転職における適性検査というのは企業が応募者のことを知る上で重要なものの1つです。

そのためその結果次第では選考に落ちるという可能性もあるため対策が必要となります。

今回の記事では適性検査の対策方法やその種類、目的などについて解説していきましょう。

適性検査の対策方法を解説

指

適性検査というのは企業が個人の素質を見抜く上で重要となるものの1つです。

そのため、応募者は事前に適性検査に対して十分な対策を行う必要があります。

しかし事前に適性検査の対策を行うためには、企業側の意図や適性検査の種類などについて知っておくことが大切です。

適性検査をどうやったら通過するのか、またどのようなことが原因で落ちてしまうのか。

そういったことを事前に知っておくことで対策方法も明確になっていくことでしょう。

今回の記事を通して適性検査の対策方法を知り、転職活動に役立てていただければと思います。

適正検査をする目的とは

疑問

まずは企業が適性検査を行う目的について解説していきます。

その目的を知ることによってどのように検査に対して取り組めば良いのかが明確にすることができるでしょう。

企業側が求める回答を行えるようにするためにはその考えを十分に知っておくことが大切です。

社風とかけ離れている人を見分ける

適性検査というのはその言葉通り、何に対して適性があるのかを調べるものです。

そのため企業側が求めている人材かどうかを検査を通して見抜くことができるのが大きな特徴だといえるでしょう。

もし企業側が求めている職種に性格や価値観が全く合わない場合、職務を全うすることが難しくなってしまいます。

これは企業側にとっても応募者側にとっても大きな損失です。

もし会社と考えが全く違う人材を採用してしまえば、会社のプロジェクトの進行の妨げになる可能性もあるでしょう。

また、入社後にその会社に合わないと感じた場合、応募者はすぐに転職しなければいけなくなるかもしれません。

ミスマッチを避けるためにも、企業は事前に社風とかけ離れている人かどうか見抜く必要があります。

企業によってはそのために適性検査を行っているというケースもあるようです。

適性検査の結果を面接に役立てる

仕事をする女性

適性検査は企業の社風とマッチしない人材をあぶり出すためだけに存在しているわけではありません。

企業は中途採用選考の初めの段階で適性検査を行うことで、その後の面接の資料にすることができるのです。

これにより応募者がどのような性格・特性を持っているかを事前に知ることができそれに基づいて質問を考えることもできます。

面接で適性検査の結果と照らし合わせることで、応募者が自己分析をどれだけ行えているのかの確認にも使うことが可能です。

応募者の自己分析と適性検査の結果が合致する場合、その人材は自身の適性をよく分かっていると判断することができます。

 

ワンポイント
・企業は自社の社風や価値観に合った人材を採用したい
・適性検査の結果は面接の資料としても使われる可能性がある

適性検査の種類

資料を見る女性

次は適性検査の種類について解説していきます。

適性検査は大きく分けて2つの種類があり、それぞれ調べる項目が違うため対策も異なるのです。

ここではそれぞれについて詳しく紹介していきます。

性格検査

性格検査では採用する人材が入社後に企業の社風や考え方に沿って業務を行っていけるかを考えるためのものです。

企業に合った人材ではなかった場合、会社に馴染むことは難しくなってしまいます。

性格を事前に適性検査で把握していれば、企業に合わないという可能性を入社前に無くすことが可能です。

面接の前にそれが分かれば、企業は選考を無駄に行う必要がなくなり、応募者も他の企業の選考に時間を割くことができます。

入社後の行動に関係してくるものであるため、企業は性格も重要視しているのです。

能力検査

能力検査はその名の通り知的能力や一般常識などといった能力面での適性を測るためのものです。

働く職種や現場によって求められるものは異なりますが、その基礎となる能力が十分に備わっているかをこの検査で確認します。

入社後に能力不足が判明してしまうとその人材は期待されるポジションを全うできません。

技術的なスキルだけでなく効率的に業務を行える能力や論理的思考能力を知ることができるのもこの検査の特徴です。

事前に能力をある程度把握しておくことで、その職種に応募者が向いているのかを明らかにすることができます。

 

ワンポイント
・性格検査では応募者が企業の求める人物像と合致するかを確認している
・能力検査では応募者の能力や一般常識を測っている

転職採用時によく実施される適正検査の内容は

転職ブランク

転職採用時によく実施される適性検査について解説していきます。

その内容を知っておくことによって、事前にその適性検査の種類に合った対策を行うことができるでしょう。

代表的なものを3つ紹介していきます。

CUBIC

CUBICでは能力検査と性格検査が行われます。

能力検査では、言語・数理・図形・論理・英語が出題されますが、実施科目は企業によって様々です。

能力検査の問題は中学から高校レベルまでを中心に出題されるので、忘れている箇所を思い出すなどの対策が必要となります。

また検査の回答に嘘が混じっていると簡単に分かるようになっているため、正直に回答するようにしましょう。

SPI3

面接

SPI3は最もメジャーな適性検査の1つであり、年間1万社以上の企業がSPI3で適性検査を行っています。

この検査は能力検査だけでなく性格検査も行えるため、応募者の人となりも同時に確認することが可能です。

テストセンターで受検や企業でのペーパーテストによる受検などが一般的となっています。

能力と性格の両面から応募者が自社に最適かどうかを確認するというものです。

参考書や問題集も多く存在しており、比較的対策がしやすい検査となっています。

クレペリン検査

クレペリン検査は計算能力や注意力・精神力などを測るためのものです。

この検査では1桁の足し算を行います。

前半15分で5分の休憩を挟み、その後後半15分を行うという形です。

この検査ではその回答全体の傾向から応募者の適性を調べることができ、何に向いているかも分かるようになっています。

作業の効率性が見られている他、回答に間違いがないかというのも重要なポイントとなる検査です。

適性検査を通過するためにやっておきたいこと

笑顔

次は適性検査を通過するために事前にやっておきたいことについてご紹介します。

適性検査には対策を行うことで結果が向上するものも存在しているため準備も大切となってくるのです。

具体的にどのような対策を行えば良いのか、具体的に解説していきましょう。

適性検査の参考本を準備して練習しよう

適性検査は種類別に出題内容なども変わってきます。

通過するためには事前に参考本を準備してその適性検査に合った対策を行うことが重要です。

能力検査の場合には事前に予想問題を解くなどして練習しておくと良いでしょう。

どういった出題形式かなど、慣れておくことで当日に能力を発揮しやすくなります。

事前の対策はしっかり行っておきましょう。

応募企業について調べておこう

検査の種類自体は同じでも企業によってレベルや内容が異なるケースもあるため注意が必要です。

このような場合には事前に応募企業について調べておくことが重要となります。

その企業が過去どのような出題を行ってきたのかをネット上で調べたり、その企業に応募した人から聞くと良いでしょう。

検査が変わっていなければ過去の傾向を知ることによって、ある程度どのような出題がされるのかも分かるはずです。

事前に応募企業に対して調べておくようにしましょう。

性格検査は正直に回答しよう

性格検査というのは企業別に対策を行って答えるのは難しいと考えられるでしょう。

検査の種類によっては自分の性格に嘘をついているのがバレる可能性もあります。

嘘をついてしまうと企業からの印象も悪くなってしまうため、正直に回答することが重要です。

性格検査は自分をその企業の求める人物像に寄せるなど、無理な対策は行わないようにしましょう。

 

ワンポイント
・適性検査は参考本を買って対策を行う
・応募企業については事前に調べる
・性格検査では正直に回答する

よくある適性検査落ちする原因

困る

次は適性検査で選考に落ちてしまう原因について解説していきます。

以下のようなものがその原因tのしてよく挙げられるものです。

適性検査で落ちないように以下のようなことは避けるようにしましょう。

全回答できなかった

適性検査の種類によっては全回答できない場合、適性検査の結果を出せないものもあります。

適性検査の結果が出せなかった場合、企業も落とさざるを得ないというケースがあるのです。

そのため回答が分からなかったり、迷ってしまったりしても必ず回答するようにしましょう。

適性検査では回答内容だけでなく、回答をするという事も重要視されるのです。

分からなくても答えを出すように心がけましょう。

回答に矛盾が生じてしまった

バツのポーズをとる女性

主に性格検査において問題となるのが回答に矛盾が生じてしまうことです。

このような場合には自身の性格について正直に回答していないと企業から思われてしまう可能性があります。

もし矛盾があった場合には、面接選考に進んだ場合でもその矛盾を問われる可能性があり不利になってしまうでしょう。

回答に矛盾が生じないためには、事前に自己分析を十分にやっておく必要があります。

自己分析しておくことで自分がどういう人物であるかを明確に把握することができるため矛盾が生じることも無くなるでしょう。

適性検査対策をしていない

性格検査においては正直にありのままを回答することが重要ですが、反対に能力検査に関しては十分に対策を行うようにしましょう。

能力検査は種類ごとに出題方式や回答方法などに特徴があります。

そのため事前にしっかりと参考書などで対策を行うことが重要です。

企業側も適性検査の対策を行ってくる前提で考えているため、もし十分に対策を行えていなかった場合大きなハンデとなってしまいます。

その適性検査で求められることを事前に理解して、当日はベストな状態で臨めるようにしましょう。

 

ワンポイント
・全ての問題に回答する
・回答に矛盾が生じないようにする
・適性検査の対策をきちんと行う

適性検査の注意点をチェック

スマホを触る女性

適性検査は応募者の価値観や能力などを把握するためのものです。

そのため分からない問題だからといって適当に回答しないように注意しましょう。

特に性格検査においては嘘や矛盾というのが含まれていた場合、それだけで弾かれてしまう可能性もあります。

自分のことを良い人物に見せたいという考えでした回答は基本的にバレるものと思って、慎重に回答を行いましょう。

適性検査というのは企業が自社への適正を見極めるために行うもの。

無理せず実直に回答するよう心がけることが大切です。

適性検査は対策をして落ち着いて回答することが重要

セミナー

会社が適性検査を行うのは応募者の能力や人格・企業の社風に合致するかなどを判断するためです。

そのため、事前に対策を行ってどういったことが問われるのかを把握しておくと良いでしょう。

しかし、企業に好印象を与えることを意識しすぎるあまり焦ってしまわないように落ち着いて回答することが重要です。

適性検査というのは企業と応募者のミスマッチを避けるためのもの。

もし好印象を狙ってそれが成功し適性検査を通過したとしても、その後の面接で回答に矛盾が生じてしまうといけません。

できるだけいつも通りの自然体な状態で受けるようにしましょう。

転職対策は転職エージェントを活用しよう

相談

もし転職対策で悩んでいる場合には、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

転職というのは企業の求める人物像と自分の価値観や個性が合致することが何よりも大切です。

自分が働きやすい職場を見つけるためには転職のプロであるエージェントのアドバイスに耳を傾けるのも良いでしょう。

エージェントを利用すれば自分だけでは気がつかない客観的な意見をもらう事も可能です。

面接や選考書類の作成などについても相談に乗ってくれるため、安心して転職活動を行っていくことができます。

この機会に是非活用を検討してみてください。

まとめ

女性

今回は適性検査の対策方法や企業側の目的などについて解説してきました。

適性検査は企業にとっては採用する際の判断材料の1つとなるものです。

その後の面接選考にも大きく影響してくるため、しっかりと対策を行っておきましょう。

また、転職で悩んでいるという方は転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

応募企業への推薦を行ってくれたり模擬面接を行ってくれたりと利用するメリットが沢山あるのです。

自身の転職への不安を解消するためにも、この機会に相談を検討してみていただければと思います。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら