仕事をする上で通勤時間は生活事態に影響を与える可能性のある重要な要素です。

転職活動を行う際に通勤時間をどのように捉えたらよいのかについて考えてみましょう。

理想の通勤時間や履歴書に通勤時間を記載するときのポイントについても解説します。

通勤時間が転職にどのような影響を与えるのかを理解した上で転職活動をスタートしましょう。

Contents

通勤時間が転職に与える影響は

時計を指差す女性

アメリカでは通勤時間の長さが幸福度に影響を与えるともいわれています。

通勤時間が長すぎることで仕事に影響を与える可能性もあるでしょう。

通勤時間が長いと早起きをしなくてはならない。

都会では満員電車に揺られる時間が長くなる。

帰宅時間が遅くなる可能性が高い。

このようなデメリットも考えられます。

通勤時間が長いことで仕事に集中できないなどの理由で転職を検討している人もいるでしょう。

通勤時間はできるだけ短いほうが生活にも余裕を持たせることができます。

通勤時間は転職活動にも影響を与えるためここから先で詳しく解説していきます。

平均的な通勤時間はどれくらい?

時計とカレンダー

日本人の平均的な通勤時間はどのくらいなのでしょうか。

地域環境によって通勤方法が異なるため全国平均と東京圏で比較してみましょう。

全国平均

自転車

全国でみるとおおよそ片道40分が通勤時間の平均とされています。

移動手段をすべて含めて算出した数値です。

電車、自家用車、バス、徒歩、自転車など多くの交通手段が含まれています。

都会では電車通勤がメインと考えられますが、地方では自家用車での通勤が多くなるでしょう。

通勤ラッシュがほとんどない地方では距離が離れていてもほぼノンストップで通勤できることで時短を可能としています。

東京圏のみ平均

東京圏のみの通勤時間をみてみましょう。

通勤時間の平均はおおよそ片道60分とされています。

調査した人のうち8割が電車通勤であるという結果もあわせて考えてみましょう。

自家用車で通勤する人は1人のスペースでほぼ自分のペースで通勤することができるでしょう。

満員電車で通勤する人は多くの人のなかで電車の遅延や立ちっぱなしなどストレスの多い状況での通勤が多いでしょう。

往復で考えるとおおよそ2時間を通勤に費やしている計算になります。

通勤時間が短いメリット

通勤する女性

通勤時間が短くなるとどのようなメリットが生じるのでしょうか。

通勤時間を短縮することで得られるメリットについて具体的に解説します。

ストレスが軽減される

通勤時間の短縮で得られるメリットのひとつがストレスの軽減です。

起きる時間がゆっくりですむことで精神的な余裕が生まれるとも考えられます。

満員電車に乗る時間を短くすることができる。

または満員の時間帯を避けて電車に座って通勤できる可能性も高くなります。

場合によっては電車ではなく自転車や徒歩で通勤することも可能になるかもしれません。

睡眠不足や肉体的な疲労が軽減されることでストレスを減らすことにつながります。

空いた時間で好きなことができる

駅の時計

平均で往復2時間かかっていた通勤時間がたとえば半分になったとしましょう。

単純に考えて1時間の時短になります。

1時間程度ならさほど短くなっていないと感じるかもしれません。

ただ、これを1週間で考えると7時間、20日勤務として1カ月で20時間の短縮となります。

1年では200時間以上の短縮になるわけです。

こう考えると空いた時間で好きなことをすることができるでしょう。

ジムに通ったり資格の勉強をしたりすることも可能です。

自分の時間を増やすことで精神的にも安定した生活を送ることができるでしょう。

家族と一緒にいる時間が増える

家族がいる人にとっては少しでも長く家族と過ごす時間を持ちたいと考えるのは当然でしょう。

通勤時間が短くなれば家族と共有することができる時間を増やすこともできます。

小さな子どもがいる家庭では夫婦で協力して保育園や幼稚園のお迎えをすることも可能になるかもしれません。

 

ワンポイント
平均的な通勤時間を知ることで転職先を絞り込むこともできます。転職理由が通勤時間である場合はとくに通勤に必要な時間をしっかりと計算しておくことが重要です。

 

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

履歴書の通勤時間欄の基本的な書き方

履歴書

履歴書には通勤時間を記載する欄があります。

通勤時間の欄にはどのように記載すればよいのでしょうか。

基本的には自宅から会社に行くまでにかかる片道の時間を記載します。

通勤手段は問いません。

いわゆるドアtoドアの所要時間を記載することが基本です。

複数の交通手段を使う場合にはすべてを合算した時間を記載しましょう。

たとえば、次のとおりです。

自宅から駅までは自転車で10分。

駅から電車で会社の最寄り駅まで40分。

最寄り駅から会社まで徒歩で5分。

この場合には「自転車、電車、徒歩 約0時間55分」と記載します。

通勤ルートが複数ある場合にはできるだけ最短のルートの時間を記載するとよいでしょう。

採用担当者がしっかりと通勤時間を把握できるように記載することが必要です。

詳細に記載するからといって23分、1時間18分などといった書き方はNGとなります。

基本的には5分単位で記載しましょう。

23分なら25分、1時間18分なら1時間20分と記載します。

さらに1時間未満の場合は書き忘れていないことを明示するために「0時間55分」と時間の部分も記載しておきましょう。

人事は通勤時間欄で何を知りたい?

駅の掲示板

履歴書に通勤時間を書くのはなぜか考えたことがあるでしょうか?

なんとなく書いている人もいるかもしれません。

履歴書にきちんと項目があるということはしっかりとした意図があると考えましょう。

人事担当が通勤時間欄で知りたいことについて解説します。

応募者の体力的な負担が大きくないか

会社は毎日通う場所です。

そのため応募者が通いやすい場所であるかどうかは重要なポイントになります。

転職理由のなかに通勤時間の長さをあげる人もいるほど通勤時間は働く上で重要です。

通勤時間が長すぎると働く人の体力を考えて、疲労で仕事に支障が出る可能性も検討されます。

目安としては90分以上の通勤時間が企業側の注目ラインと考えましょう。

通勤時間が90分以上になると負担が大きいのではないかと考える人事担当者が多いとされています。

もしも通勤時間について質問された場合には、次のように回答するのもひとつです。

「現職でも同じ程度の通勤時間がかかっておりますが仕事に支障はありません」

通勤時間が長くても体力には問題ないことをしっかりアピールすることが大切です。

会社負担の交通費がどの程度か知りたい

電車

もうひとつは、交通費がどの程度必要かを知りたいという意図があります。

通勤に必要な交通費は全額または一部を会社が負担します。

そのため人事担当は通勤時間から交通費を推測して会社の負担を考えるのです。

会社の負担が極端に大きい場合には採用の合否に影響を与える可能性も考えておきましょう。

都内勤務では月額の交通費は高くても7、8万円が相場とされています。

あらかじめ自分に必要となる交通費を計算しておくことも大切です。

 

ワンポイント
企業側がなぜ通勤時間を気にするのかをしっかりと理解することで転職活動のポイントをしっかりとおさえることができます。

 

イレギュラーな通勤時間の書き方

履歴書

通勤時間を記載する場合、どのように書けばよいかわからなくて困った経験がある人もいるかもしれません。

持ち家で会社までの距離が簡単に算出できる人はよいでしょう。

ただ、引越しが決まっているなど出発地点が曖昧な場合などはどうすればよいか迷うでしょう。

イレギュラーな通勤時間の書き方についてまとめておきますので参考にしてください。

引っ越しが決まっている

まずは転職と同時に引越しが決定している場合の通勤時間の書き方です。

採用不採用に関係せずすでに引越しを決めている場合は新住所からの通勤時間をはかりましょう。

書き方としては次のとおりです。

「新住所(転居予定は4月1日)からの通勤時間は約0時間40分です」

新しい住所からの通勤時間を記載していることをきちんと知らせておくことが大切です。

すでに引越しする日にちが決定している場合には、その日にちも記載しておくとよいでしょう。

採用予定の日にちと引越しの日にちが近い場合もあるでしょう。

このケースでは、履歴書の住所欄に新しい住所を記載して問題ありません。

そのため、通勤時間の欄も新しい住まいからの時間を記載しましょう。

内定後に引越しを検討している

引越しは転職が決まってからというケースはどうでしょう。

この場合には次のように記載しましょう。

「内定を頂いた場合には会社から30分圏内に転居する予定です」

もしも転職先が県外の場合などは決まれば引越しますという旨を明記しておきましょう。

こうすることで入社志望度の高さも同時にアピールできます。

通勤時間の欄には「約−時間−分」と記載して問題ありません。

まだ通勤時間を計算することができない旨をこのように明示します。

補足として予定している通勤時間を記載しておけば人事担当者が交通費を推測する助けになるのでおすすめです。

勤務地が複数あったり未定

希望している企業の勤務先が複数ある場合もあるでしょう。

このケースでは採用が決まって勤務地が決まらないと通勤時間がはっきりわからないでしょう。

もしも希望の勤務地がある場合には通勤時間の欄に次のように記載します。

「○○支店での勤務希望です。通勤時間0時間30分」

このように記載しておけば希望地を伝えることもできると同時に通勤時間の目安も伝えられます。

もしもどの視点でもよい場合には次のように記載しましょう。

「勤務地によって通勤時間が異なります。最短〇〇支店0時間20分、最長○○支店1時間40分」

このように採点距離の支店と最も遠い支店の通勤時間を記載しておくと親切です。

 

ワンポイント
通勤時間は履歴書に記載するときからしっかりと意識しておくことが転職活動をスムーズに進めるためには重要なポイントです。

 

正しい通勤時間の調べ方をチェック

ベンチに座る女性

通勤時間を正確に調べる方法についても把握しておきましょう。

万が一、記載した通勤時間が実際と異なると採用になってから手続きを進める段階でトラブルになることもあります。

基本的にはインターネットやスマートフォンのアプリを利用すると手軽に調べることが可能です。

以下のツールがおすすめです。

・NAVITIME=乗り換え案内だけでなくドアtoドアのルート検索も可能です

・Yahoo!路線情報=最短ルートを調べるのに便利なルールです

・Googleマップ=徒歩や自転車を利用する人はこちらのツールが便利です

このように簡単に通勤時間を調べる方法は複数存在します。

間違いの内容にしっかりと計算して記載するようにしましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

通勤時間を重視する転職の注意点と意識したいこと

通勤する女性

企業にもよりますが、採用の基準として通勤時間をあげている企業もあります。

通勤時間は9割の採用担当者がチェックする項目です。

通勤時間を重視する企業に転職する場合に注意したい点と意識したいことについて解説します。

通勤時間を転職理由として伝えるのは避けよう

面接で転職理由を聞かれた場合に通勤時間をあげるのは避けましょう。

「通勤時間が長いので転職を希望しています」

これのどこのどこがいけないのかと感じる人もいるかもしれません。

もちろん悪いことではありません。

ただ採用する側としては、あまりよい印象を持たない可能性が高くなります。

体力がないのだろうか、疲労で仕事に支障をきたさないだろうかと不安要素を与えるからです。

もしも通勤時間が長いことが転職理由である場合には次のように少し濁してみるとよいでしょう。

「家族との時間を増やしたいと考えたからです」

「スキルアップのために資格取得の勉強時間を取りたいと考えたからです」

このように前向きな理由を述べるようにしましょう。

通勤時間が短いことはアピールできる

通勤時間が短いことは面接ではアピールポイントにすることができます。

通勤に時間をかけなくてすむことで仕事に集中することができる。

企業側からすると交通費の負担が少なくてすむ点はメリットです。

交通費が全額支給されない場合には自己負担も減らすことができます。

通勤時間が短い求人を探すときは転職エージェントを活用しよう

通勤時間が転職の理由、転職先を探す条件であるという人も少なくありません。

自分の力だけで希望の転勤先を探すことは難しいケースも多いでしょう。

そのような場合には転職エージェントの利用をおすすめします。

細かな条件で転職先を検討しているのであれば、豊富な求人情報を持っている転職エージェントに登録してみましょう。

通勤時間が短い求人を探す場合も便利に活用できます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

満員電車

転職活動を進めるなかでは多くの悩みが出てくるでしょう。

インターネットで情報を検索できる時代であることからネットの情報で悩みを解決しようと考えるのもひとつです。

ただし、最新の情報を取り入れながら直で相談するなら転職エージェントの活用がおすすめです。

求人を探す段階からさまざまな相談をすることが可能なのも魅力のひとつでしょう。

細かな条件で求人を探してもらうことも可能です。

面接の練習や面接のフィードバックも強いてもらえるため、転職活動をしながら自己成長することもできるでしょう。

 

ワンポイント
1人で転職活動を進めると行き詰まることもあります。どんな小さな悩みや不安も転職エージェントに相談してみましょう。

 

まとめ

通勤する女性

転職の理由が通勤時間が長すぎるという人もいるでしょう。

仕事をする上で通勤時間は大きなポイントです。

自分にとっても体力や仕事へのモチベーションに影響を与えます。

それ以外にも企業側には交通費の面で負担をかけることになります。

履歴書に通勤時間を記載する際のポイントについても解説しましたので参考にしてください。

通勤時間を短くすることができれば家事や子育て、自分のための時間を余裕を持って持つことができます。

女性は仕事だけでなく多くのことをこなさなくてはなりません。

仕事にも全力で、それ以外のことにも全力で取り組めるように省ける時間はしっかりと省きましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら