もし今までの転職回数が多いという場合、新たに職務経歴書を書く際にどのような点を注意したらよいのでしょうか?

転職回数の多い女性の職務経歴書の書き方について解説します。また転職回収の多さをよい印象に転換するポイントなども紹介していきます。

Contents

転職回数が多い女性の職務経歴書の書き方

夕日の中の女性の画像

転職回数が多い女性は、職務経歴書をどのように書くと効果的に見せることができるのでしょうか?

過去の職歴回数が多いほど、採用担当者へあまりよい印象を与えない風潮です。

しかしそれも書き方次第で魅力的な人物として映える場合もあります。

自分の理想とする未来を決定させるためにも、まずは転職活動を成功させるための工夫をしていきましょう。

今回は、転職経験が多い女性の職務経歴書の書き方を解説します。

面接官は転職回数が多いことをどう思う?

パソコンを見る女性の画像

転職回数の多い女性の応募者には、採用担当者が抱く印象はさまざまです。

その中で最も多いのがマイナス印象のほうでしょう。

多くの企業では、その人物がなぜ一つの場所に落ち着いて仕事ができなかったのかを聞きたくもあり、多少不安にも思っているはずなのです。

それ以外にも、以下のようなことを考える採用担当者は多いとされています。

得意なことや持ち味がわからない

採用担当者が応募者を選別する最初のポイントは提出書類の内容です。そこに書かれている過去の職歴にまずは目を通します。

どのようなキャリアを積んできたのかを判断しながら自社に貢献できそうかを予測しています。

そのため、企業が求めている人物像にマッチした一貫性があって、同じ職種を続けている人は好まれる傾向があります。

もし過去の経歴が一貫している職種であれば、知識やスキルの深さに期待が寄せられるでしょう。

採用側としても書類選考だけではなく一度会って話を聞いてみようと考えるのです。

ところがキャリアに一貫性がないまま、やたらと転職を続けてきた女性に対しては、採用担当者も判断に悩むのです。

その人物の得意なスキル・専門性は何なのかが分かりません。

ましてや個人的な持ち味や個性も見えてこないため、書類選考の段階で落とされる可能性があります。

またすぐ辞めるのでは?という不安

面接官の画像

今までに転職回数が多い女性については、入社してもすぐに辞めてしまうだろうという諦めに近い印象を持たれてしまいます。

転職回数が多ければ多いほど、再びその繰り返しが連鎖するのではと不安になるのが当然です。

そこで転職回数が多い場合には、職務経歴書の作成に工夫をする必要があるでしょう。

最近では転職回数より経験を重視されている?

転職回数が多い人物はマイナス面ばかり目立つような印象ですが、必ずしもそうとは限りません。

もし同じ職種の中で一貫したまま職場だけ変えているようなタイプなら、むしろスペシャリストとしての見解をしてくれる可能性があります。

例えば営業職として一貫したまま転職を繰り返しているのであれば、比較的に新しい転職先が見つかりやすい傾向です。

採用後に1から教育する必要性がないため、即戦力として迎え入れられるといった待遇も考えられます。

そうあるためには、転職をした理由と目的次第といえます。面接の際には、その点を納得させるような理由を発言できるように心がけましょう。

転職回数の多さで悪い印象を与えないポイント

メモを取る画像

転職回数の多さを後ろめたい気持ちに感じないようにしましょう。転職はマイナスイメージが付きまといがちです。

しかし現実的には、転職する人は世の中でたくさん存在します。必要以上にネガティブなことを考える必要などありません。

むしろ転職回数の多さをよい印象へと転換させることを考えながら、魅力的な職務経歴書を作成することが重要です。

その際、具体的にどのようなポイントを押さえればよいのでしょうか?

キャリアの一貫性を伝える工夫をしよう

転職を繰り返しつつも、自分のキャリアに一貫性があることを理由にした書き方にしましょう。

仮に人間関係が理由で前職の会社を辞めたとしても、そこまで伝える必要はありません。

前職で自分がどのような工夫や努力をしたのかをまず考え、その上で退職に至った理由を説明すべきでしょう。

自分が何を求めてキャリアを磨きたいのかが重要です。

そのために、転職がどうして必要になったのかを、事前に取りまとめて説明できるレベルに落とし込んでおくことです。

転職する理由を明記しよう

作業を休んでいる画像

転職をしてきた理由は何かを1つ1つ明確に話せるレベルにしておく必要があります。

これは職務経歴書に限らず面接の際に質問される可能性もあるでしょう。

理由を考えるポイントとしては、マイナスイメージを与えない退職理由にすべきです。

前向きな希望や目的があるのでこの時点で辞めたというポジティブな理由付けをしましょう。

例えば、プログラマーをしていたが、社会でどのようにシステムが役立っているのかをもっと知りたいと考えたからというような表現です。

より顧客とコンタクトが取れるSEを希望したといった回答にします。

今までの実績を簡潔に書こう

過去の自分の実績については簡潔に書いておくようにしましょう。

ただし注意点としては、ポジティブに述べたいあまりに現実とかけ離れて信憑性が無い表現をしてはなりません。

過去の仕事内容とは異なった盛りつけ方をすると嘘をついていることになります。

前職にてどのような業務に就いていて、どのような成果をあげたのかは、事前によく吟味しておくようにしましょう。

自分が活躍できることを書こう

例え転職回数が多いことを本音では気にしていても、後ろめたさを感じてはなりません。

それをバネにしながら、自分はこの会社で活躍できる人材であることを強くアピールすることです。

一般的に採用側は転職者の経歴を見ながらも、それがどうスキルアップにつなげているのかに関心があります。

転職を重ねながらもキャリアアップできる人物であれば、企業側としても欲しい人材だと判断してくれるはずです。

まずは自信を持って具体的に経験やスキルを自分の言葉で書くことが望ましいでしょう。

その上で、応募した企業に見合った今後のキャリアプランを具体的に説明することです。

ワンポイント
キャリアの一貫性を保ちながら自分のメリットをアピールすること

職種別の実績アピールポイントの例

ノートを取る画像

転職回数の多さをマイナスイメージにしないような職務経歴書の書き方をするには、なるべく多くの事例に触れて参考にすることが重要です。

どう最善なアピールに変換するのかで印象ががらりと変わります。

ここでは、転職回数が多い女性の自己PRについてのポイントを解説していきましょう。

職種によってそのアピールポイントには差がありますので、ここでは代表的な2つの職種で紹介していきます。

営業系

過去の経歴としては店舗での販売員、法人営業、ルート営業など幅広い営業経験があります。

どの事業においても一貫していたことは、私自身の信頼を積み重ねることでした。

顧客ニーズに速やかな把握と対応をしながら、最終的に満足していただく商品サービスの提供をモットーにしています。

事務系

スマホとパソコンの画像

過去に飲食業界から貿易事務へと移り、その後に医療事務などを経験してきました。

最初の転職では父の容体が悪くなってしまい家業をサポートするために行動したのです。

労働時間の激務で深夜までの残業が続く中、今度は自分が精神的に追い込まれてしまったことが原因で退職しました。

しかしそこで身につけた事務のノウハウは、次の医療事務にて専門スキルとして生かされるようになったのです。

やがて、より高いスキルと専門性を身につけて長いスパンで働きたいと考え始めました。

そこで思いきって、納得のいく新しいフィールドを探すことを決心して御社に応募をしました。

ワンポイント
職種によってアピールポイントには違いがある

職務経歴書の形式を知ろう

ipadを見る画像

転職回数がどうであれ、次の仕事を探すのに履歴書と職務経歴書の提出を求める企業は多いはずです。

ところが職務経歴書については書式が自由化されているので、どのような形式で提出するのかは個人的なセンスが問われてきます。

ここでは、なるべく効果的な評価をされる職務経歴書の形式について解説していきましょう。

編年体式

編年体形式とは、過去の古い経歴順から、その時の業務内容・実績を書き出す方法のことです。

ほぼ一般的な履歴書と同じような順序になるため、キャリアの一貫性やステップアップ過程が明確に伝わります。

ただしデメリットもあります。

転職回数が多い場合にひと目で分かってしまうため、その内容について面接で深く聞かれることがあるかもしれません。

見映えも悪くなってしまいます。編年体式で書くのであれば、できれば第二新卒や社会人歴の短い人向けの形式といえます。

キャリア式

キャリア形式とは、過去の経歴を業務内容やプロジェクトで分類しながら記載する形式です。

時系列ではなく、職種によって区分して書くことが特徴となります。

とくに自信となる分野のことなら、過去から現在までに身につけたスキルを明確に伝えやすいでしょう。

専門性の高い職種への応募に最適なフォーマットといえます。

注意点は、各業務についての明細を細かく書く必要性があることです。期間・内容・実績をできるだけ具体的に書けるかによって決まってしまいます。

あまり専門性を得られなかった経歴だとしたら、1つの項目を埋めるのに苦労するかもしれません。

転職回数が多い女性は「キャリア式」で職務経歴書を作成しよう

スニーカーの画像
PublicDomainArchive (CC0), Pixabay

職務経歴書を書く上でのポイントは、形式をどのようにするのかも1つの方法です。どれが正解というものはとくにはありません。

しかし、転職回数が多いという女性はキャリア式の書式で書くほうが、書面の見た目もすっきりとして好印象を与えやすくなるでしょう。

転職回数を気にすることなく、今までの自分の職歴を棚卸してプラスイメージで書き上げることもできるのでおすすめです。

ワンポイント
転職回数が多い女性はキャリア式の書き方をするほうがよい

転職回数が多い女性の職務経歴書の例文をチェック

仕事をする画像

たとえ転職回数が多くても、そのアピール方法をおさえた職務経歴書が書ければ、きっと企業は魅力や可能性を感じてくれます。

そのためにはキャリアの一貫性とステップアップする意気込み具体的に示すことが重要です。

では、どこに留意しながら職務経歴書を書けばいいのかを、例文に沿って紹介していきましょう。

株式会社●●にて営業経験あり。WEBサイトを中心に企業やブランドなどへの提案を行なう。

サイト制作を端的に促すだけではなく、顧客の抱える課題についてのヒアリングを実施する。

問題点のアドバイスと解決案を提示しながら、サイトデザインなどのディレクションへもかかわった業務を行う。

セレクトショップにて商品単体の販売を行なう。その際、顧客に似合ったトータルコーディネートの提案を実践する。

好みや要望を聞き出して、それに見合った提案を繰り返しながら、帽子・シューズ・バッグなどの小物との関連性を専門的に取り扱う。

そのノウハウを生かした新商品の小物ラインナップを社に提案し通過する。取り扱い後の店舗の年間売上は前年比の120%となる。

転職回数の多さを武器に転職を成功させよう

喜ぶ女性の画像

一般的には転職回数が多くて頻繁にしている人物は、どの企業も煙たがってしまう傾向があります。

それは、根気がなく長く働いてくれないのではという不安がよぎるからです。

その印象を払拭するためには、転職の多さを経験の豊富さへに変換して、うまく採用担当者へアピールすることです。

まずは職務経歴書にて、具体的な成果と将来性についてを自己アピールしていきましょう。前向きな姿勢を崩さずに示し続けることが大切です。

ワンポイント
転職のデメリットを経験の豊富さへ変換させること

転職対策は転職エージェントを活用しよう

データを映すパソコンの画像

転職回数が多いことが不安で悩んでいたり、職務経歴書がしっかりと書けているかを客観的に判断できる人がいたらとお考えではないでしょうか?

ぜひ転職エージェントに登録して活用することをおすすめします。転職エージェントは転職についての専門職です。

自分が理想とする転職を成功させたいという方への、ワンポイントアドバイスができることでしょう。

まとめ

オフィスの画像

転職回数が多い女性は不利に思われるものです。確かに、やみくもな転職活度を繰り返していては、なかなか次が決まりにくいかもしれません。

しかし、ものごとは何でも捉え方次第でプラスに転じることができます。

自分の転職経験での苦労や分かったことなどを、しっかりアピールするようにしてみましょう。

ポイントは、自分という人材がどれだけ魅力があるのかを示すということです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら