時代と共に働き方が大きく変化し、オンラインでのリモートワークを導入する企業が増えています。

それは面接にも大きな影響を与えており、近年「web面接」が新しい面接のスタイルとして導入されました。

従来の面接と違い会場までの時間を短縮出来る上交通費もかからないとメリットが多いのです。

そこで今回はweb面接のマナーについて細かく解説しますので参考にしてください。

女性の身だしなみやweb面接の事前準備・注意点まで多岐にわたってご紹介します。

Contents

web面接のマナーを紹介

web面接を受ける上で具体的なマナーはどのようなものがあるのでしょうか?

開始時間より前にスタンバイしよう

ログイン

まず開始時間より早めに余裕を持ってパソコンの準備を完了しておいてください。

WEB面接の場合事前に使用するソフトやツールの指定があるはずです。

ダウンロード・インストールを済ませて面接前に試運転を済ませておきましょう。

面接開始10分前には立ち上げておいて全ての準備を済ませると慌てずに済みます。

時間に余裕を持って準備しておくと通信速度やカメラ・マイクの動作チェックも可能です。

その上で髪型や服装の乱れ、画面の背景などをしっかりチェックしておくのをおすすめします。

余計な音が入らないようにしよう

web面接においては場所選びもまた大切なので最適な場所をしっかり選んでください。

というのもパソコンのスピーカーやマイクは周囲の雑音までよく拾うようにできています。

電車や車・雨などの騒音から中の携帯電話・エアコンの音までどんな小さな音でも拾うのです。

ビルの貸し会議室や近くの公民館など騒音が入りにくい環境を事前に予約するといいでしょう。

自宅で行う場合は防音対策を徹底し邪魔が入らない部屋を選ぶ必要があります。

携帯の電源はオフにして他のツールやアプリも全て切って雑音が入らない環境を作ってください。

スムーズに面接を進めるためにも邪魔な要素となり得るものは省くことが大切です。

画面ではなくカメラ目線で話そう

カメラ

面接中は画面ではなく画面上部のカメラを見て受け答えを行ってください。

どうしても面接官の反応が知りたいが故にカメラではなく画面に目を向ける人がいます。

しかし画面に目を向けると下を向くことになり面接官と目が合いません。

また、カメラレンズと目線の高さが水平になるように位置を調節してください。

高過ぎず低過ぎず、ちょうど良い高さで受けると面接官にも良い印象を与えます。

聞き取りやすさを考えて話そう

そして5つ目に面接官が聞き取りやすいスピードで話してください。

通信環境によっては少しタイムラグが発生する可能性が考えられます。

もしかすると面接官の応答と被ってしまうこともあるかもしれません。

焦らず面接官の発言や質問を聞き取り、やや間を開けてゆっくり丁寧に話しましょう。

ここは従来の対面面接と大きく異なる部分なので、初めての場合戸惑う方もいます。

なるべくタイムラグを少なくし丁寧な会話のキャッチボールを行うことが肝心です。

 

ワンポイント
面接官の負担にならないよう最適な面接の環境を作ること

 

web面接の事前準備をしよう

オンライン

上記のように、web面接には細かいルールやマナーがあります。

ここで強調しておきたいのは失敗要素となるものを徹底的に省くことです。

面接の事前準備となると誰しもが採用の成功率を上げることに目を向けるでしょう。

しかし面接の成功には運や奇跡など偶然の要素が少なからず絡みます。

成功率を上昇させることはプロの方でも難しいのです。

一方で「これをやるとうまくいかない」という失敗の確率を下げることは容易にできます。

失敗のリスクを徹底的に省くことこそが面接合格への確実な方法ではないでしょうか。

web面接時の身だしなみで意識すること

それではweb面接時の身だしなみで女性の転職希望者が意識することは何でしょうか?

「服装」で意識すること

スーツ

web面接を受ける時の服装は一般的には就活用のスーツを着用してください。

自宅で受けられるとはいえあくまでも「面接」であり、決して遊びではないのです。

あくまでもweb上で行われるか対面で行われるかという媒体の違いしかありません。

もちろん企業によっては自由な服装や私服で臨んでくださいというところもあるでしょう。

しかしその場合もカジュアル過ぎず、スーツに近い色合いやスタイルの服を選ぶことが大切です。

また、服のシワや汚れなどはカメラ越しであっても目立つのでしっかり除去しておきましょう。

服装1つで面接官に与える印象はいかようにも変化します。

「髪型」で意識すること

服装と並んで重要なのが髪型であり、特に女性の場合はここをしっかり注意しておきたいところです。

女性の場合髪が長い人は後ろで1つに結い爽やかな印象を与えられるようにセットしてください。

少なくとも目や顔・肩に髪がかからないように意識することが大切です。

顔や表情がはっきり見える髪型にし、寝癖や跳ねなどがないかもしっかりチェックしておきましょう。

少しでも面接官をはじめ周囲に不快な印象を与える髪型になっていないかを確認してください。

「メイク」で意識すること

女性の場合男性と違って「メイク」、即ち「化粧」という要素が大きく影響します。

転職活動における面接時のメイクは原則「ナチュラルメイク」を意識してください。

特に自宅で受ける女性の場合普段の癖で濃いメイクをしてしまいがちです。

しかしWeb面接もあくまで対面面接の延長線上にあることを忘れてはいけません。

服装や髪型と同じく、メイクも清潔感を出すことが大切です。

ただ画面越しの場合カメラレンズの歪曲により対面した場合と印象が変わる場合があります。

カメラのアップに耐えられるよう調整しておきましょう。

マスクは着用してもいいの?

マスク

コロナ禍ということもあり、企業の対面面接ではマスクの着用が一般的になっています。

それではweb面接の場合のマスク着用はどうかというと、企業によって異なるでしょう。

着用することを求める企業と着用しない方がいいという企業の両方があります。

マスクをすると感染のリスクを減らせる反面表情が見えず声がこもるというデメリットがあるのです。

企業から事前に着用の指定があった場合は素直にその指示に従って受けてください。

ただ、web面接の場合はいわゆる「三密」による感染は少ないものと思われます。

気になる方はメールなどで事前に問い合わせておくといいかもしれません。

 

ワンポイント
清潔感のある人だという印象を与えるように意識することが大切

 

web面接前に最終チェックをしよう

チェック

このようにweb面接には対面面接と同じところと違うところがあります。

最初の方に述べたweb面接のマナーは対面面接と違うところを中心に解説しました。

通信環境や速度・音声・場所選びなどは対面面接との大きな違いでしょう。

一方で服装や髪型・メイク、姿勢などは対面面接と何ら変わることはありません。

面接前に面接の不安要素をリスアップし最終チェックを行ってください。

どれだけ用心してもし過ぎるということはなく、トラブルが起こる可能性は常にあります。

細心の注意を払って最後まで油断せずに面接に臨みましょう。

web面接時の背景はどうする?

web面接を受ける時に気をつけたいのが「背景」です。

意外と見落としがちですが、この背景に映るものもまた面接官の印象を左右します。

ここではどのような背景が望ましいのかを解説しましょう。

基本的には「壁」を背景にしよう

壁

基本的には「壁」のような何もない殺風景な背景であることが望ましいです。

壁が難しい場合はカーテンなど面接官の目の負担にならないものがいいでしょう。

カーテンの色合いやデザインもシンプルで薄い色合いのものを選ぶようにしてください。

とにかく大切なのは面接官の印象を不快にするようなものを映さないということです。

自宅で受ける場合は特に背景に気を遣わないと関係ないものが映る可能性があります。

面接に純粋に集中する環境を作るためにも余計なものは画面から排除しましょう。

転職活動に関係ない物の映り込みに注意しよう

転職活動に関係ない物を映さないように注意してください。

具体的には以下の要素が挙げられます。

  • 本棚・タンスなど生活感のある家具
  • ポスターやグッズなどの趣味嗜好品
  • 住所が特定されてしまうような個人情報のあるもの

これらの要素が少しでも映ってしまうと面接官には不快な印象を与えてしまいます。

整理整頓もまともに出来ない、つまり自己管理能力がない人というレッテルを貼られかねません。

上記したようにweb面接の失敗要素となるような要素は徹底的に省くことが大切です。

基本は背後にはなにもない状態にすることで成功率を上げることが出来ます。

バーチャル背景でもいいの?

バーチャル

コロナ禍に伴いリモートワークが流行し、バーチャル背景を使用する人が多くなりました。

理由としては自宅は個人情報の塊であり、見られたくないものが映り込む可能性があります。

また場合によっては背景に映るものから住所を特定されるリスクもあるのです。

そのような場合に便利なツールがバーチャル背景であり、多くの企業が導入しています。

しかし、web面接においてはバーチャル背景はあまりおすすめしません

用いるのであれば単色背景がおすすめですが、注意しないと合成感が相手に丸分かりです。

特に初めての方はリスクがとても高いのでなるべく使わないようにしましょう。

 

ワンポイント
・基本的には壁やカーテンなど何もない状態にする
・転職活動に関係のないものは映さない
・バーチャル背景は極力使用しない

 

web面接の注意点をチェック

ここまで紹介してきたこと以外にもweb面接には細かい注意点があります。

しっかりチェックして万全の態勢で面接に臨めるようご紹介します。

web面接中はパソコンを操作しない

pc

web面接中は一切パソコンを操作せず、両手は膝の上において背筋を伸ばして受けてください。

特に自宅で受ける場合普段の癖でマウスやキーボードなどをいじってしまいがちです。

そのような行動は歩きスマホや電車内の通話・メイクと同じで品のない行動になります。

また、web面接で使う指定のツール以外のプログラムは事前に切っておきましょう。

いわゆるオンライン通知なども全部オフにすることでスムーズな面接が可能です。

充電が切れないように満タンにしておこう

バッテリー

面接で使用する際にはスマホ・タブレット・パソコンのいずれかを用いるでしょう。

どの端末を使うにしても、充電が切れないよう満タンにしておいてください。

途中で充電が足りなくなってweb面接を強制終了することがないようにするためです。

また、スマホの場合途中で着信音が鳴り響く可能性も考えられ、面接の流れを妨げます。

面接官にリスク管理ができない人という印象を与えるので、端末はパソコンかタブレットがおすすめです。

 

ワンポイント
余計なことをせず大人のマナーで面接に臨むこと

web面接中にトラブルが起きても冷静に対処しよう

解決

上記してきた対処や対策をどれだけ施したとしても、不測の事態は常に起こる可能性があります。

オンラインの場合接続トラブルや通信速度などでいきなり通信が途絶えてしまうこともあるでしょう。

この時に大事なのは焦らず冷静沈着に対処することであり、余裕を持って待機してください。

ここで慌ててしまうと企業側には不測の事態に適切な対処ができない人という印象を持たれてしまいます。

これもまた失敗要素に相当する部分なので、事前に考えられるリスクへの備えはしておきましょう。

不安な方はメールなどで事前に問い合わせをしておくのもいいかもしれません。

web面接のマナーと注意点を理解してしっかり準備をしておこう

web面接

このようにweb面接にはいろんなマナーと注意点が存在することがわかるでしょう。

何度も繰り返しますが、大事なことはとにかく徹底した事前準備です。

特に「こんなトラブルが起こりうる」というネガティブシミュレーションはしっかり行ってください。

対面面接にしてもweb面接にしても選考に落ちてしまう大半の原因は準備不足にあります。

成功率を上げることよりも失敗率を下げることの方が遥かに大事です。

どんなリスクもゼロにはできませんが、ゼロに限りなく近づけて面接に臨むことはできます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

こうしてみると、web面接は複雑で大変ではないかとお思いの方もいるでしょう。

そんな方は是非転職エージェントに相談し対策を立ててください。

エージェントは常に親身になって転職者に寄り添ったアドバイスを与えてくれます。

web面接において大切なこともプロの見地から具体的に教えてもらえるのです。

不安なことがありましたら是非転職エージェントを頼ってみてください。

まとめ

web

いかがでしたか?

今回はweb面接のマナーから注意点まで様々な要素を解説・紹介してきました。

コロナ禍という社会情勢がよりそのニーズを強めているweb面接。

対面面接と変わらないところ違うところがあることがご理解頂けたのではないでしょうか。

複雑な要素が沢山ありますが、事前準備さえ徹底すれば冷静に対処できます。

本稿がweb面接を受ける方の参考になれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら