女性が海外から転職活動を成功させるには、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

誰でも転職活動をスムーズに進めたいと思いますし、理想の転職先を見つけたいと思うものです。

海外からの転職活動を有利に進めるコツや注意点と一緒に解説します。

Contents

海外から転職活動を成功させる方法

桜、退職

海外から転職活動を成功させる秘訣はスケジュール管理を徹底的に行うことです。

いつまでに転職を決めたいのか、そのためにはいつから動き始めなければいけないのか。

まずは転職活動全体の大まかなスケジュールを把握しましょう。

次に気になる企業を探して応募先を絞っていきます。

候補の企業が見つかればどんどん応募してください。

書類選考が通れば面接を受けることになりますが、対面での面接は一時帰国する必要があります。

トラブルが発生し面接を受けられないなんてことにならないよう、余裕を持ってスケジュール調整することが大切です。

また、帰国するための航空券や日本に滞在するためのホテルの予約もしなければなりません。

どれか1つでも遅れが出てしまうとすべてに遅れが生じてしまいます。

せっかく面接まで到達しても水の泡になってしまいますから、スケジュール管理は徹底的に行ってください。

海外からの転職活動の進め方

人差し指を立てる女性

海外からの転職活動の進め方は基本的に日本での進め方と同じです。

まずは応募先の企業を見つけるところから始めます。

このとき転職サイトに登録することであなたの希望に合った転職先を探しやすくなります。

気になる企業があればどんどん応募しましょう。

また、転職エージェントを活用するのも転職活動をスムーズに進めるうえで重要です。

「職業安定法」について

転職サイトを利用する際に気を付けるべきことが職業安定法という法律の存在です。

職業安定法では、海外在住者に対する企業紹介に制限がかけられています。

つまり海外在住者はすべての転職サイトを利用できるわけではないということ。

各転職サイトに注意書きが載せられていますのでしっかり確認しましょう。

基本的にパソコン1台で進める

海外からの転職活動は基本的にパソコン1台で進めます。

転職サイトや転職エージェントの登録、企業探し、エージェントとの打ち合わせなどすべてパソコンで行うのです。

また、企業によってはWeb面接を実施しているところもあります。

海外にいながら選考が進められるので、パソコンを使える環境を整えておきましょう。

 

ワンポイント
・職業安定法の規定により、すべての転職サイトが利用できるわけではない
・パソコン1台で転職活動を進める

海外からの転職活動のポイント

胸に手を当てる女性

海外から日本の企業に応募する際には大きく分けて2つのポイントがあります。

それは、海外でもできることと日本でしかできないことを整理すること。

転職活動をスムーズに進めるためにも大切なことなので、しっかり確認していきましょう。

海外でもできることを整理しよう

転職活動を進めるうえで、まずは海外でもできることを整理してください。

海外でもできることとして次のようなものが考えられます。

・転職の目的、転職理由を考える

・転職先の候補を絞る

・志望動機を考える

・転職サイトや転職エージェントを利用する

・書類の提出やWeb面接を受ける

上記はいずれもインターネット環境さえ整っていればどこでもできることです。

日本に一時帰国したときすぐ面接を受けられるよう、準備できることは今のうちに済ませておきましょう。

日本でしかできないことを整理しよう

頭にペンを当てる女性

日本にいるときにしかできないことは次の通りです。

・エージェントとの対面相談

・企業との対面面接

相手と直接会って話をすることは日本にいるときにしかできません。

エージェントとの打ち合わせや相談は、実際に会って話したいという人も多いでしょう。

また、企業との対面面接、特に最終面接は会社に出向く必要があります。

日本にいる時間を有意義に使うためにも、対面で話すことはあらかじめ準備しておきましょう。

 

ワンポイント
 海外でもできることは海外にいるうちに終わらせておき、時間を有効活用しよう!

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

海外からの転職活動を有利に進めるコツ

考える女性

海外からの転職活動を有利に進めるにはどうすればいいのでしょうか。

海外在住者が日本の企業に転職することは不利ではありません。

コツを押さえれば有利に転職活動を進めることにもつながります。

2つのポイントを確認していきましょう。

スケジュール管理をしっかりしよう

海外からの転職活動を進めるうえで一番大切なことはスケジュール管理です。

転職先を探したりエージェントと打ち合わせをしたり書類を作って応募したりと、やることはたくさんあります。

最終面接まで進めば一時帰国するために航空券やホテルも予約しなければなりません。

万が一のことも考え、余裕を持ったスケジュールを立ててください。

また、最終面接を受ける企業に対しても帰国予定日を伝えると好印象を与えられるでしょう。

転職エージェントに登録しよう

海外からの転職活動を有利に進めるにはエージェントとの連携が欠かせません。

エージェントは転職のプロなので、あなたに合った企業を見つけることにつながります。

長年の経験を生かし転職に対する不安も解消してくれますから、エージェントの利用は必要不可欠です。

転職エージェントを利用するメリットは?

指をさす女性

転職エージェントを利用するメリットを3つご紹介します。

海外からの転職を成功させた多くの人はエージェントを活用しているようです。

非公開求人がある

転職サイトには掲載されていない非公開求人というものがあります。

非公開求人は一般に公開されている求人ではありません。

企業によっては非公開求人で即戦力を求めている場合があります。

エージェントは多くの非公開求人を抱えているので、もしあなたに合った企業であれば紹介してもらえるでしょう。

一般的には出会えない求人が見つかることもあるので、エージェントを活用することは転職先の幅が広がることにつながります。

書類添削や面接対策をしてくれる

履歴書

エージェントはこれまで培ったノウハウを生かし、書類の添削や面接対策を行ってくれます。

自分にとっていい具合に書類を書けたとしても、他人が読めばあまりいい出来とはいえないことはよくあるのです。

書類を添削してもらうことは書類選考を通過するために欠かせません。

また、面接対策も1人ではできないことです。

エージェントは面接を突破するためのコツを押さえていますから、客観的に評価してもらえるでしょう。

面接の日程調整を請け負ってくれる

エージェントは面接の日程調整もしてくれます。

海外で働きながら日本の企業と日程調整するのは難しいもの。

時差の関係もあるので、お互いが活動している時間が一致しない時間帯の方が多いでしょう。

エージェントは日本にいるので、あなたの都合のいい日程を考慮して企業との調整をスムーズに行ってくれます。

 

ワンポイント
 転職エージェントは海外からの転職を成功させるために欠かせない存在!

海外からの転職活動でやっておくべきこと

窓を見る女性

海外からの転職活動を始めるにあたって、やっておくべきことが2つあります。

事前に済ませておくことでスムーズな転職活動ができますから、しっかり確認していきましょう。

転職の目的や目標を決めよう

転職活動でやっておくべきことの1つ目は、転職の目的や目標を決めることです。

現在海外に在住しているあなたはなぜ日本の企業に転職しようと考えたのか。

日本の企業に転職して成し遂げたいことは何か。

このようなことは必ず面接で質問されます。

海外から日本企業へ転職するという多くの転職者よりも特殊な状況を糧にしたいところ。

目的や目標が定まっていないと、転職活動はうまくいかないでしょう。

あなたが転職する目的や転職での目標を明確に決めてください。

自己分析をして強みを探そう

パソコン作業をする女性

転職活動でやっておくべきことの2つ目は、自己分析をしてあなた自身の強みを見つけることです。

自分のことは自分が一番よく分かっていると思いますが、本当にそうなのでしょうか。

意外と自分自身のことを詳しく知らない人が多いものです。

他人から指摘されて初めて自分の一面に気付くこともよくあります。

自己分析する目的は、あなた自身を知るほかに企業とマッチしているか把握するためでもあるのです。

会社側の条件が良くて志望したものの、いざ働いてみるとあなたの希望に合わなかった、なんてことが起こるかもしれません。

自己分析をしてあなたの性格などを詳しく把握すれば、転職でのミスマッチを防げます。

転職活動を成功させるためにも、自己分析は時間をかけて丁寧に行いましょう。

日本の転職事情を把握することの重要性

パソコンとメガネ

海外から日本企業へ転職する際には、日本の転職事情を把握することが大切です。

・どの職種が人気なのか

・あなたが志望する会社はどのような人材を欲しがっているのか

・転職先は今後も安定した成長を続けられそうか

・業界は盛り上がっているのか、それとも衰退気味なのか

海外在住の場合だと日本の転職事情はなかなか把握しづらいでしょう。

だからこそ、こういったことを把握しておくことで転職活動をスムーズに進めることにつながります。

業界研究や企業研究もしっかり行ってください。

入念な準備をすることが、海外から日本への転職を成功させるポイントです。

 

ワンポイント
 日本の転職事情を理解して転職活動をスムーズに進めよう!

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

海外からの転職活動の注意点

禁止

海外から転職活動を行うときに2つ注意したいことがあります。

転職のミスマッチを起こさないだけでなく、あなたも企業も嫌な思いをしないために大切なことです。

あらかじめしっかり確認していきましょう。

応募先に海外にいることを伝えておこう

応募する際には、あなたが現在海外に在住していることを必ず会社側へ伝えましょう。

会社としては、応募してくる人材は日本にいると思っている場合がほとんどです。

業界や職種にもよりますが、海外から転職者が応募してくるとは想定していないことも考えられます。

まず大前提としてあなたが今海外から転職しようとしていると伝えることで、お互いの認識にズレがなくなるでしょう。

また、会社によっては何度も足を運んでもらうよう指示するところもあります。

対面でしか面接を受け付けていない会社もあるかもしれません。

あなたが海外にいることが分かれば、Web面接を行うなど柔軟に対応してくれるでしょう。

転職活動で失敗しないためにも、まずはあなたが現在海外に在住していることを伝えてください。

日本のビジネスマナーを学んでおこう

スーツの女性

日本のビジネスマナーはあらかじめ学んでおきましょう。

海外と日本では礼儀や作法に大きな違いがあります。

どちらが正しいということではなく、文化の違いによるものだと考えてください。

特にビジネスメールでは、「いつもお世話になっております。」という文言から書き始めます。

慣れていないと違和感を覚えるでしょう。

メールだけでなく言葉遣いや服装もポイントです。

特にWeb面接を行う際は、私服ではなくフォーマルな格好をしてください。

ジャケットを羽織るだけでもOKです。

日本と海外のマナーは違うということを理解したうえで、日本のビジネスマナーはあらかじめ学んでおきましょう。

海外からの転職活動のポイントを押さえて転職を成功させよう

パソコンを操作する女性

あなたが海外に在住しているからといって、日本への転職が不利になるわけではありません。

スケジュール管理を徹底したうえでスムーズに転職活動が進められるよう意識しましょう。

特に一時帰国する際には余裕を持ってスケジュールを立ててください。

また、帰国予定日など細かく会社側へ伝えることで、好印象を与えることにもつながります。

転職サイトや転職エージェントをうまく活用しながら、ポイントを押さえて転職を成功させましょう。

まとめ

ガッツポーズ

海外から転職活動をする際には、日本の企業を志望した理由を明確にする必要があります。

なぜ海外に在住していたのか、なぜ日本で働こうと思ったかという質問は必ずされるでしょう。

スラスラと答えられるようあらかじめ準備しておいてください。

1人で転職活動を進めると、企業を探したり日程調整が大変だったりと壁にぶつかることがよくあります。

スムーズに転職活動を進めるためにも、転職エージェントを活用してみてください。

エージェントはこれまでの経験やノウハウを生かし、あなたに合った転職先を見つけてくれます。

エージェントと二人三脚で理想の未来を手に入れましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら