転職で一番大事な部分といえるのは面接ではないでしょうか。

そして面接官の何気ない質問には、隠された目的があるものです。

面接官の立場になって考えることは非常に大切であり、質問の意図を理解しておけば冷静な答えを返すことが出来るのではないでしょうか。

そんな面接官の質問のひとつに「当社の課題は?」というものがあります。

多くの人は入社前なのに…、と考え込んでしまうもの。

しかしこの質問の意図を探れば、女性ならではの視点で解決策を見つけることが出来ます。

転職を一歩リードする為に、難問といわれている面接官の質問をクリアしていきましょう。

転職面接での「当社の課題は?」の答え方

課題

面接官より「当社の課題は?」と質問された場合、即座に回答することはなかなか難しいのではないでしょうか。

正直な所、まだ就職もしていないのに課題を的確に答えるのはかなりの難易度です。

面接官はパーフェクトな答えを期待しているのでしょうか。

実はこの質問には、大きな意味が隠されています。

課題が全く分からないのか、どこまで会社のことを理解出来ているのか、面接官は多方向から応募者を試しているといえます。

「当社の課題は?」への理想的な答え方を、詳しくみていきましょう。

志望する転職先の会社が求める人材、と判断してもらえるようにおさえておきたい質問です。

面接官の質問意図は?

面接官と女性の後ろ姿

なぜ面接官は「当社の課題は?」という質問を投げかけるのでしょう。

会社は人材を確保した後、今後どんな組織構成でビジネスを回していこうかというビジョンを考察しているものです。

その為のツールのひとつとして、面接での質問は行われています。

ベンチャー企業などは、どうすれば良くなるのか一緒に考えてくれる人材に入って欲しいと考えている場合もあるでしょう。

質問の意図を把握することは、面接の強みになるはずです。

企業研究をしてきているかの確認

応募者の志望度を測る上で、企業研究をしているかどうかは面接官にとって大切なポイントといえます。

どのくらいの熱量を持って志望しているのかを面接官はみたいのです。

入社前に「課題」を聞くのは、会社をどれだけ理解出来ているかのバロメーターになります。

会社の事をよく理解出来ていないまま面接を受ければ、話がかみ合わないまま時間が過ぎてしまうでしょう。

面接官にとって、本当にうちの会社で働きたいのか、という事を確認する事は採用する上で非常に重要なポイントなのです。

課題を答えるのは難しいことですが、企業研究をしておけば志望度をアピール出来るチャンスともいえます。

論理的な思考で考えているかの確認

プロセスの整理

近年注目されているプログラミングは、論理的思考のある人材を育てる為のものです。

多くの会社はこの論理的思考のある人材を求めています。

仕事を成功さえるうえで、論理的に考え分かりやすく伝える能力は欠かせません。

会社の課題を論理的に考えることが出来るか、またそれをどのように伝えるか、面接官はその力を試しています。

話のつじつまが合わないと判断されないように、論理的な答え方が出来るように準備をしておきたいものです。

課題を理解した上で応募してきているかの確認

課題とはいわば、会社の弱点でもあります。

課題がある状態という事は、入社後に解決すべき点があるということです。

入社後に「思っていたのと違った」とミスマッチを起こしてしまわぬよう、課題を理解しているか否かを確認している場合もあります。

人材募集は企業にとっても大きな予算時間を費やすものです。

特に転職者に関しては、採用後に自分に合わないという理由で辞めてしまうのではないか、という会社側の不安も否定出来ません。

だからこそミスマッチを防ぐ為に、会社の弱点でもある課題への理解度を聞くのです。

 

ワンポイント
 質問の意図は「会社への理解度」を確認するためのものです。

「当社の課題は?」への回答例

例

では、実際に「当社の課題は?」という質問にはどのように答えるべきなのでしょうか。

下記の例をみてみましょう。

「御社は少人数で回している為に人員不足が起こり、取りこぼしてしまった案件があるのではないかと考えております。」

「取りこぼしを防止するような組織作りを構築する事が、御社のこれからの課題となるのではないかと考えております。」

「それにより、さらなる売り上げ増加が見込めると確信しております。」

課題だけを述べるのではなく、解決する為にはどのようなことを実施すればいいのかを答えています。

 

ワンポイント
自分ならば、どのように解決するかをきちんと伝えることが大切です。

「当社の課題は?」へのNG例

NG

次に「当社の課題は?」に対するNG解答例をみていきます。

課題がない

「御社は業界No1シェアを誇っておりますので、課題はありません。」

上記のような回答は、一見希望の会社を尊敬しているようですが、面接の答えとしてはNGです。

どんなに優秀な会社であっても、課題は存在します。

また課題をみつけられないということは、それ以上の成長が出来ないということにも繋がってしまいます。

面接官は当然のことながら、自社の課題を把握しているはずなので、課題をみつけられない応募者は企業研修をしていない、と判断されます。

自分の考えがない

「御社は少人数で回している為に人員不足が起こり、取りこぼしてしまった案件があるのではないかと考えております。」

上記の回答は、理想の解答例で用いた言葉です。

しかし、NG例では課題のみをあげ解決策を伝えていません。

これだけでは、回答を受け取る会社側は不快な思いをしてしまうでしょう。

自分が採用されたら、会社をより良くしていきたい、という気持ちをしっかりと伝えるべきです。

企業の課題と解決策を見つけるポイント

悩み

会社の課題を知る事は強みになります。

しかし、正しく志望企業の課題を見つけるという事は簡単な事ではありません。

基本はHPや募集要項をよく読むことですが、その他に下記のことも企業研究に役立つはずです。

説明会に参加しよう

ネットの情報を熟知したところでそれが全てではありません。

実際のところは会社の雰囲気やどんな人が働いているのか、説明会で自分の目で見て確かめるのが一番です。

また説明会での話の内容に、会社の課題となる事柄のヒントが隠されているかもしれません。

説明会へは積極的に参加したほうがいいでしょう。

IRを読もう

会社の経営状態などを知る為にIRを読むようにします。

会社が株主や投資家向けに、どのように経営状態や財務状況を説明しているのか知る事も重要です。

これらを把握していると業績の実績や今後の企業の見通し、展開などが理解出来るのではないでしょうか。

「御社は前年比より○◯%業績が伸びている…」など、具体的な数値をあげることが出来るようになります。

面接前には、一度IRに目を通してみましょう。

業界について研究しよう

説明会

希望する会社を広い視野でみる為に、業界の動向について知る事も非常に重要です。

今、業界はどのような傾向があるのか、どのような状態なのかを把握しておきましょう。

女性からみた業界はどうなのか、など女性目線を活かした研究をするのも自分の強みとなります。

特に、未経験業界に転職を希望している場合は、業界の動向を理解しておく必要があります。

ニュースを参考にしよう

社会人の基本は世の中の情勢をしっかり把握しておくことです。

特に近年は様々なことが目まぐるしく変化し、業界の動向も密接に関わっています。

自分の希望する業界について、どんな出来事が影響を与えるのか、どこが弱みでどこが強みなのか常に気にかけるようにしておきましょう。

女性の立場で、世の中を考察してみるのもいいのではないでしょうか。

自分の置かれた立場を最大限に利用し、視点を変えて研究すると他とは違った目線で会社を知ることが出来るはずです。

 

ワンポイント
 様々な観点から希望会社を研究しておきましょう。

面接で印象を上げるためには

面接

面接の基本は、清潔感と明るさといった見た目の印象を良くすることです。

しかし、受け答えが曖昧では印象が悪くなってしまいます。

「当社の課題は?」という質問に対しての答えも、好印象を与えたいものです。

企業研究を徹底的にしよう

面接官の前では誰もが緊張するものであり、とっさの質問に回答出来なくなることも少なくありません。

だからこそ徹底的に会社を理解する事で、面接の緊張感を和らげ自信にも繋がってくるのです。

面接官は、ミスマッチや内定辞退を避ける為に自社への興味をどれだけ持っているかを見抜こうとしています。

それが難問と呼ばれる質問をする理由でもあるのです。

企業研究をしっかり行っている人とそうでない人の違いは、その答えを聞けば一目瞭然といえるでしょう。

面接前の企業研究が、面接通過の鍵を握っているともいえるのではないでしょうか。

自己分析をしよう

面接は自己アピールの場でもあります。

自分の弱みを隠そうとするのではなく、自分という人間を知り尽くしコントロール出来ていることをアピールするべきです。

自分の強みや弱みを自分で正しく理解しておくと、面接官とのやり取りの中でも上手く自己アピールが出来るのではないでしょうか。

また人前で話すことが苦手な人は、自分を動画撮影し客観的に観察することをおすすめします。

自分は好印象を与えているか、話し方は相手に伝わりやすいかなど細かい点を分析してみましょう。

会社の課題を見つけるメリット

課題

会社の課題を見つけるメリットは、面接時に好印象を与える為だけではありません。

自分にとっても大きな財産になるのではないでしょうか。

会社や業界の理解が深められる

会社の課題を知るという事は、会社の弱点を把握することにも繋がります。

入社後に理想とは違う現実に後悔する、ということもなくなるでしょう。

せっかく転職しても、ミスマッチを感じてしまっては元も子もありません。

事前に会社の課題を把握しておけば、希望する業界への理解も深まり仕事もスムーズに進むはずです。

会社の将来性を予測することが出来る

データ

業界の動向を研究し会社の課題が理解出来れば、会社の将来性もだんだんわかってくるはずです。

転職者のほとんどが、将来性のある会社で働きたいと思うもの。

課題を知るということは、会社の今後の将来性を見極める材料にもなるでしょう。

 

ワンポイント
 会社の課題を見つけると、将来性が見えてきます。

会社の「課題」は時間をかけて対策しよう

研究

会社の課題を見つける為には、様々な角度から企業研究をしなくてはなりません。

しかし会社の課題を知ることは、労力以上の成果を与えてくれるはずです。

面接で落ち着いて回答する為には、会社のことを深く理解しどんな質問をされても対応出来る自信が必要です。

面接前のにわか仕込みの知識では、面接官は本物ではないとすぐに気がつくでしょう。

会社の課題は、深くそして会社の核心に迫る部分です。

日頃からコツコツと研究を続け、本物の知識を持つことが大切です。

時間をかけてじっくり取り組めば、自分の将来にとっても大きな利益を生み出すのではないでしょうか。

面接時の難しい質問は、入社したいという思いを表現できる最大のチャンスなのです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面接

希望する会社の課題を見つけるのは、なかなか大変なことです。

自分で見出した回答がズレていないか、と不安になることもあるのではないでしょうか。

初めての転職の場合は、転職者ならではの質問をされることもあります。

どんな準備をすればいいのかわからない、自分に合う会社がなかなか見つけられないといった意見も多く聞かれます。

転職活動において、不安を取り去ることが自分の負担を軽くする方法といえます。

その為、転職活動の不安を消すために無料の転職エージェントを活用する人も多いようです。

履歴書の書き方から企業ごとの特徴、そして独自の求人情報など転職エージェントは転職希望者にとって頼れる存在です。

ひとりで悩むより、まずは気軽に転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

転職活動

企業研究をする事で、面接官からのどんな質問にも自信を持って答えられるようになります。

自分の志望度熱意をアピールすることも出来るのではないでしょうか。

更に、自分に合っている会社なのかを見極める事が出来るというメリットもあります。

会社や業界の強み弱みを理解した上で、質問に答えることは好印象を与え内定の取得に繋がるはずです。

会社説明会や転職エージェントを上手に活用し、面接を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら