転職面接は自分をアピールする場ですから、質疑応答の内容だけでなく、好印象を与えられることも重要です。

滑舌が悪い自覚がある女性の中には、それがマイナスに作用するのではないかと不安になる人もいそうです。

そこで今回は滑舌の悪さが転職面接に与える影響や、それを改善するための方法などについて解説します。

Contents

滑舌の悪さは転職面接に影響する?

162174_l (1)

転職面接の際、質疑応答で滑舌が悪かったことが直接の原因となって、不採用になるとは考えにくいです。

しかし、滑舌が悪いことで会話が弾みにくい、真意が伝わりにくいといった不利益があると予想されます。

応募者の滑舌の割る際によって、面接官が話を聞き取りにくいと感じた場合、心証が悪くなる可能性はあります。

そう考えると、滑舌の忘れは転職面接に影響するといえるでしょう。自分の滑舌がよいか悪いかわからない場合は、転職エージェントに相談してみるのも方法の一つです。

滑舌が悪くなる原因は

1110616_m

滑舌が悪い自覚がある人の中には、生まれつきだから仕方がないと諦めている人もいるかもしれません。

しかし実際には滑舌が悪い人には共通点があり、その原因を取り除くことで改善できる可能性があります。

ここでは、滑舌が悪くなる原因を3つ紹介します。

姿勢がよくない

滑舌の悪さの原因の一つに、姿勢がよくないことがあげられます。

声は肺から送られた呼気が声帯で音を鳴らし、それが喉や鼻、などで響いた時に、口などの器官で母音と子音を形成して発生します。

大きな声を出す際には、口腔や鼻腔などの空洞部分において声帯で発生した音を反響させる必要があり、腹式呼吸が望ましいのです。

しかし姿勢が悪ければ腹式呼吸が実践できず、喉周辺の筋肉にも負荷がかかるため、声帯を上手に動かすことができません。

その結果、滑舌になってしまうのです。

呼吸が上手くできていない

1169269_m

声を出す際に呼気が重要だと前述しましたが、滑舌が悪い人の多くは呼吸上手くできていないという共通点があります。

息を吐くタイミングで声が出るしくみになっているので、呼吸が浅くなることで呼気が減ると滑舌が悪くなります。

口呼吸の人に滑舌が悪い人が多いのは、呼吸が浅くなるからです。

また鼻呼吸ができている人でも、緊張すると呼吸量が少なくなるので、滑舌が悪くなってしまうケースが少なくありません。

リラックスできていない

転職面接で緊張する女性も多いと思いますが、リラックスできないことで滑舌が悪くなる可能性が高いので注意が必要です。

緊張すると体がこわばり、その影響によって表情筋や口の開け閉めが悪くなりがちです。

その結果、口がこわばり聞き取りにくい声になってしまいます。

ワンポイント

滑舌が悪くなる原因を振り返ると、遺伝など先天的な理由ではなく、生活習慣が関わっていることがわかります。

生活習慣であれば改善できるので、対処することは可能です。

 

滑舌をよくするメリットをチェック

163412_m

転職面接において、面接官に好印象を与えられれば内定に近づくことができます。

そう考えると、滑舌をよくすることにも意味がありそうです。ここでは、滑舌をよくするメリットを具体的に紹介します。

意思疎通がしやすくなる

転職面接の質疑応答で滑舌がよいと、面接官に自分の話していることが伝わりやすいので、意思疎通しやすいです。

面接官が回答に興味を持ち、さらに質問をしてくれるなど対話が増えれば、自分の人となりをアピールすることができます。

また滑舌がよい自覚があると、自信をもって話せるようになることも、メリットといえるでしょう。

表情が豊になり面接で好印象になる

715001_m

滑舌よく話すためには、表情筋を大きく動かす必要があります。さらに滑舌のよい人は、舌の筋肉も発達しているものです。

表情筋や舌の筋肉が発達すると、自然に口角が上がります。

口角が上がると笑っているように見えるので、明るい人という印象を与えます。

また表情筋が発達していると、表情が豊かにあるので、面接で好印象を与えられるのです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

滑舌がよくなる方法

3810374_m

滑舌が悪くなる原因を知ると、先天的な問題ではなく、習慣を変えることで対処ができそうに感じることでしょう。

転職面接を成功させるためには、滑舌をよくすることを考えた方が有利と考えられます。

ここでは、滑舌をよくするための方法を5つ紹介します。

笑顔で笑う

滑舌をよくしたいと考えているなら、日常生活において笑顔で笑うことを意識しましょう。

笑顔をつくることで表情筋が鍛えられると、正しく発声するために不可欠な口の周りや舌の筋肉の動きがよくなります。

笑顔でいる習慣ができることで、少しずつ滑舌もよくなっていきます。

天井に向かって思いっきり下を出す

752464_m

滑舌をよくするにあたり、舌の筋肉を鍛えることは重要なポイントです。

舌の筋肉を鍛えるうえで、天井に向かって思いっきり舌を出すのが有効です。具体的なやり方は、以下の通りです。

・天井と顔の正面が平行になるように、上を向く

・口を開いて天井に向けて、思いっきり舌を突き出す

・その状態のまま5秒数えてから、顔を正面に戻す

・この動きを数回くり返す

この動きを毎日に取り入れることで、日に日に舌の筋肉が鍛えられているので、ぜひ実践してみましょう。

母音だけで声を出す

声を出す際に母音と子音を発声することは、すでに前述しました。日本語を発声するにあたり、難しいのは母音です。

そのため、「あいうえお」を正しい口の形を意識して発声する練習をすることも、滑舌の改善につながります。

単に「あいうえお」というだけでなく、「おあおうおあいあう」など、母音を連続させて発声する方が効果はあります。

練習の際には、口の開け方を意識するとより効果が出ます。

・あ:口を大きく開け、縦に指2本分ぐらいを開けて発生する

・い:えの口の形より横に広げて発声する

・う:おの口の形より唇をすぼめ、指1本分くらい入る大きさで発声する

・え:あの口の形から横に広げ、唇の上下を狭くして発声する

・お:唇をとがらせるイメージですぼめて発声する

滑舌をよくするトレーニングにするためには、「あえいおう」の順番で練習する方が、口の動きに無理がありません。

「あえいうえおあお」を、くり返し練習するとよいでしょう。

早口言葉の練習

4029279_m

滑舌をよくするトレーニングとして始めやすいものに、早口言葉の練習があげられます。

早口言葉を練習することで表情筋や舌の筋肉が鍛えられ、滑舌が改善されます。試してほしい早口言葉は、以下の通りです。

・生麦生米生卵

・お綾や親にお謝り

・バナナの謎はまだ謎なのだぞ

その際に大事なのは早くいうことではなく、正しく発音することです。口の形や動きを意識しながら、練習しましょう。

仰向けの状態で腹式呼吸をする

滑舌をよくするうえで、呼吸が大事なことも前述しました。口呼吸している自覚がある人は、腹式呼吸をマスターすることが大事です。

その効果的な方法に、仰向けの状態で腹式呼吸をすることがあげられます。

仰向けに寝ると自然に腹式呼吸になるので、以下のことを意識して練習しましょう。

・背筋を伸ばして仰向けに寝る

・腹部に手をあて、息は鼻から吸う

・息を吸った時にお腹が膨らむことを確認する

・ゆっくりと口から息を吐く

これを何度かくり返します。このトレーニングに慣れたら、次は座ったまま同じように呼吸します。

座った状態でも腹式呼吸ができるようになれば、滑舌が改善されやすくなります。

 

ワンポイント

■滑舌をよくするために意識すべきこと

・笑顔で笑う

・天井に向かって思いっきり下を出す

・母音だけで声を出す

・早口言葉の練習

・仰向けの状態で腹式呼吸をする

 

滑舌をよくしたいなら日々のトレーニングが重要

4348256_m

くり返し述べてきたように、滑舌をよくするためには表情筋や舌の筋肉を鍛える必要があります。

筋肉は1回トレーニングしただけでつくものではなく、継続して鍛えなければなりません。

また一度筋肉がついたからといってトレーニングをやめると、日を追うごとに衰えていくものです。

つまり、滑舌をよくするためには、日々のトレーニングが重要なのです。

 

ワンポイント

滑舌をよくするためには、トレーニングを正しい方法で継続することが何よりも重要です。

習慣化してしまえば苦もなくできるようになるので、正確な方法でできるまで、鏡を見ながら実践することをおすすめします。

 

滑舌が悪くても好印象を与える声や話し方の工夫をしよう

4192902_m

表情筋を鍛えても舌が短いなどの理由で、滑舌が悪い印象を与えてしまう人もいることでしょう。

もし思うように滑舌の悪さを改善できない場合は、それ以外の部分で心証をよくする工夫をすることをおすすめします。

ここでは滑舌が悪くても、面接官に好印象を与える方法を具体的に紹介します。

声のトーンや大きさを意識しよう

人間は緊張すると声が小さく、早口になる傾向が高いことが知られています。その結果、自信がない人という印象を与えがちです。

もし自分の滑舌が悪いと考えているなら、転職面接時には声のトーンと大きさを意識しましょう。

いつもの声よりワントーン高い声で、大きく発声することを意識すると、活発な人という印象を与えられるはずです。

声の抑揚や間を活用しよう

3184039_m

転職面接で声の抑揚や間を活用することで、滑舌が悪い印象を薄くすることができます。

例えば伝えたい言葉は大きめに強調して話す、棒読みではなくジェスチャーを交えることにより、話し方にメリハリがつきます。

日本語は状況説明をして最後に結論を伝える構成が一般的ですが、面接時には結論を伝えてから説明すると印象が残りやすいです。

また母音の発声を意識することで、聞き取りやすくなります。

背筋を伸ばして相手の目を見て話そう

転職面接で面接官がチェックしているのは、話す内容だけではありません。姿勢や目線などからも、相手の人となりがわかるからです。

滑舌が多少悪くても、椅子に姿勢よくやや前傾になるように座ると、面接官の話を積極的に聞こうとしている印象を与えます。

また面接官が質問する際に相槌を打つ、相手が話した言葉をオウム返ししてから回答するのも有効な方法です。

 

ワンポイント

滑舌が悪くても、自分の考えをしっかり伝える工夫を凝らし、面接官の話をきちんと聞いていることが伝われば問題ありません。

上記3つの心がけを実践することで、面接官に好印象を残しましょう。

 

面接で避けたい話し方は?

3284833_m

面接において最も大事なことは、面接官に好印象を与えることです。それを実現するためには、面接で避けた方がよい話し方があります。

まず、面接官が話している途中で回答を始めることです。相手の話を遮った時点で、他人の話を聞かない人と思われます。

次に「私はぁ」「ですぅ」など、会話の語尾をのばすことです。そうした話し方をする人は、子供っぽいと判断されてしまいます。

最後は質問に回答する際に、「えっと」「なんか」といった口グセが出てしまうことで、だらしない人物と思われるリスクがあります。

自分の話し方を客観視できない場合は、転職エージェントに模擬面接をお願いしましょう。具体的なアドバイスももらえるはずです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

滑舌や話し方を改善して面接官に好印象を与えよう

919911_m

滑舌の悪さや話し方のクセは、後天的な理由でつくことが多いです。そう考えると、日頃から意識して練習することで改善できます。

長年ついた習慣を変えるのは簡単ではありませんが、日常生活の中で意識することで変えられると思えば、試す価値はあります。

そして面接での質疑応答は、日常会話とは違います。「たくさん」「すごく」といった口語表現は、適しているといえません。

転職面接時の話し方によって、社会人基礎力のレベルがはかられますので、良識ある大人として認められる話し方を意識しましょう。

面接対策は転職エージェントを活用しよう

1340967_m

転職活動の目的は、単に再就職先を探すことではありません。長く働き続けることができるよう、企業との相性も重要です。

自分が志望する業界や職種、企業風土などの条件を満たした会社から内定を受けるうえで、面接対策をしっかり行うことは大事です。

面接時の自分の状態を自覚するのは難しいので、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントでキャリアカウンセリングを受け、紹介された求人は自己応募するより、ミスマッチする確率が低くなります。

また応募企業の雰囲気や求める人物像を理解しているので、質疑応答の内容も含めて、具体的にアドバイスしてもらえます。

その際に滑舌や話し方、姿勢などについても教えてもらえるので、プロのサポートを受けて内定に近づきましょう。

まとめ

162120_m

今回は滑舌の悪さが転職面接に与える影響や、それを改善するための方法などについて解説しました。

滑舌の悪さは練習をくり返すことで改善することが可能で、面接官に好感を抱かせることも夢ではありません。

滑舌を改善しておくと、入社後のコミュニケーションにもよい影響を与えるので、これを機会にトレーニングを始めてみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら