しっかりと計画を立てることで転職活動にメリハリが生まれ計画をスムーズに進めることができます。

転職の目的・成功した状態を明確にして計画を1つずつ確実に実行していきましょう。

また、転職に関する情報をできるだけ多く集めることも転職成功率を高めるために必要な過程です。

転職活動の進め方を解説

積み木,ステップアップ
転職活動の進め方は基本的に下記の流れで行います。

1)やるべきことのリストアップ

2)転職計画のスケジュール作成

3)転職の目的を深掘りする

4)自己分析

5)企業研究、業界研究

6)応募書類作成

7)応募

8)面接

9)退職

中でも特に時間をかけたいのがスケジュール・転職目的・自己分析の3つです。

転職活動に必要な期間は?

カレンダー,メモ帳,ペン,3か月
転職活動に必要な期間は3~6か月が目安です。

<2週間~1か月目>

  • 事前準備、転職の目的を固める
  • 自己分析
  • 転職に関する情報収集、企業研究、業界研究
  • 履歴書、職務経歴書の作成

<1か月~2か月目>

  • 履歴書、職務経歴書の作成
  • 求人情報確認、応募
  • 書類選考、面接

<3か月目~>

  • 書類選考、面接
  • 内定、退職

もちろん、希望している業種・職種や希望条件によってどの程度時間がかかるのかは変わります。

それぞれの段階に締め切りを設定して転職活動にメリハリをつけ計画をスムーズに進めましょう。

ワンポイント
どの段階をいつまでに終わらせるのか目標を立てるのが転職活動の第1歩です。

転職活動の事前準備をしよう

転職活動の事前準備は転職が成功したかどうかの判断基準を明確にするための重要な過程です。

転職の目的を明確にしよう

女性,考え中,テーブル,ライト
転職成功までのスケジュールができたら次は下記のような視点から転職の目的を明確にしましょう。

  • 仕事内容
  • 給与
  • 労働時間
  • キャリア形成
  • 業界 など

転職の目的を明確にするということは「こんな転職ができたらOK」という理想・目標を明らかにすることです。

目標を設けることで自分が本当に行きたい会社を選ぶ判断基準ができ転職後のミスマッチもなくなります。

まずは、今の仕事に何が足りないのか、どうすればその不足分を解消できるのかを深く掘り下げてみましょう。

自己分析を徹底しよう

転職成功を目指す上で欠かせないのが自己分析です。特にキャリアの棚卸しは重要度が高い過程です。

  • 今まで何をしてきたのか
  • どのようなことができるようになったのか
  • 自分が持っているスキルはどのようなことに活かせるのか
  • 何に興味を持っているのか
  • 今後どのようになりたいのか

上記5つが明らかになれば理想の転職先・転職イメージもクリアになります。

転職に関して情報収集をしよう

資料を見る女性
転職に関する情報収集の中でも特に重要なのが企業研究・業界研究です。

面接では「なぜ同業他社ではなくこの会社を選んだのか?」という質問を必ず聞かれます。

採用担当者が納得できる答えは応募先企業の特徴他企業との違いを理解しないと導き出すことはできません。

  • 業務内容
  • 育成方針
  • 社風
  • 働き方
  • キャリアアップ制度 など

様々な切り口から業界内企業を比較してみてください。また、情報源として下記をチェックしてみましょう。

  • 企業のコーポレートサイト、リクルートサイト
  • 現役社員、OBのインタビュー
  • 経営理念
  • 歴史、沿革
  • 取り扱い商材
  • 業績
  • 経営計画
  • ニュース、最新動向
  • 四季報
  • SNSの公式アカウント
  • スタッフブログ

ただし、中小規模の企業の場合、情報発信の場が十分でないことも考えられます。

大手に比べると情報収集の難易度が上がることに注意が必要です。

応募書類の作成をしよう

転職活動に欠かせない応募書類が履歴書・職務経歴書です。

どちらも採用担当者に興味を持ってもらい転職をスムーズに成功させるための重要な武器です。

履歴書を作成しよう

履歴書
履歴書は「自分を採用するメリット」をアピールするための重要な書類です。

すべての応募書類のまとめとしての役割を果たします。

  • 簡単な職歴
  • その企業を志望する理由
  • その業界を志望する理由
  • 自分はどのようなことができるのか
  • 自分の強み
  • スキル

履歴書で興味を持ってもらい他書類へ誘導を促すのがベストです。

職務経歴書を作成しよう

職務経歴書
職務経歴書はこれまでの経歴を記載するものです。

  • 職歴詳細
  • より詳しいスキル、知識
  • これまでに担当した仕事
  • 担当業務によって成長できたこと
  • 担当業務の成果、業績、改善率 など

完成度の高い職務経歴書にするためにこだわりたいのが「具体的な数字」です。

例えば、営業職であれば一定期間の契約数や売上高、事務職であれば改善率などが強いアピールポイントになります。

また、職務経歴書は年表形式と特にアピールしたいプロジェクトをピックアップする形式があります。

どちらも作成しておいて企業ごとに適したものを提案してみてください。

ワンポイント
履歴書・職務経歴書は企業の特色に合わせた内容にしましょう。複数応募する際、使い回しはNGです。

求人に応募しよう

求人に応募する際に重要なのは妥協できない基準をクリアしていて自分の実力を1番発揮できる仕事を選ぶことです。

最適な企業を選ぶために求人の探し方は複数のルートを活用しましょう。

仕事の選び方は?

女性,A,B,選択肢,考え中
転職先企業を選ぶ時に重要なポイントは絶対に妥協できない基準を設けることです。

転職先の条件は人それぞれあるものですが、ほとんどの企業は一部しか条件をクリアしていません。

もしすべてをクリアする企業があったとしたら奇跡と言って良いでしょう。

まずは転職先に求める基準をピックアップし、自分が絶対に譲れない基準と譲歩できる基準を仕分けしてみましょう。

また、転職を成功させるためには転職先企業に求めるばかりではなく「自分が何を提供できるか?」も大切です。

自分のスキル・強み・経験を最大限に活かせる仕事・企業を選べるかが転職成功の分かれ道になります。

求人の探し方は?

女性,笑顔,オフィス,ノートパソコン,エージェント,相談
求人情報の探し方はいくつかありますが一般的な方法は下記の5つです。

  • 転職エージェントからの紹介
  • ハローワークからの紹介
  • 転職サイトで検索
  • 企業のリクルートサイトを検索
  • 知人からの縁故採用

それぞれにメリット・デメリットがあり自分では気づかなかった意外な適性を知るチャンスも少なくありません。

例えば転職エージェントは案件紹介や応募書類作成サポートがあります。

ハローワークも同様に転職サポートがありますが、専門職やクリエイター系の案件が少ないのがネックです。

転職サイトは自分で納得できる希望求人を探せますが非公開求人にたどり着けないこともあります。

企業のリクルートサイトは企業と直接コンタクトできるのが強みです。

最短期間での転職を希望するなら方法にこだわらず気になる企業に複数同時応募をおすすめします。

 

ワンポイント
転職後にミスマッチで悩まないよう、企業選びで妥協しないことが大切です。

面接を受けよう

内定を得るための最後のハードルが面接です。そのため、面接対策にやりすぎはありません。

面接練習やマナーのチェックには客観的な視点が必要です。

面接対策をしよう

女性,ビジネス,スーツ,面接
一般的な面接対策として最低限下記の5つをクリアしておきましょう。

  • 面接の必須アイテムを準備
  • 当日の流れをチェック、シミュレーション
  • 想定される質問をチェック、回答検討
  • 実際の面接を想定した面接練習
  • 面接後に送付するお礼メール準備

特に重要なのが本番を想定した面接練習です。

客観的にチェックするために1人で行うイメージトレーニングだけでなく第三者との面接ロールプレイングが必要です。

時間的余裕があり転職活動にじっくり取り組めるなら1社ずつ応募して都度ブラッシュアップしていく戦略もあります。

面接のマナーをチェックしよう

女性,スーツ,鏡,笑顔,身だしなみ
面接前に身につけておきたいマナーは大きく分けて3つあります。

  • 本番での受け答え、立ち居振る舞いに関するマナー
  • 服装、ヘアスタイルなど身だしなみのマナー
  • やむを得ない理由による緊急対応時のマナー

受け答えに関するマナーで気をつけたいのが敬語です。

普段は使わない言い回しやフレーズはどうしても使い慣れていない印象になるため注意が必要です。

また、立ち居振る舞いは無意識の仕草やクセが予想以上に目立ってしまうことがあります。

さらに身だしなみは女性が注目したいマナーとして特に気になるところです。

  • スーツ
  • 時計、アクセサリー
  • バッグ
  • メイク
  • ネイル
  • ヘアスタイル
  • マスク など

前日までに本番当日と同じ服装・ヘアスタイルでシミュレーションしておくのがおすすめです。

内定後に退職手続きをしよう

面接を突破し内定が決まったら現職を退職する段階です。

内定を待っている間に進めてもOK

女性,パソコン,仕事,スーツ,在宅,オフィス
在職中に転職活動を進めている場合、内定が決まったら退職準備に入りましょう。

退職の意思報告、退職日調整、後任への引き継ぎが主なトピックです。

余裕があるのであれば内定前の選考中に退職準備を始めておくとスムーズに進められます。

引き継ぎ業務のマニュアル作成や業務で使用しているパソコン内のデータ整理など、できることはたくさんあります。

退職手続き

女性,握手,スーツ,パソコン
退職手続きは労働契約上の手続きや社会保険関連の手続きなどがあります。

また、この段階で時間がかかる可能性があるのが上司による退職の引き止め交渉です。

内定・転職先入社日が決まっているなら正直に伝え、転職の意思が固いことを伝えましょう。

退職日の何日前までに伝えるかについては、就業規則の確認が必要です。

退職に関するルールが定められているケースもありますので忘れずに確認しておきましょう。

ワンポイント
内定後の退職準備がしっかりできるとスムーズな円満退社につながります。

転職活動する上での注意点

転職活動は在職中に少しずつ進めるパターンと退職後に集中して進めるパターンがあります。

在職中に進めるメリットは金銭・精神面の余裕、退職後に進めるメリットは時間的余裕です。

「在職中」の転職活動メリットとデメリット

女性,オフィス,ビジネス,電話
在職中に転職活動をするメリットは金銭面と精神的な余裕が大きいです。

ただし、時間の捻出が難しく長期化することもあります。

<メリット>

  • 焦って転職する必要がなくじっくり取り組める
  • 納得できるまで理想の応募先を探せる
  • 理想の転職先を見つけるためのチャンスが豊富
  • 転職活動にかかる資金の用意
  • 資金面の心配をしなくていい精神的な余裕

<デメリット>

  • 転職のために活動できる時間の確保が難しい
  • 履歴書や職務経歴書の作成時間が細切れになる
  • 面接スケジュールの調整
  • 転職エージェントとの面談の回数が限定的
  • 少しずつしか進められないことも多く転職活動が長期化する可能性

特に金銭面の不安がないメリットは大きいです。

ある人材紹介会社の調査によると転職活動経験者の半数以上は在職中の転職活動を選んでいます。

「退職後」の転職活動メリットとデメリット

女性,外出中,屋外,笑顔,電話,ビル群
退職後の転職活動は時間的な余裕が大きなメリットです。

ただし、金銭面や精神的なゆとりを考えると短期決戦で決着をつける必要があります。

<メリット>

  • 時間的な余裕
  • 企業研究、業界研究の作成に集中できる
  • 履歴書や職務経歴書の作成に集中できる
  • 面接スケジュールの調整

<デメリット>

  • 転職を短期決着させる必要がある
  • 転職計画の乱れによる精神的な焦り
  • 転職活動中の期間をネガティブに捉えられる可能性
  • 予算との兼ね合いから転職先が“とりあえず”になるリスク
  • 焦って決めた転職先と理想とのギャップによるミスマッチ

退職後に転職活動をするメリットとして時間的なアドバンテージは魅力的です。

じっくりと転職活動に取り組む方が向いている人は十分な貯蓄を用意してから転職に踏み切る計画性が重要です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性,オフィス,エージェント,ビジネスパーソン
転職活動を計画通りスムーズに進めるなら転職エージェントへの相談も検討してみてください。

転職エージェントは特に次のような悩みを持っている人におすすめです。

  • 転職活動が思うようにいかない
  • 書類選考は通るが面接を突破できない
  • 応募書類について客観的な意見が欲しい など

また、転職エージェントは応募先企業についての非公開情報を収集できる情報源にもなります。

非公開情報は志望動機や他社との差別化に具体性を出すため特に注目したい情報です。

相性の良い転職エージェントが見つかったらぜひ、積極的に相談してみてください。

まとめ

女性,屋外,スーツ,ビル街,快晴17まとめ
転職活動をスムーズに成功させるためにはスタートが重要です。

まずは第1段階であるスケジューリングと事前準備にじっくり取り組みましょう。

その上でやるべきことを1つずつクリアしていけば確実に転職成功に近づきます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら