転職先の企業を決めるうえで重要となる福利厚生ですが、一般的に面接の際はあまり質問すべきでないといわれています。

とはいえ福利厚生の不明点を確認できないままでは、転職の決断に踏み切れないという気持ちももっともです。

そこでこの記事では、福利厚生の質問をすべきでない理由から上手な聞き方までをご紹介します。

採用担当者への聞き方を少し工夫すれば、福利厚生の質問がマイナスになるリスクは回避できるのです。

また使いやすい例文とNG例についても載せているので、何が違うのか比較してみてください。

面接で福利厚生の質問をすべきでない理由

断るポーズの男性

面接で福利厚生の質問をするのは、マイナスイメージに繋がるリスクがあるのであまりおすすめできません。

なぜなら面接は、限られた時間で採用担当者に自分をアピールする場であるからです。

福利厚生のことを質問すればするほど、大切な時間を消費することになります。

面接で採用担当者が「この人と働きたい」と思ってもらわれなければ、当然入社の機会は得られません。

つまり福利厚生にばかり重点を置いてしまうと、せっかくのチャンスを失ってしまいかねないのです。

会社への貢献意識が低いと思われてしまう

眠る猫

福利厚生にこだわって質問を重ねると、採用担当者から会社への貢献度が低そうだと思われる可能性があります。

企業側が求めているのは、仕事に対して意欲を持って取り組み会社に貢献する人材です。

ちなみに社会保険のような法的なものを除き、福利厚生は会社が社員のためにコストをかけて行っています。

つまり福利厚生のことばかり気にしている応募者は、コストがかかる社員になり得るともいえるのです。

仕事の能力が飛びぬけて高ければ採用を考えてもらえるかもしれませんが、大抵は担当者から敬遠されてしまうでしょう。

調べてわかることがある

パソコンを使う女性

福利厚生は人材募集のアピールポイントになるため、求人情報で積極的に掲載していることが少なくありません。

また詳しい内容が書かれていない場合でも、企業のホームページで調べればわかることが多いです。

自分で調べてわかることをわざわざ面接の場で質問するのは、時間の無駄遣いになってしまいます。

採用担当者からも「会社への興味がない」と思われてしまうでしょう。

会社の情報を頭に入れておくと面接でも意欲をアピールできるので、事前準備はしっかり行ってください。

印象を悪くしない上手な聞き方は?

面接での質問

あまり質問すべきでないとはいえ、転職で後悔しないためにも福利厚生は入社前に確認しておきたいものです。

採用担当者もそうした転職者の思いは理解しています。

そのため多くの担当者は、福利厚生の質問に対して完全にNGとは考えていません。

聞き方を少し工夫すれば、印象を悪くせずに説明してもらえるでしょう。

ここからは福利厚生についての上手な聞き方についてご紹介します。

「前置き」が重要

アイデアの文字

福利厚生のことを質問するには、なぜ知りたいかの前置きを話すのが重要です。

例えば「今後は腰を据えて長く働きたいから」と前置きするだけで、印象は大きく変わります。

長く働きたいという正当な理由があり、かつ会社に貢献する意欲があることをアピールできるでしょう。

逆に福利厚生についてダイレクトに質問すると、仕事より自分の都合を優先する人という印象が強くなります。

質問に対して採用担当者がどう捉えるか、イメージしながら話すようにしましょう。

福利厚生の質問タイミングは?

時間と締め切り

面接では多くの場合、最後に採用担当者から「何か質問はありますか?」と聞かれます。

福利厚生のことを質問するには、この逆質問できるタイミングがおすすめです。

また質問する際は、転職する上で自分が重要と考える必要最低限の項目をまとめておきましょう。

給与や休日関連の内容だけでは、タイミングが良くても担当者の印象が悪くなる恐れがあります。

福利厚生の質問は1~2個に留めておくのが無難です。

 

ワンポイント
 印象を悪くしないためには「前置き」を入れましょう。

残業や休日出勤について質問する場合

ブラインドが下りた窓

残業や休日出勤の有無については、求人情報や企業のホームページからではなかなかわかりにくい部分です。

この場合は実際に働いている人に聞いて、はっきりさせておきたいところでしょう。

とはいえ面接に臨む前に、まずは自分で情報収集する作業は怠らないでください。

自分で調べた結果不明な部分を教えてほしい、というスタンスで質問するのがポイントです。

後から「こんなはずじゃなかった」となるのは採用担当者も避けたいところなので、大抵は話してもらえるでしょう。

考え事をする女性

「部内で早く戦力になれるよう残業や休日出勤にも対応していきたいと考えていますが、普段どの程度ありますか?」

上記の例文では、前置きとして働く意欲があることをアピールしています。

残業や休日出勤が嫌なのではなく、事前に確認しておきたいというスタンスで話すのがポイントです。

またホームページに情報が掲載されていた場合は、まず「御社のホームページを拝見したのですが」と切り出します。

そして自分が感じたイメージを添えて、実際はどうなのかを尋ねると会社に関心があると伝えられるでしょう。

NG例

ストップをする女性

「前職では残業が多くて転職を決意したのですが、御社の残業は実際どの程度ありますか?」

これでは採用担当者から見て働きたくない人というイメージになるのでNGです。

たとえ事実だったとしても、本音を直球で伝えるのは印象が悪くなるだけでしょう。

また退職理由を抜いて「御社の残業は~」から質問するのも避けるべきです。

前置きがないだけに、不躾な態度だと感じられるリスクがあります。

育休や産休について質問する場合

パソコンを使う妊婦

育休や産休については、会社の制度が整っていても実際に休暇を取得しやすい環境なのかどうか気になるところです。

実態を聞くことで職場の雰囲気も何となく推測できるので、入社前に知っておくと安心できるでしょう。

女性としては働き方を左右する重要なポイントなので、不安がある場合はぜひ聞いておくべきです。

採用担当者にとってはよく聞かれる質問なので、想定内のこととして受け止めています。

働く意欲が伝わるような聞き方をすれば、担当者もしっかり応えてくれるでしょう。

嬉しそうに笑う赤ちゃん

「今後御社で長期的に貢献したいと考えているのですが、産休や育休を実際に取得している社員はいらっしゃいますか?」

上記の例文では、長く働きたいという意欲を前置きとして伝えています。

質問の意図が明確なので、採用担当者から前向きな理由として受け取ってもらえるでしょう。

多くの企業は女性活躍に関して重視している傾向にあるので、長く働きたいという意思表示はプラスに繋がります。

復帰後も挑戦する気持ちがあることを積極的にアピールしましょう。

NG例

新生児

「御社には産休・育休制度がありますが、実際のところ必ず取得できますか?」

まだ採用されていない時点で育休・産休取得を前提に質問されると、採用担当者は良い印象を持ちにくいです。

企業側にとっては、入社後早く仕事を覚えて会社に貢献してもらいたいと考えています。

採用してすぐに結婚・妊娠したのでは仕事を覚えられず、福利厚生のコストだけがかかる社員とみなされてしまうでしょう。

質問するときは、まず仕事を覚えてからという気持ちを言葉にして伝えるようにしてください。

 

ワンポイント
 仕事に対する前向きな姿勢をアピールしましょう。

研修制度について質問する場合

セミナー

異業種へ転職する場合のように、新たな挑戦時には研修制度が充実しているのか不安になることもあるでしょう。

今までとは違うスキルが求められているケースも多いので、入社前にある程度準備しておきたいところです。

ただし聞き方ひとつで、やる気があると思われるか他力本願に見られるかに分かれます。

重要なのは前向きな姿勢とやる気をアピールすることです。

そして前職で得た経験やスキルと照らし合わせて、自分が必要とされているものを確認するスタンスで質問しましょう。

指導・教える

「少しでも早く戦力となって貢献したいと考えているのですが、入社までに学んでおくべきことはありますか?」

上記のように、まずは自ら学ぶ意欲があることをアピールします。

自主性があるということは、採用担当者から見て即戦力として活躍する期待に繋がるでしょう。

その後「入社後の研修について、差支えのない範囲で教えていただけると幸いです」と本題に踏み込みます。

最初に意欲を伝えているので、研修に全て頼るつもりではないとわかってもらえるのがポイントです。

NG例

ボード

「異業種からの転職なので今後多くのことを勉強したいと思いますが、御社の研修制度について教えていただけますか?」

一見やる気があるアピールにも捉えられそうですが、勉強したいという気持ちだけでは企業側からすると不十分です。

そもそも企業側は転職者に対して即戦力の一面も期待しており、未経験でも選考する価値があったからこそ面接しています。

今までの経験から自分が何を活かせるのか、そして今後どうしていきたいのかという積極性を伝えましょう。

受け身の姿勢は自主性がなく会社に依存すると思われ、自ら自分の価値を低くしてしまいます。

 

ワンポイント
 面接では自分に自信をもって臨みましょう。

どんな福利厚生があるか知りたい場合の聞き方は?

休憩スペース

福利厚生は会社独自様々な制度があるので、どんなものがあるのか気になるところでしょう。

質問すること自体は悪くありませんが、まずは自分で情報収集するのが鉄則です。

下調べした中でわからなかった部分について、質問することを簡潔にまとめておきましょう。

ちなみに福利厚生には、社会保険の加入が義務付けられた法定内福利厚生と会社独自で作った法定外福利厚生があります。

そのため社会保険については簡単に調べられるので、あえて面接で確認するようなことではありません。

オフィスでコーヒー

「御社の企業説明会に参加させていただいた際、社員の満足度がお客様の満足感に繋がるという話に感銘を受けました。

また○○という制度に魅力を感じ御社で活躍したいと思ったのですが、制度の○○について教えていただけると幸いです」

上記では会社への関心が高いことを積極的にアピールしています。

さらに福利厚生だけをピンポイントにせず、仕事に繋がった実績に対する思いや意欲を伝えているのがポイントです。

ある程度情報収集したうえで、ざっくりし過ぎた質問にならないよう注意しましょう。

NG例

労働保険関係の書類

「御社の福利厚生にはどんな制度があるのか教えていただけると幸いです」

この質問を聞いて採用担当者が応募者に対してまず感じるのは、自分の利益にしか興味がない利己的な人という印象です。

仕事への意欲が見られない応募者を採用しようとは誰も思いません。

またざっくりとした質問なので、下調べもなく聞いているのが明らかです。

会社への関心が薄いと感じられ、さらに印象がマイナスになってしまいます。

年収や給料を質問しないで調べる方法は?

スマートフォンで検索

福利厚生の中でも年収や給料などの金銭面に関しては、採用担当者に直接聞きにくい内容です。

勇気を出して質問しても、聞き方によってはマイナスイメージを与えたり失礼になってしまうので避けた方がいいでしょう。

年収や給料は質問せず、自分で調べるのがおすすめです。

調べ方のポイントを抑えておくと知りたい部分が効率的にわかります。

面接に臨む前に、ぜひ実践してみてください。

中途採用情報を見てみよう

パソコンを使う女性

中途採用情報には、大抵採用後の年収事例が掲載されています。

ポジションと年収レンジがセットになっているのでチェックしてみましょう。

企業によっては合わせて年代も表示されていますが、ない場合は採用担当者に聞いてみるのもひとつの方法です。

「○○の役職は何年程度で就くことが多いですか?」というように質問すると、露骨な聞き方を回避できます。

中途採用情報で不明な部分を補填するような質問をすることで、大まかな年収が予測できるでしょう。

有価証券報告書を調べてみよう

面接先が上場企業の場合は、有価証券報告書を調べてみましょう。

有価証券報告書とは、外部へ企業内容を開示する目的で年度ごとに作成された資料です。

その中の従業員に関しての項目で平均年収が提示してあります。

有価証券報告書が掲載されているのは、各企業の公式サイトです。

事業内容や会社の状況など、他にも重要な情報が得られるので合わせてチェックしておきましょう。

 

ワンポイント
 聞きにくい内容は自分で下調べしましょう。

質問の仕方を工夫してマイナスの印象を与えずに聞こう

手書きのクエスチョン

質問の仕方を少し工夫するだけで、マイナスの印象は回避できます。

ポイントは知りたいことをダイレクトに質問するのではなく、説得力のある前置きを入れることです。

質問された採用担当者がどう思うのか、相手の立場に立って考えてみましょう。

また聞くタイミングも重要です。

その場の雰囲気を見ながら、質問を促された機会に必要最低限の項目を取り上げましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

腕組みする男性

転職で悩んだときは、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

面接に臨む際にも、個別相談で適切なアドバイスを受けることができるでしょう。

他にも入社までに様々なサポートを受けられるのがメリットです。

効率よく転職活動をすすめるため、ぜひ活用してみてください。

まとめ

ガッツポーズの女性

面接で福利厚生を質問するときは、聞き方を工夫することが大切です。

仕事への意欲を見せる前置きがあると、採用担当者の印象がぐっと変わってきます。

マイナスイメージを抱かせないためにも、前向きな姿勢で聞いていることをアピールしましょう。

また質問するのは1~2個に抑えるのがポイントです。

聞きたいことはしっかり聞いたうえで、面接を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら