せっかく転職した職場がイメージと違って幻滅し、再転職を考える人もいるでしょう。

しかし転職後すぐに再転職は不利に働くからと転職先で長く仕事を続ける人も居ます。

転職活動において1年未満の短期離職と再転職を果たすことは可能なのでしょうか?

今回は転職後すぐに退職を考えた女性に向けて1年で再転職するコツを解説します。

メリットやデメリット・注意点も併せて解説しますのでぜひ参考にしてください。

Contents

転職後に1年で再転職するときのコツ

転職

結論からいえば転職後1年以内の再転職は確かに大きなリスクを伴い不利に働く選択です。

企業にとっては「すぐに辞めるような人を採用して大丈夫だろうか?」という懸念があります。

まず単独で面接を行って再転職が決まるということはあまりないのではないでしょうか。

しかし決して不可能ではなく、主に以下の2つのコツを意識することで成功率は高まります。

  • 転職エージェントに相談する
  • 徹底した書類通貨と面接対策を行う

この2つをしっかり行うことによって再転職に失敗する確率は大きく下がるでしょう。

以下この2つを更に細かく解説しますので、入社後1年以内の再転職をお考えの方は参考にしてください。

転職後1年で転職したいと感じた時に行動すべきこと

それでは転職後1年で転職したいと感じた時にどのような行動を取ればいいのでしょうか?

ここではその行動を具体的に解説していきます。

現状分析をしよう

分析

まずなぜ自分が転職に失敗したのか具体的な失敗理由を分析してください。

内定を勝ち取って入社したのに再転職を希望するのには何かしら理由があるはずです。

人間関係か給与待遇の条件の違いか、それとも仕事内容によるものか色々原因はあります。

その場合まずは人事担当者や部署の責任者・労働基準監督署などに相談しましょう。

安易に再転職を考えるのではなくまずは改善できるところから改善する試みが大切です。

もしかしたらそれで状況が好転するかもしれないし、しないかもしれません。

全ての考えうる対策を実行してそれでもダメだった場合に再転職へ向けて行動してください。

自分のキャリアパスは自分だけのものであり、それを押し殺して無理に働く必要はないでしょう。

仕事をする上での優先順位を考えよう

優先順位

2つ目に仕事をする上で何が自分にとっての優先順位なのかをしっかり考えてみてください。

再転職で失敗しないためにも自己分析を改めて徹底して行う必要があります。

多少わがままに思われても自分自身の譲れない条件をしっかり把握することが大切です。

漠然としたイメージで動いては同じ過ちを繰り返しますので、根拠づけを行いましょう。

仕事において求められるのは「結果」なので、得意不得意を元に考えると道筋は可視化されます。

そういう風に論理的に考えていくとはっきりと道筋が見えてくるのではないでしょうか。

転職活動や退職のスケジュールを決めよう

そして3つ目に転職活動や退職のスケジュールをしっかり決めて行動してください。

この際に大事なのは現職を続けながら秘密裏に転職活動を行うことです。

上司に相談したり退職を申し出たりすると高確率で引き止められます。

厄介ごとに巻き込まれないようにする為にもスマートな行動を心がけたいものです。

退職する1ヶ月以上前には申請し、仕事の引き継ぎを行い清算を行いましょう。

立つ鳥跡を濁さずという諺があるように気持ちよく円満な退職をしたいものです。

 

ワンポイント
・何故再転職を志すかを冷静に分析する
・自分にとって大切にしている仕事の基準や得意不得意を考える
・転職活動や退職のスケジュールを決めてスムーズに行動する

 

転職後に1年で再転職するメリットを知ろう

転職後1年での再転職はリスクが大きい行為であることは間違いありません。

しかしメリットが全くないわけではないので、以下紹介します。

新たな環境でスキルや経験を積むことができる

スキル

経験・スキルを増やしてキャリアップに繋げることが出来るのがメリットの1つ目です。

短期離職という事実は変えられませんが、ポジティブに捉えれば成長を望むが故でしょう。

ここで考え方を変えて「次どうやって成長すればいいか?」を考えてください。

今現在安定した地位や収入があっても思い切って手放して前に進む覚悟が大切です。

短期的に見れば失敗に思えても長期的に見れば大きなリターンが得られます。

お金は稼げば無限に入りますが、経験やスキルはその場でしか入らない有限なものです。

そう前向きに捉えてその会社でしか得られないスキル・経験を吸収して行きましょう。

自分の目標ややりたいことが見えてくる

目標

1年以内の再転職を決意することで自分の目標ややりたいことが見えてきます。

短期離職と再転職は世間から見れば長続きしない自分勝手な人と見られるでしょう。

しかしこれも前向きに捉えれば自分で決断行動ができる人を意味します。

サラリーマン思考で会社に依存しているよりも余程健全ではないでしょうか。

転職を繰り返すことで自分のステージも引き上げられ、目標が徐々に見えてきます。

その覚悟と決意があればどこに転職しても上手く行くでしょう。

人生思い切ってやってみれば何とかなる位の心持ちでいることが大切です。

ストレスのある職場で働かなくていい

そしてこれが最も大きいのですが、ストレスのある職場で働く必要がなくなります。

転職を希望する人の多くは人間関係が上手くいかないからこそ再転職を志すのです。

いわゆる「サザエさん症候群」と呼ばれる毎日会社に行くのが億劫な症状に陥っています。

特にコロナ禍の今は「1億総鬱社会」といわれる程雇用情勢が大きく変化しているので尚更でしょう。

再転職にしっかり成功すればストレスのない環境でのびのびと働くことができるのです。

会社が人材を選ぶ権利があるように、転職者もまた会社を選ぶ権利があります。

働く環境を思い切って変えることで人生が大きく好転することはあるのです。

 

ワンポイント
再転職を「変わることができるチャンス」と前向きに捉えることが大切

 

転職後に1年で再転職するデメリットは

さて、1年以内での再転職はメリットばかりではなくデメリットも当然あります。

ここではそのデメリットについてしっかり把握しておきましょう。

再転職の選考で不利になる

不利

1年以内の短期離職と再転職のデメリットはやはりここにあるのではないでしょうか。

スキルや実績もきちんとない状態での転職なので書類審査や面接で圧倒的に不利です。

会社によってはそういう求職者を書類選考で無条件に落とすというところもあるでしょう。

仮に履歴を詐称したとしても会社の方で調査すればすぐ明るみに出るのでやめてください。

一部の優秀な人は短期離職による転職でも実績・スキルを出すためうまく行くかもしれません。

しかし多くの人はそのような突出したスキルや実績など短期間で作れるものではないのです。

まずこの再転職の選考に不利になるということは覚悟しておきましょう。

転職クセがついてしまう

転職癖

再転職を繰り返すデメリットは短期離職と再転職が癖になってしまうことです。

最初の再転職でなまじ上手く行くとそれがいつでも通用するという錯覚を引き起こします。

1年目が大変だったとしても、働き続けていく内にその会社が好きになるかもしれません。

そうなる前に辞めてしまうとずっと逃げ続ける後ろ向きのキャリアパスになってしまうでしょう。

企業側からしても目の前の仕事を頑張れない人が何を頑張れるのかという疑問を抱きます。

多少なり辛くともしっかり長期間働くことにはそれ相応の意味があるのです。

最初の1回だけならともかく何度も繰り返すと不利になってしまうので辞めてください。

 

ワンポイント
企業側からマイナスのイメージを持たれてしまうことを意識する

 

よくある転職理由と失敗しないための対策

上記しましたが、1年未満の離職と再転職を決意するのには何か理由があるはずです。

ここではよくある転職理由と失敗しないための対策を紹介します。

未経験で希望職種に転職したが想像と違った

仕事場

1つ目に挙げられるのが転職先の希望職種がイメージと違っていたことによるものです。

例えば営業職は華やかな仕事に見えますが、実際はノルマ達成を厳しく求められます。

また事務職も世間一般には楽なイメージがありますが、実際は細かい作業を求められるのです。

このように希望職種にポジティブなイメージを持ちすぎると現実が見えずに失敗します。

対策としてはその仕事を実際に経験するまで美化されたイメージを持たないことです。

またその仕事が本当に自分に向いているかどうかもしっかり見極めてください。

変に私情を挟まないで冷静沈着な行動を心がけることが何よりも大切でしょう。

給料や待遇の条件が魅力的だったが仕事内容がつまらなかった

次に挙げられるのが給与や待遇などの福利厚生に対して仕事内容が合わないことです。

これはもう誰もが1度は実感していることなのではないでしょうか。

どんなに素敵な環境の職場でも仕事にやりがいがなければモチベーションが上がりません。

モチベーションが上がらないと仕事に身が入らず成果も出ませんし成長も望めないのです。

この場合対策としては上司に「もっとこういう仕事がしたい」と打診してみましょう。

あるいはコンサルティングのように現状の改善点などを挙げるなどでもいいかもしれません。

再転職を考える前に改善できる部分を改善することから考え実行してみてください。

事前の条件と実際に違う条件になっている

これはブラック企業にありがちですが、求人の条件と実際の条件が違うことです。

現実にはこのような詐欺じみた求人を出す会社は沢山あります。

もしくはここ数年でよく名前が挙がる反社会的勢力などもそうでしょう。

そういう会社は表向きを綺麗に装いさもブラック企業でないかのようにアピールします。

そして蓋を開けてみると実態とはまるで違っていたことがよくあるのです。

対策としては労働基準監督署ハローワークに相談してみて下さい。

実態と異なる求人を出すことは完全な違法行為ですから野放しにしてはなりません。

退職を考える前にしっかり証拠を取ってしかるべき対策を講じましょう。

 

ワンポイント
・再転職を検討する前に打てる対策や改善案を考えて実行する
・それでも改善されなかった場合に初めて再転職を考える

 

転職後に1年で再転職する時に意識したいこと

転職後に1年で再転職する際には何を意識すればいいのでしょうか?

ここではその為の具体的な方法を挙げてみましょう。

業務の1日の流れがイメージできる会社を選ぼう

仕事

まずは1日の業務の流れがしっかりイメージできる会社を選んでください。

特に未経験や第2新卒の場合このパターンが起こりやすくなるのです。

未経験歓迎といっても中途採用ですから即戦力が求められます。

1日の業務の流れが具体的に見えないと自分の動き方や立ち位置も見えません。

仕事においてそれは主導権を握れないという致命傷になります。

そのようなミスマッチを防ぐためにもその会社で働く自分のイメージを持ちましょう。

仕事の流れを可視化することによって自分がどう動くべきかが初めて見えるのです。

希望業界の情報を徹底的に集めよう

情報

そして2つ目に希望する再転職先の業界研究を徹底的に行ってください。

ホームページは勿論口コミサイトなどでその会社の評判を調べるという手もあります。

そしてこれが最も大切ですが、実際にその会社に足を運んで確かめるということです。

1日の業務の流れとも関連しますが、どういう社員が居て何時まで働いているのかを調べましょう。

また自分がその部署に入ったらどういう形で仕事をするのかというイメージも掴んでください。

その際あまりにも遅くまで残業している会社関係性が悪そうなところは避けましょう。

そうした情報収集を徹底して行うことによって再転職に失敗する確率が減ります。

逆にそこまで徹底しなければ何度も同じ失敗を繰り返すことになるでしょう。

再転職の注意点をチェック

チェック

再転職に失敗しないためにもいくつかの注意点をチェックしておきましょう。

まずきちん自分が長続きし成長が望める会社かどうかを考えることです。

会社としてはやはりなるべく長くその会社で働いて欲しいと思うのが本音でしょう。

次に現職よりも多少なり条件を落とした転職が可能かどうかを意識してください。

第2新卒を別とすれば中途入社において職歴の浅さはどうしても不利になります。

だからこそ短期離職での再転職を行う場合現職より条件が厳しくなりがちです。

それでも成果を出して挽回できるイメージを持つようにしてください。

そうすると短期離職で再転職をしたとしても失敗する確率は格段に減ります。

転職後に1年で再転職を成功させるために重要なこと

重要なこと

転職後に1年で再転職を成功させるためには具体的にいくつか挙げられます。

今まで述べてきたことも含めてまとめてみましょう。

  • まず現職でできる限りの改善策を考え実行してみる
  • 自己分析業界研究を徹底し情報収集を行う
  • 1日の業務の流れがイメージできる会社に転職する
  • 求人の条件と実態に乖離がないかをきちんと事前調査する
  • 転職エージェントに相談してみる

基本的にいいイメージを持たれないので相当にハードルの高い勝負になります。

普通の転職とは違い厳しいスタートになることは覚悟しておいてください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

1年以内の短期離職と再転職は難しく、苦労することも多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが転職エージェントに相談してみることです。

転職エージェントは親身に転職希望者の希望に沿った求人を紹介してくれます。

また書類審査や面接対策も行ってくれますし、企業との仲介役にもなってくれるのです。

こうした利点があることを知ればそれを活かさない手はありません。

是非転職したいけど勇気が出ないという方は1度エージェントに無料相談してください。

まとめ

転職

いかがでしたか?

今回は転職後に1年で再転職をする時のコツを解説してきました。

普通の転職とは違い幾分厳しい戦いになるということは否定できません。

しかし、やり方や方法さえ知っていれば不可能なことではないでしょう。

本稿が理想の再転職を果たしたい人にとって参考になれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら