記憶力に自信があるけれどどんな仕事を目指したらよいのか分からない人もいるのではないでしょうか。

今回は記憶力に焦点を当てて、記憶力が活かせる仕事や仕事で記憶力を活かす方法を解説します。

記憶力は訓練すればいくらでも伸ばせる力ですので忘れっぽい人も以下を参考に仕事の出来る女性を目指しましょう。

記憶力が活かせる仕事は

そもそも「記憶力」はどんな仕事にも活かせる能力です。

しかし職種によっては記憶することが得意な人の方が活躍しやすい職種もあります。

「弁護士」や「医師」などは記憶力が低いと国家試験にも合格することも難しい難関な職業といえるでしょう。

ここでは女性におすすめで誰にでも挑戦しやすい記憶力が活かせる仕事を紹介したいと思います。

営業

営業、女性

営業職は記憶力を活かして活躍できる職種の1つです。

売れる営業マンの共通点は「記憶することが得意」だという統計もありますが営業には以下を記憶するスキルが必要です。

・顧客情報

・取り扱い商品の詳細情報

・取引先顧客との会話の内容

・スケジュール
営業職は取引先顧客に自社商品を選んでもらえるよう高度なコミュニケーション能力が求められます。

人の顔や名前そして前回の会話内容まで詳細に記憶していると取引先との商談がスムーズに進み成約率も上がるのです。

また企業の売上を担う重要な役割ですから適度なスピード感も求められるためスケジュールを記憶することも必要です。

医療事務

医療事務、女性

医療事務も記憶力を活かして活躍できる職種の1つです。

医療事務は専門知識が必要となるため作業をする上で記憶力は必須といってもよいでしょう。

具体的に医療事務では以下のことを最低限知っておく必要があります。

・患者への処方に関わる医学的な基礎知識

・医療保険制度の知識

・医療事務用のレセプトコンピューターの使用方法

・医療事務用計算式

医療事務は未経験からでも目指せる職種ですが覚える情報がたくさんあるため記憶力に自信のある人に向いています。

患者さんの名前や顔を覚えることもプラスアルファで求められるスキルですので働きながら記憶力が高まることもあります。

 

ワンポイント

情報量の多い仕事は記憶力を活かしたい人にぴったりの仕事です。

営業や医療事務以外でもシステムエンジニアや教師など記憶力を活かせる仕事はたくさんあります。

転職エージェントに相談して自分にあった仕事を探してみましょう。

 

記憶力がいい女性に対する周囲の印象を知ろう

記憶力が高い女性は無意識のうちに周囲に好印象を与えています。

そして同時に大変重宝される存在でもあります。

ここでは記憶力のよい女性が周囲に与える印象について解説します。

とても頼れる存在

頼れる女性

記憶力が高い人は周りの人からなにかと頼れる存在という印象を持たれます。

なぜなら記憶力の高い人の頭の中は情報の宝庫だからです。

仕事をする上で忘れっぽい人は記憶力の高い人を頼りに情報を得ようとします。

また地図をたよりに新規訪問する際も記憶力がよいと迷わずにたどりつける確率が高いです。

何をするにしても「記憶できる」ということがメリットとなり、自然と周りの人のサポートをすることも多いのです。

記憶力の良い人は責任のある仕事を任されるチャンスも多いでしょう。

仕事を効率的にやってくれる

ビジネス、女性

記憶力が高い人は仕事の効率性も高いと認識されています。

なぜなら普通の人がメモを確認しながら進める作業を記憶力がよい人はメモを見なくてもサクサク進められるからです。

また1度教わったことはその場で吸収するため同じ質問を2回以上繰り返すことがありません。

過去の情報や問題点も記憶していることが多く、繰り返し同じ作業をする際は手際よく且つ効率的に仕事ができるのです。

 

ワンポイント

記憶力のよい人は仕事の効率が高く周囲の人のサポートをできると人材としての評価が高まります。

記憶力が高いと周りの信頼も得て昇進を目指すことも可能です。

 

記憶力がいい女性の特徴

記憶力がよい女性には特徴があります。

なぜなら記憶することは行動にも変化をもたらすからです。

ここでは項目別に記憶力がよい女性の特徴を解説します。

話すことに説得力がある

カウンセリング、女性

記憶力がよい女性は発言する内容に説得力があります。

プレゼンテーションをするときも大量の情報を記憶しているので事実データを根拠に話を進めることが得意です。

あいまいな情報からではなく記憶した具体的な情報をもとに発言できるため説得力が高まるのです。

また記憶するだけではなく記憶した情報を分かりやすく発信することでさらに周りから高い評価を得ることが出来ます。

判断力が高い

マルとバツ、女性

記憶力がよい女性は判断力も高い傾向にあります。

なぜなら人は記憶に残る情報を元に判断することが多いからです。

記憶力が高いと過去の事例や結果を記憶データの中に残しているため、新たなことに取り掛かる際も判断材料が豊富です。

判断材料が多いと誤った選択をする可能性が減少するため、周りからは判断力が高いと評価されるのです。

成長速度が早い

走る女性

成長速度が早いのも記憶力のよい女性の特徴です。

記憶力のよい人は教わったことを忘れないだけでなく、新たなスキルを過去の記憶を応用しながら習得します。

情報を上書き保存していくのではなく頭の中にいくつものフォルダーを抱えることができるのです。

必要な時に必要なフォルダーの情報を活用するため、仕事の効率も上がる傾向にあります。

コミュニケーションが得意

コミュニケーション、女性

記憶力のよい女性は人とのコミュニケーションも非常に得意です。

人の名前や顔をすぐに覚えたり、会話した内容を記憶することができるため人とスムーズに会話が出来ます。

人と再会した際に、前回はなした会話の内容に触れてコミュニケーションをとると相手に好印象を与えることも可能です。

特に女性は言語習得も得意なため日本語だけでなく外国語で海外の人とコミュニケーションをとる能力がある人もいます。

記憶力が高いと仕事でもプライベートでも充実した人間関係を築くことができるでしょう。

同じ失敗を繰り返さない

成功と失敗

同じ失敗を繰り返さないのも記憶力がよい人の特徴です。

1度教わったことは1度で記憶できるので失敗を繰り返すことがあまりありません。

例え失敗をしたとしても1回の失敗から学んで記憶することができるので、同じことを繰り返すことがないのです。

 

ワンポイント

記憶力がよいと本当にたくさんのメリットがあります。

普段から忘れっぽい人は記憶することを意識して脳を活性化させましょう。

記憶力は習慣的に訓練すると60代でも向上できる能力です。

 

仕事で記憶力を活かせる方法

メモリー、パソコン

どんな仕事も仕事を覚えることから始まりますので記憶力が活かせる仕事です。

しかし普段の業務の中で以下のポイントを意識するとさらに記憶力を活かして働くことが出来ます。

・同僚や取引相手との会話から些細な情報を記憶しよう

・人の顔と名前を記憶しよう

・業務プロセスやスケジュールを記憶しよう

・業務マニュアルを記憶しよう

仕事は人と人とのコミュニケーションから成り立つので記憶力をコミュニケーションに活用することをお勧めします。

また効率よく仕事をするためにはタイムマネージメント力が求められます。スケジュールを記憶して仕事の効率化を測りましょう。

どんな仕事もある程度仕事の段取りや方法が決まっているものです。業務マニュアルを記憶することも仕事に活かせます。

記憶力がいい女性と忘れがちな女性の違いは?

記憶力のよい女性と忘れがちな女性には2つの大きな違いがあります。

しかし仕事に対する意識を変えるだけで誰でも記憶力のよい女性を目指すことが出来ます。

以下の項目を参考に忘れがちな女性を卒業しましょう。

忘れがちな人は誰かに聞く癖がある

電話、困った女性

忘れがちな女性は記憶力が悪いのではなく仕事に対する意識が低い傾向にあります。

「誰かに聞けば大丈夫」という他人任せな意識が忘れがちな人の成長の妨げとなっているのです。

記憶力がよい人に比べて忘れがちな人は直ぐに他人に聞く癖があるのです。

人に聞くことが悪いことではありませんが、周りに頼っていては自分自身が劣化してしまいます。

普段忘れがちな人は意識をかえて自分から率先して人に教えられるレベルを目指しましょう。

忘れがちな人は仕事を任されないので記憶しない

クエスチョンマーク、女性

忘れがちな女性は責任感が低い傾向もあります。

すぐに周りに頼って自ら責任をもって仕事をする機会が少ないため仕事を任されるチャンスを逃しています。

そして仕事に責任をもつ機会がないと率先的に周りをリードする経験をしないため仕事を覚える意識も低下します。

周りから頼られ、仕事で自分を向上したい人は周囲に頼らないでやり遂げる意識を持ちましょう。

記憶する意識があるかどうかで周囲の人との関わり方が180度変わります。

周りに信頼されて頼られる存在と、いつまでも周りに頼る存在ではどちらの需要が高いでしょうか。

忘れがちな人はこの差に気づいた時が自分を変えるチャンスです。

転職活動で記憶力を活かすには?

記憶力は転職活動をする上で非常に役立つスキルです。

面接での質問に対しての回答を想定して暗記していると面接でも堂々とスムーズに回答することが可能です。

ここでは面接に活かせる記憶力の使い方を紹介します。

応募企業の情報を暗記しておこう

会社、ビル

転職活動では応募先企業の情報を詳細に記憶しておくとさまざまな場面で役立ちます。

特に面接で企業理念や企業についてどう思うか問われた際にもスムーズに回答できるようになるでしょう。

企業情報を十分に把握していることが面接官に伝わると好印象を与えることができます。

転職活動で記憶力を活かすのであれば企業の基本情報も暗記するようにしましょう。

面接官の顔と名前を覚えよう

面接、女性

面接官の顔と名前を覚えることも面接で好感度を上げるためのスキルです。

面接では緊張して面接官の名前や顔を覚えるところまで気が回らな応募者も多いです。

しかし面接で面接官の顔と名前を覚えていると後々面接官と会話する際にスムーズですし好印象を与えることが出来ます。

転職活動で記憶力を活かすときは面接官の顔と名前を意識するようにしましょう。

記憶力をよくするためにやるべきこと

頭に手をやる女性

記憶力は年齢とともに衰えるイメージですが、実際は60歳からでもトレーニング次第で向上することが可能です。

記憶力をよくしたい人は「記憶術」の本などを参考に物事の記憶の仕方をトレーニングするのもお勧めです。

記憶術は「身体法」や「場所法」などの様々な種類がありますので自分にあった方法を見つけてみましょう。

また食べ物も記憶力に影響すると言われています。

脳を活性化させるためにも記憶力の向上に役立つ成分の入った「アーモンドバター」や「クルミ」などを積極的に接種するのもおすすめです。

また特別なことをしなくても普段から記憶することを意識するだけで脳が発達し記憶力は向上するものです。

記憶力をよくしたい人はまず意識から変えるように努力しましょう。

記憶力がいいだけではなくどう活かせるか考えよう

PDCAサイクル

記憶力はただ記憶しているだけでは意味がありません。記憶したことをどう活かすかが重要です。

私生活や仕事ともに記憶力を活かしてできることを考える癖を身につけましょう。

例えば日々のルーティン業務を記憶することで仕事も日常生活も効率よくこなすことが出来ます。

人の顔と名前を覚えることでコミュニケーションの幅が広がります。

記憶力を活かすことで得られるメリットはたくさんありますので、是非記憶力を活かしたライフスタイルを実現しましょう。

 

ワンポイント

・仕事に活かそう

・年収アップに活かそう

・人間関係に活かそう

・趣味に活かそう

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビジネス女性

転職活動は非常にエネルギーをつかうことです。

今後の人生を左右する大切な活動ですので、悩みや疑問もあるのではないでしょうか。

転職活動の悩みや相談は周りの人に相談するのではなく、転職エージェントを活用することをおすすめします。

なぜなら転職エージェントはその道のプロなので転職活動に関して的確なアドバイスをしてくれるからです。

1人で全てを抱え込むのではなく、転職のプロに頼れるところは頼ることで転職活動の効率化にも繋がります。

まだエージェントを利用したことがない人は是非この機会に登録してみて下さい。

まとめ

樹林

記憶力を活かせる仕事について理解は深まりましたか。

実際記憶力がよいことは仕事だけでなく日常生活でも役立つことばかりです。

自分が忘れっぽいと自覚のある人は少しでも記憶力が向上するよう努力してみてください。

記憶力がよくなると行動が変わります。

直ぐに記憶することが苦手な人はメモを頼りに記憶する努力をしましょう。

何度も意識して記憶すれば必ず覚えられるはずです。

また記憶力は転職活動にも非常に役立ちますので人生を有利に進めるためにも記憶を操れるようになりましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら