転職を決めたら退職に向けた準備も同時に進めていく必要があります。

退職のタイミングに適した時期はそれぞれの立場や状況によって異なります。

できるだけ円満に退職するためには事前の準備とタイミングが大切です。

この記事では女性が職場を円満に退職するための方法について解説します。

Contents

円満な仕事の辞め方を解説

転職活動がスムーズであっても現職の職場の退職がスムーズに進まないと活動に支障をきたすこともあります。

まずは直属の上司に退職したい旨を相談することからはじめましょう。

順番を間違えると後からトラブルになる可能性があることもよく理解しておく必要があります。

できるだけ早い段階で時間を取ってもらい、人のこない会議室などを用意します。

事前に「ご相談したいことがあるのですが」と切り出しておくと話がスムーズに進むでしょう。

上司が忙しくて時間が取れないという場合はまずメールで報告をすることもひとつです。

ただし必ず最初は対面での相談を持ちかけましょう。

いきなりメールだけで報告することは失礼に当たります。

何度かアポイントを取って、それでも時間が取れない場合には「失礼とは存じますが」と捕捉してメールを送信しましょう。

辞め方と辞めるタイミングは転職の成功のカギ

退職をスムーズに進めるカギは伝え方とタイミングにあります。

退職の意思を伝えるタイミングは、転職先から内定が出てからにしましょう。

内定が出る前に退職を申し出てしまうと、転職活動がスムーズに進まなかった場合に困ることになります。

内定が出たら退職希望日を決定します。

退職の意思を伝えるのは希望日から2カ月前がベストです。

民法上では2週間前、大半の就業規則では1カ月前と定められています。

ただ、社内業務の引継ぎ期間なども考えると2カ月は余裕を持たせたほうが会社に迷惑をかけずにすむでしょう。

このタイミングで転職先に入社希望日も伝えておくこともおすすめします。

有給消化をしたいからと入社日を極端に後ろ倒しにすると転職先にマイナスの印象を与える可能性が高まります。

退職を伝える前に準備すべきこと

退職の意思を会社に伝える前に自分でできる準備をしっかりしておきましょう。

具体的にどのような準備をすればよいか解説します。

退職の気持ちを再確認しよう

まずは自分の気持ちの整理です。

本当に退職して転職して後悔しないのかをもう一度自分に問いかけましょう。

なぜ転職したいのか、なぜ退職したいのかを再確認します。

転職の目的をきちんと言語化できるかどうかも重要なポイントです。

なんとなくという気持ちであれば言葉にして表現することができな場合もあります。

転職を決めたということは、転職する明確な理由や目的があるはずです。

転職することでどのような将来を期待しているのかを考えてみましょう。

今の職場に迷惑をかけないことを意識しよう

会社の一員として働いていた人がいなくなることは会社にとっても痛手です。

役職の有無に関わらずその人にはその人の役割があるからです。

退職によってその役割を担う人を新たに雇う、または既存の社員で割り振るなど会社も判断しなくてはなりません。

退職時にはできるだけ今の職場に迷惑をかけない方法を取ることを意識しましょう。

円満に退社するにはしっかりとした引継ぎも必要です。

辞めるからもういいやと思う人は少ないかもしれませんが、少しでもそのような気持ちがあると円満退社は遠のきます。

自分が退職することで起こる弊害を考えつつ、円満に退職するためにも会社に対して真摯に対応することが大切です。

退職から転職までのスケジュールを組もう

円満退社を進めるには事前に退職から転職までのスケジュールを組んでおくことが大切です。

働きながら転職活動をするのか、退職してから転職活動をするのかから考えます。

基本的には転職先が決まってから退職を申し出るほうが安心です。

ただ、転職の意思がかなり強い場合や遠方に転職する場合には退職してからの活動になることもあるでしょう。

繁忙期や閑散期などを踏まえて、いつ頃退職するのがよいかを考えます。

そこから逆算して退職に向けた具体的なスケジュールを組み立てましょう。

 

ワンポイント
円満に退職願するなら会社側の立場に立って伝えるタイミングや伝え方を丁寧にスケジューリングすることが大切です。

 

仕事を辞めるまでの流れをチェック

退職するまでの流れを具体的にチェックしていきましょう。

まずは転職準備と退職時期の検討です。

退職希望日や入社希望日から逆算して全体的なスケジュールを組み立てていきます。

スケジュールが構成できたら退職の意思を伝えましょう。

ここで長引く可能性も考えて余裕を持って上司にアポイントを取ることも大切です。

退職日が決まったら退職願を提出します。

このタイミングで税金、年金、保険などの公的な手続きについても確認しておきましょう。

さらに業務上で引継ぎが必要なものについては引継ぎをスタートします。

可能であれば業務フローをまとめた資料などを用意しておくと後任者のためになるでしょう。

退職日が近くと細かな作業や手続きに思いの外時間を取られます。

そこから逆算して引継ぎもできるだけ早めに終わらせるようにしておくと安心です。

辞める時期の設定をしよう

退職を決意したら辞める時期を決めることから始めるということは先ほどから何度も説明しています。

具体的にはどのように決めるとよいのでしょうか。

できるだけ会社に迷惑をかけない方法で退職時期を決める方法について解説します。

「在職中」か「退職後」か転職の進め方を決めよう

転職活動は平日に時間を取られることが多い点をまず理解しましょう。

仕事をしながら転職活動をする場合、面接などのタイミングで現職を休まなくてはなりません。

そのため完全に退職してから転職活動をしたいと考える人もいるでしょう。

職種にもよりますが休みが取りにくい会社ではとくに転職活動が進めにくいこともあります。

転職先の希望で早期退社を求められそうな場合には退職してから活動を進めたほうがよいケースもあるでしょう。

在職しながら活動を進めるメリットは経済面が大きいでしょう。

退職金がもらえるとはいえ、毎月安定した給与がない状態で転職先がなかなか決まらなければ不安も募ります。

経済的な不安から転職を急いでしまい、妥協してしまうということも起こりえます。

在職しながらか退職してからかは自分の状況をよく考えて決定しましょう。

「退職しやすい時期」で全体のスケジュールを組もう

もうひとつは退職しやすい時期を中心として考える方法です。

現職の会社に迷惑をかけずに円満退社するのであればこの方法がもっともおすすめです。

繁忙期に突然退職の意思を伝えるなどすればトラブルになる可能性はかなり高くなります。

できれば閑散期に退職できるようにスケジュールを調整しましょう。

またボーナス時期を考えるというのも大切なことです。

ボーナスをもらった直後に退職するのは罪悪感があるという人もいるでしょう。

ただ、ボーナスは過去の一定期間の勤務に対して支払われる対価です。

そのためボーナスをもらう権利はあるため罪悪感を感じる必要はありません。

ただし、ボーナス支給直後に退職するともらい逃げの印象を与えやすくなります。

そのため可能であればボーナスが支給されて期間をあけてから退職願を出すというのがベストなタイミングです。

 

ワンポイント
退職するまでにしおくべきことをきちんと把握して退職希望日から逆算した行動を取ることも円満退職のポイントです。

 

退職意思の伝え方やタイミング

退職の意思を伝える方法とタイミングについて具体的にみていきましょう。

円満退職には退職意思の伝え方とタイミングが重要なポイントとなります。

しっかりおさえて円満退職を勝ち取りましょう。

退職意思は直属の上司に伝えよう

退職の意思を最初に伝えるのは直属の上司です。

この順番を間違えると後々のトラブルにつながるため注意が必要です。

可能な限り早めに時間を取ってもらい、対面で1対1で報告することが大切になります。

アポイントを取る段階で「ご相談したいことがあります」と伝えておくとよいでしょう。

このタイミングで引き留められる可能性も考えておきましょう。

引き留められた場合にしっかりと自分の意思を伝えることができるように準備しておくことも大切です。

ここで曖昧な回答をしてしまうと退職の意思がうやむやになってしまうこともあります。

直属の上司に退職の意思を伝えたらあとは、退職願の提出や同僚への報告を行います。

さらに引継ぎ相手の選定が行われ、業務の引継ぎを行います。

こうした決定事項は基本的に直属の上司が行うため、相談しやすい状況を作っておくことも大切です。

退職希望日の1〜2ヶ月前に伝えよう

退職希望は最低でも1カ月、余裕を持たせて2カ月前には伝えるようにしましょう。

民法上では2週間とされていますが、ほとんどの就業規則では1カ月前とされています。

社会人の常識としても急な退職希望は会社に迷惑をかけることになることは理解しておきましょう。

引継ぎに余裕を持たせるのであれば3カ月前でも問題ありません。

早すぎても遅すぎてもタイミングが悪く感じられます。

会社の業務状況も加味して適切なタイミングで退職の意思を伝えるようにしましょう。

事務整理や業務の引き継ぎをしよう

退職日が決定したら業務整理や業務の引継ぎを行います。

スムーズな引継ぎのためには引継ぎのスケジュールを組み立てましょう。

具体的にどのように引継ぎを行えばよいかみていきましょう。

引き継ぎスケジュールを立てよう

まずは直属の上司に相談して引継ぎが必要な業務内容を把握しましょう。

それにあわせてスケジュールを組み立てます。

退社日まで手を抜かずにしっかりと業務にあたりましょう。

どうせ辞めるからという態度で働いてしまうと周囲から反感を買う可能性が高くなります。

後任の人に迷惑をかけることがないようにしっかりと引継ぎができるようにスケジュール管理をしましょう。

引き継ぎの内容は形に残そう

引継ぎは口頭だけでなく後からも確認できるような形で残しておくと安心です。

引継ぎマニュアルなどを作成し、それに沿って引継ぎを行うとスムーズに行えます。

可視化しておくことで、自分が退職した後に問題が起きても資料を確認すればわかるという利点もあります。

こちらは説明したのに後任者が聞いていないというトラブルも可視化することで避けることができるでしょう。

マニュアルを紙媒体だけで渡すかデータも同時にを渡すかどうかは後任者の性格なども加味して判断しましょう。

必要に応じて社外に引き継ぎ報告をしよう

対外的な業務を担当していた場合には、社外への引継ぎや報告も必要です。

後任を連れて挨拶に出向く必要があるケースもあるでしょう。

先方の都合が優先となるため余裕を持ってアポイントを取るようにしましょう。

社外への引継ぎも可視化する必要があるものはしっかり資料にして残すと安心です。

 

ワンポイント
退職する日まで気を抜かずにしっかりと引継ぎ業務などにあたることで会社も好意的に送り出してくれるでしょう。

 

退職当日と退職後にやること

退職日当日は意外とやることが多いためよく計画を立てておきましょう。

出勤はいつもより早めに行い、出社してきた人を出迎えながら挨拶をするとよいでしょう。

最後の日こそ感謝の気持ちをしっかりと伝えられるように意識することが大切です。

そのほかにも細かな流れを解説します。

返却物をチェックしよう

早めに出社して、デスク周りを片付けましょう。

会社から借りていたものはきちんと返却できるように整理します。

汚れているものがあれば掃除しておきましょう。

自分が購入したものは持ち帰る準備をします。

お世話になったという気持ちを込めてデスク周りをきれいに整頓して退職するようにしましょう。

受け取るものをチェックしよう

退職に際してはさまざまな手続きが必要となります。

退職後に必要となる書類もあるため事前にどのようなものが必要かチェックしておきましょう。

印鑑が必要になる場合もあるため念のため用意しておくと安心です。

会社に申請する必要がある書類もあるため、事前に確認しておきましょう。

社内外への退職挨拶をしよう

終業時間が過ぎたらお世話になった人たちに挨拶をします。

拶の際にはちょっとしたお菓子を配ると好印象です。

就業中に可能であれば社外の人に挨拶に行くこともおすすめです。

上司については始業前にも感謝の気持ちを伝えておくとよいでしょう。

「今日で最後となりますが最後まで気を抜かずに頑張ります」

と伝えて最後の仕事に臨みましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

退職が必ずしも円満に進むとは限りません。

強い引き留めにあうこともあります。

人間関係が構築できていない場合には、退職までギスギスした状態で過ごすことになることもあるでしょう。

いずれにしても退職はエネルギーを使う行為です。

1人ですべてを抱え込むとストレスがたまってしまうこともあるでしょう。

そんな時は転職エージェントに相談することをおすすめします。

退職に関してだけでなく転職全般の悩み相談にも乗ってもらえます。

転職エージェントをうまく活用してスムーズに転職活動を進めましょう。

 

ワンポイント
円満退職や転職活動の進め方で悩んだ時は転職エージェントを活用しましょう。

 

まとめ

円満に退職するための方法について解説してきました。

転職を決意したら退職を乗り越えなけでば次のステップに進むことはできません。

いかにトラブルなく退職を進めることができるかが転職活動で重要なポイントとなります。

現職の職場に退職の意思を伝えるタイミングや方法をしっかりと理解して円満退職を目指しましょう。

退職や転職に関する悩みは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら