転職の面接では定型的な質問以外にも「何か質問がありますか?」と問われることがあります。

面接官から質問されてそれに答えるだけが面接ではありません。

自分から意欲的に企業について質問できるスキルを身につけておくことも大切です。

この記事では面接官に逆質問するケースについて解説します。

とくにフィードバックを求めることの意味や注意点についてを解説していきます。

面接官がフィードバックをする意味なども理解して転職面接を乗り切りましょう。

逆質問でフィードバックを求めてもいいか解説

丸バツの札を持つ人

そもそも逆質問で面接に関するフィードバックを求めてもよいものなのでしょうか。

まずはこの点から考えてみましょう。

基本的には逆質問でフィードバックを求めることは控えたほうがベターです。

フィードバックを求めるということは自分の面接内容の注意点やよかった点を聞くことになります。

面接官からすると「うちの企業は練習で実はほかに本命企業があるのでは?」と誤解するケースもあるでしょう。

そんな気持ちはなかったとしても相手に誤解されるような行為は避けたほうがよいでしょう。

フィードバックを求めるということは次の面接に備えていると捉えられても仕方ないと考えておくとよいです。

また面接官に自分の面接態度を採点してもらうような行為は甘えていると捉えられる可能性もあります。

面接官がフィードバックをする意味は?

面接官

逆質問でフィードバックを求めることはできるだけ回避したいと解説しました。

ただし、面接官のほうからフィードバックをしてくることはあります。

その場合は、素直に受け止めることが大切です。

面接官からフィードバックをしてきた場合にはどのように対応するとよいのか解説します。

フィードバックに対する反応を見るため

面接官がフィードバックを行う理由のひとつは、面接者の反応を確認するためです。

面接官がフィードバックを行う場合、マイナスだった面を伝えてくることも多くあります。

このケースでは、マイナス面を指摘されたときのあなたの反応をチェックしていると考えましょう。

指摘されたことを真摯に受け止めるようとすると印象はよくなります。

マイナス面について言い訳をすることは避けましょう。

これは仕事をする上で指摘を受けた際にどのような対応をするかにつながります。

フィードバックの内容が悪かったとしても合否が出たわけではないので冷静に受け止める対応が必要です。

次の面接に繋げて欲しい

面接官

フィードバックを受けるとその場で面接の合否を聞いたような気分になるかもしれません。

ただ、フィードバックは面接の合否とは無関係であると考えておきましょう。

面接官は多くの面接を経験しているためその場で合否がわかるような発言はしないものです。

面接官がフィードバックをしいてくるのは次の面接に繋げて欲しいという気持ちも含まれていると受け止めましょう。

企業にとって面接者も顧客の1人です。

そのため不合格にするかもしれない相手にわざわざ悪い評価のフィードバックをする必要はありません。

一概にはいえませんが、悪い評価にも冷静に対応できる応募者なら次の面接に進むことができる可能性が高いでしょう。

企業の志望度を上げるため

面接を受ける側にも面接を受けての感想があるでしょう。

志望して面接を受けたけれど面接で熱量が下がってしまったというケースもあります。

面接する側もできるだけよい人材を採用したいと思っています。

そのため面接官側も応募者の志望度を上げるための対策をこうじる場合もあると考えましょう。

面接を受ける際に圧迫感を感じたり、人間性を否定されたりするようなことがあると志望度が下がることもあります。

フィードバックを行うことで面接で応募者が話しやすい雰囲気を作ることも意図のひとつです。

 

ワンポイント
面接官がフィードバックを行う意図を理解することで逆質問を乗り切ることができます。

 

フィードバックに種類があるの?

面接官

面接のフィードバックには種類があります。

評価と課題の割合が異なる2種類について解説します。

「評価と課題の割合が8:2」

評価が8、課題が2の割合でフィードバックされるケースです。

このケースでは面接を受ける側に対してスキルやポテンシャルへの気づきを与えることが目的とされています。

たとえば次のとおりです。

「○○さんのよい点は、リーダー力に長けているところだと思います。

チームのなかで自分がどのような役割を期待されているかをしっかり考えることができていますね。

役割意識を持って自分の動きを考えることもできています。

ただし、行動よりも考えることを優先する傾向があるようにも感じました。

失敗を恐れることなく今後の成長の課題としてもらいたいです。」

このように最初に褒めてからこれからの課題を明示する方法です。

自己評価が低めだと思われがちな面接希望者にはこのようなフィードバックが行われる可能性があります。

評価されることで次の面接も頑張ろうとポテンシャルを上げることができるでしょう。

「評価と課題の割合が2:8」

では自己評価が基本的に高い面接希望者はどうでしょうか。

このケースでは評価2、課題8の割合でフィードバックが行われることが多くあります。

具体的には次のとおりです。

「○○さんは、きちんと自分の役割を認識してチームのために動ける点はすばらしいですね。

ただ、仕事を行う上で明確な役割を見つけ出すことは難しいケースも多々あります。

答えがないなかで明確な役割を模索しながら前に進んでいくことを経験する必要もあるでしょう。

失敗しながら自分で答えを見つけ出すことの大切さを学ぶとよいでしょう。」

このように簡単に褒めておいて、課題提示が多い方法です。

自己評価の高い人はある程度の実績を持っているケースが大半です。

自己評価の高い人は評価されることに慣れています。

そのためあえて厳しい課題を提示することで、この会社なら自分を成長させられるのではないか。

このように考える人も多くいるでしょう。

課題が多く指摘されることでプライドを傷つけられる人もいるかもしれません。

いくら傷ついても面接では感情を露わにするようなことは避けましょう。

 

ワンポイント
フィードバックを受けたときはどんな内容であっても素直に受け止めて、決して感情的にならないことが大切です。

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


フィードバックを受ける方法は?

面接を受ける女性

面接時にフィードバックを行っている企業は実はあまりありません。

新卒採用面接でも全体の1割程度しかフィードバックをもらっていないとされています。

転職面接に至ってはより少ない数値となるでしょう。

冒頭で解説したとおり、面接でのフィードバック要求はできるだけ避けたほうがよいでしょう。

ただ、どうしても聞きたいことがある場合は逆質問をされた場合に聞くようにしましょう。

面接時にフィードバックを受けなくても後から受ける方法として転職エージェントの活用もあります。

転職エージェントを利用すれば、今回の面接がどうだったかをエージェントを通して知ることもできます。

自分で企業に確認するよりもリスクが少なく安心して面接に臨むことができるでしょう。

無料転職相談をして面接の練習をしておこう

逆質問でフィードバックを求める時に意識したいこと

ガッツポーズをする女性

逆質問でどうしてもフィードバックを求めたい場合には、気をつけたい点があります。

転職面接を突破したければしっかりと把握しておくことが大切です。

フィードバックを求めるのは失礼に当たる可能性もある

何度も解説しているように面接でフィードバックを求めることはリスクを伴います。

企業に対して失礼に当たる可能性もあるからです。

企業によっては合否に関わることだからと回答を拒まれるケースもあることは理解しておきましょう。

自分がどのように見られているのか知りたい。

どこを改善すればよいか知りたい。

そんな軽い気持ちで質問するようであれば、グッと我慢して聞かないほうがよいこともあります。

それでも面接後にフィードバックを求める応募者も

それでも面接後にフィードバックを求めたいという人もいるでしょう。

リスクを背負っての質問であることはよく理解してから行うことも大切です。

特に最終面接では役員が面接を行うケースが多いため失礼がないようにすることも必要となります。

最終面接でフィードバックを求めるということは、ほかの企業の面接で生かしたいと考えていると捉えられても仕方ありません。

これだけのリスクがあるということを理解して逆質問を行うことが重要です。

 

ワンポイント
面接でのフィードバックが失礼に当たる可能性があることをよく理解して対応を考えておきましょう。

 

面接のフィードバックで聞くべき内容

履歴書

面接時にどうしてもフィードバックを聞きたい場合は内容にも注意しましょう。

内容によっては企業側に失礼に当たることもあります。

しっかりと内容を考えてから質問するようにしましょう。

またできる限りフィードバックを受けるのは面接中ではなく面接の練習のタイミングにするようにするとよいでしょう。

転職エージェントを利用すれば面接の練習をすることができます。

そのため毎回エージェントにフィードバックをしてもらうことも可能です。

面接中の話し方

面接中の話し方については確認しておきましょう。

話し方で人の印象はかなり変わります。

下を向いて自信なさげにボソボソ話す人と前を向いて堂々と話す人。

あなたならどちらを採用したいでしょうか。

話すときの目線などについても確認しておきましょう。

面接中の立居振る舞い

足を組むスーツの女性

面接は会話の内容だけで判断されるものではありません。

ドアを開けた瞬間から面接ははじまっています。

椅子の座り方、目線、姿勢、全体的な態度なども採用基準となります。

話すときに大げさなジェスチャーをするクセがある人などは特に注意しましょう。

ジェスチャーがプラスに働く場合もありますが、マイナスになるケースもあるからです。

回答の内容はどうだったか

面接でもっとも大切なのは回答の内容です。

いくら態度がよくても回答の内容がブレていたり、自信がなさげだったら意味がありません。

このような質問にはこうした回答をするなど事前の準備も大切です。

定型的な質問以外に予想外の質問をされることもあるでしょう。

転職エージェントを利用してあらゆる質問に対する回答を用意しておくことがおすすめです。

無料転職相談をして転職エージェントの力を借りよう

実際にフィードバックを受けた例

面接官

実際に面接でフィードバックを受けた人の例を紹介しておきます。

面接を受ける前に確認して対策をとっておきましょう。

自己PRを褒められた例

自己PRで自分の実績をアピールした点を評価されたケースが次のとおりです。

「○○さんのよい点は、自分自身が今何をすべきかをきちんと判断して責任を持って行動に起こせる点ですね。

前職でもチームのリーダとしてプロジェクトを成功に導いた実績もお持ちです。

組織ではリーダーの存在が仕事のモチベーションを上げる機会も多くあります。

○○さんであればどのような組織でもしっかりと貢献できる人材であると感じました。

ただ、行動を起こすまでに少し時間をかけすぎている印象を持ちました。

失敗をしないようにとあらゆるケースを想定することは大切です。

ただ、仕事ではスピードが求められることもあります。

考えることも大切ですがスピード感を持って行動していくことも今後の課題としていただきたいと思います」

課題について多めに提示された例

履歴書

自分が回答した内容について課題点を多く指摘されることもあります。

具体的には次のとおりです。

「○○さんが組織のなかでリーダー的存在として実績を積み上げてこられたことは評価しております。

ただし、1人余がりになっていないかという点は気になりました。

チームで行う仕事をお任せしいた場合、メーンバーとともに成長しようという気持ちは大切です。

自分だけが先頭を走り続けて後ろを省みなければメンバーが置いていかれてしまうこともあります。

チームが一丸となって仕事に取り組めるにはどうしたらよいかを考える癖を身につけるとさらによいでしょう。」

入社動機が上がった例

転職面接を受けるということは少なくともその企業に興味があるということです。

志望動機ももちろん考えているでしょう。

面接を受けることで志望動機がさらに深まるケースもあります。

具体的には次のとおりです。

「○○さんは非常にすばらしいキャリアをお持ちですね。

自社では即戦力になる人材を採用したいと考えております。

実績と技術を生かして働きたいというお話を伺いましたが、実績は申し分ないと感じております。

自社のソフトやシステムも問題なく使いこなしていただけるのではと感じてもいます。

さらなる技術力の向上に努めていただけますとよいかと思います。」

ワンポイント
実例を参考にして面接官が指摘してきそうなポイントを掴んでおくことも大切です。

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


面接官が逆質問をさせる意味を考えよう

面接を受ける女性

面接官はなぜ逆質問をさせるのでしょうか。

転職面接ではすでに社会を経験している人を対象に面接を行います。

つまり面接経験の多い人も多数いるということです。

志望動機や自己PRなどは暗記してしまっている人もいるでしょう。

そのため逆質問をさせることで、自社についてどの程度興味を持って研究しているかを推測する意図もあります。

事前に用意された答えを聞くだけでは相手の本心を聞くことはできません。

面接を受ける側に質問内容を考えることで本気度をはかっているともいえるでしょう。

質問を考えるということは、企業についてよく理解していないとできません。

質問してくる内容で、応募者の志望度を確認していると考えておきましょう。

企業研究をしておくことで逆質問を乗り切ることができます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

握手をする人

面接のフィードバックは基本的に面接の練習時にもらいましょう。

本番でフィードバックをもらったところで次につながらなければ意味がありません。

転職エージェントに登録して面接の練習をしてもらえば本番に向けてしっかりと準備をすることができます。

面接の練習もしてもらうことができるため、上手に活用することがおすすめです。

転職エージェントは多くの転職者と接しているため面接の練習もプロです。

悩み相談も受け付けてくれるためどんな不安も解消してから面接に臨むことができるでしょう。

無料転職相談をして転職活動の準備を万全にしよう

まとめ

採用内定通知書

面接でフィードバックを求めることについて解説してきました。

基本的にはフィードバックを求めることは避けたほうがよいでしょう。

相手の企業に失礼に当たるケースもあるからです。

どうしても面接のフィードバックがほしい場合には転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントと面接の練習をしておけば、本番でフィードバックを求める必要もなくなります。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!