転職先の会社で入社前のイメージとは異なるギャップに悩んでしまうミスマッチは、できれば避けて通りたい事態です。

しかし、実際に転職先へ入社後ミスマッチを感じた人は少なくありません。

ミスマッチを予防するには、転職活動中に心の準備をできるかどうかが大切です。

そこでこの記事では、ミスマッチが起こる原因とその対処法についてご紹介します。

入社後後悔しないためにも、ぜひチェックしてみてください。

Contents

転職のミスマッチを予防するにはどうすべきか解説

頭痛に苦しむ女性

転職のミスマッチを予防するには、転職活動中に転職後のイメージをしておくことが大切です。

そもそもミスマッチとは、企業側・転職者が互いに対して理想と現実にズレを感じていることを意味します。

転職者が転職後を想定し、面接でしっかりと自分の考えを述べると企業側も具体的なイメージを抱けるでしょう。

互いにとって納得のいく話がついていれば、自然と働きやすい環境になるのです。

ここからは、実際にミスマッチをどうやって予防できるかについて解説していきます。

 

ワンポイント
 ミスマッチを予防するには転職後を具体的にイメージしましょう。

転職後にミスマッチを感じる人はどれくらい?

頭痛を訴える女性

実際に転職後ミスマッチを感じた人は、転職者全体の25%程度といわれています。

確率でいうと4人に1人の計算です。

その中で、イメージしていた転職と実際の仕事にギャップがあったと感じている人が6割程度います。

最終的にミスマッチに耐えられず、再び退職してしまうケースが少なくない現状です。

ミスマッチが起きるリスクは、決して他人ごとではありません。

転職後にミスマッチが起きる原因は?

憂鬱そうな女性

転職後にミスマッチが起きる原因は、転職前のことがキーポイントになっています。

例えばスキルアップを目指して転職したものの、入社後は思っていたのと違う仕事だったというようなケースです。

転職前のイメージとギャップが大きいほど、やる気はしぼんでいってしまいます。

ギャップが生じる原因は、企業側の情報開示不足や求職者の情報収集不足などです。

まずはミスマッチを予防するキーポイントの原因について、詳しく見ていきましょう。

企業がマイナスな情報を隠している

スマホを持ち不安な表情

企業側にある原因として多いのが、求人情報にマイナスの情報を隠しているというケースです。

たとえば給与は高くても、実際は残業が多いというようなことが考えられます。

求人情報は限られたスペースなので、どうしても好条件ばかりを掲載する傾向が強いです。

特に仕事内容や職場の雰囲気といった重要な情報は、探そうとしなければ見つからないことも多いでしょう。

会社のプラスの面しか知らない状態では、実際に働いてからミスマッチを感じる確率も高くなります。

情報収集が足りていない

パソコンを使いながらNG

求職者の原因として多いのが、応募する会社の情報収集不足です。

例え大手企業であっても何となくのイメージで入社してしまっては、ミスマッチが起こりやすいのは当然といえます。

企業が行っている事業内容や社風に対して理解がなければ、転職後の具体的なイメージはできません。

イメージがなければ、納得のいく転職をするのはかなり難しくなるでしょう。

「思っていたことと違う」というミスマッチは多いですが、その根拠が何なのか改めて考えてみるのが大切です。

よく考えずに転職してしまった

頭が痛い女性

「とにかく今の会社から転職したい」という目先の考えでは、転職後ミスマッチに繋がるリスクが高いです。

目的のない転職は、結局前職と同じような悩みを抱えてしまうことになりかねません。

また「求人情報で見た条件が良かったから」というのも、よく考えていない典型的な例です。

転職を決めたきっかけは何か、自分が優先的に求めている条件は何かをあらためて考えてみる必要があります。

転職してから後悔すると、再び転職を考える可能性も出てきてしまうでしょう。

将来のビジョンを明確化していない

夢と計画のイメージ

将来のビジョン明確化していないことも、ミスマッチに繋がりやすい原因のひとつです。

自分が今後どうしていきたいのかを考えるのは、転職活動を始める際の基本といえます。

しかし実際は新卒と比べて、転職者は将来のビジョンを明確化していない人が多いです。

ビジョンが明確化していない状態では、自分にマッチする転職先を見つけることは難しいでしょう。

どの会社に転職しても、ミスマッチを感じやすい状態です。

 

ワンポイント
 ミスマッチが起きる原因を把握し、できることは転職活動中に予防しましょう。

よくあるミスマッチを感じる理由

不安そうな女性

ミスマッチを感じる理由としては、主に業務内容・待遇面・人間関係があります。

ちなみに退職理由で多いのもこの三点です。

つまりミスマッチを予防することで、転職先で長く活躍できる可能性がぐっと高まるでしょう。

そのためにも、今度ははミスマッチの理由を知っておくことが大切です。

自分に当てはまる可能性がないかどうか、考えながらチェックしてみてください。

「業務内容」のミスマッチ

頭が痛いビジネスウーマン

業務内容のミスマッチは、想定していた仕事と実際の業務にギャップが生じたケースです。

転職者は予想以上の仕事を任せられる、あるいは単純な業務しか与えられないと不満を抱えることになるでしょう。

実際企業側が求人情報で求めている人材と、働く現場で求めている人材にズレが生じている可能性も考えられます。

スキルアップを目指して転職するのであれば、面接で確認しておいた方がいいでしょう。

入社後に業務内容が違うとわかったときには、準備不足・スキル不足で苦労することにもなりかねません。

「待遇面」のミスマッチ

不安そうな女性

給与や休日などの待遇面で、「聞いていたことと違う」と入社後にミスマッチが生じるケースがあります。

転職の理由が待遇面の改善だった場合、転職した意味が感じられなくなってしまうでしょう。

後から前職の方が良かったと思ってもすでに手遅れです。

そのため待遇面については、採用前にしっかり確認しておく必要があります。

求人情報や採用前に受け取る書類など、自分でできる情報収集が不足している可能性も考えられるでしょう。

「人間関係」のミスマッチ

悲しむ女性

職場の雰囲気は実際に働いてみなければわかりにくい部分のため、入社後人間関係でミスマッチを感じる方が多いです。

特に上司と合わない場合は精神的に疲弊し、モチベーションがみるみる下がってしまいます。

気分が落ち込んでいるときは、業務に支障が出ることも考えられるでしょう。

その結果、チーム全体の雰囲気が悪くなるリスクもあります。

せっかくやる気をもって入社しても、周囲の理解が得られなければ思っていたような仕事をするのは難しいでしょう。

ミスマッチを避けるためのコツをチェック

キーポイント

転職後のミスマッチを避けるためには、4つのコツを知っておくことがキーポイントです。

「今の仕事よりも自分に合った仕事がしたい」という思いは、転職を決意した多くの方が抱えています。

しかし漠然と思っているだけでは、ミスマッチを避けにくいのが実情です。

企業側が原因で生じるミスマッチもありますが、まずは自分でできることを転職活動中にやりきっておきましょう。

慎重な判断をするには、転職先のプラス面・マイナス面の両方を知っておくのが重要です。

転職で何を実現したいのか明確にしよう

笑顔で指差す女性

まずは自分が転職することで何を実現したいのか、明確にしておきましょう。

転職してから5年後・10年後のビジョンを作成すると、より具体的なイメージになります。

転職の目的をはっきりさせることで、目先の好条件に飛びつかず冷静な判断ができるでしょう。

イメージが上手くできない場合は、どうして自分が今の仕事を退職したいのか考えてみてください。

自分には今何が必要で、これからどうしたいのかが次第に見えてきます。

事前の情報収集を徹底して行おう

パソコンを使う女性

応募企業について事前に情報収集をしておくのは転職活動の基本です。

特に本命の企業は情報収集を徹底しましょう。

チェックするのは求人情報だけでなく、企業の公式サイトを見るのがおすすめです。

企業理念や事業内容などが掲載されているので、企業に対する理解が深まります。

また口コミサイトでは在職者や退職者が自社について率直に声をあげているため、より実態を把握できるでしょう。

具体的な情報を聞くための逆質問を用意しておこう

質問の単語カード

より具体的な情報を得るためには、面接で採用担当者に直接逆質問するのがおすすめです。

面接の終盤では大抵「何か質問はありますか?」と聞かれる場面があるので、このタイミングを活用しましょう。

実際に応募先の会社で働いている人から、リアルな情報が得られるチャンスです。

面接前に質問しておきたいことを整理しておきましょう。

ただしホームページや求人情報に掲載されていることを質問しないよう、情報収集を徹底したうえで質問してください。

条件や不明点は内定承諾前に確認しよう

ポイント

内定をもらった際は労働通知書が渡されるので、内定承諾前に内容をしっかりチェックすることが大切です。

業務内容や待遇面など、求人情報や面接時に聞いた内容と相違がないか確認しましょう。

実際に労働通知書の内容が求人情報と違うという事例は少なくありません。

相違点や不明な点がある場合は、採用担当者に聞いてみるのがおすすめです。

内定承諾は労働条件を納得できてからにしましょう。

 

ワンポイント
 ミスマッチを避けるためには、事前準備をしっかり行いましょう。

転職後ミスマッチを感じた時はどうする?

ストップのジェスチャー

予防策を講じていても、ミスマッチが生じるリスクは残念ながらゼロにはなりません。

新たな環境では、大小の違いはあれど入社前のイメージとのギャップが出てきます。

いざ転職後にミスマッチを感じたときはどうするべきか、冷静になって考えてみましょう。

最初は辛いかもしれませんが、再度の転職を考えるのは最終手段です。

まずは仕事をするうえで譲れない条件や優先すべきことを整理し、自分自身と向き合ってみましょう。

本当に解決できない問題か考えよう

不安そうな女性

今感じているミスマッチは本当に解決できない問題なのか、冷静に考えてみましょう。

例えばミスマッチの理由が人間関係だった場合、人事異動で職場の雰囲気が変わる可能性も考えられます。

また職場内のコミュニケーションを良くするため自分から行動したり、時間が経てば解決するようなケースもあるでしょう。

合わせて転職の目的をあらためて振り返ってみることもおすすめです。

本来の目的が達成できそうな環境であれば、もう少し頑張ってみるという選択肢も出てくるでしょう。

転職後に再度転職するリスクを把握しておこう

スマホを使いながら悲しむ

転職後に再度転職するのもひとつの方法ではありますが、リスクは把握しておかなければいけません。

リスクとは、今後転職活動で応募した際にマイナスイメージが生じやすいことです。

転職後すぐに辞めた経歴を見た採用担当者は、「すぐに辞めてしまう人なのでは」という不安を抱きます。

そのため面接ではマイナスイメージを払しょくするような、前向きな姿勢をアピールする必要があるでしょう。

今後の転職活動は、今までと同じようにはいかないという覚悟をもてるかどうかが重要です。

どうしても続けるのが難しい場合は転職を検討しよう

両手でガッツポーズ

心身が限界を感じていたり経済的に無理だと判断した場合は、早めに転職を検討しましょう。

再度の転職は慎重に判断しなければいけませんが、無理をする必要はありません。

自分がいまどのような状況にあり、今後どういった事態が想定できるか客観的に考えてみてください。

自分では対処法がなくミスマッチが悪化するだけだという状況では、むしろ転職すべきともいえます。

今の仕事を続けるデメリットと転職するリスクを比較して、一度じっくり検討してみましょう。

 

ワンポイント
 無理をしない範囲で、転職は慎重に判断しましょう。

転職後のミスマッチを防ぐポイントを押さえて納得のいく転職を成功させよう

オフィスにいる女性

転職後のミスマッチを防ぐには、転職目的を明確にしたうえで情報収集を徹底するのがポイントです。

内定承認前には労働条件を最終確認することで、不明だったり曖昧な点をはっきりさせられます。

転職活動中にできることをしっかり行えば、自分が納得のいく転職先を見つけられるでしょう。

ポイントとなる工程を丁寧に進めていくのが、転職を成功させる近道です。

転職後のビジョンをイメージしながら、自分にとって理想の転職を目指しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オフィスにいるビジネスウーマン

ミスマッチの問題をはじめ、転職の悩みは転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントは採用現場で常に新しいデータを入手しているため、鮮度の高い情報が得られます。

また個別面談を通して、ミスマッチを防ぐ適切なアドバイスが受けられるのも魅力のひとつです。

さらに自分の強みやアピールポイントを客観的に判断してもらえるので、効率的な転職活動ができるでしょう。

転職エージェントを利用するときは、的確なフォローを受けるためにも自分の素直な気持ちを伝えるようにしてください。

まとめ

ビジネスウーマン

転職後のミスマッチは、ポイントを抑えた転職活動で予防することが可能です。

それでもいざ入社してミスマッチを感じてしまった場合は、冷静に考える必要があります。

自分の状況を客観的に判断し、慎重に決断することが大切です。

途中で行き詰ってしまったときは、転職エージェントを積極的に利用してみましょう。

転職後のミスマッチを防ぎ、ぜひ理想の転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら