コロナの影響により、外出時はマスクを着用していることが常識となりました。

では転職面接でマスクを着用したまま臨むことは、マナー違反になるのでしょうか。

面接官に自分の表情をしっかりと伝えるという点では、マスクをしない方がよいと思われます。

しかし、コロナ禍における新生活様式では普段からマスクを着用することが正しいマナーともいえます。

転職面接時のマスクの有無に関しては、多くの人が頭を悩ませているのではないでしょうか。

マスクのマナーや女性向けのマスクを着用していても面接官に好印象を与える方法について解説していきます。

転職面接時の参考にしてみてください。

Contents

転職面接時マスク着用はOKか調査

マスク

新型コロナウイルス以前であれば、マスクをしないことが基本マナーでした。

当然のことながら花粉症などでもマスクを着用したまま採用面接を受けることはマナー違反になる、と考える企業も多かったはずです。

しかし現在のコロナ禍においては、人との対面時にマスクをすることが常識となっています。

コロナ収束まではマスクを着用したままで面接官と向き合うことが新たなマナーである、といえるでしょう。

けれども、マスク着用の際には少々注意が必要です。

確認しておきたいマスクマナーは?

チェック項目

新生活様式とはいいつつも、マスク着用のまま採用面接に臨むことが当たり前とはいい切れません。

マスクの着用に関しては様々な意見があり、マスク着用の是非は求人企業次第というのが現状です。

マスク着用の際は、以下のようなマスクマナーに注意しましょう。

入室時に一言添えよう

面接会場に入室する際には必ず「マスクを着用したままでもよろしいでしょうか」と一言添えることが大切です。

何も言わずにマスクを着用したまま入室するのはNGです。

面接官への気配りを感じさせる、こうした一言が好印象に繋がります。

マスクは基本的に「白」を選ぼう

白マスク

主に女性向けに、様々な色やデザインのマスクが溢れています。

マスクは今やファッションの一部、ともいえるのでないでしょうか。

しかし、面接の場ではなるべく目立たないものがいいでしょう。

目立ちすぎて表情を隠してしまったり、場にそぐわないマスクはNGです。

採用面接の際には白無地のマスクが最も無難な選択といえます。

ビジネスの場において相応しいかどうか、という観点でチョイスすることが重要です。

体調管理は徹底しよう

そもそも採用面接に臨む場合に、自分の体調が優れていなければ普段の実力を発揮することは出来ません。

企業側に自己管理の面において、マイナスの判断をされてしまうこともあります。

また近年では咳が警戒される、という状態です。

咳が出たり熱があったりする場合は、休養することが推進されています。

そんな中、体調不良の状態で面接に行くことは不快感を相手に与えてしまうのではないでしょうか。

転職面接前の体調管理には十分に留意しましょう。

 

ワンポイント
 転職面接時のマスクは「無地」「白」を選びましょう。

マスク着用でも印象がアップするポイント

マスクの女性

マスクを着用すると顔の下半分が隠れてしまうので、自分の表情を相手に伝える手段が狭まります。

その為に面接官に好印象を与えることが難しい、と思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、マスクを着用していても面接官の印象をアップさせる方法があります。

笑顔を大切にしよう

面接の基本は笑顔であり、マスクを着用していない状態ならばサイレントスマイルが女性の基本でした。

マスクをすると口元は隠れてしまいますが、笑顔でいれば楽しい朗らかな印象は必ず面接官に伝わります。

口元の表情は目元にも連動して表れるのです。

目元の表情を明るくする為にも、マスクの下で口角を上げた笑顔でいるようにしましょう。

自分の顔がどのように相手に伝わっているのか、事前に鏡でチェックしておくといいのではないでしょうか。

笑顔で話せば会話のトーンも明るくなるはずです。

目線を意識しよう

マスクを着用していると相手に見えている表情が少なくなり、面接官は通常以上に応募者の目元へ視線が向かいます。

「目は口ほどにものを言う」という言葉もあるように、目の動きというのは自分の感情や気持ちを相手に伝えるもの。

採用面接では自分の目線がどこにあってどういう動きをしているのか、という点を意識しましょう。

相手の目を見て話を聞くということは、これまで以上に大切な要素になってくるのではないでしょうか。

また自分の話をする時に、ずっと相手の目を見ていると相手に威圧感を感じさせてしまいます。

時に少し視線を外すなど、女性の気配りを見せておきたいものです。

眉の動きで表情を作ろう

通勤する女性

少々細かい点になりますが、眉の動きも意外と重要なポイントになります。

嬉しい時には嬉しい眉の形に、悲しい時には悲しい眉の形に、それぞれ自分の感情に応じた眉の動きがあります。

見えている顔の部分が少ないので、眉の動きを活用することも大切です。

また、女性はメイクを活用し眉の形を整えることも可能です。

眉の形状は顔の印象を変える大きな要素といえます。

メイクが相手にどんな印象を与えるか、事前に確認することも採用面接の準備においては大切です。

返事をする時は大きく頷こう

マスクの着用は顔の全てを見せているわけではないので、どうしても表情を伝えることが難しくなってしまいます。

意志表示が少ない、という印象を持たれてしまうこともあるのではないでしょうか。

その為、いつも以上のジェスチャーが必要です。

面接官の話に同意したことを示すために大きく頷く、といった基本動作を見直してみましょう。

意識的に大きく頷きながら返事をする、といった大きいジェスチャーをすることで明るい印象を与えることになります。

目元のメイクを工夫しよう

マスクと化粧

前述したようにマスクを着用した際の目は、表情を伝えるのにとても大切な部分です。

また同時に、顔の印象を相手に伝える部分となるでしょう。

マスク着用時はいつも以上に、目元のメイクを工夫することも大切です。

例えばメイクをやや明るめにすることで、顔全体の印象も明るくなるのではないでしょうか。

特に女性は目元の化粧次第で、印象が大きく変わるはずです。

TPOをわきまえたうえで、明るめのメイクを心がけましょう。

マスク着用時の適切なメイクは、女性にとって大きな武器となるはずです。

アイコンタクトとジェスチャーを有効活用しよう

面接を受ける男女

上記しましたが、ジェスチャーを交えることが面接時に必要な要素となってくるのではないでしょうか。

日本人にはあまり馴染みのないジェスチャーですが、表情に変わり自分をアピールする手段となるはずです。

またアイコンタクトは必須の条件といえるでしょう。

マスクを着用し視線を下に向けると、想像以上に暗く自信のない印象を与えてしまいます。

感情を表現することが出来る目を最大限活用し、ジェスチャーも交えて自分を表現してみてはいかがでしょうか。

目で訴えかけることは非常に有効な手段です。

転職面接時はどんな状況でも、自分の伝えたいことをしっかりと伝えることが大切になります。

 

ワンポイント
 面接時はアイコンタクトやジェスチャーで、しっかり思いを伝えましょう。

面接時マスク着用で意識したいこと

体調不良

マスクをしていると、声や内容が伝わりにくいという欠点もあります。

「仕方がない」と対策を怠ると、面接時の評価に差を生んでしまうかもしれません。

マスク着用時の面接には、注意しておくべきポイントがあるので確認していきましょう。

声のボリュームを上げよう

マスクを着用していると、声はくぐもってよく聞こえないことがあります。

その為、面接時は通常より声量を上げて話すことが必要です。

しかし、自分の声の大きさはなかなかわかりにくいものなので、家族や友人に声量を確かめてもらうといいでしょう。

また口元も動きにくくなる為、活舌には日頃から注意をしておきたいものです。

声はワントーン高くするイメージ

スーツの女性

声が聞きやすいかどうかは、声のトーンによる部分が大きいといわれています。

低い声には、信頼感を感じさせるというメリットがあります。

しかし「聞き取りにくい」と感じることもあるのです。

特にマスクをした状態では、声は響かず低めのトーンになってしまいます。

相手に聞き取ってもらえるように、ワントーン高い声を目指しましょう。

ここで女性が気をつけたいのは高すぎない声です。

高い声は元気や明るさを感じさせますが、同時に軽薄さも感じさせてしまうといわれています。

面接などの緊張時は声が高くなりがちです。

緊張して声が高くなる、と感じる人は話すスピードを落とし落ちついた印象を与えることも視野に入れておきましょう。

いずれにしても事前に、マスク着用での練習をしておくことをおすすめします。

聞き返されても冷静に

マスクをしたまま会話をしていると、相手から聞き返されることもあるのではないでしょうか。

面接はコミュニケーション力を試す場でもあり、聞き返されても大きな問題ではありません。

面接官もマスク着用のデメリットを把握しています。

聞き返されても動揺せずに、丁寧に対応しましょう。

大きな声とトーンをあげることを心がけて、返答すれば大丈夫です。

反対に面接官からの質問が聞き取れなかった場合も、下記のように聞き返しましょう。

「大変申し訳ございません。今のお話が聞き取れなかったのですが、もう一度お話頂けますでしょうか」

大切なことは、失礼がないように会話をすることです。

 

ワンポイント
 マスク着用時の自分の声を確認しておきましょう。

マスクを外すことも想定しておこう

通勤する女性

少数派かと思われますが、企業によってはマスクを外すことを要求される場合もあるのではないでしょうか。

本人確認などを行う為と考えられます。

また、感染対策をしっかりと行っておりマスクを外しても問題ないようなセッティングがされている場合もあるでしょう。

マスクの下は化粧していない、などマスクを外さないことを前提にした下準備はいざという時にリスクを伴います。

マスクを外すことを念頭にいれ、しっかりと準備しておきましょう。

オンライン面接の場合はマスクを外そう

web面接

近年、実際に対面するのではなくオンラインを利用した面接へと変更している企業が増えています。

この場合は、マスクを着用せずに臨むことが基本となります。

オンラインでは通常の面接同様に表情や話し方など、多方面から審査されています。

マスクを外し、服装にも気をつけましょう。

面接前の最終チェックは忘れずに

書類を持つ女性

面接前の最終的な確認は基本中の基本です。

「準備は出来ている」と思っていても、いざとなると確認漏れがあり焦ってしまうことがあります。

面接前のチェック項目をリスト化するなどして、最終チェックを万全なものにしたいものです。

面接で着用するマスクのチェック

面接の際に着用するマスクはきちんと用意しておきましょう。

マスクがあると思っていたのに在庫がなかったなど、直前に焦らなくてもいいように前日には準備を済ませておきます。

万が一のことを考えて、予備のマスクも持っていた方がいいのではないでしょうか。

服装や身につける物の清潔感もチェック

マスクの確認と同時に面接時に身に付けるもの、服装などにも配慮が必要です。

個性を活かす服はプライベートに着用し、面接時はあくまでも清潔感を優先させます。

大体決めておくのではなく、しっかりと決めて準備をしておくことがポイントです。

転職面接の当日に違和感を感じ、どの服を着たらいいかと迷ってしまっては落ち着いて面接を受けることが出来なくなります。

ワンポイント
 面接前の最終チェックは、手抜きをせずに念入りに行いましょう。

転職活動は転職エージェントを活用しよう

マスクの女性

転職活動は、専門的なスキルを持った転職エージェントを活用した方がメリットが大きいでしょう。

特に今回紹介したマスク着用の面接や、オンライン面接など採用試験の様々なものが様変わりしています。

これまでとは違った求職活動になるのではないでしょうか。

専門的なアドバイスを受け、転職を成功させていきましょう。

まとめ

不織布マスク

転職面接の際にマスクを着用することは、新常識となっています。

しかしマスク着用のままで大丈夫なのかを入場する際に一言断っておく、という行動も必要です。

マスクを着用している場合は、はっきりとわかりやすい会話をするなどいくつかの注意点もありました。

マスクをしていても、面接に臨む基本姿勢は同じです。

前向きな姿勢で転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら