コンサルティングファームではごく一般的に用いられるのが「ケース面接」です。

しかし、通常とは異なるケース面接は具体的な勉強法がわからないという人もいます。

そこで「ケース面接の対策方法」について解説!

ケース面接対策をするメリットや面接時に面接官が評価するポイントとは?

また出題パターンと具体的な問題についても例文をあげてわかりやすく説明していきましょう。

ケース面接の対策方法を解説

PC画面のgoogle

ケース面接は別名「ケーススタディ」とも呼ばれる面接官と応募者による口述面接のことです。

まず面接官は応募者がすぐに答えられないような質問をしてきます。

応募者は面接官から与えられた数少ない情報を手掛かりに論理的な解決策を回答するのです。

この手法は世界的な企業であるGoogleの面接で採用されていたことで一躍有名となりました。

今では戦略コンサルや外資系企業の面接などでも行われているポピュラーな面接手法です。

何の対策もしないでこのケース面接に挑むのは決して‟良い結果”につながりません。

ケース面接の対策をするかしないかによって転職者の明暗がはっきりと別れてしまうのです。

そこでケース面接の対策方法について以下にて詳しく解説していきます。

ケース面接ではどんな問題が出題される?

「ケース面接」では応募者に一体どのような問題が出されるのでしょうか?

おもに出題される3つのパターンについて詳しく見てみいきましょう。

フェルミ推定

電卓とペン

ケース面接は科学分野の手法である「フェルミ推定」を応用した面接手法だといわれています。

フェルミ推定とは詳しい調査が難しいことでも限られた手掛かりから論理的に概算を導き出すことです。

例えば「東京中の窓の数は?」や「世界で今ピザを食べている人は何人?」などです。

実際にこれらの具体的な数を出すには、かなりの時間と労力が必要となるでしょう。

しかし、たとえ調査情報が足りなくても最低限のデータを基にすれば近い数字を導き出すことは可能です。

このことからフェルミ推定の手法はさまざまな分野で用いられ広く活用されています。

問題解決

プロセスの整理

あくまで‟概算”に過ぎないフェルミ推定はある意味はっきりとした「答え」がないともいえます。

その人の答えが正確か間違いなのかを誰にも確かめようがないからです。

ではなぜ正確な答えがないケース面接を多くの企業では行っているのでしょうか?

それは答えそのものではなく「どのように考えて結論を出したのか」その過程に注目しているからです。

つまりケース面接で評価されるのは転職者の論理的思考能力問題解決能力になります。

出題される「問題解決」では与えられた情報からまず前提を設定します。

そこから知識とロジカルシンキング(論理的思考)で問題点や相互関係、重要度などを洗い出すのです。

将来予測

グラフデータ

ケース面接では概算した数値を基にどんなアプローチをするのか質問されます。

つまり少ない情報から将来予測をした上で考えられる課題に対しての‟具体案”を示すのです。

フェルミ推定と違いケース面接ではビジネスシーンを想定した問題が出題されています。

例えば「駅前のコンビニエンスストアの売上を○倍に…」などその内容はより実践的です。

そこから「数年後、10年後の売上は?」と未来予測の問題が出されることもあるでしょう。

未来予測の問題は他2つの問題とセットで出題されるパターンがほとんどです。

「未来予測」も「問題解決」と同じように前提の設定から論理的に考えていきましょう。

未来を予測することで企業は無駄な労力やコストなどを削減できるメリットがあります。

そのためケース面接を用いる企業の多くが経営課題に関わるコンサルティング会社や外資系企業です。

ケース面接によって応募者の実践的な能力を測り、即戦力となりえる人材かを面接官は見極めています。

 

ワンポイント
ケース面接の問題は「フェルミ推定」「問題解決」「将来予測」の3パターンがある。

ケース面接の勉強方法は

ケース面接では自分の知識はもちろんロジカルシンキング(論理的思考)を駆使します。

また自分の仮説を破綻しないように面接官に伝えることも重要です。

しかし、具体的には一体どのような勉強をすればよいのでしょうか?

ケース面接の勉強方法について以下で説明していきましょう。

実際に多数の問題を解こう

ノートに書き込む女性

ロジカルシンキングを身につけるには実践さながらの勉強法が一番でしょう。

つまりケース面接の過去問など実際に多数の問題を解いてみることです。

いくつか問題を解いていくうちに自然と論理的な考え方がわかるようになります。

ケース面接では面接官の口からどのような質問が飛び出すのか分かりません。

しかし、考え方のプロセスがわかればどんな質問にも臨機応変に対応できるようになるでしょう。

フレームワークを身につけよう

チェック項目

ケース面接の勉強ではまず「フレームワーク」を身につけることが大切です。

フレームワークとは論理的に考えるための枠組みやガイドラインになります。

ケース問題で用いられることが多い主なフレームワークは以下の通りです。

  • AIDMA(ユーザー購買決定プロセス)
  • 3C(潜在顧客を把握するプロセス)
  • SWOT(戦略策定や意思決定に活用)
  • 4P(戦略立案と実行プロセス)

フレームワークを覚えることで短時間でも論理的な仮説にまとめることができます。

また自分の立てた仮説が破綻していないかをチェックするときにもフレームワークは有効です。

限られた時間内で答えを出さなくてはいけないケース面接だからこそフレームワークを見につけましょう。

面接形式での回答の練習をしよう

女性,面接

ケース面接は面接官との口述面接になります。

そのためどんなにロジカルな仮説を組み立てても実際に説明ができないと意味がありません。

そこで最も効果的な勉強方法は「面接形式」で回答の練習をすることです。

このとき身近な人、たとえば家族や友人に面接官役をお願いするのもいいでしょう。

しかし、親しい人が相手では質問の傾向が簡単に予測できてしまうのが問題といえます。

このため面接形式の練習で最大効果を狙うならケース面接に詳しい他人が一番です。

専門知識をもった転職エージェントなら面接形式の練習相手にも最適でしょう。

 

ワンポイント
ケース面接の勉強では「実践的」にやることが大切です。

ケース面接の対策をするメリット

一見、コンサルタントや戦略コンサルを目指す人にしか面接対策のメリットはないように思われます。

しかし、外資系企業やコンサルティング企業だけがケース面接をするわけではありません。

異なる分野の面接であっても、面接官の意向で急にケース問題を振られることもあるのです。

そこでケース面接の対策をする具体的なメリットについて説明していきましょう。

思考力が深まり新たな視点が増える

カメラレンズ

ケース面接の対策をすることであなたの「思考力が深まる」という大きなメリットがあります。

思考力が深まると今までとは違った新たな視点から物事をとらえることが可能です。

これまでは知識や記憶力のある物知りな人は会社からも重宝される人材でした。

しかし、現在では知識を「持っている」だけでは企業にとって魅力不足になってしまったといえます。

リテラシー(活用力)が注目されるように、新たな視点で考えられる人材こそ求められているのです。

このことから面接対策で得られる力が転職でも大きなメリットになることがわかると思います。

分析し仮説を立てる力はキャリアアップにも繋がる

迷路

ケース面接の対策で得られるメリットは他にもあります。

たとえば分析力とロジカルシンキングによる「分析し仮説を立てる力」は貴重です。

ITエンジニアやWebマーケティングでも、まずは分析による仮説を立てることが求められるからです。

業界や職種を問わないことから、もはや「共通スキル」ともいえる分析力と仮説を立てる力。

この2つにポイントを置いた面接は多くの企業で行われています。

つまり分析し仮説を立てる力をつけることで、さまざまなキャリアへの道も開けるといえるのです。

ケース面接対策の書籍は?

本棚

ケース面接対策の書籍には入門書から実用的なものまでさまざまな本が出版されています。

たとえば『東大生が書いた』シリーズは問題解決のプロセスをわかりやすく説明したものです。

同シリーズにはフェルミ推定のパターンや解析方法に特化した本もあります。

また「フェルミ推定」や「ケース」のほか「地頭力」とタイトル表現された書籍もケース面接の対象本です。

戦略コンサルや外資系など転職を希望する会社に合わせて書籍を選ぶとよいでしょう。

ケース面接の例題をチェック

実際のコンサルティングファームで出題される問題はとにかく多種多様です。

そのためケース面接の傾向を大まかにでもチェックしておくと安心でしょう。

以下で主なケース面接の例題を3つご紹介します。

例題1

東京都にあるコンビニエンスストアの数はいくつですか?(フェルミ推定)

コンビニエンスストアの利用者数を増やす戦略は?(問題解決)

10年後のコンビニ需要はどのように変化すると思いますか?(将来予測)

例題2

空港

ヨーロッパから日本を訪れる旅行者の数は年間でどれくらいですか?(フェルミ推定)

訪日旅行者の割合を3割増やすにはどうすればよいでしょうか?(問題解決)

例題3

ある球団のグッズ売上を2倍にするにはどんな戦略を練りますか?(問題解決)

球団の今後を想定してユーザー層を拡大するならどんな施策を行いますか?(将来予測+問題解決)

 

ワンポイント
3パターンの組み合わせで出題されフェルミ推定だけの問題は無い。

ケース面接対策で注意すべきこと

ケース面接は応募者の問題解決のための思考能力とその姿勢が問われます。

これによって応募者の入社後の姿を面接官はイメージするのです。

そのため問題に回答することに執着しすぎると対策としては不完全といえます。

ケース面接の対策で注意すべきことをご紹介します。

「おもしろくない」という理由で見送りになる場合も

面接官の画像

勉強を頑張った人ほど「フレームワーク」に囚われてしまうことが多いようです。

確かにフレームワークの型にはめれば課題を整理して論理的に考えやすくなるでしょう。

しかしフレームワークに頼りすぎると、それ以外の角度から物事をとらえることが出来なくなります。

その結果、他の人と似たような回答になり「おもしろくない」と判断されることがあるのです。

他の応募者との差別化を図るためにも異なる視点や切り口を大切にしましょう。

そして自分の思考力を使って答えを導き出すように心がけてください。

ケース面接対策の書籍を鵜呑みにしない

チームワーク

フェルミ推定やケース面接に関する書籍はたくさんあります。

これらの参考書は論理的な「考え」を学ぶにはもってこいでしょう。

しかし、書籍を鵜呑みにするあまり自分の考えに固執する人がいます。

そして自分の考えに固執する人は、他の人の意見を聞けなくなることがほとんどです。

コンサルティングをはじめチームワークが求められる職場では他者との協力が前提になります。

面接官とのディスカッションでは応募者のそのような姿勢も評価基準だと覚えておきましょう。

 

ワンポイント
問題解決には自分の考えと他の人の意見も大切だと覚えておく。

ケース面接対策で論理的思考能力を身につけて転職しよう

学生、パソコン

コンサルタントを目指す人はもちろん、あらゆるビジネスで必要とされる論理的思考能力

この能力はさまざまな分野の転職面接で最も重要視されるスキルです。

このスキルを身につけることができるケース面接対策は「やるべき対策」といえるでしょう。

今後のキャリアパスを考える人、そして可能性を拡げたいと望む女性の強みになる力です。

ケース面接対策で論理的思考能力を身につけてあなたの希望する企業へと転職しましょう。

ケース面接対策は転職エージェントに相談しよう

,転職エージェント

ケース面接の対策として論理的思考のプロセスを学ぶまでは知識を詰め込むのも良いでしょう。

しかし口述面接である以上、自分の考えを面接官にわかりやすく伝えることが大切です。

そのためには、より実践的な方法の対策こそが最も効果的な面接対策といえます。

身近にファームや外資系企業で働いている人がいるなら協力をお願いしてみましょう。

もし、そのような人が見当たらない場合でも転職エージェントがいます。

ケース面接の傾向や面接での伝え方など、それぞれの企業に応じたピンポイントの対策が可能です。

またケース面接対策はもちろんですが、転職の疑問や心配などの相談も転職エージェントは応えてくれます。

まとめ

まるの札を持つ女性

あらゆる分野や職種の面接でも大きなアピールポイントになる「論理的思考能力」。

その能力を身につけられる「ケース面接」の対策は転職活動でも大きなメリットになります。

面接対策をして今後のキャリアであなたの武器となる論理的思考能力をぜひ手に入れてください。

あなたが理想とする会社で活躍できることを心から応援しています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら