一昔前は全てを会社に捧げるのが美徳とされていました。

定時上がりだから仕事をしていない、残業をしているから働いているという考えではもう古いです。

昨今はワークライフバランスを重視した企業が増えていますが、年配の人の中にはまだ労働を美徳としている人がたくさんいます。

このような人たちに納得してもらうことが、ワークライフバランスを重視した転職を成功させる秘訣です。

本記事ではその秘訣と進め方について紹介していきます。

Contents

ワークライフバランスを重視した転職の進め方

scale

ワークライフバランスとは、仕事とプライベートのバランスがしっかり取れている状態を指します。

日本では2007年にワークライフバランス憲章が制定されました。

この制定以降、転職活動の場でもワークライフバランスという言葉がよく使われるようになっています。

しかし、ワークライフバランスで誤解しがちなポイントがひとつ。

ワークライフバランスとは、仕事を抑えてプライベートを充実させることを指しているわけではないことです。

転職希望者の中にはこのような勘違いをしている人が意外と多くみられます。

正しいワークライフバランスの意味は「仕事とプライベートのどちらも充実させること」です。

プライベートが充実することで仕事のモチベーションにつながり、仕事が上手くいくという相乗効果を目指します。

このポイントを履き違えると転職がなかなかスムーズに進まず失敗する傾向に…。

ワークライフバランスを重視した転職を成功させるための秘訣を紹介します。

ワークライフバランスを重視した転職をする事前準備

computer

ワークライフバランスといっても人によってさまざまです。

自分が理想とするワークライフバランスについて考えることをまず始めにおこなってください。

自分のワークライフバランスの基準を決めよう

自分が理想とするワークライフバランスは描けていますか?

「残業が20時間以内であれば問題ない」と感じる人や、「残業はゼロじゃないとダメ」という人などさまざま。

残業が全くなくても産休育休の制度もないとなると、ワークライフバランスを叶えづらいかもしれません。

残業や制度以外にも土日がちゃんと休めるといったことも、ワークライフバランスには関係してきます。

他にも自分の裁量によって、その日のスケジュールが決められることもワークライフバランスにつながるでしょう。

つい今だけを考えたワークライフバランスの基準を考えがちです。しかし、転職するときは今だけを考えることは止めましょう。

1日・1週間・近い将来、といったさまざまな軸から、多角的に考えてワークライフバランスの理想とする基準を決めることをおすすめします。

自分の基準に合う業種と職種を探そう

consulting

すべての業種と職種が前項で決めた基準に当てはまるというわけではありません。

もちろん企業によって大きく異なりますが、業種や職種はある程度似たような傾向にあります。

例えば、発注側は受注側、個人営業よりも法人営業のほうがワークライフバランスが取りやすいなどです。

自分の裁量によってスケジューリングができるかどうか、というところに関係してきます。

また、企業の大きさによってもワークライフバランスの実現のしやすさは変わる傾向に。

ベンチャー企業はさまざまな仕事内容を掛け持ちすることがあるのに対して、大手企業は細分化されています。

そのため効率よく仕事を進めやすい環境のあるのです。

どんな働き方があるか考えよう

ワークライフバランスを実現するための働き方はたくさんあります。最も思いつきやすいのが残業時間の少なさではないでしょうか。

時間でいうと、残業を少なくして早く帰る、土日は必ず休むといったように決められた就業時間のなかで働く方法

そしてフレックスタイムなど自分で就業時間を決められる方法など、働く時間の選択肢も多くあります。

また、働く場所も選ぶことができる企業が多くなりました。

家やカフェなどで仕事をするテレワークやノマドワークなど、近年の働き方は多岐に渡ります。

ワンポイント
転職をする際に最も大切なことが自己分析です。ワークライフバランスを重視した転職についても同様。
転職の目的を深堀りすることが転職を成功させるポイントです。

ワークライフバランスを取りやすい企業を探す時のポイント

memo

ワークライフバランスが本当に実現できるかどうかというのは、入社しないと分かりづらいと感じるかもしれません。

これはある意味正解ですが、はずれでもあります。仕事内容や仕事の進めかたは人によって異なるため、実際には分かりません。

ただ、ある程度は見極めることが可能です。ワークライフバランスを実現するために見極めるポイントを紹介します。

「社内制度」や「福利厚生」をチェックしよう

ワークライフバランスの実現には、会社で決められている制度を確認することは必須です。

在宅勤務制度や時差出勤制度、有給休暇の取りやすさ。そして女性であれば産休育休の制度も大切になるでしょう。

ライフステージが変わっても対応できるような制度があるかということがひとつのポイント。

独身時代は不要でも結婚後は必要になったり、その時々で変わってきます。

長い目でみてどのような働きかたをしていきたいのかを考えることが大切です。

厚生労働省の認定企業をチェックしよう

 stamp

さまざまな基準に合わせて、厚生労働省が認定している企業があります。

認定されている企業は、働きかたの改善や見直しに積極的で安心して転職できる企業です。

例えば「えるぼし」がついている企業は、女性活躍推進法に基づいた優良企業。

「安全衛生優良企業(ホワイトマーク)」は、労働者の安全や健康を確保する対策を取っています。

認定制度は全部で9個あり、いずれかに認定されていれば優良企業だと考えて問題ありません。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントは、多くの転職者の転職活動をみてきた経験があります。

そのため多くの知識をもっており、求めている基準に合った企業を紹介することが可能です。

知識だけでなく、各企業とパイプを持っていることも大きな特徴。

転職希望者が聞くと不利になりそうな聞きづらい質問も、転職エージェントから質問してもらえます。

企業の詳細を知りたかったり不安なことがある場合は、転職エージェントの活用がおすすめです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

ワークライフバランスを取りやすい職種

balance

職種によってワークライフバランスの取りやすさは変わってきます。転職したい職種が決まっていない場合は、参考にしてください。

「営業職」

営業職は意外とワークライフバランスが取りやすい職種です。

自分の裁量で決められることが多く、コントロールしやすい特徴があります。特に今勢いのある成長企業がおすすめです。

営業職はどうしても売上を取ってこなくてはいけないため、売上が伸び悩んでいる企業では売上を伸ばすための策が必要。

売上が足りない場合は、残業や土日出勤も余儀なくされる場合もあります。

営業職に転職を考えている場合は、業界も考慮すると良いでしょう。

「経理職」

coins

近年の経理業務は効率化を重視していて、経理ソフトを取り入れている企業が多くなってきました。

最新のものではデータを取り込んだだけで仕訳作業をおこなったり、決算書を作成してくれたりと手軽にできます。

そのため昔に比べて勤務時間は短くなり、残業も少なくなりました。

加えて繁忙期も限られているため、予定が立てやすいことも大きな特徴です。

急ぎで頼まれる仕事も少なく、まさにワークライフバランスを重視した働きかたができる職種といえるでしょう。

業界による差もあまり見受けられません。しかも、経理職の求人は比較的多くあります。

それは、AIに取って代わられる職種だといわれていることが原因で、経理職を目指す人が少なくなったためです。

「一般事務」

一般事務はどの業界でも出張や転勤が少ない傾向にあります。

出張や転勤がない、もしくは少ないほうが予定が立てやすく、ワークライフバランスの実現がしやすいといえるでしょう。

同じ場所で長く安定して働けるため、将来のビジョンが描きやすく、長期的にワークライフバランスを保った働きかたができます。

また、一般事務という職種はノルマがないことが多く時間内に終わることができるため、残業も多くありません。

仕事は就業時間内に終えたい人には、おすすめの職種です。

ワンポイント
ワークライフバランスを実現しやすい職種は業種、そして自分の実力によっても異なります。自分の実力が生かせる職種を選びましょう。

ワークライフバランスを転職理由にするのは不利?

brain

ワークライフバランスを転職理由にすることは、間違いではありません。不利にならないようにするには、伝えかたがポイントです。

企業が希望しているのは「仕事を優先してくれる人」。もちろん法律は守りつつも、優先してくれるに越したことはありません。

そのため、「ワークライフバランスを実現させてプライベートを充実したい」という理由では「積極的には働きたくない人」と勘違いされることも。

そのつもりはなくとも言葉が足りないだけで不利になるのはもったいないことです。不利にならないためのポイントを次項でお伝えします。

ワークライフバランスを重視した転職の注意点

cautioin

ワークライフバランスを転職理由にした場合の注意点があります。

前項に書いたような勘違いをされないためにも、ワークライフバランスを転職理由にする場合は、覚えておいたほうが良いでしょう。

仕事のやる気がないと勘違いされないように

ワークライフバランスを取り入れた働きかたをすることで、自分がどうなりたいのかを伝えることが大切です。

例えば「ワークライフバランスを実現して、資格のための勉強をしたい」というような前向きな理由であれば、むしろ有利になるでしょう。

ワークライフバランスを転職理由にするのであれば、「なぜワークライフバランスを重視するのか」という理由も合わせて答えましょう。

仕事の充実度も意識しておこう

転職活動において「仕事を頑張りたい」という姿勢はとても大切です。残業をしたくないというスタンスでも種類があります

「仕事が残っていても残業はしない」なのか「就業時間に終わらせる工夫をしているから残業はしない」なのかによってイメージは違いますよね。

今まで働いてきた経験のなかで、後者を裏付けるようなエピソードがあればそれを伝えられると強いアピールポイントになります。

ワンポイント

ワークライフバランスの目的とは、プライベートを充実させることで仕事も上手くいくということです。

あくまでも「仕事も頑張るしプライベートも楽しむ」というスタンスは忘れないでください。

 

ワークライフバランスを重視した転職の例

desk

ワークライフバランスを重視した転職例です。ワークライフバランスの基準や志望動機の参考にしてください。

ライフステージに合わせて

前の会社では産休育休手当てが半年しか出ませんでした。

出産後3~5ヶ月で復帰する自信はありませんでしたが、出産後も働きたい気持ちが強かったため、結婚を機に転職。

転職先は産休育休手当てが1年出ますし、実際に復帰している先輩も多くいます。

残業は前の会社よりも少し増えましたが、将来のことを考えると転職してよかったです。

スキルアップを目指して

社会人向けの大学に通いたかったため転職しました。前の会社では今と同じ営業職です。

土日は完全にお休みでしたが、残業や接待が多く平日は日付を越えることも多くありました。

私が行きたい社会人向けの大学は、平日の夜に開講されていたため、前の会社のままでは通えなかったです。

今の会社では自分でスケジュールを調整できるため、大学の日は必ず定時あがりができるように調整しています。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

ワークライフバランスを重視する上で意識すべき点

computer

ワークライフバランスの基準は人それぞれですが、女性は男性と比べて生活の変化が大きいです。

今どのように働きたいのか、そして将来はどうなりたいのか描けているでしょうか?

描けている人は、それが実現できるかどうかは忘れずにチェックしてください。

もし、具体的な案がなければ産休育休制度が整っていて取得実績があるなど、ライフステージに合わせた制度があると安心でしょう。

ワンポイント

体裁を整えるためにあるだけで実際に制度が利用されていない企業も多くあります。

制度の有無だけではなく、取得実績まで確認することが大切です。

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

shaking hands

転職エージェントは多くの情報を持っていることに加えて、転職希望者が聞きづらいことも企業に質問できます。

また、一般公開されていない求人も持っているため、なかなか良い転職先がみつからない人にもおすすめです。

選択肢が増えるということは、自分が求めているワークライフバランスに近い企業がみつかる可能性が高まるということ。

少しでも困っていることがあればぜひ一度相談してください。

まとめ

balance

ワークライフバランスを重視した転職方法について紹介しました。

ワークライフバランスがもつ本来の意味を理解した上で転職活動をおこなえば、スムーズに進むことでしょう。

プライベートを犠牲にする働きかたはよくありませんが、せっかく働くのであれば仕事も充実させたいものです。

昔と違い仕事とプライベートの両方を充実させられるような世の中になったため、自分の理想とする働きかたを追い求めてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら