転職活動を行う上では企業研究とあわせて業界研究もかかせない作業のひとつです。

自分の希望とマッチした企業に転職するためには企業研究だけでなく業界研究を行うことをおすすめします。

業界研究をどのように行えばよいのかわからないという人もいるでしょう。

この記事では業界研究の目的や進め方について解説します。

各業界の特徴についてもまとめておきますので参考にしてみてください。

女性の転職活動に役立つ業界研究のやり方

説明をする女性

企業研究を行う人は多いでしょう。

ただ業界研究となるとどのように調べればよいかわからず、手をつけないまま転職活動をスタートする人もいるかもしれません。

企業研究はそれぞれの企業の公式ホームページをみるなどすれば情報を入手することができます。

ただ業界全体となると調べる方法に戸惑いが生じることも少なくありません。

とくに未経験の業界への転職を希望している場合には業界研究は必須といっても過言ではありません。

業界研究はさまざまな媒体を活用して行うことができます。

ここからはどのような方法で業界研究を進めて行けばよいのかを具体的に解説していきます。

業界研究を行う目的は?

資料を見る女性

業界研究を行うのは自分の活躍できる環境をみつけるためです。

自分がやってみたいと思っている仕事をさらに分析することでよりマッチした分野をみつけることができるケースもあります。

前職での経験を生かした職につきたいのか。

まったく新しい職種で働きたいのか。

このような点を明確にするためにも業界研究は必要です。

数多くの業界がある日本で、広い視野で業界研究を行うことで自分が本当にやりたいことがみつかるでしょう。

さらに業界研究は入社したあとも役立つ情報になります。

転職者は即戦力としてすぐに業務に当たるケースも多くあります。

そのため自分で業界研究をしておくことは業務をスムーズに進めるためにもおすすめです。

未経験の業界への転職でも事前に業界の情報を頭に入れておくことで業務内容の理解が早くなるという点もメリットになります。

業界研究をすることのメリット

案内をする女性

業界研究を行うことで得られるメリットはなんでしょうか。

企業研究では企業の特徴を深く理解することができます。

ただその企業がおかれている業界全体のことも理解しておくことが重要です。

転職後にこんなはずではなかったのにと思うミスマッチを避けることができます。

業界研究のメリットについて解説します。

業界のことを広く知ることができる

業界研究を進めると自分が働きたい業界の全体像がみえてきます。

業界のことを広く知ることで自分のキャリアをどのように生かすことができるかを考えることができるでしょう。

業界について知識を深くしておくことで面接対策にもなる点はメリットです。

ひとつの業界でもさまざまな職種があることが理解できれば転職先の選択肢を増やすこともできるでしょう。

業界の動向を知ることができる

パソコンで作業する女性

業界の動向は日々変改しています。

大きな変動があった場合には面接でチェックされることもあるのでよく理解しておきましょう。

それだけではなく、日々変動する業界の動向を知ることで業界の将来性を考えることもできます。

先を見越した転職は将来のキャリアアップにもつながります。

今後の発展が期待できる業界に転職したい場合も企業研究は必須事項といえるでしょう。

 

ワンポイント
業界研究を行うことで転職先とのミスマッチを防ぐことができます

各業界の特徴をチェック

パソコンとスマートフォン

転職活動をスタートする前に各業界の特徴についてチェックしておきましょう。

おおまかにでもほとんどの業界をチェックすることでこれまで興味がなかった仕事に興味がわく可能性もあります。

業界同士が関連しているということもあるため、面接対策として違業界について理解しておくことも大切です。

IT業界

IT業界はまさに発展中の業界といえるでしょう。

次々に新しい技術が開発されている点も注目点です。

どのような業界でもIT化が推進されている時代にあって業界全体が成長傾向にあるといえるでしょう。

若い人材や未経験者の採用率も高く、技術が身につけられる点でも人気の業界です。

この業界に転職を希望している場合には、既存のスキルだけでなく常に新しいものを吸収しようという姿勢も必要となります。

ユーザー目線で工夫や改善をする視点を持った人にもおすすめの業界です。

医療・介護福祉業界

少子高齢化が進むなかで人材の確保が課題となっているのが医療・介護福祉業界の特徴です。

景気の変動に影響を受けることが少なく安定したイメージを持たれやすいのもこの業界です。

医療や介護だけでなく新薬の開発分野にも注目が集まっています。

MRやCSOも注目の職業です。

医療や介護などの現場では人材不足で未経験者からの採用も高まっています。

この業界に転職を希望している場合には、人の役に立ちたいという意識の高さが求められます。

社会貢献度の高さもチェックポイントです。

資格を必要とする職種が多いため資格保持者は転職しやすいという点も特徴です。

金融・保険業界

成果報酬というイメージが強いのが金融・保険業界の特徴です。

保険業界では外資系の生命保険と同時にネット型、通販型の保険も増えつつあります。

死亡保証よりも長生きに備えた保証を売りにする保険会社も増えています。

銀行、証券、損保に関してはここ数年間は堅調に推移してるのが特徴です。

消費者金融に関しては下げ止まりという状況になあります。

この業界に転職を希望している場合にはキャリアアップが望める企業を選択するとチャンスを得られる可能性が高いでしょう。

建設業界

建設業界ではリフォーム分野が堅調に伸びています。

中古物件の需要が拡大しており、リノベーションやリフォームを希望する人が増えているからです。

建設業界は幅が広い点も特徴です。

道路、港湾、橋梁、鉄道などの公共工事、オフィス、商業施設、マンション、戸建などが例となります。

この業界に転職を希望している場合には経験者が優遇されるイメージも強くあります。

ただ、未経験からの転職も十分に可能な業界です。

ポテンシャル採用の場合は経験や経歴が重視されます。

ただし、人物重視の採用の場合はチャンスは多くあります。

物流業界

物流業界はネット通販の利用者が急増したこともあり人材募集が多くされている業界でもあります。

単純に荷物を運ぶだけでなく、どう運ぶのかという点に重点がおかれつつあるのも特徴です。

放送、物流システムの開発から運用までを企画・提案できる人材も求められています。

この業界に転職を希望している場合には物流全体の仕組みを理解することが必要となります。

グローバルな視点で物流を捉えることができる広い視野で業界全体をみつめてみましょう。

業界研究に役立つ情報の集め方は?

パソコン作業をする人

業界研究で情報収集するには具体的にどのような方法があるのでしょうか。

具体的な例をあげて解説します。

四季報

会社四季報を目にしたことがある人も多いでしょう。

どのように使えばよいかわからないという人も多いかもしれません。

業界研究にこそ会社四季報が役立ちます。

会社四季報にはそれぞれの会社の概要以外に業界内でのシェアなども掲載されています。

個々の企業の詳細情報がわかりやすくまとめられているのも特徴です。

専門家による業界予測やコメントも最大限に活用しましょう。

複数の企業を比較することで業界の全体像をつかむこともできます。

新聞や業界誌

日々の業界動向をしっかりと把握するには新聞や業界誌がおすすめです。

最新の情報が豊富に掲載されているため情報収集には最適といえます。

また情報が客観的で信頼性が高い点も利用価値が高いといえるでしょう。

紙媒体は手元に残して見返すことができる点では利便性が高いアイテムです。

これに加えて電子版も活用することで関連情報の深掘りをすることが可能となります。

業界誌だけでなく業界紙も併用することでさらに個別の企業情報を獲得することもできるでしょう。

これらの媒体には業界で実際に働く人の主観的な意見も掲載されています。

参考意見として自分の転職活動に取り入れるのもひとつでしょう。

転職希望者向けのイベント

相談を受ける女性

転職活動を行うなかでイベントに参加することもおすすめです。

転職フェアなどには多くの企業が参加します。

一カ所で多くの企業の生の情報を得ることができる点はイベントの魅力です。

転職希望者に向けたイベントであるため各ブースでは企業の採用情報も丁寧にまとめられています。

自分がみつけることができなかった求人に出会うことができる可能性もあるでしょう。

これまで視野になかった企業や職種、業界との出会いの場にもなるかもしれません。

企業のHP

企業研究でも活用できるのが個々の企業の公式ホームページです。

会社概要や経営方針などを確認することができます。

また報道機関向けに発表されたプレスリリースには新しい業界の情報が掲載されていることもあります。

会社の将来性だけでなく業界の動向を知ることもできるでしょう。

複数の企業のホームページをチェックすることで業界の状況を読み解くヒントを得ることができます。

 

ワンポイント
企業研究を行う際には幅広い情報源から情報を収集することが大切です。

転職活動に役立つ業界研究を行うポイント

丸バツの札をあげる女性

転職活動を行うなかで業界研究をする場合、どのような点に着目すればよいのでしょうか。

転職活動に役立つ業界研究を行うポイントについて解説します。

先入観を持たないで業界を幅広く調べよう

業界研究を行う上で陥りやすいのが先入観を持って研究を進めてしまうことです。

個人的に各業界に対してのイメージがあるのは当然でしょう。

ただ、転職活動を行う上での業界研究では先入観を捨てることが大切です。

とくに未経験の業界への転職を希望している場合はこの点が重要となります。

ひとつの業界でも広い視野を持って幅広く調べることで新たな発見をすることができるケースも少なくありません。

さまざまな情報源を活用して先入観を捨てて業界研究を進めましょう。

希望の業界を複数用意しよう

パソコンの前で悩む女性

業界研究を行う上でもうひとつ重要なのはひとつの業界に絞らないことです。

希望の業界がひとつであったとしても、第二希望の業界を用意しましょう。

第一希望の業界と関連の強い業界を選ぶこともおすすめです。

日本国内には多種多様な業界が存在しています。

視野を広げて業界研究をすることで自分が活躍できる場をみつけることができるでしょう。

関連業界について理解しておくことは入社後に役立つこともあります。

働くということは多くの人や企業と関わることです。

自分が所属する業界だけでなく関連業界について理解しておくことが業務の遂行に役立つこともあるでしょう。

 

ワンポイント
業界はひとつに絞るのではなく複数用意しておくことが大切です。

業界研究をする上での注意点

説明する人

業界研究を行う上で注意したい点について解説します。

同業界に転職する場合は、これまで所属していた企業と応募を希望している企業の関係性です。

企業同士のつながりが強い業界では前職での自分の情報が簡単に転職先に伝わることもあります。

同業界での転職を行う場合には円満退職を心がけましょう。

同業界では業界に対する先入観を持っている場合もあるためできるだけ新鮮な視点で情報収集することが大切です。

他業界の業界研究を行う場合には自分が持つスキルがどのように役立つかという視点で業界研究を行いましょう。

まったく異なる業界については業界全体の動向からしっかり研究しましょう。

 

ワンポイント
業界研究をする場合、先入観を捨てて情報を新鮮な気持ちでチェックしましょう。

業界研究のポイントや注意点をチェックして転職に役立てよう

資料を持つ女性

業界研究を行う上でのポイントや注意点について解説してきました。

転職をスムーズに進めるには業界研究も大切です。

企業研究を行うことはもちろん、業界研究も転職活動においては重要となります。

自分が進みたい将来を実現するには、転職先とのマッチングが大切です。

入社してからミスマッチが発覚するとせっかく転職しても悩みが生じることになるでしょう。

企業研究は個々の企業のホームページなどで行うことができます。

ただし業界研究は範囲が広いため1人で行うには限界が生じる可能性もあります。

その場合は、転職エージェントの活用をおすすめします。

業界研究のポイントや注意点を転職エージェントとチェックしながら転職に役立てていきましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンやスマートフォン

転職活動をいざ開始してみたけれどなかなかうまく進まないというケースもあるでしょう。

将来を決める転職先は簡単に決めることができるものではありません。

1人で決断することが難しい場合は転職のプロに相談するのもひとつの方法です。

転職エージェントは転職のプロです。

豊富な求人情報を保有しているだけでなく、転職活動の方法に関しても豊富な知識を保有しています。

転職活動で重要な面接に関しても対策だけでなく練習をしてもらうことも可能です。

転職活動で悩んだら転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

ノートとペン

転職活動をスムーズに進めるために業界研究を行うことをおすすめしてきました。

企業研究とは異なり広い範囲で情報を収集する必要がある業界研究では行き詰まりを感じることもあるでしょう。

効率的に業界研究を進めるには転職エージェントの活用がおすすめです。

自分だけでは理解が難しい業界情報を転職エージェントから得ることもあるでしょう。

転職エージェントは業界情報だけでなく求人情報も豊富に保有しています。

転職活動をスムーズに進めるためには転職エージェントの活用をおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら