書類選考を通過していよいよ面接を受けに行く。その時、面接会場には開始時間の何分前に到着しておくのが良いのでしょうか?

もちろん遅刻するのは問題外。しかし、だからと言ってあまりに早く着きすぎても心証を損なうかもしれません。

今回の記事では、そんな気になる面接会場への理想の到着時間について解説します。

受付や会場でのマナーについても説明しますので、これから面接にのぞもうという方はぜひ参考にしてみてください。

 

Contents

面接会場への到着は何分前が理想か解説

疑問を持つ女性

面接会場への到着時間にはおおよそ何分前という理想的な時間があります。その時間とは5~15分前。

これよりも早く会場に着いてしまっては、受付の人を困らせたり面接担当者に不快感を抱かせたりしてしまいかねません。

ところで、あなたが行こうとしている面接会場は初めて行く場所でしょうか。それとも何度か通ったことのある場所でしょうか。

初めの場所ならアクセスルートは入念に調べておきましょう。逆に、知っている場所なら余裕を持った行動が取れるはずです。

どんな仕事をする時も時間の管理はとても重要。社会人として、約束の時間は必ず守らなければなりません。

面接に遅刻すると、間違いなく相手に嫌な印象を与えます。きっと仕事にもルーズなのだろう、などと思われては大変です。

肝心な場面でそのような事態に陥らないよう、面接会場へは上記の理想的な時間に到着するよう心がけましょう。

 

ワンポイント
・面接会場への到着時間の理想は5~15分前

面接会場への到着時刻の目安をチェック

時計

 

ここからは面接会場への到着時間の目安を具体的にチェックしてみましょう。

これくらいに着いていれば問題ない、相手から不自然に思われることも、担当者に不快感を与えることもないという時間帯です。

この時間の到着ができていれば、面接担当者とやり取りをする前の心の準備や身だしなみの再確認も余裕で済ませられます。

面接会場のビル前には10〜15分前に到着しよう

面接会場のあるビルの前には10~15分前に到着しましょう。

これくらいの時間に到着しておけば、余裕を持って頭の中の整理や服装の再確認を済ませることができます。

到着時間がギリギリになり、着いてすぐ面接となると、面接担当者との落ち着いた受け答えはなかなかできないもの。

心の焦りはたちまち言動に表われて、初対面であれば大いに心証を損ないます。

相手に行き当たりばったりな印象を与えないためにも、面接を受ける前には余裕を持った行動を取るようにしましょう。

5分前には受付をしよう

面接会場に受付がある場合、5分前には訪問の意図を伝えて面接担当者に取り次いでもらいましょう。

それより早すぎては、他の仕事に取り組んでいるであろう面接担当者の作業を中断させてしまいかねません。

ただ、受付を済ませた後でも何らかの障害は想定されます。エレベーターの混雑や、会場までの移動距離の長さなどです。

これらの障害を回避するためにも、現地ではできる限り状況をよく見て行動することが肝心。

5分前受付は、そうした状況判断を済ませた上で採用する時間設定です。

 

ワンポイント
・面接会場へは余裕を持って向かい、遅れそうなら必ず連絡する

面接会場に到着するまでに意識したいこと

ベンチに座る女性

理想的な時間に面接会場に到着する。そのために、到着前までは一体どのようなことを意識しておくべきでしょうか?

可能ならば前日までに会場の下見をしておきたい所です。また、現地の住所を調べて移動にかかる時間を計算します。

所要時間が割り出せたら、面接の開始時間から逆算して出発時間を決めます。これは利用する交通機関によっても変わるでしょう。

ここからは、その先、会場に到着するまでに意識しておくべきことを具体的に3つご紹介します。

時間ぴったりは「遅刻」と同じ

バツ

 

面接開始の予定時間ぴったりに会場に到着することは、遅刻と何ら変わりないので必ず避けましょう。

多くの企業の入り口には受付があり、係の人に取り次いでもらうか、内線を使って自分で採用担当者を呼び出すことになります。

これはつまり、現地に到着してから実際に面接が始まるまでいくらか時間がかかるということです。

採用担当者の多くは、面接開始時間のことを転職希望者と対面して会話をスタートさせる時間と捉えているもの。

予定時間より早めに受付を済ませなければ、採用担当者が考える面接開始時間に遅刻してしまうのです。

交通機関の遅延も想定しておこう

悩み

どんな交通機関を利用するにせよ、それが何らかの理由で遅れるかもしれないことは必ず想定しておきましょう。

事故や機械の故障など、あらゆる交通機関はトラブルによって遅延する可能性を常にはらんでいます。

なので、現地までのアクセスルートを把握できたからといって、余裕のない時間設定で会場に向かうべきではありません。

何かあった時にはすぐに別の交通機関を使って移動する、という気構えはあった方が良いでしょう。

到着ギリギリになりそうな時は連絡しよう

女性、電話

たとえどんなに入念な準備をして面接の日を迎えても、何らかのトラブルによって時間がなくなってしまうことはありえます。

このままでは到着がギリギリになってしまう。そんな事態に陥った時は、迷わず訪問先の企業に連絡を入れましょう。

その際、理由をきちんと説明することと、分かるならば何分遅れで到着できそうかを伝えることも忘れてはいけません。

多くの採用担当者は、不慮の出来事が原因で遅刻することを責めたりはしないでしょう。

 

ワンポイント
・遅刻も早く着きすぎもNG

面接会場の到着時間で注意したいことは?

悩んでいる女性

面接会場への到着時間に関して、注意しておくべき基本的なことをここでもう一度押さえておきましょう。

転職希望者として企業を訪ねる時だけでなく、会社員がアポイントメントを取って他社を訪問する時にも基本となる事柄です。

肝心なことは2つ。遅刻をしないことと、あまり早く現地に着きすぎないこと。以下の項目でそれぞれ詳しく見てみましょう。

遅刻は当然NG

面接開始時間に遅刻してはいけません。約束の時間を守ることは社会人として最低限のマナーです。

遅刻は採用担当者に非常に悪い印象を与えます。誠実さに欠ける人だ、仕事にもルーズに違いない、なとど思われかねません。

そんなマイナス印象を与えてしまった場合、面接を受ける他の転職希望者たちに大きく溝をあけられることになります。

遅刻は絶対にしないこと。もしも何かトラブルがあって遅刻しそうなら、できるだけ早くそのことを担当者に連絡しましょう。

早く着きすぎるのもNG

遅刻はNG。だからといって、面接会場にあまりに早く着きすぎるのもいただけません

採用担当者の多くは面接以外にも仕事を抱えています。予定の合間を縫って転職希望者と面会することも少なくありません。

約束の時間よりもずっと早く着いて、しかも到着を採用担当者に伝えてしまった場合、相手の予定を狂わせる可能性があります。

相手を待たせているという状況にストレスを感じる人は少なくないので、採用担当者に不快感を抱かせてしまうかもしれません。

そんな事態を招かないためにも、会場に早く着きすぎることは避けましょう。

 

ワンポイント
・早く着きすぎたら建物を離れカフェなどで待ち時間を過ごす

早く着きすぎたらどうする?

転職希望者の皆さんの中には、遅刻するよりはずっといいという考えから、現地に早めに乗り込む方も少なくないでしょう。

絶対に就職したい、第一希望の会社の面接にのぞむ時など、そうした過度な安全策を実行したくなるのも無理はありません。

現地に早く着きすぎた時には、ではどのように行動すればいいのか。注意すべきポイントを3つご紹介します。

受付の前で待機するのはやめよう

現地に早く着きすぎた時、受付の前でじっと待機するのはやめましょう

有人の受付の場合、採用担当者に取り次ぐべきか否かなど、係の方に無用な気を遣わせてしまいます。

内線電話が置いてあるだけの無人の受付であっても同じです。出入りする人や施設の警備に不審な印象を与えかねません。

うっかり悪目立ちして、そのことが採用担当者の耳に入れば、心証を損なう原因ともなりえます。

現地に早く着きすぎた時は、いっそ建物から離れて別の場所で時間を潰した方が有意義だと言えるでしょう。

面接会場の場所を確認しよう

現地に早く着きすぎた時、ひたすら待って時間を潰すのではなく、面接会場の場所など詳しいことを確認するのはおすすめです。

企業によっては受付と面接会場が位置的に離れていることも少なくないので、移動に何分程度かかりそうか確かめましょう。

有人の受付であれば、面接の場所はどこなのか尋ねるのも手です。

移動にかかる時間を確認し、また後ほどうかがいますと挨拶をして立ち去れば、相手に好印象を与えることができるでしょう。

カフェやファミレスで待ち時間を過ごそう

現地に早く着きすぎた時は、近くのカフェやファミレスに入って待ち時間を過ごすことも有効です。

自分ではそんなつもりはなくても、大事な面接の前には緊張や強ばりがどこかにあるもの。

1人でリラックスする時間は、知らず入っているそれらの無用な力を抜いてくれます。

何を聞かれたらどう答えるか自分の中でリハーサルをするなど、本番に向けての最後の準備をすることもできます。

心を落ち着けて、改めて自分自身と向き合い、面接で最高のパフォーマンスを発揮できるようにしましょう。

受付の仕方を事前にチェック

女性、エージェント

多くの企業には、入り口に有人か無人の受付が設けてあります。

無人の場合、内線電話が置いてあったりタッチパネルが備え付けてあったりと、そのスタイルは企業によって様々です。

転職したい企業との、最初の直接のアクセスポイントである受付。

そんな受付で、転職希望者はどのような振る舞いをすれば良いのでしょうか。

有人、無人、受付がない場合の3パターンに分けて、それぞれ解説します。

有人受付の場合

有人の受付の場合、受付の係の方に挨拶して名乗り、来訪の意図を告げて採用担当者を呼び出してもらうことになります。

一連の流れで重要なのは、相手が採用担当者ではないからといっていい加減な態度を取ったりしないこと。

背筋を伸ばした姿勢でハキハキと喋り、きちんと受け答えするように心がけましょう。

採用担当者が来るまでその場で待たされることもあります。そんな場合もウロウロと歩き回ったりスマホを見たりするのはNG。

面接はすでに始まっていると思って、相応しい態度を取るよう努めたいものです。

無人受付の場合

受付が無人の企業も多々あります。その場合、内線電話が置いてあったりタッチパネルが据えてあったりとパターンは様々です。

無人の受付では自分で採用担当者に連絡して到着を告げなければなりません。担当者の氏名は忘れずに控えておきましょう。

またここでも、電話口やパネル越しだからといって油断せず、姿勢を正してハキハキと喋るようにしましょう。

周囲に人がいてもいなくてもきちんとする。そんな姿勢や態度こそが重要です。

受付がない場合は?

中には、特に受付というものを設けていない企業もあります。

呼び鈴やブザーが置いてあって鳴らすと人が出て来たり、入ってすぐ事務所になっていたりと、ここでもパターンは様々です。

後者の場合、訪ねた瞬間その場にいる社員たちの目が一斉にこちらを向くこともあるので、慣れていないと驚くかもしれません。

そんな時も、慌てず焦らず冷静に。好人物だと皆に思わせるチャンスと捉えて、にこやかに落ち着いて来訪の意図を告げましょう。

面接会場でのマナーを再確認しよう

○と✕の札を持つスーツ姿の女性

ここで、現地への到着時間から受付を済ませるまでの、面接会場でのマナーについておさらいをしておきましょう。

まず遅刻は厳禁。トラブルやアクシデントで着くのが遅れそうな時は、できるだけ早めにそのことを連絡します。

会場があるビルの前には10~15分前に到着。心の準備と身だしなみの最終チェックを済ませます。

5分前には受付完了。受付の係の方にも失礼のないように接し、いよいよ本番の面接にのぞみます。

最低限これだけのことができていれば何も心配することはありません。

面接の時間を間違えていた時の対処法

顔を覆って泣くスーツ姿の女性

あってはならないことですが、面接の時間を間違えていた時の対処法についても確認しておきましょう。

まず、間違ってとても早く着いてしまった場合。心配はいりません。時間までカフェなどでリラックスして過ごしてください。

問題は、時間を間違って到着が遅れる場合や、完全に遅刻してしまう場合です。気付いたらすぐにお詫びの連絡をしましょう。

その時、いい加減な嘘を並べて言い訳しないこと。きっとばれます。素直に謝罪して指示をあおぐ方がずっと得策です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

OKサインを出す女性

現地には理想的な時間に到着したけれど、受付から面接会場までがやたら遠くて、結局は採用担当者を待たせてしまった。

初めて訪ねる場所ではそんなことがあっても不思議ではありません。そんな不安を払拭してくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントは、様々な企業の内部の事情や、施設・設備に関する情報について深く精通しています。

受付は有人か無人か、受付から面接までの流れはどうなるのか、転職希望者が抱える疑問や不安を解消してくれるでしょう。

面接会場へのアクセスや到着時間について確かめておきたいことがあれば、迷わず転職エージェントに相談してください。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、転職の面接会場に到着するのは何分前がいいのか、理想の到着時間についてご紹介しました。

合わせて解説した受付周辺でのマナーのこともきちんと押さえて、ぜひ自信を持って面接にのぞんでください。

ただ、特に初めて訪ねる場所となると、分からないことだらけで気持ちが落ち着かないもの。

ちゃんと現地に着けるのか。着いて受付を済ませても、そこからスムーズに面接の場まで行けるのか。不安は多いことでしょう。

そんな時はすぐに転職エージェントに相談してください。的確なアドバイスでこちらの悩みを解消してくれます。

今回の記事が、よりよい転職活動の一助になれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら