印象を与えることができるのか知っておく必要があるでしょう。

ここでご紹介するポイントを抑えて、内定獲得に役立ててください。

入社意欲を伝えよう

もし内定を得たいと思っているのであれば、入社意欲を明確に伝えましょう。

その際、周りくどい言い方は不要です。

はっきりと「御社へ入社を希望し、就職活動を終えます」ということを伝えましょう。

企業側は内定辞退のリスクを避ける上でもその後の企業への貢献度を考える上でも、入社意欲の高い人材を求めています。

自身の入社への熱意を伝えるためにも入社の意思を明確に言葉にして伝えることが大切です。

入社の意思を伝える際には、答え方が何よりも重要となります。

企業に好印象を与える伝え方を心がけましょう。

第一志望だということを証明しよう

外で電話する女性

それまでの選考で第一志望だといっていたとしても企業側はその言葉を無条件で信じているわけではありません。

もしかしたら他の企業が第一志望なのかもしれないということを念頭に置いて、何人かの候補者を最終面接に残しています。

最終面接まで来ると、どの人材も能力的にそこまで差異が無いため企業は応募者の入社への熱意を重視するのです。

そのため入社意思の確認をされた場合にはすぐさま「御社が第一志望です」と明確に伝えましょう。

明確に言葉にすることで、企業もその熱意を受け取ってくれるはずです。

入社意思を確認された場合には迷わずに「入社したい」という気持ちを伝えるようにしましょう。

 

ワンポイント
・入社意欲を伝えるためにはっきりと入社の意思表示をする
・第一志望であるということを分かってもらうために入社への熱意を伝える
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


最終面接で入社の意思確認された時に意識すべき点

面接を受ける女性

最終面接で入社意思を確認された場合、内定獲得までもう少しです。

ここではその最後の段階で躓いてしまわないために意識すべき点を解説します。

以下のようなことを意識することで内定を出してもらえる確率がさらに上昇することでしょう。

曖昧な返事や控えめな回答は避けよう

最終的な入社意思の確認に対して曖昧な返事や控えめな回答をしてしまうと志望度が低いと判断されてしまうでしょう。

その返答により内定を出そうとしていた人材でも内定辞退される可能性があると思い、内定を出さない判断を下す可能性があります。

この質問の怖い部分はこのように曖昧であったり控えめであったりした場合に、選考そのものに大きく影響するところです。

もしその企業に入社したいと考えているのであれば、入社意思を明確にすることが大切です。

前述したように「入社を希望します」と言葉にすることで、面接官にも安心してもらうことができるでしょう。

もしその時点で入社を迷っている場合であっても内定が欲しいのであれば曖昧な返事は避けるのが無難です。

第一希望ではない企業から意思確認された場合は?

人差し指、女性

第一希望の企業でなくても内定が欲しい場合には、企業からの意思確認には「入社します」と答えて問題ありません

前述した通り、曖昧な回答は志望度が低いと見做されて内定をもらえない可能性があるためです。

実際は第一希望ではなく、他の企業の選考を控えているとしても内定が欲しければ入社の意思を明確に伝えましょう。

もし他の企業を第一希望としている場合でも、入社の意思を伝えて問題ありません。

しかしその後内定を辞退したくなった場合はどうすれば良いのか不安な方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、次の項目では内定辞退する際の対応について解説します。

内定辞退は可能

意思確認をされて入社するという意思表示をした場合でも内定辞退は可能です。

法律的に入社の2週間前までであれば一方的に内定を断ることが認められています。

これは企業側も同様であり、応募者だけに認められた権利では無いので気に止む必要はありません。

そのため「御社へ入社することを決め、就職活動を終えます」と回答した場合であっても、内定辞退ができるのです。

もし心配されている方も後日電話や直接会って内定辞退の意向を伝えれば問題ありません。

意思確認をされた場合には第一希望の会社でなくとも「入社する」と伝えて大丈夫です。

 

ワンポイント
・曖昧な返事や控えめな返事はマイナスな印象を与えるので避ける
・第一希望ではない企業でも入社の意思を伝えて問題ない
・入社意思を伝えた後でも内定辞退は可能

最終面接で入社の意思確認された時の回答例

会議

最終面接で入社意思を確認された場合には具体的にどのように回答すれば良いのでしょうか。

会社から好印象を持ってもらえるように以下のような回答を心がけましょう。

また、回答の仕方によっては内定が難しくなってしまう場合があります。

回答をする際には簡潔かつ明確に入社意思を示すことが大切です。

以下の例文を回答を考える際の参考にしていただければと思います。

例1

御社が第一志望ですので、内定を承諾し入社を希望いたします。

現在進めている他の企業の選考に関しましては、辞退の連絡を入れようと思います。

例2

内定を承諾し、御社に入社させて頂きたいです。

他企業の選考は受けておりませんので、このまま就職活動を終えようと考えております。

 

無料転職相談をして自分のスキルが活かせる仕事を見つけよう

 

最終面接で入社の意思確認された時のNG例

悩む

最終面接で入社の意思を確認された際に避けた方が良い回答があります。

入社の意思確認をされた場合、その場で迷ってしまうというのが1番良くありません。

また、もし入社したいと考えるのであれば意思決定を保留するような回答も避けるべきです。

もし以下のような回答をしてしまうと面接官にマイナスな印象を与えてしまうでしょう。

具体的なNG例を解説していきますので、以下のような回答にならないように注意が必要です。

例1

まだ就職活動を終えることを考えていなかったため、入社に関しては悩んでいる状況です。

他社の選考を近日中に控えておりますので、そちらの結果を見て意思決定を行いたいと思っております。

例2

御社から内定を出していただけるのは大変有難いのですが、現在第一志望である企業の選考がまだ途中となっております。

そのためその結果を待って入社の意思をご連絡したいと考えております。

最終面接で入社の意思確認をされなかった場合は落ちる?

スーツで悩むしぐさ

ここまで入社の意思確認がされる前提で話をしてきました。

では、もし最終面接で入社の意思確認をされなかった場合、選考に落ちるのでしょうか。

結果としては必ずしもそうであるとは限りません。

企業によっては入社の意思確認を面接で行わない場合もあるためです。

そのためもし最終面接で入社意思の確認が行われなくても過度に心配する必要はありません。

企業側はあくまであなたの入社意欲を確かめるためにこの質問をしているのです。

この質問がされなかったからといって必ず選考に落ちるわけではないので心配しすぎないようにしましょう。

 

無料転職相談をして自分に合った職場を探そう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


最終面接後にやるべきこと

電話する女性

次は最終面接の後に会社に対してやるべきことを解説していきます。

最終面接が終わっても、その後の対応にも気を配ることを忘れてはいけません。

会社からの連絡が来るまで油断しないように、最終面接後にやるべきことを整理していきましょう。

お礼メールを送ろう

最終面接が終わってからすぐに、面接を行なってもらった会社に対してメールを送るようにしましょう。

できれば当日中、難しければ翌日中までにメールを送り企業に感謝を伝えます。

こうすることで担当した面接官や人事などにビジネスマナーがきちんとしている人物だと印象付けることが可能です。

このメールで評価が大きく変わるわけではありませんが、企業に対する志望度の高さを再度アピールすることができる機会だといえます。

メールは必須ではありませんが、送ることで会社に対して好印象を与えることができるでしょう。

最終面接の結果はいつでる?

最終面接の結果は基本的に面接から数日後に出るケースが多いようです。

その場合には面接で会社から具体的に何日後くらいに連絡がいくかということを伝えられるでしょう。

会社によってはそれよりも早く、面接当日などに電話などで内定を言い渡されるケースもあります。

多くの場合、最終面接からそこまで日にちが経たないうちに結果が出ると考えて良いでしょう。

しかしながら企業によっては面接から2週間経っても結果が来ないというケースもあります。

しかし結果の連絡が遅い場合でもそれが必ず選考に落ちたことを表すとは限りません。

応募者が多く、企業が選考を行うのに手間取っている可能性もあるためです。

また、会社によってメールや電話など、その通知の仕方も様々となっています。

その企業の通知方法なども事前に確認し、見落とさないようにしておきましょう。

 

ワンポイント
・面接終了後すぐにお礼メールを送る
・最終面接の結果は翌日から数日中に出るケースが多い

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職ブランク

もし転職活動で悩みを抱えている場合には、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは、プロの視点からあなたの転職活動を様々な面でサポートしてくれます。

例えば、選考書類の作成や面接の練習など、転職活動全体を通してあなたの不安を解消してくれるでしょう。

転職活動というのは自分だけで行うのではなく、転職したい会社との対話が重要となってきます。

エージェントを利用して他の人から自分がどう見えているかを正確に捉えることが出来れば面接に役立てることも可能です。

もし現状で転職対策が十分ではないと感じている場合には転職エージェントの活用は大きなメリットとなることでしょう。

まとめ

転職ブランク

今回の記事では最終面接で入社の意思確認をされた場合の答え方について解説してきました。

最終面接は企業の役員や社長が応募者を入社させるかを総合的に判断する場です。

そのため、それまでの面接とは違った質問も多くされることでしょう。

その中でも特別な質問といえるのが入社の意思確認です。

最終面接ではこの質問をされる可能性があることを念頭に置いて、今の内から対策を行なっておきましょう。

また、もし面接対策が不安なのであれば転職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

安心して最終面接に臨めるように、プロの視点からサポートを行なってくれるはずです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!