転職活動ではまず企業との面接以前に必要な応募書類を揃えなければなりません。

履歴書職務経歴書の2つであり、これらを面接前に企業に提出する必要があります。

中には面接で初めて書類を見る企業もありますが、多くの場合事前の提出が求められます。

面接でしっかり答えられるようにするためにも事前準備を済ませてください。

ここでは書類選考を通過するための応募書類の作り方を解説します。

書類の通過基準や落ちる原因・書類作成のポイントなども含めてチェックしましょう。

書類選考を通過するための応募書類の作り方

書類

書類選考を通過できる応募書類の作り方ですが、その前に大事なことがあります。

それは何かというと「自己分析」と「企業選び」をきちんと行うことです。

まず自分が今どの位の市場価値があって何ができるのかをきちんと分析してください。

それが出来たら次は確実にここは合格するであろうという「企業選び」です。

自分の持つスキルや経験と合致しない企業や応募者の多い企業を選んではいけません。

そういうところはレッドオーシャンという激戦区であり競争倍率が激しいからです。

そういったリスクを徹底的に避けて初めて有利な転職活動が可能になります。

 

ワンポイント
応募書類を書く前の準備がしっかり出来ているかどうかが大切

 

書類選考の通過基準は?

成功

次に書類選考通過基準ですが、これは志望する企業や職種によって異なります。

書類選考と一言でいってもその中身は様々であり、絶対の正解はありません

履歴書・職務経歴書のみの会社もありますし専用の応募フォームがある会社もあります。

また場合によってはポートフォリオなどの成果物の提出が求められる企業もあるのです。

とにかく大事なことは企業が求める応募資格・条件を満たしているかどうかにあります。

ましてや転職の場合求められるのは即戦力ですから条件に当てはまらないと即不採用です。

企業の採用担当者も様々な業務を抱えている中で応募者の面接に時間を当てています。

だからこそ無駄な面接は行いたくないのものなので、しっかり準備をしておきましょう。

 

無料転職相談をして理想のキャリアを実現しよう

 

書類選考の通過率は?

合否

転職における書類選考の通過率は一般的に30%程度だといわれています。

すなわち10人応募したら6・7人は落ちると見ていいのではないでしょうか。

だから書類選考を通過することはそれだけで凄いことです。

特殊なスキルや経験な専門職は応募書類の段階で判断されるのでより厳しいでしょう。

逆に営業など人柄が重視される職種ではある程度通りやすいという傾向があります。

つまり書類選考の段階ですでに戦いは始まっており、ここで手を抜いてはいけません。

しっかりとした事前準備を行って書類選考を突破しましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


書類選考で落ちる原因

このように書類選考は想像以上にハードルが高いことがわかりました。

ここでは更に書類選考で落とされる理由を深掘りしていきましょう。

「経験」や「スキル」が不足している

スキル

まず転職に際して書類選考で落ちてしまう原因は経験スキル不足が多いです。

未経験歓迎や第2新卒でも必要なスキル・経験のある人を優先で欲しがるでしょう。

上記したように専門職などの場合スキル・経験がないと書類選考で落とされてしまいます。

その為企業が求めるスキルや経験をしっかり満たしているかどうかを確認してください。

もし条件を満たしていない場合は諦めて別の応募可能な企業を探しましょう。

自分には何ができるのか?」を基準に選ぶとそれだけで通過率が上がります。

「条件」のミスマッチ

ミスマッチ

スキルや経験とやや重複しますが、求人の条件とのミスマッチが挙げられます。

すなわち応募者と応募先の企業がマッチするポイントがないということです。

人間にも相性の良し悪しや縁があるように企業と転職者にも相性があります。

どんなに「この会社に転職したい!」と強く志望しても条件に合致しないと無意味です。

履歴書や職務経歴書が完璧だったとしても適性が低いと振るい落とされてしまいます。

そのようなことにならないよう条件がきちんと合致しているかどうかを確認してください。

もし仮にミスマッチがあるのに通ったとしても入社後辛い思いをしてしまいます。

「定着性」や「働く姿勢」に不安がある

そしてこれが最も懸念されますが、「定着性」「働く姿勢」に不安が感じられる場合です。

転職回数が多い場合や在籍期間が短い場合、また無職期間が長い場合がこれに相当します。

企業としてはやはり1つの職場でしっかり働いて欲しいというのが本音です。

だから転職回数が多かったり在籍期間が短かったりすると長く勤まらないと判断されるでしょう。

また無職期間が長いと責任を持って仕事を全うできない人だと評価されてしまいます。

自分が果たしてそのようになっていないかをきちんと確認してください。

 

ワンポイント
応募先の企業が求めているものと合致するかどうかを見よう

 

応募書類作成のポイントをチェック

それでは応募書類はどのようにして作成すればいいのでしょうか?

ここではいくつかポイントをチェックしてまいりましょう。

少しでも経験したことは全て書こう

チームワーク

まず少しでも経験したことは全てしっかり書くようにしてください。

この世の中に無駄な業務や仕事は1つもなく、その経験は大きく評価を分ける基準になります。

サポートという形で参加した仕事も企業によっては高く評価されることがあるのです。

しかし、だからといって何もかもを書いていいというわけでもありません。

仕事の中でも「特にこれは大きい」と思ったプロジェクトなどを優先で書いてください。

また経験が多すぎる場合は応募先の事業と繋がる仕事をピックアップして記載してみましょう。

そうした経験が転職者を成長させてくれるのではないでしょうか。

「成果」とそれまでの「過程」を意識しよう

書くべきエピソードが決まったら、「成果」と「過程」を意識して書いてください。

単に職種や業務の経験を羅列するだけでは採用担当者に応募者の人間性が伝わりません。

だからこそ成果と過程という1つの物語性・ドラマ性が求められるのです。

具体的には以下のポイントを意識してください。

  • どのようなプロジェクトだったか?
  • どのような成果を出したのか?
  • 成果に至るためにどのような戦略や計画を実行したか?
  • そこからどのような教訓を得たのか?

これらを意識して書くだけでもかなり面接官に伝わる書類となります。

アピールしたいことは強調して書こう

できること

応募者にとっても特にここは強調して伝えたいというポイントがあるはずです。

そういうアピールしたいことや強みは自己PR欄にしっかり書いてください。

特に相手が求めている業務経験をしっかり書けるかどうかは大事です。

そういうポイントがある場合はどんどん率先して書いていきましょう。

逆にそういうアピールポイントが弱いと企業としても適正の部分で迷いが出ます。

応募者が多数の場合このアピールこそが差別化を図る最大のポイントです。

ここがきちんとできると、とてもいいアピールが出来るのではないでしょうか。

「読みやすさ」と「わかりやすさ」を意識して書こう

読みやすい

そしてこれが最も大切ですが、「読みやすさ」「わかりやすさ」を意識してください。

字の丁寧さやバランスはもちろんですが文書作成スキルや読み手への配慮が何より大切です。

どんなに経験が素晴らしくても書き方に問題があると採用担当者に誤解されてしまいます。

また、文章力があっても相手に伝わらなければ意味がありません。

特に業種が違う企業に転職する場合は難しい専門用語の使用を避けましょう。

あくまで人事担当が理解できる平易な言葉で噛み砕いて伝える努力が大切です。

あくまでも企業は「お客様」であるという意識を強く持ってください。

企業の不安を取り除ける文言を入れよう

転職回数の多さや勤務期間の短さ・離職期間の長さは応募者に不利な要素となります。

そのため相手企業が不安を抱く経歴にはそれを払拭する文言を入れてください。

これらの内容に相手企業が納得できる理由があればそれだけでも好印象です。

逆に後ろ向きな理由の場合は素直に反省と今後の決意を述べていきましょう。

そういう意思の強さ・意識の高さが窺えると企業が特別に面接してくれる場合もあります。

採用担当者もあくまで人間なのでそのような文言に心動かされこともあるのです。

目的意識を強く相手に伝えて不安を解消するようにしてください。

 

ワンポイント
・職務経歴には具体的な物語性を持たせる
・相手先が求めるものと合致するアピールポイントを書く
・わかりやすく相手に読みやすい平易な言葉で伝える
・企業の不安を取り除く文言をしっかり入れる

 

応募書類作成の注意点

それでは次に応募書類作成に関する注意点を解説しましょう。

どの企業でも使える自己PRにしない

ジェネリック

まず大事なこととして、どの企業でも使えるジェネリックな自己PRにしないことです。

あくまでも応募先の企業が求めるものをしっかり満たしているかを見てください。

どの企業でも使えるものになると応募者の独自性や個性が感じられず印象が薄くなります。

またそういう自己PRだと「他の会社でもいいのではないか」と思われるでしょう。

そのような文言にしないよう十分配慮した自己PRを作ることが大切です。

誤字脱字に気をつけよう

エラー

当然のことですが、誤字脱字がないようにしっかり遂行を重ねてください。

履歴書・職務経歴書はどちらも正式なビジネス書類ですから誤字脱字は許されません。

どんなに素晴らしい文章を書いてもそこに気を遣えない人は落とされてしまうのです。

またレイアウトもしっかり意識し読みやすいものにしましょう。

「読みやすさ」「わかりやすさ」とも関連しますが、読みづらい文章は採用担当者の意欲を削ぎます。

しっかり読みやすいレイアウトの文章を書いていくように心がけてください。

 

ワンポイント
・独自性溢れる自己PRにする
・誤字脱字に気をつけて書く

 

書類選考はどれくらいの期間で終わる?

それでは提出した書類の選考はどのくらいの期間で終わるのでしょうか?

ここでは具体的な期間や対応策などについて解説します。

連絡の早さは結果に影響する?

連絡

まず連絡の早さは結果に直接の影響があるというわけではありません。

企業によって連絡が早いか遅いかが異なるだけなのです。

一般的に大手企業は連絡がやや遅く中小企業がやや早い傾向にあります。

ただあくまでも「傾向」であり、応募者の数などによっても異なるでしょう。

大事なのは連絡がなかなか来ないからという理由で焦らないことです。

企業だって慎重に応募者と会って面接すべきかどうかを悩んでいます。

相手の事情をきちんと配慮して穏やかな心で待ちましょう。

結果連絡が遅いと落ちる?

よくいわれることとして「連絡が遅いと落ちる」というジンクスがあります。

「○○日以内に結果をお伝えします」といったのに落とされる場合がそうです。

採用担当者が忙しい場合や応募者が多すぎる場合は選考に時間がかかっています。

また連絡が遅いと不合格といわれる理由の1つに合格者から先に伝えていることもあるでしょう。

どのケースかは企業次第なので、あまり企業を疑わないように信じて待ちましょう。

もしくは頭を切り替えて別の企業に集中するか、どっちにしても時間を無駄にしないことです。

結果連絡の催促はしてもいいの?

催促

どうしても結果連絡を早く知りたいという方は結果連絡の催促をすることもあるでしょう。

一定期間を過ぎても連絡がこない場合は採用担当者に問い合わせて見ても構いません。

その場合はメールで返答を急かさないような文言で問い合わせてみてください。

直球に結果を聞いてしまうような聞き方は担当者に不快な印象を与えてしまいます。

あくまでも採用担当者を思いやった大人のマナーを守ることが大切です。

こういう細かい文章やの中にこそその人の人間性や品格が現れます。

きちんと相手のことを考えられた対応になっているかどうかを考えて書きましょう。

 

無料転職相談をして憧れの企業に転職しよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


書類選考で落ちても諦めずに転職活動しよう

諦めない

書類選考で落ちても決して諦めず頭を切り替えて転職活動に励んでください。

転職者を待っている企業は沢山あり、相性の良い企業と巡り会う努力をしましょう。

ただし、大事なことはなぜその書類選考で落ちたのかをきちんと反省することです。

特に書類内容がきちんと相手企業の求めるものかどうかの見極めは大切になります。

その反省を踏まえた上で改善を行い不採用率を減らしていけば書類選考通過につながるでしょう。

とにかく大事なことは決して諦めず前向きに捉えて頑張ることではないでしょうか。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

握手

書類選考でどうしても跳ねられてしまう方は是非転職エージェントに相談してみてください。

書類選考で失敗しないための応募書類作成のアドバイスを沢山してくれますよ。

また履歴書や職務経歴書で不利な部分がある場合は企業に通りやすくもしてくれます。

転職活動だと悪い方向に物事を考えがちですが、そういう人のためにエージェントがいるのです。

1人で戦うと心細くても寄り添ってくれる転職活動の専門家がいるのは安心できるでしょう。

活用できるものは積極的に活用してください。

 

無料転職相談をして自分の夢を実現しよう

 

まとめ

書類

いかがでしたか?

今回は書類選考を通過するための応募書類の作り方を解説してきました。

たかが書類審査、されど書類審査であり面接を受ける前の段階から戦いは始まっています。

書類選考の段階で相手にアピールできる魅力的な書類が書ければ好スタートになるでしょう。

その為にもしっかり自己分析から企業分析を行い綿密な戦略を立ててください。

この記事を是非書類選考突破に役立てて理想のキャリアを実現しましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!