求職時の面接では同等のスキルや経歴なのに、受かりやすい人もいればそうでない人もいます。

両者は何が違うのでしょうか。

面接に強い人は、外してはいけない事をしっかりと把握しているものなのです。

そしてやってしまいがちなミスをどれだけ回避することが出来るか、が成功の鍵といえるのではないでしょうか。

転職面接を成功させるために、よくある質問外してはいけないポイントを確認しておきましょう。

また面接官が応募者の何を見ようとしているのか、その意図を知ることも大切です。

面接で外してはいけないこととは

面接風景

面接は自己PRの場であるといわれています。

独特の雰囲気と面接官の視線に緊張してしまうのは当然です。

少しでも緊張をせずに、自分本来の力を発揮するには「事前の準備」を徹底することが大切です。

何かを発表する時、徹底的に練習をすれば自信が湧き、失敗するかもという心配は減少します。

同様に、面接も自分を発表する場所と考えることが出来るのではないでしょうか。

その為には、徹底的な準備は外せません。

そして、ビジネスマナーを厳守することも大切です。

面接を成功に導くキーワードをこれから紹介していきます。

面接成功の鍵は対策を徹底すること

失敗談,転職,成功

面接に強い人は、人一倍対策を練ってきた人といえるでしょう。

面接を通過するには希望企業がどんな人材を求めているのか、企業の業績など徹底して調べなくてはなりません。

企業を知ることが面接時の回答に現れ、ひいては自分の採用に関わってくるでしょう。

また自分をPRする術を知っていることも強みになります。

コミュニケーション能力を向上させるには、日々のトレーニングが必要です。

しかし例えコミュニケーションが苦手でも、自分をPRするコツを知っていればコミュニケーションスキルは十分に補填出来ます。

このように、面接成功の鍵は「対策」にあるといえるでしょう。

面接対策で行うことは?

クエスチョンマークとスーツ姿の女性

では、具体的にどのような対策をしていけばいいのでしょうか。

主軸となるのは下記の2点です。

自己分析

面接での自己PRを成功させるには、自己分析が欠かせません。

長所は勿論のこと、短所もしっかりと把握しておくべきです。

自己分析は言葉の通り、自分自身を細かく観察し考えや行動などの傾向を明らかにしていきます。

そして面接では、それを言葉として伝えなくてはなりません。

過去に自分はどのような努力をしたのか、その時どのように思ったのか。

出来るだけ詳しく書き出してみましょう。

面接時に「私は努力家です」という言葉だけでは、相手に伝わりません。

どのようなことがありどの位努力したのか、具体的な数字などを添えると伝わりやすいかもしれません。

また、他者と比較することも大切です。

過去に同じことに取り組んだ時に、他者と比べて自分はどうだったのか。

「他者との比較」は、自分の傾向を知る足掛かりになるのではないでしょうか。

自分を知ることは、面接時の質問に回答する際に大いに役立つことでしょう。

企業研究

情報

企業研究は面接時の基本であり、応募者のほとんどが企業研究をしてくるはずです。

希望する企業についての知識は、熱意に直結します。

面接官は、転職の意志を確認する為にもこの熱意を重要視しています。

特に転職者の場合、企業側はミスマッチを理由にまた辞職されるのはないか、という不安を感じるでしょう。

企業を深く知っているということは、ミスマッチをお互いに防ぐ事にも繋がるのです。

企業の動向や取り巻く業界の流れまで、しっかりと研究しておきましょう。

また弱点を調べ、企業としての課題までしっかりいえるようにしておくとベストです。

企業研究は志望動機にも影響を与える、重要なポイントともいえます。

 

ワンポイント
 面接対策は「自己分析」と「企業研究」を徹底的に行いましょう。

面接練習を行う3ステップ

面接

面接に臨む前に、対策をしっかりとることが大切と述べました。

また同時に模擬的な練習をすることで、本番に強い自分を作り上げることが出来ます。

回答のイメージをする

面接の練習をするには、最初にどんな質問をされるのかを想定し回答するイメージを作ります。

基本的な面接では自己紹介や、希望した動機、前職の退職理由などが質問されるはずです。

中には面接に入る前にアイスブレイクを用いたり、当社の課題は何か、などの難問を問いかけたりする企業もあります。

どんな面接になるのか、様々なケースを想定してみましょう。

イメージした回答を書く

回答は口頭のみではなく、メモに書き出してみると効果的です。

相手に伝わる文章か否か、細かくチェックしてみましょう。

文としての組み立てがおかしくないか、内容が二転三転していないかなど、書き出すことで自分の癖が見えてきます。

声に出して回答をブラッシュアップする

更に書いた文章は声に出して読み上げましょう。

緊張時に早口になる人が多いのですが、どの位のスピードが聞き取りやすいのか、声のトーンはどうかなどを確認します。

また質問に対する回答は、簡潔に意志を伝えることがポイントになります。

ダラダラと長くなりすぎている場合は、話の芯を見つけ簡潔にまとめておきましょう。

この時、自分を動画撮影し何度も確認すると、第3者的な視線で自分の様子を確認することが出来ます。

 

ワンポイント
 面接の練習は書き出してみることで、ブラッシュアップをしていきましょう。

NGな面接の練習方法

面接

面接の練習をする際に、ついやってしまうNGな方法があります。

書き出した内容を丸暗記

多くの応募者がやりがちなミスなのですが、自分が用意した回答を丸暗記してしまうものです。

暗記すること自体がNGか、というとそうではありません。

しっかりと自己分析や企業研究をした末に、たどり着いた回答ならば一度暗記するくらい読み込んでもいいでしょう。

面接では、それを土台に柔軟に回答することが出来るはずです。

一方、内容の薄い丸暗記の落とし穴は、面接で緊張した際に回答が飛んでしまい答えられなくなってしまうことです。

多少質問に変化があっても、柔軟に答えられるように十分な対策をしたうえである程度回答を固めておくことが大切です。

また丸暗記した回答というものは、面接官が聞けば丸暗記だとわかってしまいます。

このような人材に対して「臨機応変な対応力の欠如」「コミュニケーション力不足」などという判定をされてしまうのです。

家族や友人など緊張感のない相手と練習する

家族や友人など、身近な人と練習をする人も多いのではないでしょうか。

こちらもやってはいけない、というわけではありません。

しかし、緊張感のない相手と実際の面接官とでは雰囲気が全く異なります。

緊張感のない相手に慣れてしまうと、面接当日に場の雰囲気にのまれてしまうこともあるでしょう。

面接前は、転職エージェントなどを活用し緊張感のある練習を行うことをおすすめします。

やってしまいがちな事とは

バツを出す女性

面接においてやってはいけない失敗例をいくつか紹介します。

履歴書の字が汚い

履歴書は、履歴の確認だけに使用されている訳ではありません。

書き方によってビジネスマナーを判断したり、字の丁寧さによって几帳面な性格か否かを判断したりしています。

字の上手い下手というのはどうしても個人差が出てしまいますが、出来る限り丁寧な字を書くことが大切です。

忙しいからといって、走り書きのような履歴書になってしまっては当然のことながら印象が悪くなります。

面接予定の時間に間に合わない

時計

遅刻は厳禁です。

面接当日は事前に用意をして、早めに出るのが基本となります。

とはいえ、土地勘のない場所なら道に迷ったり、電車に乗り間違えたりすることがあるかもしれません。

時間に余裕があれば、事前に家から面接会場の会社まで行ってみることをおすすめします。

難しいようならば、乗り換え時間や道順などをしっかりと把握しておきましょう。

面接会場へはギリギリに入るのではなく、少し余裕を持って入った方が場の雰囲気にも慣れることが出来ます。

面接官の話を聞く姿勢ではない

姿勢は意思表示でもあります。

背筋を伸ばして好印象を残しておきたいものですが、質問に気を取られ姿勢がおろそかになる人も少なくありません。

また、自分では正しい姿勢だと思っていても、顎が出て猫背気味になっている人もいます。

面接前に写真や動画で、自分の姿勢を確認しておきましょう。

質問とずれた回答をしてしまう

意外に思われるかもしれませんが、面接官の質問に対しての回答がずれてしまう場合があります。

質問の意図をしっかり把握しておかないと、回答が的を得ない状態になるのです。

また話しているうちに、何を言いたいのか分からなくなってしまうこともあります。

論理的な思考がない、と判断されてしまうかもしれません。

 

ワンポイント
 基本的なことをもう一度見直し、面接時の失敗を防ぎましょう。

面接官が見ているポイントを知ろう

面接

面接官は一体何を確認しているのか。

企業によって面接時の質問も様々ですが、そこに秘められている意図は何なのでしょう。

まず、基本的には会社にふさわしい人物か否かを外見で判断しています。

清潔感があり身だしなみは整っているか、不快感を与えるようなことはないか、などです。

この時、見落としがちなのが臭いです。

香水は当然のことながら、直前に臭いのきついものを食べるのも避けておきましょう。

そして、コミュニケーション能力も確認されています。

面接官からの質問に的確に答えられているか、好印象の話し方が出来ているかなど広い視野でチェックされるでしょう。

質問に正確に答えられるかも大切ですが、それ以上に重要視されるのはどのように答えるかです。

自分の意志を付け加え、不快感のない答え方をしましょう。

そして質問の中には、企業研究をどのくらいしているかを試すものもあります。

こちらは志望の本気度熱意を判断する意図があります。

面接で良くある質問をチェックしよう

面接 

転職者への面接時によく質問されることは何でしょう。

そして、その意図は何なのかを確認しておきます。

「転職・退職理由を教えてください」

大半の会社は前職を辞めた理由を聞いてくるのではないでしょうか。

この質問の意図は明確です。

採用しても、同理由で辞職しないか否かを見極めようとしているのです。

例え不満があって辞めた会社であっても、その不満を面接で話すことは得策ではありません。

同じような不満を持つのではないか、という疑いの心を持たれてしまいます。

「自分は○○をしたかったけれども、出来なかった」「○○出来るのに実力を発揮する場がなかった」など。

あくまでも前向きに自分は向上したい、仕事がしたい、という意思を盛り込むといいでしょう。

「何か質問はありますか?」

退職理由

この質問は、ほとんどの会社で取り入れており、いわゆる逆質問と呼ばれるものです。

この質問への対策を怠ると「特にありません」という回答になってしまいます。

そしてこの回答はNGなのです。

質問がないということは、興味がないことを意味しています。

そして自分の待遇面への質問も避けた方がいいでしょう。

企業研究をしっかりしている場合は、下記のように質問してもいいのではないでしょうか。

「○○がよく理解出来なかったのですが差し支えなければ教えて頂けますでしょうか」

自分が採用後に参考になること、を聞くと好印象を持ってもらえます。

また調べればわかることを聞くのは、逆効果となってしまうので、企業研究の際は隅々まで確認するように心がけましょう。

 

ワンポイント

逆質問をされた時は、もっと会社について詳しくなりたい、という意思をアピールする場と考えましょう。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

履歴書

面接は企業によって特徴が異なります。

また同企業でも、求人によって求められている人材が違っているものです。

転職面接を成功させる為には、最新の情報が欠かせないといえます。

転職者の大半が利用している転職エージェントは頼れる存在です。

履歴書の書き方から今回解説した面接の方法、そしてより詳しくより深い企業研究をする為にも是非利用することをおすすめします。

まとめ

エージェント

転職面接は前職での経験を活かし、上手く自分をアピールしたいものです。

基本的なマナーや面接官の質問意図をしっかりマスターしておけば、落ち着いて面接に向かえるのではないでしょうか。

面接からの採用率を上げるポイントは、面接対策を十分に行うことです。

忙しい中であっても、時間を十分にかけ面接に臨みましょう。

それが転職成功への近道となるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら