退職を考えている方の中には退職時期を決めるのがなかなか難しく、どうすれば良いのかが分からないという方もいるでしょう。

退職を決める際には幾つか考慮すべきことがあるため、事前のスケジューリングが重要になってきます。

今回は退職時期の決め方や損しない退職タイミングなどについて解説していきましょう。

この記事を読んで自分に最適な退職時期を見つけていただければと思います。

Contents

退職時期の決め方を解説

電話する女性

退職時期を決める際には勤めている企業の就業規則や繁忙期、有給休暇など様々なことを配慮して考えなければなりません。

退職するのだから会社のことは関係ないという態度は、会社から社会人のマナーに反していると思われてしまう可能性もあります。

トラブルなく円満に退職するためには退職時期についても慎重に設定していく必要があるのです。

今回の記事では退職時期の決め方について解説していきます。

退職時期を決めるための指標などについてお伝えしていきましょう。

退職時期を決めるための基礎知識

資料を見る女性

まずは退職時期について決める際に配慮しておくべき基礎知識をご紹介していきます。

退職の準備というのは予想よりも時間がかかるものです。

そのため事前にスケジュールをある程度立てておくことが重要といえるでしょう。

どのような基準で退職時期を決めれば良いのでしょうか。

転職活動から退職までは3〜4ヶ月程度かかる

転職活動から退職までには通常3〜4ヶ月程度かかるとされています。

希望通りの時期に退職するためには事前にスケジュールを立てておく必要があるでしょう。

もしスケジュールが過密になってしまった場合、引き継ぎや有給休暇の取得などがうまくいかない可能性もあります。

そのため、ある程度余裕を持ってスケジュールを考えていくようにしましょう。

もし不測の事態があっても引き継ぎや退職までの手続きに問題が生じないようにしておくことが重要です。

1〜2ヶ月前から退職相談をする理由

転職ブランク

企業によっては就業規則の内の退職規定で「退職をする1ヶ月前には退職意思を示すこと」などと決められている場合があります。

このような場合があるということも考えると、退職相談は最短で1〜2ヶ月前からとなるでしょう。

法的には2週間前(14日前)までに退職届などを提出し退職の意思を示せばいいということにはなっています。

しかし企業と円満な退職をしたい場合には退職規定に則って手続きを行った方が良いでしょう。

上司などに退職相談をする場合には1〜2ヶ月前には伝えるようにすると就業規則に関するトラブルなく退職することができます。

 

ワンポイント
・転職活動から退職までのスケジュールを明確にする
・退職規定に「1ヶ月前には退職意思を示すこと」などと記させている場合がある

退職時期を決めるための優先順位は

人差し指を立てる女性

次は退職時期を決める際に優先すべきことについて解説していきます。

退職というのは時期を決める際にいろいろな事情が関係してくるため、時期を決めるだけでも一苦労です。

そんな時には自分が退職にあたって何を優先したいか順位を付けて明確にすると良いでしょう。

1番優先したいことが分かれば自然と退職時期も決まっていくはずです。

転職を優先したい

もし転職を優先したい場合には3月末で退職すると、年度替わりで転職先へ入社できます。

4月入社というのは様々なメリットがあるので、転職を優先したい方には最適です。

また、もしそれよりも前に良い転職先を見つけられそうだという場合には、その転職先の入社日を目安に退職しても良いでしょう。

しかしその場合、仕事の引き継ぎなども考えると繁忙期での退職は避けた方が無難です。

会社が忙しいだけでなく自身も忙しいため、引き継ぎが十分でない上有給を取得できない可能性もあります。

金銭面での損したくない

面接 

金銭面で損をせずに退職したいという場合はボーナス支給の後に退職するようにすると良いでしょう。

また、ボーナスだけでなく有給休暇の期間も事前に計算しておく必要があります。

引き継ぎや退職の手続きなどに時間がかかり有給休暇を規定日数分取得できないと金銭面での損失となるためです。

事前に有給やボーナス時期などについて考えた上で退職日を設定すると良いでしょう。

円満退職したい

円満退職をしたい場合には退職規定に基づいて退職時期を設定すると良いでしょう。

退職規定というのは法律的な拘束力はありませんが、だからと言って退職を無理やり行うと会社からの印象は悪くなってしまいます。

お世話になった会社から円満に退職したい場合には繁忙期を避け引き継ぎ・挨拶回りをきちんと行える日程で予定を組みましょう。

もし自身が大きなプロジェクトに関わっている場合、そのプロジェクトが一段落するタイミングも退職時期に最適です。

 

ワンポイント
・転職を優先する場合は3月末退職、4月入社がおすすめ
・金銭面で損したくない場合はボーナス支給後の退職がおすすめ
・円満退職したい場合は繁忙期を避け、退職規定に基づいて退職日を設定する

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

退職までの基本的なスケジュールをチェック

相談する女性

具体的に退職までどのようなスケジュールを立てるかを考えるためにはまず基本的なスケジュールを知ることが大切です。

退職は以下のような手順で行うことがほとんどです。

基本的なスケジュールを参考にして、自分の退職までの日程を決めていくと良いでしょう。

退職の意志を伝えよう

まずは退職の意志を直属の上司に対して伝えましょう。

ここで上司と相談をして、引き継ぎのスケジュールや今後の流れについても決めていくこととなります。

大体退職日の2ヶ月前には退職意志を伝えておくとこの後の流れもスムーズになることでしょう。

退職日を設定しよう

次は会社と相談して退職日を設定することとなります。

就業規則に沿って退職日を設定することで会社側とのトラブルなく退職することが可能です。

1ヶ月〜2ヶ月前には退職届を提出しなければいけないことがあるため、事前に就業規則を確認しておく必要があるでしょう。

業務の引き継ぎをしよう

笑顔

業務の引き継ぎは不足なく行えるようにスケジュールを設定しておきましょう。

引き継ぎのための書類作成や引き継ぎ担当者との挨拶回りなどの期間も踏まえて退職時期を設定する必要があります。

繁忙期は避け、もし引き継ぎの量が多い場合には早めに引き継ぎを始めても良いでしょう。

引き継ぎが思うように進まない場合、残っている有給休暇を取得することができずに退職することとなる可能性があります。

退職日までに行うべきことを全てこなせるように引き継ぎにかかる日数をしっかりと計算しておきましょう。

自身の仕事量に合わせて調整することが大切です。

退職日までに各種手続きや整理整頓しよう

退職日までには退職の手続きや会社に対して返却すべきものの返却、デスクの整理整頓など、やることが多くあります。

そのためそうしたタスクを1つずつこなしていくために細かなスケジュールを立てておくとやりやすいでしょう。

退職日までにすべきことが判明した段階でリスト化して少しずつ進めていくと退職日に困らずに済みます。

また有給が残っている場合はその申請なども退職日を念頭に置き行っておきましょう。

おすすめの退職時期「転職求人の多い時期」

退職

転職求人の多い時期に退職するというのはその後の転職先を考える上で最適だといえるでしょう。

一般的に転職求人は2月〜3月が最も多いとされています。

これは新卒入社が多い4月と合わせて中途採用者も入社させようとする会社が多いためです。

4月入社での中途採用は歓迎会や新しいプロジェクトの動き出しであることも多く会社にも馴染みやすくなります。

また、8月〜9月も転職求人が多くなるため転職活動には最適です。

こちらは10月入社を求める企業による求人となっています。

これらの時期は転職求人が多く、退職後の見通しが立ちやすいためおすすめの退職時期です。

おすすめの退職時期「ボーナスをもらってから」

4191392_m

転職が多い時期以外におすすめしたい退職時期がボーナス後です。

退職時期をボーナス前に設定してしまうと、貰えずに退職日を迎えることとなります。

具体的なボーナス時期と照らし合わせて退職時期を考えていきましょう。

夏のボーナスなら8月末〜9月上旬

夏のボーナス支給時期として多いのが6月末〜7月上旬あたり。

このボーナス支給を受け取ってから退職する場合には8月末〜9月上旬を退職日に設定します。

退職を決める際には事前に会社のボーナス支給規定を確認して、支給時期を調べておくと良いでしょう。

冬のボーナスなら1月末

冬のボーナスの支給は12月末となることが多いようです。

そのため、退職時期は1月末あたりに設定すると良いでしょう。

また、可能であればボーナスを支給されてから退職の意志を伝えるとボーナスが確実にもらうことができます。

ボーナスというのは経営者の判断によるものであるため、支給前に退職を伝えるとボーナスが減額される可能性もあるためです。

しかしながらボーナスを貰ってすぐに退職届を出すと、ボーナスの貰い逃げという印象を与えてしまいます。

1〜2週間程度間を空けて退職の意志を伝えるようにしましょう。

 

ワンポイント
・夏のボーナス支給時期は一般的に6月末〜7月上旬
・冬のボーナス支給時期は一般的に12月末

円満退職するために意識すべきこと

パソコンを見る女性

円満退職するためには以下のようなことを意識しておくようにしましょう。

お世話になった会社とトラブルにならずに退職するためにも、以下のことを心に留めておく必要があります。

事前に会社と相談しておくこと

会社に対して急に退職届を提出するのではなく、事前に相談しておく必要があります。

その際には直属の上司に対して退職の意思を伝え、退職までの流れを確認しておきましょう。

会社と相談せずに急に退職届を出すと退職を強行するようなイメージを与えてしまいます。

今までお世話になった会社に感謝の気持ちを示す上でも、事前に相談して退職日などを一緒に考えていくのが望ましいでしょう。

退職時期が決まっても業務に手を抜かない

笑顔の女性

退職時期が決まったからといって、その後の業務に手を抜いてはいけません。

そのような振る舞いをしていると会社からの印象も悪くなってしまいます。

会社からの印象が悪くなると退職の手続きにも支障が出る可能性が考えられるでしょう。

引き継ぎ・挨拶回りまでしっかりと業務を行うことで会社との関係も円満なまま退職することができます。

 

ワンポイント
・事前に会社に退職を相談する
・退職が決定してからも仕事をきちんと行う

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

退職時期を決める上での注意点をチェック

メモする女性

働きながらの転職活動は大変なため、退職してから転職活動を始めようと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし退職してからの転職活動は様々なデメリットが存在しているためです。

例えば、失業保険は退職から2ヶ月経たないと支給が開始されません。

他にも社会保険料を自身で負担したり、国民年金や健康保険の手続きをしたりしなくてはなりません。

これらのことを総合的に考えると退職時期を決めるのは転職先が決まってからの方がスムーズだといえるでしょう。

転職活動が長期化してしまった場合、生活が苦しくなる可能性もあります。

自分の現在の状況を総合的に考えて退職後の転職でも問題ないか、退職前に転職を行った方が良いかを判断しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スマホとパソコン操作

もし転職活動を本格的に行っていく中で、不安なことや悩みがある場合には転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは転職活動をプロの視点から支えてくれるため、転職活動における悩みの解消を期待できます。

また、求人を紹介してくれたり模擬面接を行ってくれたりと具体的なサポートも行ってくれるため、転職が前に進みやすくなるでしょう。

なかなか内定が貰えなかったり、転職したい企業が見つからなかったりする場合にも転職エージェントは最適です。

この機会にエージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

女性

今回は退職時期の決め方について解説してきました。

退職というのは引き継ぎや各種手続き、有給なども関係してくるため事前のスケジューリングが大切になります。

退職時期を迷っている方は自分にとって1番優先したいことなどを明確にすることで退職日の設定が行えるようになるでしょう。

今回の記事を参考にして、退職時期を決めていただければと思います。

また、退職に際して転職活動を行っているという方は転職エージェントの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

エージェントを利用すれば安心して転職活動を行っていくことができるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら