限られた時間の中で、最大限の成果を出す。

これは社会人であれば当然求められているもので、特に常に数字の成果を求められている営業であれば、なおさら重要と言えます。

しかし、営業という仕事はお客様へのアプローチだけをすれば良いわけではありません。

商品知識の蓄積や営業トークの確率、市場の情報収集等の前準備、お客様へのアフターフォロー等の後始末。

やらなくてはいけないことは多岐にわたります。

そのため、いかに業務を効率化し、直接お客様へのアプローチにかける時間を確保するかが営業の永遠の課題とされています。

それでは一体どのように効率化をすれば良いのでしょうか?

そこで今回は営業業務の効率化を実現してくれる営業効率化ツールについての詳細と、その中でも特にオススメのツールをご紹介いたします。

Contents

おすすめの営業効率化ツールをご紹介

悩んでる女性

まずそもそも、営業効率化ツールとは一体なんなのか?

端的にいうと読んで字の如く、営業効率を最大化するためのツールです。

一言で営業支援ツールと言っても、昨今では多くのメーカーからさまざまな営業支援ツールが販売されており、ツールによって用途も千差万別です。

当然どれを選んでもよいわけではなく、自社に合った営業支援ツールを選ぶことで、導入のメリットを享受できます。

ここでは、営業効率化ツールの種類と、その特徴に触れながらご紹介していきます。

営業効率化の必要性を知ろう

タイピングする画像

まずはなぜ、営業を効率化する必要があるのか深堀りしていきます。営業を効率化することで得られるメリットは以下の3点です。

 

売上や収益の向上に繋がる

仕事のお金

そもそも営業活動の目的とはなにか。

それは企業の売上および利益を向上させることです。

企業において、売上とは「顧客数と客単価」で試算され、顧客は既存の顧客と新しい顧客に分けられます。

その中でも特に目的達成の近道となるのは「新規顧客を増やすこと」です。

そのため、効率的に新規顧客を開拓することがとても重要であり全ての企業が力を入れるべき優先事となります。

ただ、多くの企業が新規開拓に取り組めていない現状があります。前述したとおり、営業と一言で言っても、その業務は多岐にわたります。

当然、直接顧客獲得に繋がる業務以外の仕事も多くあります。

そのような業務をこなしつつ、いかにお客様へのアプローチの時間を捻出するかがとても重要となります。

例えば、そのような営業活動を効率化することにより、新規顧客獲得に直接結びつく業務の時間を作り出すことができればどうでしょうか?

もうお分かりの通り、結果として売上や収益の向上に繋がるわけです。

そのため、企業活動において売上増加を目的にしたとき、営業活動の効率化は決して切り離すことのできないものなのです。

 

営業の負担が軽減される

前項でも記載したとおり、営業の仕事は商談だけではありません。

客先へ訪問後は自社に戻り、データ分析やレポート作成、日報等を作成することになります。

その結果、時間外労働が増えてしまい、社員は疲労しパフォーマンスが低下します。

そこで、そのような業務が効率化されることにより、社員の方々の負荷が軽減し、残業や休日出勤を減らすことができます。

当然、直接顧客へアプローチするための時間も増えるため、より自分の業務が直接売上に結びつく認識を持つことができます。

つまり、業務に対するモチベーションの向上も促進することが可能です。

 

営業のスキルアップに繋がる

桜、喜ぶ女性

営業の効率化がなされれば、自分自身のスキルアップにも繋がります。

それは効率化することにより削減された時間を、教育や自らの勉強の時間にあてることができるからです。

また、業務が効率化されたことにより、空いた時間を普段とは違う別のアプローチ方法確立のための時間に当てることも可能です。

例えば営業活動時に使う新たな資料の作成や、顧客のフォローやサポート等の時間を充実させられます。

またテレアポやDMなどのダイレクトマーケティング等の時間もいつもより取れるようになるでしょう。

このように、営業業務の効率化はさまざまなスキルアップに繋がります。その結果、さらなる売上向上も期待できることになるのです。

 

ワンポイント
営業の効率化が進めば自身のスキルアップに繋がる!

 

営業効率化ツールを使うメリット

スマホを触る女性

それでは次に、営業効率化ツールについて記載していきます。

前項でも述べたように、営業効率化ツールとは、営業効率を最大化するためのツールです。

では具体的に営業効率化ツールを導入することでどのようなメリットがあるか見ていきましょう。

 

作業時間の削減

営業効率化ツールの導入により作業工数の削減が可能となります。その削減できる項目は多岐にわたります。

例えば商談のための準備時間の短縮、進捗状況から次のアクションまでの検討手法の効率化等さまざまなものがあります。

だからこそ導入時には、現時点で一番効率化したいポイントは何かを明確にしておく必要があります。

 

営業進捗状況の可視化

皆さんの会社でも顧客別に営業担当者を分けて配置していることも多いでしょう。しかし、その体制には欠点があります。

それは担当者が不在の場合、顧客からの問い合わせに対応できないことです。

その問い合わせの緊急度や重要度によっては、会社のイメージを貶めてしまうことになりかねません。

そのため、お客様一人ひとりの進捗状況を営業組織として共有し、全体で把握することが重要となります。

そこでツールの導入により営業進捗状況を一目で把握できれば、顧客の満足度が上がり、組織としてより強固な体制を創ることができるのです。

 

営業情報の共有

営業効率化ツールはクラウド上で情報を一括管理するため、様々なメンバーが閲覧・更新できるようになります。

例えば、アプローチの方法やノウハウを共有できれば、組織全体のスキルアップが期待できます。

また、営業情報が共有化されることで業務の可視化に繋がり、特定の担当者に業務が偏るのを防ぎ、効率よく作業を分担できます。

これらを通じて、営業活動全体の効率化に繋がるでしょう。

 

ワンポイント
営業効率化ツールを使うメリット
・作業時間を削減することができる
・営業の進捗状況が視える化される
・営業情報の共有化が可能

 

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

営業効率化ツールを使うデメリット

バツのポーズをとる女性

前項では営業効率化ツールを使用するメリットについて記載してまいりました。

しかし、当然メリットがあればデメリットもあります。

企業によって営業効率化にかけるコストや条件も異なると思いますので、メリットとデメリットを十分に比較検討してください。

 

費用が高額化しやすい

営業効率化ツールは有料のものが多く、機能が充実している分、高額なものもあります。

また、1ユーザーあたりの価格設定や固定費などを確認したうえで、導入すればどの程度の利益を得られるのかを考えましょう。

 

常にセキュリティリスクに備える必要がある

多くの営業効率化ツールは、クラウド上で営業情報を管理しています。

その結果、大切な顧客情報等の重要情報が社外のネットワーク上で管理されることになり、社外から重要情報にアクセスすることになります。

そのためクラウドへ接続しているネット回線のセキュリティ対策や、ツールを使用する従業員本人への教育も十分に行う必要があります。

導入の際は、基本的なセキュリティ対策や社員へのセキュリティ教育を欠かさず実施しましょう。

 

ワンポイント
営業効率化ツールを使うデメリット
・高コスト化しやすい
・常にセキュリティリスクに備えよう

 

おすすめSFAツール

オンライン

SFAとは、一般的に営業支援システムと呼ばれており、営業部門の行動をデータベースとして管理し、売上向上へと結びつけることを目的としています。

SFAは通信インフラの確立と共に市場を広げており、多くの企業がSFAを導入しています。

今回はその中でも、筆者がおすすめするツールを3つご紹介いたします。

 

「Salesforce Sales Cloud」

Salesforce Sales Cloud」は、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するSFAのツールです。

Salesforceは世界で15万社以上が導入しており、グローバルに使用されているツールです。

 

特徴

・クラウド上にデータを保管することが可能

・効率化に必要な機能がひとつにまとまっているため、複数のツールを導入する必要がない

・「Einstein」というAIを搭載。これによって、これまでの活動状況やその活動によって蓄積された顧客データ等を自動で最適化してくれます

 

膨大な顧客や案件のデータから必要な情報を自動で抽出・分析することにより、業務の手間を省くことができます。

営業計画書の作成等、付随する業務に追われて、肝心の営業で実力を発揮できなくなるケースは少なくありません。

Salesforce Sales Cloud」を使うことで、営業担当者は本来の業務である営業活動で実力を発揮できるようになり、業績アップが期待できます。

 

「eセールスマネージャーRemix Cloud 」

eセールスマネージャーRemix Cloud」は日本の営業に合うように作られた純国産のSFAツールです。

 

特徴

・顧客情報を一括にまとめて管理することにより、営業活動を可視化する事が可能

・営業スケジュールや商談の内容などをリアルタイムで共有することが可能

・スマホで名刺を撮影するだけで顧客情報に自動反映される

 

eセールスマネージャーRemix Cloud」は足で得意先を回ることを前提とした日本の営業スタイルに合う作りとなっています。

 

「GeAIne」

GeAIneとはエッジテクノロジー株式会社が運営している新規開拓営業効率化ツールです。

リードに対して自動でアプローチしてくれるので人力での営業より効率的です。

テレアポより件数をこなすことができるので高いアポ獲得率が期待できることから多くの企業で導入されています。

 

特徴

GeAIneを使う際に必要となるのは営業リストと受注(顧客)リストの2つだけ。

・顧客リストから受注確度の高いリストを自動抽出可能

・事前に設定した文章パターンから効果が高いものを自動で選出

 

手当たり次第に営業リストの中から連絡を取っていると労力・コストがかかりすぎてしまいます

しかし、GeAIneを利用することによって、営業業務が格段に効率化し売上向上に繋がります。

営業リストを大量に所有しているが、そこからアポイントの獲得につなげることが難しいと感じている企業に適しています。

 

おすすめCRMツール

研究

CRMとは、Customer Relationship Managementの略称で、一般的に顧客管理システムと呼ばれています。

SFAが商談や案件の管理をするシステムであるのに対し、CRM顧客情報の管理に特化したシステムです。

顧客との関係性の維持を目的としており、商談や取引履歴をデータ化し、顧客のニーズを把握することができます。

 

「Microsoft Dynamics CRM」

Microsoft Dynamics CRMは、全世界で提供されています。CRMアプリケーション界で最も認知されているものといっても過言ではありません。

その使いやすさから、企業規模を問わず、幅広い業種、業態で採用されております。

 

特徴

Microsoft製品と連携することができ、OutlookやExcel等の使い慣れたツールからの入力が可能。

・商談スケジュール等の営業活動に関わる情報は、全て自動的にMicrosoft Dynamics CRMへ取り込み可能。

・対応言語が非常に多く、40以上の言語をサポート可能

 

Microsoft製品との連携がシームレスなので、「Microsoft Dynamics CRM」を導入した部署とのデータのやり取りがスムーズになるでしょう。

 

「Salesforce Essentials」

Salesforce Essentials」は前述した「Salesforce Sales Cloud」と同様、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するCRMツールです。

その中でも小規模企業向けソフトとして提供されています。

最大10人までの少人数企業に特化したCRMです。

 

特徴

・最大5名までの少人数企業に特化した顧客管理システム

・単純作業を自動化することが可能です。システムが自動で判断し、内容に応じて適切な人物へ転送することもできます。

低価格な料金ではありながら、Salesforce Sales Cloudの機能も利用が可能

 

あまり予算をかけられない中小企業やスタートアップ企業に向けて作られたプランで、煩雑な設定は一切なく利用開始できます。

CRM導入によりどんな効果が出るのかを実感したい企業がトライするにも最適です。

 

 

おすすめMAツール(マーケティングオートメーション)

パソコン、パワーポイント

MAとはマーケティングオートメーションツールと呼ばれ、顧客への対応のために必要な作業の自動化を目的としたツールです。

顧客を囲い込みやすく、優良顧客を育てることに繋がります。

 

「Pardot」

Pardot(パードット)とは、CRMの「Salesforce」と一体型で提供されているMAです。

マーケティング部門と営業部門の連携に効果的なツールです。

顧客のWebアクセス分析、Salesforce連携などを自動化することで、営業効果の最大化を実現します。

 

特徴

・株式会社セールスフォース・ドットコムの各種ツールと連携可能。SFAツールSalesForceと連携すると商談管理までカバーできることもできます。

・顧客別でリアルタイムに進捗確認が可能。リードスコア・行動履歴が操作画面に常に表示されるため、オンタイムで適切なアプローチを実現。

・英語・日本語両方で表記可能。海外に支社がある会社の場合、全社的に活用が可能

 

「b→dash」

b→dash」は、フロムスクラッチ社が提供しているサービスです。

デジタルマーケティングツール業界でシェアNo.1MAツールとして、業種・業界を問わず導入されています。

 

特徴

「データパレット」機能により簡単な操作でデータ統合が可能。プログラミングも必要なく、直感的な操作のみでデータ管理ができます。

・膨大な顧客情報や行動履歴などをデータ統合基盤に集約・連携しておくことで、データ分析を行う際の呼び出しの時間削減可能

 

専門的な知識がなくとも、気軽に運用できるという点がb→dashの強みです。

 

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

必要な営業効率化ツールの選び方のポイント

指し示す女性

営業効率化ツールをいくつか紹介させていただきました。

それぞれに特徴があり、自社に合った営業支援ツールを選ぶことで、導入のメリットを享受できます。

本項では営業効率化ツールを選ぶ際に注視すべきポイントを3点記載いたします。

 

効率化したい営業活動が何か考えよう

SFACRMの種類によって力を入れている機能や特徴が異なるため、自社の目的とマッチするツールを選ぶ必要があります。

ツールの導入に当たり、まずは自社の営業活動で抱えている問題・課題を洗い出し、ツールを導入して実現したい目的を明確にしましょう。

その問題点とツールの強みを比較し、より自社にあったものを選びましょう。

目的を選ぶ際の注意点としては、「売上の向上」等抽象的な目的ではなく、「商談の視える化」といった具体的な目的を掲げることが重要です。

目的を明確にせずに曖昧な状態で導入してしまうと、費用対効果も実感できなくなってしまいます。

 

同業や同規模の企業の実績をチェックしよう

上昇グラフ

会社の規模や業界の特性によって、そのツールがより効果を発揮するか否か変わります。

大企業向けの営業支援ツールを中小企業に取り入れても、機能を使いこなすことは難しいでしょう。

また、中小企業向けのツールと比べて価格も高い傾向にあるため、結果的にコスト面で損をすることになります。

導入後の失敗を防ぐために大切なことは、導入を検討しているツールの他社の導入実績を確認し、自社に近い企業の実績をチェックしましょう。

 

ツールのサポート体制を確認しよう

初めてSFAを導入する場合は、ベンダーのサポートなしに自社のみで定着させるのは非常に困難です。

最低でも導入時にメインユーザーとなる営業部門に対して一斉レクチャーを実施してくれることは選定条件に含める必要があります。

加えて、困った時のサポート窓口が必要です。

24時間365日体制で整っていればベストですが、自社の稼働時間の大半をカバーしているベンダーを選ぶと良いでしょう。

対応方法がメールのみなのか、電話、対面でもサポートしてもらえるのかといった部分も導入後のサポート体制として確認が必要でしょう。

 

ワンポイント
数多くのツールの中から本当に合ったものを選び、効果を最大限に高めましょう。

 

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性アドバイザー

今回ご紹介させていただいた営業効率化ツールの機能や効果を理解することは、他社でも通用する大事なスキルとなります。

営業というスキルの可視化が難しい職種の中で、このスキルは転職活動をする上で非常に重要となるでしょう。

しかし、スキルを身につければ必ず希望通りの企業に転職が可能かとうと、そうではありません。

転職を成功させるには、多くの要素が必要となります。

それは自己PRの伝え方や印象に残る志望動機の作成方法、自分に本当に合った企業を知るための自己分析や企業研究等、様々です

働きながらこれら全てを納得の行く水準まで達成するのは大変ですよね。

そんな時、便利なのが転職エージェントです。

転職エージェントはあなたのパートナーとして、自己分析から面接対策までありとあらゆる転職活動をサポートしてくれます。

あなたの希望と合致した企業の紹介や、その企業が本当に求めている人物等、なかなか得ることができない情報を持っていることもあります。

もし、あなたが本当に転職を目指しているのであれば、転職エージェントの活用をオススメします。

まとめ

空を見上げる女性

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した営業効率化ツールの導入によってより短期間での商談成立・顧客の要望に沿った商品やサービスの提供を実現することが可能です。

しかし結局のところ、導入したツールが効果を発揮するかどうかは利用する皆さんの意識が重要になります。

ツールを使用する際は、なぜそのツールを使うのか、目的や目標を意識しながら活用いただくことが大事でしょう。

営業効率化ツールの機能やその効果を十分に理解しておけば、転職先でもその知識やスキルを十分に活躍することができます。

一度営業効率化ツールを活用してみたいと考えている方は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら