いつ誰と会話する時も言葉遣いは大事

とりわけ、その後の生活に大きく影響するという意味で、面接の時に正しい言葉遣いをすることは非常に重要です。

面接官との受け答えの際、間違った敬語を使ったり失礼な話し方をしたりすると、たちまち悪い評価を下されるでしょう。

今回の記事では、面接で言葉遣いが与える印象について解説します。

間違いやすい敬語や受け答えのマナー、正しい言葉遣いについても触れますので、参考にしてみてください。

面接での正しい言葉遣いを解説

案内をする女性

 

面接の場では、面接官に対して敬語を使って話すのが基本です。

相手がどれほど砕けた調子で語りかけてきても、友達同士のやり取りのようにフランクに返すことは避けた方が無難でしょう。

敬語は尊敬語と謙譲語、丁寧語をきちんと使い分けること。日頃から意識して使い分けていれば面接でもスムーズに話せます。

受け答えの際は「えっと~」や「あの~」で発言の間を埋めたり、語尾を伸ばしたりしないことも大切です。

問われたことに対して端的にハキハキと、正しい言葉使いで答える。それだけでも十分に好印象を与えられるでしょう。

また「なるほど」や「了解しました」など、面接官に対して使うべきではない言葉も案外たくさんあるものです。

自分は普段から丁寧な言葉使いをしているから大丈夫、などと過信せず、この機会に再確認をしてみてください。

面接時に言葉遣いを意識することの重要性

指をさす女性

言葉使いや言葉選び、話し方といったものには、人柄や知性が如実に表われます。

語る内容がどんなに正しくても、言い方が悪くては相手に不快感しか与えません。

面接官の立場で考えてみてください。言葉の乱れた非常識な若者を、我が社の社員です、とお客さんの前に出せるでしょうか?

言葉使いから教育し直さなくてはならないなら、いっそ採らないことにしよう。そんな判断を下されても仕方がありません。

面接時、正しい言葉使いを意識して話すことは最も重要、大前提なのだと心得ましょう。

敬語の種類を知ろう

疑問

敬語には大きく分けて3つの種類があります。尊敬語、謙譲語、丁寧語です。

これらの特徴と性質をよく把握して、正しく使い分けましょう。

場に相応しい敬語を無理なく使い分けて話すことができれば、面接官に対して好印象を与えることができます。

ここからは、3種類の敬語についてその特徴と性質をそれぞれ確認してみましょう。

「尊敬語」

女性,握手,スーツ,パソコン

尊敬語は話し手が相手を立てるために使う言葉です。

動作の主体は相手であり、「見る」なら「ご覧になる」、「食べる」なら「召し上がる」のように言葉そのものが変化します。

また「お美しい」や「ご好意」のように、形容詞・形容動詞の前に「お」や「ご」を付けるのも尊敬語の一種。

人の名前の後に「さん」や「様」、「先生」や「部長」といった敬称や階級を付けて話すのも尊敬語に当たります。

面接の場でよく用いられる尊敬語の1つは「御社」でしょう。これは文書の場合「貴社」を使う方が正しいので注意が必要です。

「謙譲語」

お辞儀をするビジネスウーマン

謙譲語は話し手が自分を低めるために使う言葉です。

謙譲語の謙は「謙(へりくだ)る」と読み、言葉通り、自分自身を下げることによって相対的に相手を敬い高めます。

動作の主体は話し手。「行く」なら「参る」、「言う」なら「申し上げる」、「読む」なら「拝読する」のように変化します。

面接で使われる謙譲語は数多くありますが、「拝見する」や「お目にかかる」、「存じ上げる」などは特に多用されるでしょう。

話し手が主体の言葉使いなので、「御社がいただいた賞」のように主語を相手方にして謙譲語を用いるのは誤りです。

「丁寧語」

女性

丁寧語は相手に対して物事をより丁寧に伝える言葉使い。

語尾に必ず「です」や「ます」、「ございます」を付ける言い方で、これを「丁寧体」と呼びます。

「見る」なら「見ます」、「大学生だった」なら「大学生でした」、「読んだ」なら「読みました」のように語形が変化します。

面接の場でやり取りをする時には丁寧体で話すのが基本。尊敬語や謙譲語と併用して相手への敬意を示しましょう。

 

ワンポイント
・「尊敬語」と「謙譲語」と「丁寧語」を理解しよう

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

「尊敬語」と「謙譲語」の使い分け方

困る

尊敬語と謙譲語があることは分かりましたが、面接の場ではこの2つをどのように使い分ければいいのでしょうか。

それぞれの定義を簡単におさらいすると、尊敬語は相手を高める言い方、謙譲語は自分を低めることで相手を敬う言葉でした。

使い分けのポイントは「今の話題の主語は誰なのか」を正しく判断することです。

たとえば話題が会社案内パンフレットのことになったとしましょう。

パンフレットを読んだことの主語が面接官なら、使うのは尊敬語。「お読みになったパンフレット」のように言います。

一方、パンフレットを読んだことの主語が自分なら、使うべきは謙譲語。「拝読したパンフレット」となります。

尊敬語と謙譲語を日頃から意識して使い分け、しっかりと身に付けておきましょう。

面接でよく使う言葉は?

面接

面接の場でよく使われる言葉があります。ここからは、その中でも特に重要な3つについて確認していきましょう。

正しい日本語を使えているかどうか、細かく気にする厳しい面接官も中にはいます。

たとえば接客がメインの仕事の場合、言葉使いの正確さは特に重要なので、面接でチェックが厳しくなるのも当然です。

心証を損なわないよう、よく使われる言葉や敬語表現をおさらいしておきましょう。

一人称

面接の場に最もふさわしい一人称は「私(わたくし)」です。「私(わたし)」よりもワンランク上の印象を相手に与えます。

「自分」という一人称を使って話す人もよくいますが、面接のシーンにはまったくそぐわないのでやめましょう。

「私は〜」とかしこまって話を始めるのですから、その後に続く言葉もすべて丁寧かつ上品であることが理想的です。

途中でボロが出たりしないよう、普段から正しい敬語表現を使って話すことが大切です。

応募企業

応募企業をどう呼ぶかは面接の場でもとりわけ重要かつ基本的な問題です。

面接官とのやり取りの中では必ず「御社」を使いましょう。

「貴社」という呼び方もありますが、これは文語的な表現、つまり書き言葉です。応募書類などにはこちらを用います。

御社も貴社も、どちらも相手の会社に対する敬意を示す表現ですが、使い方を誤れば非常識だとさえ思われかねません。

当社や弊社など、呼称の敬語表現は他にもありますので、この機会に改めて勉強しておきましょう。

お願いする時は何と言う?

もしも面接の場で面接官に「お願い」をしなければならなくなったら、どのように言い表せばいいのでしょうか。

この時に使う言葉は「お願いいたします」か「お願い申し上げます」が基本です。

これらは、頭に「よろしく」や「どうか」、「どうぞ」や「何卒(なにとぞ)」を付けて表現を強めることもできます。

もちろん言葉だけでなく頭を下げる動作もワンセット。懇願する気持ちがきちんと伝わるよう適切なお願いの仕方をしましょう。

 

ワンポイント
・自分自身のことも含めて呼び方はとても大事

受け答えで意識すべきポイントをチェック

成功

面接の場で受け答えをする時、どんなに話の内容が良くても、言い方や表現が不適切では顰蹙を買ってしまいます。

言っていることは正しいけれど話し方が残念」。これは大きな減点対象。絶対に避けなければなりません。

ここからは、受け答えをする時に意識しておくべきポイントを4つ紹介します。

話す時、ついついこれらを疎かにしていないか、今一度よく確認してみましょう。

「えっと〜」「あの〜」などの言葉の癖が出ないようにしよう

人それぞれ、言葉選びや話し方には癖や個性があって、その人の魅力の一部をなしているもの。

しかし、中には面接の場で出すには相応しくない癖や個性もあります。

会話の中で「えっと〜」や「あの〜」といった言葉を無意識に使う癖はないでしょうか。

これらは「フィラー」と呼ばれるもので、発している間に考えをまとめたり、熟考していることを相手に伝えたりできます。

ただしフィラーを多用していると、慎重すぎるとか、回転が鈍いといったマイナスな印象を相手に与えかねません。

自分の話し方を見直して、良くないと思う癖があれば矯正しておきましょう。

「です」「ます」で話そう

初対面の相手や目上の人に対しては、語尾に「です」や「ます」を付けた丁寧体で話すのが基本。

もちろん面接官に対してもこの丁寧体を使って話します。

面接官の中には、こちらの緊張をほぐしたり場を和ませたりする目的で、ざっくばらんで気取りのない話し方をする方もいます。

そんな時も、こちらまで砕けた表現やフランクな物言いをするのは禁止。いつでも礼節をわきまえた口調を意識しましょう。

語尾を伸ばさないようにしよう

無駄に語尾を伸ばす話し方もよくある悪い癖の1つです。

語尾を長く伸ばす話し方がもたらす影響は、先に紹介した「フィラー」とほぼ同じ。

語尾を伸ばしている間、話者は次に話す内容をまとめたり、慎重に言葉を選んだりできます。

しかし多用しすぎると、相手に対して、優柔不断だとか語彙が少なそうといった悪い印象を与えかねません。

そんな悪影響を避けるためにも、語尾は伸ばさず言い切るのが良いでしょう。

抽象的な表現ではなく具体的に

面接の場で抽象的な表現ばかり繰り返すことは避けましょう。

自己PRで、学生時代にサークル活動を頑張りました、アルバイトで社会経験を積みました、などと発言して終わる人がいます。

面接官が知りたいのは、それらのサークル活動やアルバイトを何のためにどれくらい行って、結果的に何を得たかです。

面接の場で大切なのは、具体的なエピソードや数字を交えて話すこと。

面接官への伝わり方や響き方を意識して、より理解してもらいやすい自己PRをするよう心がけましょう。

 

ワンポイント
・具体的な話をハキハキと正しい言葉使いで

間違いやすい敬語は?

断るポーズの男性

間違いやすい敬語や、誤ったまま覚えられていることの多い敬語があります。次はそれらを確認してみましょう。

敬語の間違いは面接の際の落とし穴。それまで順調に話していても、1つ間違いが見つかるだけで非常識と見られてしまいます。

そんなことにならないよう、まずはここで紹介する3つをしっかりと押さえておきましょう。

「なるほど」

面接官からしてもらった話や受けた説明に対して「なるほど」と応えること。実はこれは適切ではありません。

「なるほど」に上から目線で発する言葉というイメージを持つ人は少なくないからです。

「なるほどですね」と「ですね」を付けて丁寧さを演出しても同じこと。根は傲慢な人らしい、と思われても仕方ありません。

いらぬ疑いや誤解を招かないように、「なるほど」「なるほどですね」を使う癖があるなら封印して面接にのぞみましょう。

「了解しました」

目上の人や立場が上の人からの指示に対して「了解しました」と応えること。正しいようですが、実はこれも不適切な敬語です。

「了解しました」は同じ立場の相手に対して使う丁寧語。上の人に向けて使っても敬意を示すことにはなりません。

指示に対する承諾の意を伝える時は「承知しました」や「かしこまりました」、または「承りました」を使いましょう。

「〇〇になります」

「ご注文の品になります」や「こちらがおつりになります」など、「○○になります」を使った表現をよく耳にします。

この「○○になります」の多くは間違った使い方なので、面接の場では用いない方が良いでしょう。

最初の2つはそれぞれ「ご注文の品です」と「こちらがおつりです」のように正しく言い換えることができます。

「○○になります」を使うと、言葉に対して鈍感だと思われることもあるので注意が必要です。

 

ワンポイント
・NG敬語の存在もしっかり把握しておこう

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

言葉遣いは普段から意識して話そう

対話

面接の場でスラスラと淀みなく正しい敬語を使って話す。

そのためには、TPOに応じた適切な敬語の使用に日頃から慣れていなければなりません

付け焼き刃の敬語では、面接の間にメッキが剥がれて、競争相手である他の応募者よりも低い評価を受けてしまいます。

正しいつもりで間違った言葉遣いをしている場合も結果は同じ。無知で浅はかだと思われても仕方がありません。

言葉は正しく使えてこそ。不安な人もそうでない人も、面接の前には自分の言葉遣いを見直すことをおすすめします。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

面接の場での正しい言葉遣いについて、実例を交えてより詳しく知りたい。

自分の敬語の使い方と理解が正確かどうか、誰かに判断をしてほしい。

そんな場合は、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは転職のプロ。もちろん面接のことも熟知しています。

面接における正しい振る舞いや言葉の用い方についても、聞いて分からないことはありません。

1人で悩まず、分からないことや迷うことがあればすぐに相談してみましょう。

まとめ

握手

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、転職の面接で言葉遣いが相手に与える印象や、敬語の用い方について解説しました。

日頃は間違っているつもりなど一切ないままに使っている言葉。そして敬語。

それらが実は間違っていて、面接の場で思わぬ落とし穴となることも大いにありえます。

そんな事態に陥らないためにも、日頃から正しい言葉遣いをするように心がけましょう。

また、面接でどのような話し方をすべきか分からない時は、すぐに転職エージェントに相談してください。

きっと実例を交えた適切な対処法を提示してもらえるでしょう。

今回の記事を参考にして、ぜひ理想通りの転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら