上司に退職の意思を伝えた際に、退職引き止めが原因でスムーズに会社を退職できないという人も多いのではないのでしょうか。

退職を固く決意している人は、退職を引き止められる可能性も予測して、退職計画を練ることが大切です。

この記事では、退職引き止めにあった場合の対処法とスムーズに退職するためのポイントを紹介します。

Contents

退職を引き止められた時の対処法を解説

退職,引き止め,対処法
退職意思を会社に伝える時は、上司からの退職引き止めの対処法を事前に心得ておくことが大切です。

上司から退職を引き止められた際に、上手な対応ができないと退職時期を逃してしまう人もいるでしょう。

退職を引き止められたときの対処法として実践したいのが次の5つです。

  • 上司が引き止めづらい退職理由を用意する
  • 退職理由は会社や同僚に対する不満を理由にしない
  • 退職希望日は明確にし、延期できない理由も準備しておく
  • 退職希望日より最低1か月前には、退職の意思を伝える
  • 退職日までに自分の業務と後任者への引継ぎを終わらせる

上司へ退職の意思を伝える際は、転職先で既に内定をもらっている等、相手が引き止めづらい理由を伝えましょう。

職場環境や同僚への不満を退職の理由とするのは、おすすめできません。

特に同僚への不満は人間関係悪化に繋がるだけでなく、部署移動という方法で退職を回避されやすいです。

職場環境への不満も、上司が改善策を提案してきた場合に、退職理由として認められない可能性があります。

また、退職希望日は明確にしておかないと、会社の都合で退職日を延期させられてしまう可能性があるので注意しましょう。

スムーズに退職するためには、上司から退職を引き止められたとしても、ぶれない退職の意思を伝えることが大切です。

上司が納得する退職理由で、退職日まで責任感を持って業務に取り組むことが、円満退職の秘訣でもあります。
 

ワンポイント
退職理由は明確に、相手が引き止めづらい理由を伝えましょう。

引き止めの理由は?

上司が退職を引き止める理由は、人手不足や後任者育成コストに対する心配など、さまざまな理由が考えられます。

「自分が会社に必要な人材だから」と前向きに引き止めを受ける人もいますが、理由はそれだけではありません。

以下の項目を参考に、上司が退職を引き止める理由について、詳しく把握しておきましょう。

人手不足になるのを防ぐため

人手不足,防ぐ
上司が退職希望者を引き止める理由として最も多いのが人手不足です。

1人退職者がでることで、業務が円滑に遂行できなくなる会社も少なくありません。

人手不足の会社は、退職者が出ても人員を補充するための人も足りていない状況です。

そうすると、上司や同僚に多大な負担がかかり、業務の悪循環を引き起こす原因となります。

つまり、人手不足の会社は、人を辞めさせないように必死なのです。

人員補充や教育コストがかかるから

人員補充や人材育成に多額の費用がかかることも、会社として退職希望者を引き止めようとする理由の1つです。

人員補充するコストよりも、退職希望者を引き止めた方が会社のメリットは大きいといえるでしょう。

そのため、昇給や昇格などの条件交渉をして退職者を引き止めようとする会社も少なくありません。

管理責任を問われるから

管理責任,問われる
会社によっては、退職希望者が出ると、退職者の上司の管理責任を問うことがあります。

そのため、自分の保身を目的に上司が退職を引き止めようとすることも珍しくありません。

例えば、退職希望者が急に退職した結果、業務に多大な支障がでる場合、会社は上司の管理責任を問う可能性が高いです。

特に、退職理由が会社や上司への不満である場合は、必然的に上司の管理責任に直結します。

そのため、労働条件改善や部署異動の提案などをして、退職を引き止めようとする上司も少なくありません。

退職の意思を強く主張しても、退職日を引き延ばすために退職届を保留扱いにされるケースもあるでしょう。

退職を告げた途端に上司が引き止めてくる理由は、会社や上司自身の都合によることも多いです。

退職の引き止めを避けるポイント

では次に、退職の引き止めを避けるポイントについて紹介します。

退職を引き止められても、スムーズな対応をするためには、事前に退職する際に必要な項目を抑えておくことも大切です。

退職届を提出しよう

退職届,提出
退職を1番確実にする方法が退職届を提出することです。

退職届は退職願とよく混同されますが、退職届と退職願は明確に違います。

退職願いは「このような理由で辞めさせていただきたいです」という趣旨で退職可否のおうかがいを立てるものです。

あくまでもお願いなので強制力は比較的弱いものになります。

一方、退職届は「このような理由で退職します」と労働契約の解消を通知するものです。

退職届は提出した時点で会社が受理しなくても、民法上2週間経過すれば退職が認められます。

どんな引き止めにあっても、確実に退職するためには、必ず退職届を提出するようにしましょう。

ただし法律を楯に会社の意向を無視して退職すると、円満退職できなくなるリスクもあるので気をつけましょう。

円満退職を目指すのであれば、周囲を配慮した行動を心がけることが大切です。

退職日を確定して伝えよう

退職を決断した際は、退職日も明確にしておくことが大切です。

退職日を確定して伝えることは退職の引き止めを避けるのに有効的ともいえます。

退職日に退職しないといけない理由が明確だと、会社も引き止めようがなくなるからです。

また、退職日を事前に明確にすることは退職希望者にも会社にもメリットがあります。

退職日が決定すると、業務引継ぎのスケジュールや有給消化の調整が早い段階で可能です。

逆に退職日が明確でないと、会社の都合で退職日を引き延ばされ、退職後の予定も立てづらくなるでしょう。

就業規則を確認しておこう

就業規則,確認
就業規則を把握しておくことも、退職を円滑に進めるために非常に大切です。

企業によっては、「退職は退職日の○○日前までに行う」など退職に関するルールが定められています。

もし退職希望日までの期間が、就業規則に反している場合、それを理由に引き止められることもあるでしょう。

事前に就業規則に定められているルールを確認し、退職日までに十分な期間を設けることも重要です。

退職日までのスケジュールを立てよう

退職引き止めを円満に解決する方法として、業務の引継ぎをしっかり行うことも大切です。

退職日までのスケジュールをしっかり立て、スムーズな業務の引継ぎを行えるように心がけましょう。

後任者が未定の場合は、自分の担当業務の引継ぎマニュアルを作成しておくことをおすすめします。

退職日まで責任をもって業務に取り組むことで、会社の都合とは別に応援してくれる上司や同僚も多いでしょう。

納得してもらえる退職理由を用意しよう

納得,退職理由,用意
退職引き止めを避けるには、会社が納得する明確な退職理由が必要です。

会社もやむを得ない明確な事情や理由に対して、退職者を引き止めることはできません。

既に転職先の入社日が決まっていたり、遠方への転居日が確定していたりする場合は引き止めを回避できるでしょう。

また転職を理由に退職する場合は、転職理由を今の会社では実現できない理由にすることがポイントです。

例えば年収アップが理由の転職は、就業先企業に年収をあげる条件で転職の引き止めをされる可能性があります。

また、在宅ワーク志望の退職であればそれをきっかけにリモートワークを導入するかもしれません。

スムーズな退職を求めるのであれば、現在の会社では解決できない退職理由を伝えるように心掛けましょう。
 

ワンポイント
退職を引き止められるには理由があります。引き止められない退職理由を把握してスムーズな退職を目指しましょう!

引き止められない退職理由とは

引き止められない,退職理由
では、会社や上司に引き止められない退職理由にはどんなものがあるのでしょうか。

引き止められない退職理由としてベストな理由は、今の会社では解決できない理由です。

例えば下記のような例が考えられます。

  • 現職は一般事務だが学校事務や医療事務など特殊な業種に進みたい
  • 夫の転勤で遠方へ引っ越さなければならない
  • 職種を変えたくて転職活動をしたところ、希望の会社から内定をもらった

まだ退職理由が明確でない人は、今の会社では実現できないことで、将来チャレンジしたいことを考えてみましょう。

あいまいな退職理由は、退職の延期や退職引き止めの原因になります。

退職の引き止めでトラブルにならないよう、退職理由はじっくり練り上げて、相手を納得させる内容にしましょう。

既に引き止められている時の解決法

既に,引き止められている,解決法
すでに退職を引き止められている場合は、引き止められている理由に対し、冷静に対応できるようにしましょう。

上司や同僚に大きな負担を与えるのであれば、事前に不安要素を把握し、解決策を提案することが有効的です。

例えば、人手不足を理由とする引き止めであれば、できるだけ充実したマニュアルを残しておきましょう。

また、退職届を提出するタイミングや交渉相手を見極めるのも大事なポイントです。

通常、退職の意思表示は直属の上司に行いますが、上司の対応次第で退職届けがすぐに受理されない場合もあります。

もし上司からの強い引き止めに悩んでいたら、さらに上の役職にあたる上司や人事部に相談するのも選択肢の1つです。

会社によっては相談窓口を用意している場合もあるのでチェックしておきましょう。
 

ワンポイント
退職の引き止めを受けるかどうかは個人の自由です。しかし、退職したくてもできない場合は、退職意思を曲げずにしっかり伝えましょう。

実際に合った退職の引き止め方法の例をチェック

退職の意思を伝えた時に引き止めなどのトラブルに合う人は予想以上に多いです。

次は、以下項目を参考に、退職引き止めの具体的な事例を確認してみましょう。

続けていれば良いことがあると期待させる

続けていれば,良いこと,期待
引き止め方で最もスタンダードなパターンが会社に残るメリットの訴求です。

「会社にとって必要な人材」や「今後〇〇のポジションを用意していた」などを理由に説得された場合は上記が該当します。

会社に残るメリットを条件に引き止められる場合、給与・役職・労働時間などの契約条件を交渉材料にされることも多いでしょう。

人間関係が原因で退職を希望する場合であれば、部署移動を提案されるのが一般的です。

会社にとって必要と思われているのは嬉しいものなので、退職の気持ちが揺らいでしまう人も少なくありません。

もちろん上司の説得で退職を辞めるのは自由ですが、その場合は会社に残ることで生じるデメリットも視野に入れて判断しましょう。

周囲に迷惑がかかると思わせる

次に一般的な引き止め方は、退職自体には了承を得られたものの退職時期で引き止めにあうケースです。

このような引き止めの理由には、人手不足や後任者不在などの理由が上げられます。

今退職すると、周囲に多大な負担がかかるので時期を見送らせてほしいと説得された場合は上記にあたります。

このような説得をされると、退職による罪悪感が生まれ、希望日に退職できなくなる人も多いのではないでしょうか。

しかし、会社に退職時期を任せると、退職後のスケジュールが立てづらいなど、デメリットも多いです。

例え、会社の事情を考慮して退職日の延期に応じた場合も、延期後の退職日は常に明確にしておくようにしましょう。

退職の届出を受理しない

退職,届出,受理しない
退職の引き止め方で最も悪質な方法は、退職の届出そのものを受理しないケースです。

上司に退職の相談をしても、別の話題にすり替えられたり、退職のデメリット訴求をされたりしたら注意しましょう。

もし、上司が退職届を受け取ってくれない場合は、第三者も踏まえて退職届を提出できる環境を作るようにしましょう。

これらのケースでは、残念ながらパワハラなどに至ったケースも過去の事例として報告されています。

もし、そのようなケースにあたってしまったらまずは交渉相手の変更を検討してみましょう。

それでもだめなら客観的な証拠を用意して労働基準監督署に相談する選択肢もあります。

引き止めに応じることで考えられるデメリット

退職の引き止めに素直に応じて、退職を取りやめる人もいますが、引き止めに応じた場合にも生じるリスクがあります。

特に注意が必要なのが職場内で自分の立ち位置や周囲の見る目が変わってしまうリスクです。

以下の項目を参考に、引き止めに応じることで考えられるデメリットも把握しておきましょう。

会社に居づらくなる

会社,居づらい
退職の引き止めに応じたものの、1度退職希望を出したことで、退職交渉前より職場に居づらくなる人も少なくありません。

上司とだけ退職の話をしていても、交渉中の雰囲気を察知して、周囲がそのことに気づいている可能性が高いです。

中には、退職を交渉材料にして周囲よりも良い契約条件になったことを妬む同僚も現れるかもしれません。

また、退職希望を出したことを周囲に知られることで、周囲からも「いつか辞めるかもしれない人」と認識される可能性が高まります。

再度退職を言いづらくなる

退職の引き止めに応じた場合、次に転職するチャンスが来た時のハードルが上がるのもデメリットの1つです。

条件交渉で辞めなかった履歴が残るので次回も交渉次第で引き止めできると思われる可能性があります。

他にやりたいことが見つかった場合の退職など理由が正当な場合でもトラブルになる可能性があるので注意しましょう。

はっきりと退職の意思を示して引き止め対策をしよう

はっきり,退職,意思
ある調査では退職の意向を伝えた場合の引き止めで、退職希望者の4分の3以上がトラブルを経験しているといわれています。

会社からの引き止めで退職計画が狂わないように強い意思を持って行動することが大切です。

上司へ退職意思を示す際は、退職が決定していることを前提にして意思の強さ曲げないようにしましょう。

「退職させていただけますか」は判断の裁量が上司にあるように伝わってしまうため、相談の仕方としてNGです。

退職意思を伝える際は、「〇〇の理由から〇月〇日付で退職をしたいです。」とはっきり述べましょう。

以下の場合は、引き止められる確率が高まるので注意してください。

  • 上司が客観的に見ても退職とその後について突き詰めて考えられていない
  • しっかりとした将来のビジョンを描けていない
  • 長所・課題を考えると進みたい方向とギャップがある

退職をスムーズに進めるためには、はっきりとした退職意思と合わせて、具体的で相手を納得させられる理由が必要です。
 

ワンポイント
退職の意思を伝える際は、退職理由や将来のビジョンを明確に分かりやすく伝えられるように準備しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職,悩み,転職エージェント,相談
もし退職の引き止めが原因で、転職に悩みを感じていたら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントを利用すると、転職先の紹介だけでなく、転職に関わるさまざまなサービスを無料で受けることが可能です。

また、さまざまな転職者の悩みを解決してきた実績もあるので、すぐに具体的なアドバイスを受けられます。

転職の悩みは1人で解決するのではなく、プロの力を借りて効率的に解決してみましょう。

まとめ

転職,退職,円満退社
会社へ退職の申し出をした際に、退職引き止めにあった場合の対処法は明確になりましたか。

スムーズな退職をするためには、退職を引き止められる可能性も考慮して退職準備を進めるようにしましょう。

会社によっては、人手不足や繁忙期と重なって、退職の意思を伝えづらいタイミングもあるかもしれません。

しかし、自分の人生は1度きりですから、後悔のないように退職のタイミングは自分で判断することがおすすめです。

退職引き止めが原因でトラブルになった場合は、転職エージェントや第三者へ相談して解決するようにしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら