労務事務はどんな企業でもかならず必要となる職種なため女性に人気な職種の1つです。

今回は労務事務への転職を目指す女性のために転職を成功させるためのポイントを紹介いたします。

未経験でも目指せるよう準備しておくべきスキルについても解説しますので、是非参考にしてください。

Contents

女性が労務事務に未経験で転職するには?

初心者サインをもつ女性

労務事務の仕事は細かく分けると以下5つの役割を担っています。

・給与計算

・保険関係の手続き(社会保険料、会社保険料など)

・入社や退職の手続き

・福利厚生

・就業規則の作成などの勤怠管理

労務は社員が働きやすい環境を整えることが仕事となり、給与計算や福利厚生などは社員の生活と密接に関わる業務です。

そのため作業の正確性が強く求められ、社内での高いコミュニケーションスキルも必要なため経験者が優遇される傾向にあります。

しかし未経験からでも募集している企業はありますので、未経験の人はまずは求人票で未経験可と記載のある企業に応募しましょう。

 

ワンポイント

労務事務は人事の仕事のなかでも社内の環境を整える仕事です。

同じ作業を長時間こなすことが苦でない人や正確性や責任が伴う仕事が好きな人に向いています。

 

労務事務の採用で経験者が優遇される理由

上記で触れたように労務の役割は保険などの専門知識や性格に手続きを行うことが求められる職種です。

企業にとっては経験者の方が教える手間が省けたり、業務内容を改善する知恵を得られたりと採用するメリットがあります。

ここでは労務事務の採用で経験者が優遇される理由を具体的に解説します。

給与計算ソフトを使いこなせる

給与明細、お金

最近は多くの企業が社員の給与計算の手続きをシステム化しています。

そのため企業は給与計算ソフトを使いこなせる経験者を優遇する傾向にあります。

もちろん企業によって扱うソフトは様々ですが、多くのソフトは似たような仕様で作られています。

そのため経験者の方が扱いやすく即戦力につながるのです。

給与計算は社員の生活に関わる非常に重要な業務なため小さなミスも許されない業務です。

給与金額の入力ミスや遅延などがあっては会社の信用にも関わる大事件となってしまいます。

責任感も知識も必要な業務だからこそ経験者が求められるのです。

社会保険の手続きに関しての知識がある

保険証

労務事務は保険への加入や脱退手続きも行うため社会保険の手続きに関しての知識が求められます。

未経験者だと1から勉強することとなり作業効率が下がるため、こちらに関しても経験者が優遇される理由となります。

社会保険の手続きに関しては必要書類やプロセスの知識が必要なだけではありません。

保険料の計算方法や社員から質問などにも臨機応変に対応する必要があります。

そのためには知識が豊富な経験者が優遇されてしまうのは必然とも考えられます。

即戦力を求めている

オフィス女性

労務業務において経験者が優遇される1番の理由は「即戦力となるから」といっても過言ではありません。

企業にとって労務の仕事は欠かせないポジションではありますが、実際に売上をあげて企業に利益をもたらす職種ではありません。

人件費のことも考えると新人を育てるより経験者を採用した方が企業にとってはメリットが大きいのです。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

未経験で労務事務に転職するのは難しい?

面接する女性

では労務事務に未経験から転職するのは難しいのでしょうか。

確かに経験者の方が優遇される傾向にある職種ではありますが、未経験だから出来ない仕事ではありません。

実際転職エージェントで求人票をみてみると未経験でも労務事務を募集している企業は多々あります。

人気の職種で適性などもあるので未経験から転職するのが難しいかと聞かれたら最初のハードルは少し難関です。

しかしきちんと事前に準備して、面接の対策などもして臨めば決して出来ない仕事ではありませんので安心してください。

業務内容的には元銀行員や元保険会社の人は未経験からの労務事務採用に合格しやすいバックグラウンドを持っています。

また労務でなくても人事や総務の経験があれば未経験でも有利に転職することが可能です。

全く別業界から目指す人もしっかり企業研究をして企業が求めている人材を把握することでチャンスが人がります。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

労務事務はどんな人が求められているか知ろう

労務事務

つぎは労務事務の仕事に求められる人物像について紹介します。

労務事務に向いている人の特徴として以下のポイントがあげられます。

・高いコミュニケーション力ある

・PCスキルが高い

・複数の同一作業を繰り返し正確に作業ができる

・スケジュール管理が得意

・臨機応変に対応できる

 

ワンポイント

労務事務の仕事は企業で働く社員のためのバックオフィス的立ち位置なため社内のあらゆる人と連携して対応するスキルが求められます。

社員全員分の作業をする必要があるため同一作業を長時間行う忍耐と正確に作業する几帳面さも必要となります。

また多岐にわたる業務なので常にスケジュール管理をしっかりと行い臨機応変に対応することが求められます。

 

未経験で労務事務に転職するには応募書類が重要

未経験で労務事務の職種に応募する際は書類の書き方が非常に重要です。

経験者に比べ不利な立ち位置からの応募となるため、履歴書や職務経歴書に記入する内容は慎重に準備しましょう。

履歴書のポイント

履歴書

履歴書で自己PRができる項目は資格欄と志望動機欄の2箇所です。

労務事務に活かせるITスキルや簿記などの会計に関わる資格などを取得しておくと書類選考通りやすくなるでしょう。

時間に余裕があり本気で転職したい人はまずは資格の取得を目指しましょう。

志望動機は自由に記載ができる自己アピールが1番できる項目です。

応募した理由と過去の経験を活かして具体的に何が得意で採用後はどんな活躍をしたいかを簡潔に熱意をこめて記載しましょう。

また労務事務の志望動機を考える際は経理などの他のデスクワークと差別化できる内容にしてください。

労務事務でなければできない志望り理由でなければ面接官の印象に残りません。

「人とコミュニケーションをとるのが好きで、人のために仕事をしたい」など労務ならではの動機を考えましょう。

同時に企業がどんな人材をもとめているかをしっかり企業研究して、企業の求める人材に自分を近づける努力も大切です。

職務経歴書のポイント

職務経歴書

職務経歴書には職務要約、職務経歴、資格、自己PRなどの情報を記入することが可能です。

労務事務が未経験の人は全ての項目においてなるべく労務事務に近い業務内容を強調してアピールしましょう。

労務事務の経験がなくても労務事務に必要なスケジュール管理力や正確性は他の業務を通してもアピールできるポイントです。

「スタッフのシフト管理をしていた」や「顧客管理を任されてから売上が〇%上昇した」など自分なりの実績をアピールしましょう。

また具体的数値を記入して過去の実績や評価を分かりやすく伝えることで信憑性が高まります。

面接官に好印象を与えるためにも、過去の実績は具体的にアピールするように心掛けましょう。

自己PR欄では労務事務に求められるコミュニケーション力や几帳面さが伝わる内容を取り入れることが大切です。

例えば「無遅刻無欠勤で仕事の納期を期日より遅れたことは1度もありません」などの表現は几帳面さや管理力をアピールできます。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

未経験で労務事務の転職を成功させるためのポイント

未経験で労務事務の転職を成功させるポイントは大きく分けて3つあります。

以下のポイントをしっかり意識出来る人どそうでない人では合否の確率に大きく差が出ます。

まずは転職を成功するためのポイントをしっかりと押さえるようにしましょう。

労務に関する資格を取得して熱意をアピールよう

本、時計

未経験の人が経験者と張り合って転職に成功するためには「資格の取得」は非常に効果を発揮します。

労務に関する資格を事前に取得しておくことで、転職する準備が十分に整っていることをアピールすることが可能です。

企業側も資格を提示されるとどの程度までのスキルがある人材なのかを判断しやすいというメリットがあります。

本気で労務事務に転職を希望するのなら資格取得も視野に入れてみて下さい。

資格によっては労務事務以外でも役立てられる資格となりますので転職の幅が広がるメリットにも繋がります。

人事や総務に少しでも関わった経験はアピールできる

面接、アピール

労務の仕事は人事や総務の経験と密接な関わりがあります。

企業によっては労務事務の仕事は人事枠にまとめられていることも多いです。

また逆に労務事務で入社しても人事や総務の仕事を一緒に任されるというパターンもあります。

ですので人事や総務に少しでも関わったことがある人は積極的にアピールするようにしましょう。

部活などで調整役として行動していたことをアピールしよう

調整力

労務事務の仕事は社内の人が働きやすい環境を整える業務ですので、過去に何かの調整役として行動した経験はアピール出来ます。

部活やサークル活動などで組織の調整役に値する行動をした経験のある人はその経験をアピールすることをすすめします。

組織の調整役を上手に担えるということはコミュニケーション力、管理力、正確性などが備わっている人物と判断できます。

労務事務の仕事に求められる人物像はまさに調整役のような人であること意識するようにしましょう。

 

ワンポイント

未経験でも上記のポイントを押さえていれば合格する確率は高まります。

資格、人事や総務経験、調整役の全てをアピールできなくても1つはアピールできることを見つけてみましょう。

 

未経験でも労務事務の転職を有利にするためのスキルは?

資格取得以外で未経験でも労務事務の転職をすこし有利にするためには以下のスキルがアピール出来ます。

PC操作スキル

パソコンと裁判

労務事務の仕事は給与計算や保険関連手続きに至るまで基本的にはパソコンを使用して行う作業がほとんどです。

逆に言えば基本的なパソコンスキルは必須の仕事であるともいえます。

労務事務の仕事を目指すのであればパソコンスキルが高いことを具体的にアピールできるようにしましょう。

コミュニケーション能力

女性グループ会話

労務事務の仕事は社内の同僚との関わりも頻繁にある職種です。

社員の給与など重要な情報を取り扱うため秘密保持を徹底しながら社内の人と円滑にコミュニケーションをとる必要があります。

入社や退社の手続きのタイミングでは保険や給与についての質問を受ける場面も多くなります。

臨機応変にコミュニケーションをとれる人が求められるので、コミュニケーション能力に自信のある人はアピールしましょう。

 

ワンポイント

パソコンスキルとコミュニケーション力は労務事務で必須の要素です。

両方極めれば他の分野でも活かせるスキルですので積極的にスキルアップを目指しましょう。

 

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

未経験でも労務事務の転職を有利にするための資格

最後に労務事務を目指すにあたり転職を有利にする資格を紹介します。

日商簿記検定

簿記、計算

日商簿記検定は3級以上を取得すると様々な業種で有利に転職できるスキルになります。

基本的には起業の営業活動を帳簿に記録するスキルや財務諸表の作成スキルなどを取り扱います。

1級を取得すると商業簿記・工業簿記に加えて会計学や原価計算の知識まで身につき、税理士試験の受験資格も得ることが可能です。

労務事務の仕事も給与計算や保険料の計算そして資料作成が求められるので、事前に資格を取得すると有利に働きます。

給与計算実務能力検定

お金、計算

給与計算実務能力検定試験はその名前のとおり給与計算業務に携わるのに必要な知識と実務能力を証明する資格です。

この資格はまさに労務事務の仕事の能力を証明できる資格となります。

資格を取得すると労務だけでなく人事や総務、経理の仕事にも活かすことが可能ですので仕事の幅も広がります。

1級と2級が存在し1級の試験は毎年11月しか実施しないため、資格の取得には計画的な準備が必要です。

労務事務を目指す人は是非資格の取得を目指してください。

電子会計実務検定

表計算

電子会計実務検定は会計のデジタル化に対応するために2005年から実施されている電子会計の能力を証明する資格です。

起業で使用する会計ソフトの知識だけでなく日商簿記検定の知識も求められる試験であるため実用的な資格として人気です。

こちらも取得しておくと労務事務だけでなく経理事務や会計事務などさまざまな分野で役立てられます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビジネスマン男女

転職活動をするときはただがむしゃらに1人で頑張れば合格するというわけではありません。

難易度が高まる転職ほど1人で合格をつかむのは至難の業です。

効率よく転職を進めるためにも転職活動をする際は転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントはただ仕事を紹介するだけが仕事ではありません。

応募者の適性や希望を踏まえた上で応募者にあった仕事を探してくれます。

また転職に関するありとあらゆる質問にも親身になって答えてくれるため、転職者にとっては非常に役立つ存在です。

まだ登録したことがない人は是非この機会に転職エージェントに相談してみましょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

まとめ

労務管理

労務事務に転職する方法について知識は深まりましたか。

経験者優遇だから難易度が高いように思う人もいるかもしれませんが、しっかりと準備をして臨めば難しいことはありません。

企業によっては未経験での採用をしていますので未経験の人もチャンスを逃さないように万全の準備を整えましょう。

資格の取得をすることで仕事の選択の幅も広がりますし、未経験からの採用を有利に進めることが可能です。

まずは時間をみつけて知識を身につけるところから始めてみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら