2020年4月16日に日本政府による緊急事態宣言が全国に及んでから、テレワークの普及を含め働き方が激変しました。

その後の新型コロナウイルスの感染状況を考えると、かつてと同じ働き方に戻るとは考えにくい現状があります。

そこで今回はテレワークで働くコツを交えながら、アフターコロナの働き方と20代のうちに鍛えるべき能力について解説します。

アフターコロナの働き方とは

4022476_m

緊急事態宣言した日本政府が企業に対し、テレワークの導入による外出自粛要請への協力を求めたのは記憶に新しいことでしょう。

その結果、緊急事態宣言が撤回された後も、リモートワークを継続する企業が多くなっています。

テレワークとはパソコンやモバイル端末を活用し、在宅勤務やサテライトオフィスで仕事をするスタイルを意味します。

一方のリモートワークは、オフィス以外の場所で働くことを指し、会社から離れた場所で仕事をするというワークスタイルを指します。

そのためリモートワークを選択した会社員の中には、通勤を前提とせず、都会を離れて仕事をする人が少なくありません。

この背景には会議などもオンラインで行える環境が整い、毎日オフィスに通勤しなくても、業務遂行が可能になったことがあげられます。

転職を考えているなら、転職エージェントに相談し、応募企業の働き方について確認しておくことをおすすめします。

テレワークで効率的に働くコツをチェック

4020357_m (1)

テレワークで仕事をすることで、通勤から解放されるメリットがある反面、徹底した自己管理が求められるデメリットもあります。

それを踏まえて、テレワークで効率的に働くコツを2つ紹介します。

仕事をする場所を決めよう

テレワークで効率よく働くためには、仕事をする場所を決めることが大切です。

必ずしも在宅勤務である必要はなく、人によってはサテライトオフィスや、コワーキングスペースを利用してもよいでしょう。

効率よく業務を進めるためには、仕事に集中できる環境で働くのが一番です。

在宅勤務の場合は自分の趣味のものが身近にある、あるいは家族がいるため、仕事に集中できないケースも珍しくありません。

また自宅が仕事場になることでオンとオフの切り替えがしにくくなり、時間に関係なく業務を遂行することで疲弊する人もいます。

部屋の中で仕事のための部屋やスペースを作るなど、工夫が必要と考えられます。

生活リズムを意識しよう

1972223_m

職種によっては、在宅勤務になったことで、昼夜が逆転してしまう人も珍しくありません。

通勤の必要がないことで寝坊の習慣がつく、または勤務時間外に自宅で作業してしまうなど、生活リズムが乱れるケースが見られます。

通勤がなくなり、外出の頻度が下がることで、運動不足になった人も数多くいます。

食事時間も不規則になりがちなので、生活リズムを意識しながら働くよう心がける必要があります。

ワンポイント

テレワークは、業務効率が上がる人と下がる人に分かれる傾向が地強いです。

業務量が減るわけではないので、自分の労働時間が長くならないよう、働く場所や生活リズムに配慮するよう意識しましょう。

 

テレワークで働く時の注意点

4321486_m

テレワークで働く時には、生活リズムを崩さないことも含めて、仕事をする環境を整えることが大切なことは前述しました。

しかし、それ以外にも注意が必要なことがあります。それは、自己管理を徹底することです。

オフィスで仕事をしている時と違い、上司は協働するスタッフが自分の仕事の進捗を管理してくれるわけではありません。

しかし自分が担うべき業務は決まっており、それをスケジュール通りに遂行する責任を負っています。

そのため、担当業務に関するスケジュールをしっかりと立てて実行する、効率よく働く方法を考えることが求められます。

ワンポイント

テレワークは、与えられたことをその通りに行うのではなく、自分で能動的に業務に取り組むことが求められます。

さらに効率化できる環境や進め方を、自分自身で考える必要があることを自覚しましょう。

 

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

テレワークで働く時に揃えたいもの

3714299_m

自宅でテレワークを行うためには、それに対応できる環境を整えなければなりません。人によっては、そのための出費が必要です。

ここでは、テレワークで働く際の必需品について詳述します。

仕事専用のPC

1つめは仕事専用のPCで、業務に必要なソフトウェアがインストールされていることが前提です。

さらにオンライン会議への参加が義務付けられている場合には、パソコンにカメラが内蔵されているものが望ましいです。

カメラ内臓のPCを持っていない場合は、Webカメラを購入する必要があるかもしれません。

自分でPCを持っていない場合には、会社から支給されるのかを確認しましょう。

会社によっては、自宅にPCがある人はテレワークできても、ない人は出社するよう求められるケースもあります。

しっかり勤務先に確認することをおすすめします。

ネット環境

4326154_m

自宅でテレワークを行う場合は、ネット環境を整えるために、光回線モバイルWi-Fiを用意する必要があります。

私用であればスマートフォンでテザリングする程度で済むかもしれませんが、業務に使うとなると通信量が増加します。

スマートフォンの通信制限で仕事に支障が出るのは問題なので、オンライン会議にも対応できる通信速度のネット環境を整えましょう。

 

ワンポイント

自宅でテレワークを行うにあたって、PCとネット環境は最低限必要となるものです。

オンラインでの会議や打ち合わせが多い場合には、ヘッドセットなどのガジェットを用意した方がよいケースもあります。

また長時間座ることのできる、デスクやイスを用意した方がよいこともあるので、しっかりチェックしましょう。

 

アフターコロナでは市場価値を意識しよう

715001_m

緊急事態宣言が解除になった後も、世界的に見ると感染が治まったとはいえず、景気が回復しているわけでもありません。

新型コロナウイルスの登場により世の中が激変したことを考えると、アフターコロナの転職についても配慮が必要です。

ここでは、転職市場におけるアフターコロナの影響について説明します。

誰でも職を失う可能性がある

新型コロナウイルスの感染拡大により、海外だけでなく国内であっても、移動を伴う経済活動の規模が小さくなりました。

特に観光業と飲食業は大きな打撃を受け、これまで安定していた企業も業績悪化したところが少なくありません。

企業は生き残るために、非正規雇用者を雇止めするケースも増えており、徐々に対象が正規雇用者にも広がっています。

つまりアフターコロナの時代は、誰でも失職する可能性があるということです。

これまでの日本企業は副業を禁止し、自社の仕事に専念するよう求めてきました。

しかし現代では、副業禁止に見合う報酬を確約できない企業が増えています。

また今はよくても、企業の将来が約束されているわけでもありません。

そのため、会社に頼るのではなく、個人として市場価値を高めることが求められます。

評価方法が成果主義に移り変わる

4191364_m

緊急事態宣言を受けた企業はテレワーク化を進む、在宅勤務が一般化しました。

日本全体で外出自粛を求めることはなくても、一部の都府県で緊急事態宣言が出るなど、今後もテレワーク化は継続されるでしょう。

そうした状況で社員を評価するとなると、目に見えるのは仕事であげた成果です。

つまり、会社の評価方法成果主義に変わると考えられます。その結果、会社が望む成果をあげられないと評価が下がるのです。

 

ワンポイント

過去にも業績が悪化した企業は、生き残るために大規模なリストラを行ってきました。

アフターコロナの時代に企業が求めるのは、成果が伴う市場価値の高い人材です。

企業に評価される実力をつけ、市場価値をあげることが、自分を守ることにつながります。

 

市場価値の高い人とはどんな人か

919911_m

転職市場において市場価値が高いのは、どんな状況でも求められる成果をあげられる、実力がある人です。

転職活動を進めるうえで、自分の市場価値を知っておくことは、とても重要です。

ここでは、市場価値が高い人が持つ能力と経験について、詳しく説明します。

市場価値の高い人の「能力」とは

職種に必要な知識やスキルがあるだけでなく、どんな状況でも仕事関係者と円滑な人間関係を築けると、実力があると判断されます。

市場が高い人が持つ能力とは、勤務している会社の中で通用する知識やスキルではなく、転職しても活用できるものを指します。

また業績が悪化している企業には、新卒や未経験者を育成する余裕はありません。

即戦力として活躍できる、リーダーシップ能力があることが、大きなアドバンテージとなります。

市場価値の高い人の「経験」とは

4193251_m

仕事の実力は個人が持っている能力だけでなく、様々な経験を積むことで磨かれていきます。

これまでの仕事の経験で持っている能力をどのように活用し、どんな経験から成果をあげたのかを説明できると、市場価値が高まります。

仕事に必要な能力は働きながら学ぶことができますが、経験を通して活用しなければ、転職後に実務に生かすことはできないからです。

転職エージェントに登録しカウンセリングを受けることで、自分の市場価値を知る手がかりをつかめます。

まずは転職エージェントに、相談してみるとよいでしょう。

20代のうちに鍛えるべき能力をチェック

4192885_m

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日本国内だけでなく、世界で働き方や経済状況は大きく変化しました。

一部上場企業であっても業績悪化を余儀なくされている企業が多く、今後は会社に頼らず生きていける力を身につける方が安心です。

ここでは、20代のうちに鍛えておくべき能力を5つ紹介します。

論理的思考力

論理的思考力とは、様々な情報から必要なものを取捨選択し、それに基づいて物事を筋道立てて考えられるスキルを指します。

ロジカルシンキングと呼ばれることもあり、社会人基礎力の中にも含まれているスキルで、物事の本質をつかむうえで不可欠です。

わかりやすく説明することで、コミュニケーションを円滑にする、あるいは生産性の向上にも関わるスキルといえます。

理解力

4191392_m

理解力と葉、物事の仕組みや置かれている状況を正しく判断できるスキルを指します。

会社員として働く際には、上司や同僚と協働することになりますが、理解力がないと業務遂行に支障をきたすことになりかねません。

理解力がなければ、業務が非効率的になるというデメリットもあります。

仮説思考力

仮説思考力とは、物事に対する仮説を立てるなど、先を見通すスキルを意味します。

これまでは過去の実績や経験に基づき、問題に対する答えを探すのが一般的でした。

しかしアフターコロナでは予測不能な事態が多く、限られた情報の中で仮説を立て、それを検証しながら根拠を探す傾向が強いです。

こうした逆算思考を磨き、仮説と違う結果になった時には臨機応変に対応する、柔軟性が求められます。

プランニング力

4381473_m

プランニング力とは、目標を達成するために業務全体の方針を見定めるスキルを指します。

ビジネスシーンでは、時間やコストに制限がかかるため、効率よく目標達成することが求められます。

仕事で成果をあげるために、不可欠なスキルといえるでしょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力とは、対人関係において、スムーズにお互いの意思疎通をはかるためのスキルを意味します。

ビジネスシーンにおいては、以下の3つを指すことが多いです。

・他者を巻き込む力

・相手に理解してもらい、説得する力

・論理的に伝える力

会社員は組織の中で協働することが求められるので、転職面接でも最も重視されます。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

市場価値の高い人になるための注意点

4192985_m

転職活動を行うにあたり、市場価値が高いといわれるのは、需要が高いスキルや経験を持っている人です。

つまり転職市場における市場価値は、社会背景企業戦略連動しています。

アフターコロナの時代では、論理的思考に基づいて自分なりに仮説を立て、目標達成するために努力できる人材がそれにあたります。

さらに自分と同年代あるいは同職種の他者と比較して、面接官が応力と実績が伴っていると判断できる人です。

転職市場価値は変動しますので、応募企業や職種で求められる人物像を理解し、自分が当てはまるとアピールできることが大事です。

バックオフィス職であっても、市場価値のアピールの仕方は変化しますので、転職エージェントに相談してみましょう。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

3500571_m

テレワークやリモートワークが導入されたアフターコロナの時代は、女性にとって悪いことばかりではありませんでした。

ITやWebサービス、通信、EC、物流など急成長を遂げた業界も多く、時短勤務など制約人材を求める企業も増えたからです。

会社員として専業で働くという選択肢はもちろん、複業を前提に条件の合う求人を探した方がよいケースもあると考えられます。

自分にとって満足のいく転職を果たしたいなら、転職エージェントに相談し、プロのサポートを受けることをおすすめします。

まとめ

3931414_m

今回はテレワークで働くコツを交えながら、アフターコロナの働き方と20代のうちに鍛えるべき能力について解説しました。

新卒採用枠の減少や雇止めなど、就職市場に関するネガティブなニュースは多いですが、それがすべてではありません。

アフターコロナの時代に求められる能力を磨き、転職エージェントサポートを受けて、満足のいく転職を実現しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら