大学や専門学校、高校などを卒業して3年以内の若い転職希望者のことを第二新卒と呼びます。

この第二新卒の転職活動について、なかなか成功に至らず厳しいと言われていることをご存知でしょうか。

今回の記事では、第二新卒の女性の転職が厳しいと言われる理由や、企業はどんな人材を求めているのかについて解説します。

第二新卒が転職を成功させやすい時期やコツについても紹介しますので、第二新卒の皆さんは参考にしてみてください。

Contents

第二新卒の転職は厳しいのか調査

 

資格と転職

一般的に、新卒が就職を果たすよりもずっと厳しいと言われている第二新卒の転職。

ただ、よくよく調査してみると、必ずしもそうとばかりは言えないことが分かります。

第二新卒を歓迎する会社は少なくありませんし、転職をあっさり成功させた第二新卒の方々も数多くいるのです。

では、それらの企業が第二新卒に強く求め、期待しているものとは何なのでしょうか。

また、転職を成功させた第二新卒の皆さんは、就活にあたってどのようなことを心がけていたのでしょうか。

それらの理由をしっかり押さえることが、第二新卒が転職市場で勝ち抜くための鍵になります。

ここからは、第二新卒の転職の実態と、就職を果たすためのコツやおすすめの時期などについて確認しましょう。

第二新卒の転職が厳しいと言われている理由を知ろう

疑問を持つ女性

第二新卒の転職は新卒よりもずっと厳しい。そう言われている理由は何なのでしょうか。

確かに、新卒と第二新卒、就職を希望する両者が面接に来た場合、新卒を積極的に採用するという企業は少なくありません。

その背景にあるポイントは2つ。企業側が、第二新卒よりも新卒のポジティブな面に期待を寄せがちであること。

そして、第二新卒が前の職場を退職した理由は何かということです。

それらの点について、以下で具体的に解説しましょう。

新卒時の就職活動と同じ考えの人

スーツの女性、青空

第二新卒は、一度は就職して社会に出たことがあるという理由から、新卒とは扱いがまったく違ってきます。

企業の側からしてみれば、新卒はいわば未知数の存在。今後の教育次第で大いに伸びる可能性を持つポジティブな人材です。

これに対して第二新卒は、働いてはみたものの続かなかった若手という扱い。ネガティブな面に着目される傾向があります。

第二新卒は、新卒の頃と同じ考えのまま同じ就職活動をしていてはいけません。

市場における自分の価値を再確認して、ポジティブな面を強くアピールしていく必要があるのです。

退職理由で前職の不満を言う人

あきれる女性

第二新卒は、一度は就職して社会に出たことがある若手。

企業はそんな第二新卒のことを、何らかの理由で前の会社を辞めた、働いたけれど長続きしなかった若者だと捉えがちです。

実際、面接の場で前の会社に対する不満を長々と述べる第二新卒は多くいます。

しかし本当に転職を果たそうと思うなら、たとえ相手から尋ねられても、次から次へと不平ばかり並べていてはいけません

我が強くて不満が多い、教育しづらそうな人材は、たとえ若手であっても企業から避けられます。

 

ワンポイント
・もう新卒ではない事を意識した転職活動をしよう

第二新卒の転職は意外と厳しくない

スーツの女性と空

実際、見事に転職を果たした第二新卒は数多くいるものです。一般に言われているほど厳しいものでは必ずしもありません

何しろ日本の生産年齢人口(15~64歳)は1995年を境に減少傾向。どんな業界においても若い労働力は貴重な存在なのです。

企業が若手に求めるものをよく理解し、効果的な自己アピールをすることができれば、就職への道はきっと開けるでしょう。

ここからは、そのために押さえておくべきポイントを3つ紹介します。

第二新卒はスキルや経験はあまり重視されない

企業側は第二新卒に高度なスキルや豊富な経験を求めてはいません。

即戦力としての活躍が大いに期待される中途採用の場合とは、この点で大きく異なります。

第二新卒に当たる人の多くは25歳前後。社会人として働いたとは言っても、誇れるほどの実績を残した人は恐らく稀でしょう。

企業側もその点はよく心得ているのです。

そのため、第二新卒がスキルや経験に乏しいことを引け目に感じる必要はまったくありません。

新卒と同様にポテンシャル採用の傾向が強い

求人にあたって、応募者の素養や人柄、可能性といった潜在的な能力を重視した採用方法があります。ポテンシャル採用です。

スキルや経験に重きを置かないという意味では、新卒採用もポテンシャル採用の一種だと言えるでしょう。

企業が第二新卒を採るとき、新卒の場合と同じように、このポテンシャル採用枠で採る傾向が強くあります。

これは新卒と同じ扱いで見られるということ。なので、第二新卒の立場を不利なものと捉えて縮こまる必要はありません。

アピールのやり方次第で内定をもらえる可能性が変わる

第二新卒には、辞めたにせよ一度は就職して働いたという、新卒にはない強みがあります。

その強みをより効果的に使えば、内定をもらえる可能性をいっそう高めることが可能です。

社会人経験をアピールする際、重要なのは退職理由などのネガティブな話は最小限に留めること。

逆に、前職で得た経験をこう活かしていきたい、この会社でこんな活躍ができそうだなど、ポジティブな面を強調しましょう。

その内容が現実的かつ具体的なものであればあるほど、内定をもらえる可能性は大きくなります。

第二新卒が企業に期待されていることは?

転職,悩み,転職エージェント,相談

第二新卒に対して、企業は具体的に何を求めているのでしょうか。

相手のニーズを知ることは重要です。それを知ることで転職成功の可能性をいっそう高めることができます。

これを押さえておけば面接も怖くはない。ここからは、そんな企業が第二新卒に期待するポイントを3つ紹介します。

基本的なビジネスマナーを身につけている

グーサインをする女性

多くの企業では、新人社員に対して新人研修を行い、実務に不可欠なビジネスマナーについてレクチャーします。

挨拶や名刺交換、電話応対など、それまで知識としてしかなかっただろうものを実践的に身に付けさせるのです。

そのために必要となるのが教育係。形はどうあれ、会社側は新人研修のために人員を割かなければなりません。

その点、第二新卒の場合、基本的なビジネスマナーが身に付いてることがほとんど。

改めて教育を施す必要がないことを歓迎する企業は多々あります。

実務経験があること

女性、面談

新卒にはない第二新卒の強みは、何と言っても実務経験があること。

たとえ実際に働いた期間が短く、経験に乏しかったとしても、やったことがあるのとないのとでは大きな違いがあります。

ビジネスマナーの新人研修と同じで、実務に携わらせる際にも、初めは必ずレクチャーする必要があるもの。

その教育にかかる手間を最小限に抑えられるという点は、第二新卒にとっての大きなアピールポイントです。

たとえば転職先が前職と同じ業界なら、前の仕事で得た経験が大いに活かせること間違いなし。きっと歓迎されるでしょう。

新卒とほぼ変わらない若さ

若い女性

高齢化が進み、生産年齢人口が減少の一途を辿る昨今、若い労働力はどんな業界においても貴重です。

社会人として最も若いのは、当然、学校を卒業したばかりである新卒の人。第二新卒はその次に当たります。

この差が第二新卒にとって大きなマイナスポイントかというと、別段そんなことはありません。

新卒も第二新卒も大して変わらないと、より大きな括りで採用活動を行う企業も多々あるのです。

第二新卒だからといって萎縮せず、若さを前面にアピールして面接にのぞみましょう。

 

ワンポイント
・実務経験と若さを兼ね備えた第二新卒は採用の可能性大

第二新卒の転職で苦労する人とは?

悩む女性

第二新卒の転職は厳しい。そんな世間の噂の元となる、転職で実際に苦労する第二新卒の皆さんがいます。

基本的なビジネスマナーも実務経験もあり、新卒と同じくらいの若さも備えているのになかなか転職が果たせない。

そんな皆さんの就職が決まらない原因は、いったいどのような所にあるのでしょうか。

ここからは、転職で苦労する第二新卒にはどんな傾向があるのかを解説します。

前職の勤務期間が1年未満の場合

前に勤めていた会社を1年未満に退職した。そのような場合、面接担当者から早期退職者として見られることになります。

早期退職者が負うリスクは非常に大きなものです。

まず、前職の経験が浅いため、スキルや経験を満足にアピールできません。どんなに熱弁しても説得力に欠けます。

また、場合によっては仕事に対する熱意そのものまで疑われかねません。どうせまたすぐ辞めるのでは?と思われるのです。

もしも前の職場を1年未満で辞めたなら、転職には相当な努力を要するものと考えましょう。

経験者優遇の求人ばかり受けている

条件に経験者優遇と記してある求人にばかり応募している第二新卒もまた、転職活動が難航するでしょう。

経験者優遇の求人で企業が求めているのは即戦力です。就労経験が浅く、業界に詳しくない第二新卒では難があります。

ただ、前職で似た職種に就いていたなら、日は浅くても経験者です。まったくの未経験よりは採用の可能性は上がります。

前の職場で得た経験やスキルがこのような形で活かせる、と具体的な戦力アピールをして内定をもらいましょう。

第二新卒が転職を成功させるためのコツをチェック

人差し指を立てる女性

これまでの項目で見てきた通り、第二新卒の転職には新卒の就職や中途採用にはない独特な難しさがあります。

確認してきたことを踏まえた上で、第二新卒が希望通りの転職を果たすにはどうすればいいか、ここで改めて考えてみましょう。

転職成功のコツは、大きくまとめて3つあります。以下、それぞれ詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

自己分析を徹底して行おう

第二新卒が希望通りの転職を果たそうと思うなら、まずは自己分析を徹底して行う必要があります。

仕事をする上での自分の性質や傾向、身に付けたスキルやユニークなアピールポイントなどを、まずは書き出してみてください。

そして、それらの情報を整理し、何が自分の強みなのかを自分の言葉で表現してみてください。

新卒も同じことをします。なので、負けないくらい微に入り細をうがったものにしようという意識が大事です。

確固たる自信も一貫性のある意見も、すべては徹底的に自分を知ることから始まるのだと考えましょう。

企業研究を徹底して行おう

第二新卒が希望通りの転職を果たそうと思うなら、自己分析だけでなく入念な企業分析も重要です。

たとえ内定をもらえても、就職した後でミスマッチが発覚してはそれまでの転職活動もすべて台無し。

どうかするとまたすぐ転職活動をしなければならなくなるかもしれません。

まずは転職を希望する業界の情報収集から始めて、そこから各企業に関するリサーチに入り、分析を進めていきましょう。

その際、1つの企業のことだけ調べるのではなく、同業の複数の会社についてリサーチして、業界への理解を深めてください。

転職理由や志望動機をはっきりさせよう

第二新卒が理想の転職を果たそうと思うなら、転職理由や志望動機をはっきりさせることも肝心です。

面接で聞かれたとき、すぐにハキハキと答えられるように言語化しておかなければなりません。

重要なのは、前の会社に対する不平不満に話を終始させないこと。相手にネガティブな印象を与えてしまうからです。

前はこうだったからその反省を踏まえて次はこうしたい。そんなふうに、常に前向きな言い表し方を準備しておきましょう。

 

ワンポイント
・自分と企業、どちらも深く知ってから面接にのぞもう

第二新卒が転職活動を始めるのにおすすめな時期は?

考える女性

第二新卒が転職活動をするのに最適な時期があるとすれば、それは7月です。

多くの企業は3月決算なので春先の時期は忙しく、新卒への対応もあって、なかなか第二新卒との有意義な対話ができません。

一方夏頃になると、賞与の後で退社するという人の動きが生じ、その後の人員確保に向けて企業の動きも活発化します。

そのため、転職市場が活況を呈する7月〜9月を狙って動き出すことで、第二新卒も転職成功の可能性を高められるのです。

 

ワンポイント
・第二新卒の転職活動は7月から始めよう

第二新卒の転職は自分の進め方次第!自分のアピール方法を工夫しよう

OL女性

第二新卒の転職にはメリットもデメリットも多くあります。その意味で、良い結果を出せるかは自分次第だと言えるでしょう。

新卒にない、第二新卒である自分の強みは何か。その点を強く意識した自己アピールをぜひ身に付けてください。

そしてそれが就職を希望する会社でどう役立つかを語り、将来的に自分がどうありたいかを言葉にしましょう。

ユニークなアピールをして面接担当者の印象に残れば、転職成功の可能性はいっそう高まります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

第二新卒の皆さんの中には、新卒とも中途とも違う転職活動をどう進めれば良いか分からないとお悩みの方もいることでしょう。

そんな時は、迷わず転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは転職のプロ。様々な企業の情報に通じているだけでなく、常に色々な事情を抱えた求職者に接しています。

もちろんその中には第二新卒も。

第二新卒の皆さんがどのように転職活動を進めれば良いか、転職エージェントは経験的によく知っているのです。

不安や悩みは1人で抱え込まず、ぜひ相談してみましょう。きっと新しい道が開けます。

まとめ

問題が解決

いかがだったでしょうか。

今回の記事では第二新卒の女性の転職をテーマに、厳しいと言われる理由やメリット、デメリットについて紹介しました。

第二新卒の転職には良い面と悪い面の両方があり、より良い転職を果たせるかどうかは自分次第です。

転職活動の進め方に迷ったら、ぜひ転職エージェントに相談を持ちかけてみてください。きっと良い解決策を教えてくれます。

今回の記事を参考にして、ぜひ理想的な転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら