転職において大切な条件といえば年収でないでしょうか。

転職活動をしている人の中には、せっかく転職をしたのに年収が下がってしまい後悔する人もいます。

ここでは、転職で年収が下がってしまうケースについて解説します。

20代女性の年収相場を知って転職活動に活かすようにしましょう。

また年収をアップさせるためのポイントや失敗例なども説明します。

入社後に後悔しないように、年収の大切なポイントをしっかりおさえておいてください。

Contents

20代の転職で年収が下がるケースを解説

お金

20代に転職をして年収が下がるケースはないとは言い切れません。

年収が下がるとモチベーションが下がってしまうだけではなく、他にも困ることもあるでしょう。

転職後に年収が下がらないように転職活動中にしっかり確認しておくことはもちろん大切です。

また、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

さらに、転職直後は年収が下がっても入社後に上がるようにできるポイントもありますのでしっかり勉強しておくと良いでしょう。

転職で年収が下がったら嫌!と考えている方は、これからの見出しをしっかり確認しておいてください。

20代の年収相場は?

お金

20代女性の年収相場は大体300万円前後といわれています。

また、厳密にいうと20代前半と後半でも年収は異なるケースも多く、20代後半になると350万円前後にあがるケースもあるようです。

20代は昇格や昇進にあたる時期のため、20代といっても前半と後半で年収が異なるからでしょう。

また、このデータは税引き前の年収で、ここから税金や保険料が引かれるため実質な手取りという意味ではさらに年収が下がってしまいます。

大体の年収相場を知っておくと、転職活動にも役立てるかもしれません。

ワンポイント
・20代の年収相場は税引き前で300万円程度
・前半と後半で大きく年収相場が異なることもある

20代の転職で重要なこととは

年収はもちろん大切ですが、年収以外にも転職活動で大切なことはたくさんあります。

転職の必要性を考えよう

お金

転職をするにあたって大切なのは、転職の必要性です。

今の仕事に何か問題があり、転職をしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

人間関係や労働時間、労働条件などたくさんの問題が挙げられます。

現在の仕事に問題があるため、転職をしたいと思っている方は転職の必要性があるといえるでしょう。

一方、なんとなく転職をしたいと考えているだけでは後悔することもあり得ます。

どうして転職したいと思うのか、必要性の部分をしっかりと考えておくことが大切なのです。

今後の「目標」や「目的」

PC

転職において重要なのが今後の「目標」や「目的」です。

入社してから明確な目標や目的がないままでは、転職も無意味なものになってしまうでしょう。

転職後にいかに自分の目標を叶えられるかは、自分自身の仕事へのモチベーションにもつながっていきます。

本当に自分の目標が叶えられるのか?どう叶えていくのか?をしっかり考えると良いでしょう。

転職しなくても叶えられるケースもありますし、希望している職種では目標が叶えられないかもしれません。

ただ転職したい!という気持ちだけではなく、自分は何がしたいかということをしっかり考えてから転職活動をしてください。

年収よりも「経験やスキル」を重視しよう

PC

年収ももちろん大切ですが「経験やスキル」も大切な項目ではないでしょうか。

20代の転職とはまさにキャリアを積む上でも大切な時期。

転職した場合に、どのような新しい経験やスキルを手に入れられるのかを考えることは大切なことでしょう。

転職しても何も手に入らないこともあるかもしれませんし、自分の興味がないことにあたってしまうこともあるかもしれません。

希望する会社に入社したら、どんな経験やスキルを手に入れることができるのかを入社前にしっかり確認しておいてください。

転職で年収が下がる時の注意点

転職で年収が下がるとどのようなことに注意が必要なのでしょうか?

ここでは転職で年収が下がるときの注意点を紹介します。

年収が下がり過ぎると生活が苦しくなる

家

年収が下がればもちろん大変になるのが生活。

前の会社でもらっていた年収より、大きく下がる場合には生活様式もがらっと変えなくてはならないこともあるでしょう。

家賃をはじめ、食費や衣類などお金をかけられていた部分を節約し生活していく必要があるのです。

年収がどのくらい下がるのかをしっかり計算し、月々の生活費をきちんと計算しておきましょう。

その生活費で生活は成り立つのか?引っ越す必要はあるのか?など、人生プランを立て直すことも必要です。

大丈夫だろうと簡単に考えてはいけません。

生活にかかわることなので、年収から生活費はしっかり計算しておいてください。

住民税の負担が大きくなる

お金

転職の結果、年収が下がると住民税の負担が大きくなることを知っていますか?

住民税は前の年の年収に対して計算されます。

つまり、翌年に転職で年収が下がった場合でも前年の年収が高いもので計算がされるので、住民税が高くなることがあるのです。

年収が下がってしまうとその年は住民税が自分自身の年収に見合っていない金額で支払うため、負担が大きくなってしまいます。

年収が下がる場合、生活費はなんとかなりそうと考えていた方もいるかもしれません。

しかし、このように意外なところで負担が出てくることもあるので注意しましょう。

ワンポイント
・年収が下がった場合の生活費をしっかり計算しておこう
・住民税の負担が大きくなる可能性も考えておく

転職で年収が下がって後悔しないために意識すること

ここでは、年収が下がって後悔しないように意識することを紹介します。

転職時に希望年収を伝えておこう

お金

年収が下がらないように簡単にできることといえば、転職時にしっかり希望年収を伝えておくことでしょう。

採用条件や応募要項に記載があることがほとんどですが、詳細を確認しておくことが大切です。

希望よりも低い年収だった場合には、転職時に希望年収を伝えておきましょう。

面接や内定後の段階でも、希望年収を伝えておくことで入社後に後悔することを避けられます。

企業側も入社してすぐに辞められては困るので、しっかり年収について確認しておくのは問題ないでしょう。

言いにくい内容ではありますが、双方にとってメリットがあるので意識してほしい内容です。

年収が下がってもいい最低ラインを決めておこう

お金

転職は年収が上がる保証はありません。

また、年収が高くなる企業も少ない可能性もあるでしょう。

その場合は、自分自身の中で年収が下がってもいい最低ラインを決めておくことが大切です。

生活ができる範囲で年収を計算し、その最低ラインを決めておくと良いでしょう。

まずは月々の生活費から計算すると計算しやすいのでおすすめです。

自分の中で最低ラインを決めておくことで、転職の際に提示された年収に対してイメージもわきやすくなります。

希望年収とあわせて、年収が下がる場合の最低ラインを決めておいてください。

ワンポイント
・希望年収を伝えておくと双方にメリット
・生活費を計算し、下がっても良い年収最低ラインを決める

年収が下がる転職の失敗例

転職後に、年収が下がったと後悔するケースはいくつかあります。

ここでは年収が下がってしまい、後悔した失敗例を紹介します。

家族に反対される

PC

自分でもどうにもできないのが家族の反対です。

今の仕事に問題があり、家族が反対するケースもあるでしょう。

家族に反対されたので仕方なく転職を決めたけれども、年収が下がってしまったというケースです。

家族は大切な相談相手なので、反対されれば聞いてしまう気持ちもあるでしょう。

しかし、実際に働いて行くのは自分自身。反対を押し切っても後悔しない会社に転職することが大切です。

家族の意見をしっかり聞いて、本当に正しい意見をくれているのか?自分でも同じ考えか?などを考えると良いでしょう。

くれぐれも家族に言われたからとそのまま流されないように注意してください。

謙虚な姿勢が裏目にでる

PC

謙虚でいることは悪いことではありませんが、その謙虚な姿勢が裏目に出ることもあります。

転職を志望する会社に対し、希望年収を伝えられずに素直に聞いてしまうというケースです。

いわれたものに素直に聞く姿勢は大切ですが、自分に重要なことは思い切って行動することも大切です。

生活費を計算した上での最低年収ラインよりも下がる場合、少しでも最低ラインに届かないか交渉してみましょう。

一度断られても、何度か交渉してみるなど諦めないことも大切です。

情報収集が足りなかった

PC

最も強く後悔してしまうケースとしてあるのが、情報収集が足りないケースではないでしょうか。

転職時には情報収集はかなり大切です。また、すればするほど自分のためになるのも事実。

年収の相場や、希望する会社の年収アップなど事前に調べておく必要があるでしょう。

情報収集が足りなかった結果、年収が下がってしまったなどというケースは後悔してしまいます。

転職活動時にしっかりと準備しておくことはとても大切なのです。

転職で年収をアップさせるためのポイント

転職時には低い年収でも、数年たてば年収が上がるケースももちろんあります。

ここでは転職で年収をアップさせるためのポイントを紹介します。

転職後の年収だけでなく昇格が見込める企業を探そう

PC

転職すぐの年収に対してつい目が向きがちですが、実は昇格が見込めるかどうかも重要なポイント。

年収が一定水準で変わらない企業よりも、昇格が見込める企業の方が年収アップは大きく見込める可能性があるからです。

昇格には年収アップはついてくるもの。

応募要項の年収は低く、転職してすぐは低いままかもしれませんが、数年後には年収が上がることもあるのです。

つまり応募要項にある年収条件にばかり気をとらわれるのではなく、昇格や昇進ができるかを確認しておくのが大切。

何年目で昇格ができるか?年収は変わるのか?など企業にしっかり聞いておきましょう。

企業が求めている経験やスキルを取得しよう

PC

実は経験やスキルがあることで年収がアップする企業があります。

専門職はもちろん、営業職や事務職でも会社が求めている資格が指定されていることもあるでしょう。

スキルがあるので、会社へ貢献できる代わりに年収も高くなるのです。

基準となる年収は低くても、経験やスキルに応じた手当がつくこともあります。

企業によっていくつか指定があることもあるので、年収が下がる場合には事前に確認しても良いかもしれません。

転職時のアピールになるだけではなく、資格取得のモチベーションにもつながるでしょう。

転職エージェントを活用しよう

PC

年収をアップさせるのにはプロに頼るのも一つのポイント。

転職エージェントのプロに方法を聞くことで、年収アップの効率的な方法を教えてもらえるかもしれません。

転職エージェントはたくさんの情報を持っています。

職種による年収アップの方法や、後悔しない年収を下げない工夫なども知っているでしょう。

自分で情報収集するのも大切ですが、どうしても限界があるのも事実。

その道のプロである転職エージェントを活用することで、年収アップの方法を知れる可能性は十分にあります。

ワンポイント
・昇格や昇進などによる年収アップ方法を探しておく
・その道のプロである転職エージェントを活用するのも重要

後悔しないために自分の希望に合った企業へ転職をしよう

ノート

転職で年収が下がるケースを解説してきました。

年収以外にも大切なことはありますが、生活に直結する年収は転職では重要な項目。

後悔しないためにも自分に合った企業へ転職することが大切です。

特に転職後に後悔しないためには、事前準備がかかせません。

応募要項にないポイントや年収交渉など、できることはできる限りしておくことが大切でしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

PC

転職において年収は大切なポイントです。

転職したい会社が年収は下がるけど本当に良いのかな?と悩むこともあるかもしれません。

そんなときは転職エージェントに相談してみましょう。プロに相談することで年収相場や転職は問題ないかなどを確認することができます。

第三者に相談することで安心にもつながるでしょう。

どんなことでも相談できるので気軽に活用してみてください。

まとめ

PC

転職の際に年収が下がるケースについて解説してきました。

20代の年収相場は大体300万円です。年収が相場よりも下がる転職をしてよいのか迷うこともあるでしょう。

後悔しない転職を成功させるためにも、年収交渉をしたり年収アップの方法がないか確認したりしておくことは大切です。

年収以外にも大切なことももちろんあります。

転職においては悩むことは当たり前。

自分で決めたことが本当に良いのか悩むときは、転職エージェントに相談してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら