キャバクラの時給相場を徹底調査!ガールズバーの時給とどちらが高い?キャバクラの時給システムや効率的に稼ぐコツもご紹介

夜の繁華街で働くことに憧れている方はいませんか?

「様々なお客さんを接客するから、良い社会勉強になりそう。」

「高時給でたくさん稼げそう。」

「艶やかでキレイに着飾った女性に憧れる。」

など、夜のお仕事に色々なイメージを持たれている方が多いです。

今回、このようなイメージの中でも特に「お金」に焦点を当て、キャバクラの時給相場を徹底的に調査しました。

その他にもガールズバーとの時給比較、キャバクラの時給システムや稼ぎ方のコツを紹介します。

キャバクラで働いてみたいなと悩んでいる方は、ぜひご覧になって参考にしてみてください。

キャバクラの時給相場はいくら?

お金 全体的な求人を拝見すると、キャバクラの時給相場は約2,300円です。

2,000円台の時給が提示されているお店が多いですが、もちろん勤務先によっては時給が1,000円台のお店もあります。

地域や経験によって差が大きい

キャバクラの時給相場は約2,300円ですが、地域や経験の有無により時給の差が大きいです。

時給の平均相場が一番高い地域は中部や北陸の方で、約2,550円です。

逆に一番低い地域は北海道や東北の方で、約1,900円になります。

地域の差によって約650円もの差が生まれ、低ければ時給が1,000円台前半という地域も。

お住いの地域によっては、キャバクラだから特別時給が高いともいえないかもしれません。

キャバクラとガールズバーの時給相場を比較

お金 水商売といわれる界隈にはキャバクラの他に「ガールズバー」があります。

夜の仕事に憧れている方でも、この2つの職業についてよく違いが分かっていない方も多いかもしれません。

キャバクラとガールズバーそれぞれの仕事内容を簡単に紹介しつつ、時給の平均相場を比較していきます。

キャバクラの仕事内容と時給相場

髪 キャバクラの時給相場は上記に記したように、約2,300円です。

主な仕事の内容は「お客さんが座っているテーブルに着いて、一緒にお酒を飲みながらお喋りをする」です。

もちろんただ喋っているだけでなく、お客さんのタバコにライターで火をつけたり、お酒をつくってあげるのも仕事になります。

女性が憧れる仕事の理由でもあるように、接客中の格好はドレスを綺麗に着飾ります。

入店前の「同伴」や「アフター」によっては、お店外でごはんや遊びに行くことも。

その為、比較的お客さんとの距離が密になりやすく、連絡先を交換してのやりとりも増えます。

経験や顧客の獲得によっては、時給が3,000円台になるお店もあるようです。

ガールズバーの仕事内容と時給相場

女性 ガールズバーの全体的な時給相場は、約2,000円になります。

キャバクラの時給相場と比べると、約300円の差でキャバクラの方が時給相場が高いです。

主な仕事の内容は「カウンター越しにお酒をつくって、お客さんとお喋りをする」です。

キャバクラの仕事内容と大して変わらないように思えます。

しかし、キャバクラが隣に座って接客をするのに対し、ガールズバーはカウンターを挟んで立って接客をします。

お客さんとの間に一定の距離が生まれるので、「お触り」などの心配がなく安心して働けるのがポイントです。

キャバクラに比べ、お客さんと一緒になってお酒を飲む頻度も少ないです。

仕事中の恰好はバーの制服だったり、私服のようなラフな格好で働けます。

地域によっては時給の平均相場が1,000円台のところも多く、上記の仕事内容の差がそれぞれの時給相場の違いに表れています。

キャバクラの時給システム

お金 キャバクラには時給の金額を決めるシステムが存在します。

これから挙げるものが全てのキャバクラで適用されているわけではありません。

しかし、1つ1つの内容をしっかりと理解していれば応募時の判断材料になるうえ、就職後も焦ることなく対応が出来ます。

ポイントスライド

「ポイントスライド」とだけ聞くと、キャバクラで働いた経験が無い方は「なにそれ?」となると思います。

簡単に説明すると「指名×時間」を稼げれば、「スライド式」に時給が高くなっていくシステムです。

指名された方が拘束された時間によってポイントが貯まり、そのポイント数によって時給が変動していきます。

お店によってポイントの付き方や条件も変わるので、勤務前にしっかりと確認が必要です。

売り上げスライド

これは「指名×売り上げ」を稼ぐと、「スライド式」に時給が高くなるシステムです。

先ほどのポイントスライドと違う点は、売り上げをベースにしているということ。

なので、来店の人数が少なくてもお客さん1人の客単価が高ければ、指名の多いスタッフとの差を埋めることが出来ます。

地域によってはこのスライドシステムを掛け合わせているお店もあるようです。

もしもこれらを選べるようになっていれば、働き方の幅を広げることが出来ます。

バック

バックは時給に直接関わる部分ではありませんが、求人によっては概算で時給に加味して記載しているものもあるので注意が必要です。

ドリンクバックやボトルバックといった注文したドリンクの売り上げ、開けたボトルの売り上げに応じたバックがあります。

数百円と固定している場合や数パーセントと設定している場合もあります。

次に、指名バックです。これは指名の件数に応じたバックになります。

お店によっては1件あたり数百円から数千円貰える場合も。

キャバクラでの効率的な稼ぎ方

女性 キャバクラには働くうえで、効率的な稼ぎ方があります。

様々な時給システムやバックにプラスαで使える稼ぎ方のコツを紹介します。

身だしなみ・気配りに気を遣う

接客業をするうえで当たり前のことのように聞こえますが、キャバクラで稼いでいる方ほど接客の質が違います。

身だしなみはドレスを着ているので一定の水準にはなりますが、髪やメイクにも気をつけないといけません。

髪はしっかりと整えてヘアセットをし、メイクも手を抜かず行います。

ただし、ヘアセットもメイクも派手過ぎない方が良いです。お客さんの注意がそちらに向いて引かれる可能性もあります。

気配りはタバコやお酒について、お客さんの一挙手一投足を見逃さないことが重要です。

タバコに手を伸ばす動き、グラスに残ったお酒の量を把握していないといけません。気を配る際はさりげなさがポイントです。

勤務時間外の連絡を密にとる

キャバクラで稼いでいる方は例外なく、勤務時間外のお客さんとの連絡を怠りません。

指名を獲得する為にはお客さんに気に入られる必要がありますが、勤務中の席に着いている時間だけでは難しいです。

その時間内でいかに連絡先を交換できるかが第一のポイントになります。

連絡先を交換できれば、その後は恋愛と同じです。普段から連絡を取り合い気に入ってもらえるように働きかけていきます。

顔や名前は勿論、会話やメールの内容など細かいことまで覚えていると驚かれ好感を持たれるでしょう。

慣れていないと大変かもしれませんが、努力することで同伴や指名が増えていきます。

会話のポイントとしては、お客さんに自分のことを気持ちよく喋ってもらうためにも決して自分語りはしないこと。

お客さんの話に上手に同調して会話を盛り上げることが重要です。

1日体験入店を活用しよう

女性 キャバクラの求人に記載されている内容で注目するところに「1日体験入店」があります。

面接をクリアした後にまず1日体験で働いてみて、先輩方に仕事を教えてもらいながらお店の雰囲気や客層などを知る制度です。

就職後に想像していたのと違ったと失敗しないようにぜひ活用すべきです。

ほとんどのお店で実施されています。その日の給料やお店によっては送迎もしてくれます。

気に入ればそのまま就職、気に入らなければ断りましょう。

まとめ

飲み物 キャバクラはこの界隈の中でも給与水準が高く、多数の顧客を獲得できれば大きく稼ぐことも出来ます。

その分、普段からの努力が求められますが、稼ぐために自分を磨くことは惜しまないという方には天職かもしれません。

お試しで働けないかと悩んでいる方には「1日体験入店」がおすすめです。