転職後に本採用を前提にした試用期間が発生する場合、その途中で退職するとどのようなことが起こるのでしょうか?

万が一の試用期間中での退職について特集します。意外と分かっていない転職後の試用期間での対応についての解説です。

試用期間中に退職はできるの?

コーヒーの画像

転職の求人案件をよく見ると、試用期間という用語が目立ちます。

研修期間と類似しているなど、何となく分かっているようで詳細をよく知らないまま受け取っている方も多いのではないでしょうか?

実は試用期間の時期でも雇用契約を結んでいることには変わりがないため、万が一の際には退職の申し出をすることができます。

どうしてもこの先のビジョンが不安で仕方ないというのであれば、無理せず退職を選ぶことは自由なのです。

もし試用期間の途中で退職するとなった場合、リスクなど発生するのかどうかを含めた、転職後の試用期間について解説します。

試用期間中に退職するデメリット

メモを取る画像

せっかく転職が決まった新しい会社ではありながら、さまざまな事情により退職をせざるを得なくなることもあり得ます。

急な退職の場合には、どのような手順を踏めばよいのでしょうか?

そもそも試用期間中に退職すると、その後にどのような不都合が生じるのか、そのデメリットについて解説します。

試用期間中の退職を繰り返していると転職が難しくなる

もし試用期間にて次々と複数の会社を退職しているとしたら、その後の転職活動はますます厳しくなっていくことでしょう。

正当な理由もなく短期離職が続いているのなら、きっと面接官は、仕事を根気よくこなせない人物だという印象を持ってしまいます。

ブラック企業に転職して仕方なく辞めるのであればまだしも、試用期間中の退職はせいぜい2回くらいまでが妥当です。

必ずしも断定はできませんが、3回以上の退職となると、おそらく書類選考の段階で落とされるでしょう。

将来への保証の見込みがない人物を、よろこんで企業側が採用したいと思わないのも当然です。

金銭的に余裕がなくなる

悩む女性の画像

試用期間中に退職を繰り返してしまうと、やがて金銭面でのやりくりが大変になっていくでしょう。

多少の貯蓄があればよいのですが、それも限界があります。ますます残高が減って転職活動も落ち着いてできなくなるでしょう。

転職活動中でも生活費や面接での移動費など、結構お金を消費します。

その期間は金銭的な焦りを感じながら、不安定な転職活動をしなくてはなりません。

スキルも経験も積まれないまま、短期離職が悪循環になる可能性も高まります。

転職癖がついてしまう

試用期間での退職と繰り返すことで、転職癖になることも考えられます。

気に食わなければまた転職すればいいという安易な気持ちになり、転職への抵抗感がなくなってしまうからです。

仕事内容や環境に納得がいかないからとすぐ辞めしまうのは、ある意味では病的かもしれません。

複数の人々が織りなして成立するのが社会です。100点満点の会社などこの世には存在しないのだと自覚しておくことです。

我慢ができる不満には多少の妥協をしていかなければ、自分の人生そのものを無駄に潰してしまいます。

試用期間中に退職するメリットは?

鉛筆たての画像

試用期間中に退職するのは、一般的にデメリットばかりが目立ちます。

あまりおすすめはできませんが、意外にも早く辞めることで生じるメリットもあるのです。

もし試用期間中に退職したら、新卒者の場合には「第二新卒」枠として次の転職先を探せます。

第二新卒は転職業界の中でも別な需要を生み出しているので、企業によってはもてはやしてくれる可能性があるからです。

それに、やりたくない仕事を延々とやり続けることは精神衛生上よくありません。

短期間で早々に退職して次の環境に移ったほうが、時間の無駄を防ぐことができます。

ストレスや心身の不調を改善できるメリットも考えられるでしょう。

ワンポイント
試用期間中に転職したほうが早めな切り替えができるメリットもある

試用期間中に退職する時の流れや手順

ノートパソコンの画像

試用期間は本採用前に導入している企業が多く、これからその企業で腰を落ち着けてやっていくための準備期間といえます。

うまくその会社のやり方に順応できれば、しばらくは在籍できて戦力となり得るはずです。

しかし必ずしもうまくいかないことも考えられます。

認識の甘さがそうさせる場合もあれば、不可抗力により途中で断せざるを得ない状況になることもあるでしょう。

そのため、試用期間を過ごしてみたがどうしてもこれ以上続けられないとしたら、退職を申し出ることは可能なのでしょうか?

ここでは、試用期間中で円満に退職するための手順や流れを紹介します。

まずは上司に退職意思を伝えよう

試用期間中でも本採用後と待遇は変わりません。そのため退職自体をすることは可能です。

ただし退職を決意したのなら社会人として常識ある手順を踏むようにしましょう。

まずは早めに直属の上司へアポイントを取って相談することです。

その企業でも、退職の意思は必ず直属の上司へ伝えることになっているはずです。

就業規則に記載されている場合もありますので、事前に確認しておくことが望ましいでしょう。

「合意退職」の退職手順

ノートに書く画像

退職の方法にはいくつか種類があります。その1つが「合意退職」と呼ばれるものです。

合意退職とは、有期契約の中で、期間満了前に労働契約を解消することを指します。

契約解消という意味合いから、労働者と会社の双方の合意が必要となります。

合意退職をする際には退職届の提出をします。

ポイントとなるのは、雇用期間が明確に示された有期契約を交わしていたのに、何かの都合で途中で退職する場合のことです。

「自主退職」の退職手順

合意退職とは別に「自主退職」と呼ばれる方法もあります。

これは「任意退職」とも称されていて、期間が定められていない雇用関係で、労働者側の一方的な意思で退職をすることです。

よって一般的な正規雇用をされている会社員のほとんどは、退職する際がこの方式に該当するはずです。

この場合も合意退職と場合と同様に、退職届を提出することで成立します。

試用期間中の退職する時に意識しておきたいこと

タイピングする画像

誰しも試用期間中に退職を申し出ることには、それなりに悩み心苦しい経験をすることでしょう。

もし試用期間中に退職を希望するという状況になった場合には、どのようなことを意識しながら行動すればよいのでしょうか?

ここでは試用期間中の退職にて覚えておいてほしい心得を解説しましょう。

退職は転職先を決めてからにしよう

できれば試用期間中であっても、次の転職先を決定させてから退職の旨を伝えるほうがよいでしょう。

試用期間でも辞めるかどうかは当人の自由意思で決めることです。

ただし、試用期間中の退職は転職活動を展開するのにデメリットのほうが目立ってしまいます。

先に、安心して次にいける準備をしておくほうが無難といえます。

万が一、退職してから転職活動をする際は、必ず面接で前職を辞めた理由を聞いてくると予想できます。

事前にその説明ができるように心の準備をしておきましょう。

試用期間中でも14日前に退職意思を伝えよう

仕事をする女性の画像

試用期間中に退職を希望しても即日で退職はできません。

退職までの手続きに関する社内規定がない場合、原則として申し出から2週間後に完了となります。

言い換えれば、試用期間中でも、退職の意思表示は14日前に申し出なくてはならないということです。

14日前というのは、あくまでも法律上での規定とされています。

できるだけ実際の退職日の決定は、会社と相談して決めてくほうが円満退職になりやすいでしょう。

試用期間中の退職理由の例をチェック

花とスマホの画像

やっと入社した会社だというのに、やむなく途中で辞めてしまうのですから、当人にはそれなりに理由があるはずです。

その理由は個人差もあって一概には言い切れません。しかし、ある程度は典型的な退職理由が見えてきます。

ここでは、試用期間中の退職にてよくある理由の例をご紹介しましょう。

業務内容が思っていたことと違っていたという例はよく見受けられます。おそらく試用期間中の退職理由で最も多いのではないでしょうか?

入社前から業務について聞いてはいたものの、実際の現場でうまく一致しないと気がついたからです。

このまま続けても見込みがあるとは思えないと判断した場合、試用期間中の早めな時期に対処すべきと退職を決意しています。

社風と人間関係に問題があると判断した場合も退職理由になっています。

業見内容そのものは自分に合っていても、社内の風土や雰囲気がマッチしないことも想定されます。

複数の人々が行きかう場所ですから、想像していたものと異なっていて居心地の悪さを感じるという人が出てきても仕方ありません。

なんとか馴染んでいこうと試みたものの、このままストレスを感じて働くのは本意ではないと判断し退職するという理由です。

家庭や実家の都合上、やむなく退職するという事例もあります。とくに女性の場合に考えられる理由です。

夫の転勤・出産・親の介護といった家庭の事情が浮上すると、試用期間中でも退職の話を進めやすい傾向もあります。

自分はやる気があっても、仕方なく試用期間中の退職となるようです。

ただし、別な解決策が見えてくる可能性も考えられるでしょう。

退職を決心する前に、まずは事情を会社側へ相談してみることをおすすめします。

ワンポイント
試用期間中の退職理由のほとんどが環境の影響によるもの

試用期間中の退職も履歴書に書くべき?

パソコンを触る女性の画像

たとえ試用期間だったとしても雇用契約は結ばれたと見なされます。 そのため試用期間中の退職も職歴として明記することが原則です。

会社側からの解雇の場合も同様と考えましょう。ただし職務内容の詳細についてまで書く必要はありません。

例えば、職務経歴書などには、その試用期間のことを書く義務は発生しないのです。

履歴書にも、試用期間中に在籍した事実だけを記入します。

ワンポイント
試用期間中の退職についても履歴書には記入すること

転職先のミスマッチを防ぐ方法は?

仕事をする女性の画像

やむを得ない事情がある場合は別にしても、基本的に1度入社した会社を短期間で退職することはリスクを覚悟するしかありません。

なるべくならそれを未然に防ぎたいと思うのが本音ではないでしょうか?

決めた会社で長く働きたいと考えているのなら、以下の内容を自覚しながら転職活動を展開しましょう。

自己分析をしよう

転職活動のベースとなる考えは自己分析にあります。

自己分析を簡単にいえば、自分は何のために転職をしたいのかを明確にして、相手に伝えらるほど説得力を持っていなくてはなりません。

転職し5年後、10年後にはどうありたいのかを自問自答することをおすすめします。

ミスマッチする原因のほとんどは、「なんとなく」転職する場合です。

入社後に、思った内容や雰囲気と違っているという違和感で心が乱されています。

それを未然に防ぐには、転職活動のスタート時点での目的を決めてそこからぶれないことです。

業界・企業分析をしよう

自己分析にて自分の進路が見えたら、企業・業界研究も必ず行いましょう

応募する企業の具体的な取り組み・将来性・業界そのものの特性などを自分なりに調べていくことです。

これから入社する企業の情報を知らずに最適な転職など成功しません。

転職サイト・求人情報誌の内容をしっかり読んで、その企業の公式サイトを閲覧することは常識です。

その上で、周辺の関連情報なども見ながら判断するとよいでしょう。

ワンポイント
基本的な転職活動の準備を怠らないことが試用期間中の退職を未然に防ぐ

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オフィスの画像

転職したばかりの会社を途中で辞めてしまうのは、精神的にもダメージが大きいはずです。

試用期間中の退職をなるべく防ぐためには、入念な準備と考え方を備えた上で転職活動を展開する必要があります。

そこでおすすめしたいのが転職エージェントの活用です。

転職エージェントに登録して利用することで、自分にマッチした転職先が見えてきます。

何かしらの悩み事についても担当アドバイザーからの適切な回答が期待できるからです。

転職についての悩みは転職エージェントに相談するのが近道といえるでしょう。

まとめ

オフィスの画像

たとえ試用期間中だったとしても、その企業に在籍していた事実は変わりません。

職歴としての位置づけにもなります。退職したらよくも悪しくもキャリアの1つと見なされます。

そのため、次の転職活動の足かせになってしまう可能性もあり得ます。

そうはいっても、仕事の決定は自由ですし個人的な事情もあるのです。

途中で辞めてしまったことを引きずらないための、心の持ちようが大切でしょう。

次の転職を成功させるためには、気持ちの切り替えを上手に行なうようにしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら