あなたは転職時にどれくらいの退職金がもらえるか御存じですか?

自分のもらえる金額がわかれば転職活動も計画的に進めることができます。

また退職金制度の正しい知識は転職時のデメリットを軽減し、トラブル防止にも役立つことでしょう。

しかし、退職金は会社によって条件や計算方法が異なりとても複雑な制度だといえます。

そこで女性の退職金の平均と相場について詳しくご紹介!

業種や勤続年数など条件ごとの相場やその計算方法も解説していきましょう。

女性の転職時の退職金平均・相場を調査

企業ビル

転職を考えた時に誰もが気になるのが「退職金」ではないでしょうか。

実は退職金と一口でいっても、その制度にはいくつもの種類が存在しています。

退職金制度は各企業の規則で変わるため会社によって内容が異なってしまうのです。

この退職金がいくら貰えるのかによって転職もより計画的に進めることができます。

そのためにもまずは自分の勤めている会社の退職金制度はどうなっているのかを調べましょう。

比較するためには一般的な退職金の平均額相場も把握することです。

また退職金制度は法律で規定されたものでは無く、企業の支払い義務もありません。

そのため制度自体をそもそも導入していないという会社もあるのです。

自分の退職金について調査することは損のない転職への第一歩でもあります。

「退職金制度」の仕組み

まずは退職金制度の仕組みについてご説明しましょう。

退職一時金制度

一般的な退職金というのは「退職一時金制度」を指しています。

この制度は会社ごとに定められた規定によって退職金の額を計算・算出します。

特別な事情でもないかぎり退職時にまとめて一括で支給されるでしょう。

企業年金制度

定年退職

「確定給付企業年金」や「企業型確定拠出年金(企業型DC)」などを総称して企業年金制度といいます。

企業と従業員の間で取り決めた規定にもとづき高齢に達した時受けとれる制度です。

主に法人を設立する「基金タイプ」と企業が作成した年金規約にもとづく「規約タイプ」があります。

これまでの日本企業では終身雇用によって従業員が定年まで勤めることが普通でした。

そんな従業員に退職後の生活保障として活用できるように作られたのが企業年金制度です。

そのため何かしらの企業年金制度を導入する企業も増加傾向にあります。

しかし、種類が多くその仕組みもかなり複雑だといえるのが企業年金制度の特徴です。

このため企業が導入するにあたり加入者(従業員)に対しての教育が義務づけられています。

 

ワンポイント
退職金とは一般的に「退職一時金制度」を指している。

「退職金」の平均や相場を確認していくらもらえるか知ろう

あなたの退職金は一体いくらもらえるのでしょうか?

退職金制度の仕組みがわかったところで退職金の平均額や相場もチェックしましょう。

退職理由で相場が異なる

退職届

退職理由には大きく分けて「自己都合退職」と「会社都合退職」の2つがあります。

あなたが退職の意思を伝える時まずはその理由について聞かれることでしょう。

それは退職理由によって退職金の相場が異なるためです。

またこの退職理由は失業後に受け取れる失業給付金の給付期間や金額にも影響します。

つまり退職後にあなたが受け取れるお金は「退職の理由」次第で変わってしまうのです。

2つの退職理由それぞれの相場について見てみましょう。

「自己都合退職」の場合

段ボールとテープ

自己都合退職とは従業員自身が望んで退職することを指します。

おもに引っ越しや結婚、親の介護や病気療養などライフスタイルの変化にともなう理由。

そして待遇や業務内容のほかキャリアパスのための転職も「自己都合退職」にあたります。

東京都産業労働局の調査では中小企業で勤続10年の人が自己都合退職した際の退職金は170万円でした。

一方、同じ条件の会社都合退職では平均220万円ほどの退職金をもらっています。

このように自己都合での退職金額は会社都合のときよりも低い金額になる場合がほとんどです。

また「○年以上勤務」で退職金を支給するという規定を設けている会社もあります。

転職の意思を固めたらまずは現職の退職金規定をチェックしてみましょう。

「会社都合退職」の場合

断るポーズの男性

会社都合退職は従業員が望んでいないものの退職を余儀なくされる場合を指します。

代表的なのが経営悪化にともなうリストラで会社から一方的に契約解除されるケースです。

しかし、会社が募った希望退職や退職勧奨に従業員が応えた場合。

またハラスメント被害にあった時、移転によって通勤が困難になった時も「会社都合退職」になります。

本来は望まない退職のため退職金も自己都合時より高い金額設定です。

 

ワンポイント
「自己都合退職」は「会社都合退職」よりも退職金が少ない。

勤続年数&退職理由別の「退職金」相場をチェック

時間とお金

勤続年数と退職理由次第でもらえる退職金も異なってきます。

東京都内の中小企業を対象にした調査結果から退職金の相場をまとめてみましょう。

  • 勤続1年では自己都合が9万円、会社都合が16万円
  • 勤続3年では自己都合が24万円、会社都合が38万円
  • 勤続5年では自己都合が44万円、会社都合が64万円
  • 勤続10年では自己都合が122万円、会社都合が157万円

上記の退職金額は平成30年度に行われた東京都産業労働局の調査結果をもとにしています。

入社した時点の男女では給与にそれほどの差はありません。

しかし、勤続年数が長くなるにしたがって男女間の給与差は顕著になります。

つまり退職金の計算式によっては女性の退職金は上記よりも少ない金額になります。

大企業の退職金ではこの中小企業の平均額よりも高い金額が相場です。

「退職金」の計算方法

退職金とは本来、定年まで勤めた場合にのみ満額支給が適用されます。

そのため途中退社では勤続年数に応じた一部が支給されるのです。

しかし、退職金の計算にはさまざまな計算方法があり会社によって異なります。

また育児休暇をなど年単位の休暇は勤続年数にカウントされないため注意が必要です。

退職金の計算方法について以下で見てみましょう。

定額制

税金
定額制は給与額に関わらず勤続年数ごとに定められた定額を支給するものです。

「給与非連動型」とも呼ばれるその計算方法は給与以外の要素で金額が決まります。

すなわち従業員の年齢や勤続年数、また取得している資格の等級などです。

定額制は企業や従業員が金額を把握しやすいというメリットがあります。

しかし、成果や貢献度は反映されにくいため退職金額は上昇しにくいでしょう。

基本給連動型

上昇グラフ

最も一般的な退職金の計算方法が基本給連動型という計算方法です。

計算式は「退職金=退職時の基本給×支給率×退職事由係数」になります。

退職事由係数とは勤続年数に比例して大きくなる係数です。

勤続年数3~5年で「0.5」、5~10年は「0.7」、10~20年で「0.8」…と大きくなります。

あくまで退職した時点での給与で計算されることから退職金額も高額になりやすい傾向があります。

別テーブル制

賃金体系と異なる別テーブル制では勤続年数に応じた基準額が設けられています。

そこに各役職等級など評価基準の要素を加えたマトリックス法で退職金額を算出する方法です。

最終役職でしか判断されないため若手社員での貢献度が反映され難いといえます。

ポイント制

ポイント

退職金の計算方法で「給与非連動型」とも呼ばれるのがポイント制です。

勤続年数のほか役職や取得資格などで決められたポイントを合算していく計算方法になります。

従業員の業績や能力を重視した退職金の算出方法でそのポイントは企業によって異なるのが特徴です。

「退職金」を受け取れるタイミング

退職金の平均や相場がわかったところで気になるのが「いつ受け取れる」かです。

退職金を受け取れるタイミングについて以下でご紹介しましょう。

会社によって異なる

時計を見る画像

退職金を実際に受け取れるのは一体いつ頃になるのでしょうか?

結論からいうと受け取りのタイミングは会社によって異なります

企業によって規定やシステムが違うため退職金の額を計算・算出するのにも差が出てしまうのです。

しかし多くの場合が退職してから半年、遅くても1年以内では支給されています。

正確な受け取り時期を知りたい方は担当者の人に確認してみると良いでしょう。

なお年金タイプの退職金は受け取れる年齢が原則60歳以降となっています。

そのため退職後にすぐ受け取れないため注意してください。

退職金が支払われない時は?

頭を抱える女性

法律上では企業に退職金の‟支払い義務”はありません。

ではもしも退職金が支払われない時はどうすればよいのでしょうか?

まずは就業規則か労働契約書に「退職金の規定」が記されていないかチェックしてください。

もし規定が明記されていたら次に「支給条件」を自分が満たしているのかを確認します。

支給条件もたしているならその企業にはあなたへの支払い義務が生じます。

義務があるにもかかわらず退職金が支払われない時は違法行為にあたるので請求することが可能です。

「退職金」にかかる税金について

退職金にも所得税がかかるため全ての額が‟そのまま受け取れる”わけではありません。

そこで退職金にかかる税金について詳しく説明していきましょう。

「退職所得控除」

税務署通常、退職金にも所得税が課税されることになるでしょう。

そのため退職者は退職金額をそのままを受け取れるわけではありません。

しかし退職一時金や企業年金制度ではこの所得税を軽減する「退職所得控除」が用意されています。

退職所得控除は「退職所得の受給に関する申告書」を会社に提出することで申請可能です。

もし申告書を提出しなければ退職金の20.42%が一律税金として徴収されるので注意してください。

なお「前払い退職金」では通常の給与と同じ税率計算が適用されます。

控除額の計算をしてみよう

ノートPCと電卓を使っている人

退職所得額の割り出し方は退職金から退職所得控除額を引いて2で割るという計算式です。

このとき退職所得控除の金額は対象となる従業員の勤めた年数によって決まります。

退職所得控除額の計算式は以下の通りです。

  • 勤続年数20年以下は40万円×勤続年数
  • 勤続20年以上なら800万円+70万円×(勤続年数-20年)

例えば8年務めた人の退職所得控除額なら400,000×8=320万円となります。

※勤続20年以下で算出額が80万円に満たないときは「80万」とする。

 

ワンポイント
「退職所得の受給に関する申告書」は必ず提出しましょう。

「退職金」の支給額は年々減少している?

コインと植物の芽

終身雇用が当たり前だった日本企業も近年では副業や転職を認めるようになりました。

これまでのメンバーシップ型雇用(日本型雇用)からジョブ型雇用に切り替える企業も増えています。

もはや転職はキャリアアップを図る手段になったといえるでしょう。

これにともない退職金に対する企業の考えも徐々に変化していきました。

また不景気や団塊世代が一気に退職したことも退職金に大きく影響しています。

退職金の維持が困難になった企業は退職金の支給額を減らすことで対処してきました。

厚生労働省では5年ごとに就労条件調査を実施しこの退職金について詳しく調べています。

それによると最も多い時期と比べて退職金額は約1,000万円も減少していたのです。

また同時に退職金の制度を導入する会社自体が減少傾向にあることがわかっています。

このことからも「退職金」の支給額は年々減少していることが明確でしょう。

転職の際はできるだけ退職金の‟最新情報”を収集するように心掛けてください。

 

ワンポイント
転職時には変化しやすい退職金の「支給額」に注意しよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

退職金の手続きなどが‟わからない”ままではあなたの不利益になる可能性があります。

特に転職経験者では現在勤めている会社も前の企業と「同じ退職金」だと思い込みがちです。

今回会社ごとに退職金が異なることを知ったことは、あなたにとって大きな一歩といえます。

もし手続き方法などさらに詳しく知りたい人は専門家の「転職エージェント」に相談するのがおすすめです。

相談者にとって最良の転職にするため転職エージェントは「退職」に関わる知識も把握しています。

また退職金について聞きづらいという人も「聞き方」についてアドバイスしてくれるでしょう。

あらゆる転職の悩みや不安も転職エージェントは柔軟に対応しサポートしてくれます。

まとめ

握手する女性

やはり清々しい気持ちで転職するためにも「円満退社」が一番といえます。

今回ご紹介したことであなたの退職金の不安を少しでも解消できたなら幸いです。

転職にともなう悩みや不安を全て解消して新しい会社で最高のスタートを切りましょう!

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら